JAQUET DROZ

18世紀に活躍した天才時計師、ピエール-ジャケ・ドロー。彼は1738年に息子のアンリ・ルイとともに時計工房を開き、当時流行していたオートマタ(機械式からくり)の製作において優れた技術力と装飾技法を発揮。スペイン王室御用達の時計師としての地位を獲得すると、晩年はロンドン(1774)、ジュネーブ(1784)に拠点を移しながらも時計作りに専念。世界中の王侯貴族から寵愛を受け続けた。

この偉大な時計師が築き上げた時計工房は後継者不在という理由で19世紀半ばに一時閉鎖するも、そのまま歴史から葬られることを惜しんだスウォッチ グループが20世紀末より復興プロジェクトを展開。2000年には世界中の投資家たちのもとにあった株式の大半を買い戻し、ジャケ・ドローの名を現代に甦らせたのである。

かつての伝統的な時計製造技術と現代の最先端技術が融合した21世紀のジャケ・ドローは、創業者が3つの土地に開いた時計工房に敬意を表したコレクション名になっており、3針仕様からトゥールビヨンや永久カレンダーまで幅広い製品が揃う。さらに、そのいずれのモデルも文字盤にはオパーリンやエナメル、天然石などを、ネジや針には一貫してブルースチール製を施すなど、常に最高品質の素材を使用している。こうして、クラシックでありながら新鮮さを併せ持つ、独自の世界観を築き上げているのである。

【創業年】1738年 【創業地】スイス、ラ・ショー・ド・フォン 【主なシリーズ名】オマージュ・ラ・ショー・ド・フォン1738、 オマージュ・ジュネーブ1784、オマージュ・ロンドン1774 【問い合わせ先】スウォッチ グループ ジャパン ジャケ・ドロー事業本部 03-6254-7188

公式サイト:http://www.jaquet-droz.com/

時計の奥深くまで光を取り込む「グラン・セコンド スケルトン」|JAQUET DROZ

時計の奥深くまで光を取り込む「グラン・セコンド スケルトン」|JAQUET DROZ

JAQUET DROZ|ジャケ・ドロー新たな芸術的解釈で生まれ変わった「グラン・セコンド スケルトン」2018年、創業280年を迎えたスイス超高級機械式腕時計ブランド、ジャケ・ドローがブランドを象徴する「8」を継承し、芸術的な解釈を取り入れたスケルトンモデル「グラン・セコンド スケルトン」を発表した。Text by OZAKI Sayaka創業280周年を記念する、ジャケ・ドロー初のスケルトンモデルジャケ・ドローを代表する「グラン・セコンド」は、1784年に創業者であるピエール-ジャケ・ドローが制作したポケットウォッチにインスピレーションを得たコレクションだ。ブランドは幾度となくダイアルを変化させてきたが、2018年に創業280年を迎えたことを記念して、スケルトンムーブメントを搭載しサファイアダイアルを採用した、「グラン・セコンド スケルトン」を発表した。この新作の特長は「グラン・セコンド」を象徴する美しいモチーフ「8」の数字を継承しながら、その最深部にまで光を取り込むデザインにあ...
スウォッチ グループが「Precious Watch Collection 2018」を開催|SWATCH GROUP

スウォッチ グループが「Precious Watch Collection 2018」を開催|SWATCH GROUP

BREGUET|ブレゲBLANCPAIN|ブランパンGLASHÜTTE ORIGINAL|グラスヒュッテ・オリジナルJAQUET DROZ|ジャケ・ドローOMEGA|オメガLONGINES|ロンジンSWATCH|スウォッチ東京・銀座のニコラス・G・ハイエックセンターにて11月17日(土)〜18日(日)の2日間、7ブランドの新作が集結!ブレゲ、ブランパン、グラスヒュッテ・オリジナル、ジャケ・ドロー、オメガ、ロンジン、スウォッチの腕時計が取り揃うウオッチフェア「Precious Watch Collection 2018」が2018年11月17日(土)、18日(日)に、「ニコラス・G・ハイエックセンター」で開催される。Text by OZAKI Sayaka東京・銀座のウォッチ・ランドマークに希少性の高い腕時計が揃うスイス時計産業の伝統と革新が一堂に会する「ニコラス・G・ハイエックセンター」にブティックを置く「ブレゲ」「ブランパン」「グラスヒュッテ・オリジナル」「ジャケ・ドロー」「オメ...
BASEL WORLD2018の新作をニコラス・G・ハイエック センターにて初披露|SWATCH GROUP

BASEL WORLD2018の新作をニコラス・G・ハイエック センターにて初披露|SWATCH GROUP

BREGUET|ブレゲBLANCPAIN|ブランパンGLASHÜTTE ORIGINAL|グラスヒュッテ・オリジナルJAQUET DROZ|ジャケ・ドローOMEGA|オメガLONGINES|ロンジンSWATCH|スウォッチ「ニコラス・G・ハイエック センター BASEL 新作時計展 2018」5月19日(土)~5月27日(日)開催ウォッチブティックとカスタマーサービスが集結する日本で唯一の“時のランドマーク”ニコラス・G・ハイエック センターにて、「ニコラス・G・ハイエック センター BASEL 新作時計展 2018」が5月19日(土)~5月27日(日)に開催される。Text by OZAKI Sayaka年に一度の希少な“時の祭典”2018年3月、スイス・バーゼルにて開催された世界最大の時計宝飾展「バーゼルワールド2018」で発表された時計宝飾の新作の数々の中から、ニコラス・G・ハイエック センターにブティックを置く「ブレゲ」「ブランパン」「グラスヒュッテ・オリジナル」「ジャケ・...
ハチドリは羽ばたき、孔雀が羽根を広げる。熱帯の営みをオートマタに写す|JAQUET DROZ

ハチドリは羽ばたき、孔雀が羽根を広げる。熱帯の営みをオートマタに写す|JAQUET DROZ

JAQUET DROZ|ジャケ・ドローオートマタコレクションの新作「トロピカル・バード・リピーター」が誘う楽園への旅ハチドリ、孔雀、トンボといった生き物たちが繊細な動きを魅せる、オートマタとミニッツリピーター、ふたつの複雑機構を搭載するジャケ・ドロー得意の超絶モデルの登場である。Text by KOIZUMI Yokoジャケ・ドローから、2012年発表のオートマタウォッチの系統を受け継いだ新作「トロピカル・バード・リピーター(THE TROPICAL BIRD REPEATER)」が登場する。このオートマタは、熱帯の日常的ひとコマから着想を得て構成。絶えず流れる滝がリアルに描かれているほか、中央ではハチドリがひと際、大きな存在感を漂わせている。このハチドリは1秒間に40回羽ばたくという、時計史上類を見ない繊細な動きを具現。本物さながらの俊敏な動きで見る者を魅せる。孔雀が尾を広げてはたたみ、3時位置のクチバシを開けたトトカクが、ヤシの葉の間から静かに姿を現す。9時位置の3匹のトンボは...
現代と古典が融合した新作「グラン・セコンド セラミック クル・ド・パリ」|JAQUET DROZ

現代と古典が融合した新作「グラン・セコンド セラミック クル・ド・パリ」|JAQUET DROZ

JAQUET DROZ|ジャケ・ドローブランドを象徴するモデルにエレガントな詩趣を湛えた新作が誕生スイス高級機械式腕時計ブランドであるジャケ・ドローの「グラン・セコンド セラミック クル・ド・パリ」が日本入荷を開始した。この新作はブランドを象徴する「グラン・セコンド コレクション」に、クル・ド・パリ装飾を施したホワイトセラミックモデル、ブラックセラミックモデルと、パワーインジケーター ブラックセラミックモデルの3タイプ。それぞれ世界限定28本のみ販売される。Text by OZAKI Sayaka「8」を大胆にデザインした、限定28本ずつのレアモデル2017年にジャケ・ドローがバーゼルワールドにて発表した「グラン・セコンド セラミック クル・ド・パリ」は、力強い個性と美しいラインを融合させた新作である。ケースとインダイアルはセラミックで作られ、傷が付きにくく、さらには永きに渡って輝きを保つ。文字盤は、細かなピラミッド形の鋲を重ねたようなクル・ド・パリ装飾が施された面と、ジャケ・ドロ...
「グラン・セコンド オフセンター」に、ユニセックスで楽しめる新サイズが登場|JAQUET DROZ

「グラン・セコンド オフセンター」に、ユニセックスで楽しめる新サイズが登場|JAQUET DROZ

JAQUET DROZ|ジャケ・ドロージャケ・ドローの真髄「グラン・セコンドオフセンター」を、シェアウォッチとする新提案ジャケ・ドローを代表する「グラン・セコンド オフセンター」に直径39mmの4種類の新作が登場。ブランドの真髄を表現したエレガントなダイアルは、男女どちらでも楽しむことができる。Text by YANAKA Tomomiリュウズも4時位置に変更ふたつの交差したインダイアルが数字の“8”を描くことで知られるジャケ・ドローの代表作「グラン・セコンド オフセンター」に、新作が加わった。その最大の特徴は、ケース径39mmという新たなサイズを採用したこと。男性のみならず女性の手首にも合うサイズとなっており、4つの新作はいずれも優美な雰囲気を漂わせながら、それぞれ異なった個性を放つ。2つのミネラル文字盤が唯一無二のエレガンスを醸し出すモデルをはじめ、オニキスのブラックモノクロームを使用したモデル、ダイヤモンドをあしらったベゼルにアベンチュリンダイヤルを組み合わせたモデルなどがラ...
3種類の動物をモチーフにしたプティ・ウール ミニット ブラックエナメル|JAQUET DROZ

3種類の動物をモチーフにしたプティ・ウール ミニット ブラックエナメル|JAQUET DROZ

JAQUET DROZ|ジャケ・ドローブラックエナメルの文字盤と鮮やかに彩られた生き物たちとの競演ジャケ・ドローのアトリエ・オブ・アートより、3種類の新作モデル「プティ・ウール ミニット ブラックエナメル」が登場。ブラックエナメルの文字盤と鮮やかに彩られた生き物たちの姿が異国情緒溢れる旅へといざなう。Text by YANAKA Tomomi世界限定わずかに28本ずつのアートピースジャケ・ドロー本社内にあり、歴史的な技術を継承して革新的な美を創造する「アトリエ・オブ・アート」から2017年の新作が誕生した。今回のモチーフとなったのはアフリカのライオン、カリブのフラミンゴ、アジアの鯉という荘厳で、あざやかな動物たち。ジャケ・ドロー発祥の地でもあるスイスのラ・ショー・ド・フォンで産声を上げたミニアチュールペインティング(細密画)を用いて、卓越した職人らが3種類のタイムピースに表現した。細密画を美しく華やかに浮かび上がらせるために用いられるのがブラックカラーで高温焼成されたエナメル。「ア...
BASELWORLD2017 からの新作時計を日本国内で初披露|SWATCH GROUP

BASELWORLD2017 からの新作時計を日本国内で初披露|SWATCH GROUP

BREGUET|ブレゲBLANCPAIN|ブランパンGLASHÜTTE ORIGINAL|グラスヒュッテ・オリジナルJAQUET DROZ|ジャケ・ドローOMEGA|オメガLONGINES|ロンジンSWATCH|スウォッチ『ニコラス・G・ハイエック センター BASEL 新作時計展 2017』2017年5月20日(土)~5月31日(水)開催スウォッチ グループ ジャパンは、ウォッチブティックとカスタマーサービスが集結する日本で唯一の“時のランドマーク”となる、ニコラス・G・ハイエック センターにて、5月20日(土)より「ニコラス・G・ハイエック センター BASEL 新作時計展 2017」を開催する。TEXT by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)東京・銀座にて、年に一度の希少な『時の祭典』「ニコラス・G・ハイエック センター BASEL 新作時計展 2017」とは、2017年3月にスイス・バーゼルにて開催された世界最大の時計宝飾展「バーゼルワールド2017」で発...
広島で「ジャケ・ドロー フルコレクションフェア 2015」を開催|JAQUET DROZ

広島で「ジャケ・ドロー フルコレクションフェア 2015」を開催|JAQUET DROZ

JAQUET DROZ|ジャケ・ドロー貴重なコレクションがラインナップ「JAQUET DROZ Full Collection Fair 2015」開催18世紀に活躍した天才時計師、ピエール-ジャケ・ドローの哲学を伝承したスイスの超高級機械式時計ブランド、ジャケ・ドロー。そのジャケ・ドローは、2015年6月13日(土)~6月21日(日)、広島の時計ショップ「UNITED SALON」において「JAQUET DROZ Full Collection Fair 2015」を開催する。Text by Hirumaxコレクションから貴重なモデルを展示「JAQUET DROZ Full Collection Fair 2015」では、ブランドを象徴する8をモチーフとしたスポーツモデルにトゥールビヨン機構を搭載した複雑機構のモデル、夜空に浮かぶ月を連想させるジャンピングアワーモデル、ジャケ・ドロー独自の青をコート・ド・ジュネーブ文字盤に取り入れたスポーツウォッチなど、ジャケ・ドローコレクション...
22 件