OMEGA

スイス時計界でも1、2を争う知名度を持つブランド。そのルーツは、時計師のルイ・ブランが1848年、スイス・ラ・ショー・ド・フォンに開いた小さな工房にある。 創立当初の工房は、組み立てを専門に手掛けていたが、時が経つにつれてヨーロッパ全土とアメリカを見据えた販売戦略を他社に先駆けて開始する。こうして業績を順調に伸ばし続け、1877年「ルイ・ブラン父子会社」へと改称。 ’80年には現在も本社のあるビエンヌへと本拠を移転し、時計製造のすべてを自社で行うマニュファクチュール工場を設立。’80年代当時の最高水準の精度を誇る「ラブラドール」ムーブメントも同工場から誕生している。 その後、1890年に改称した「ルイ・ブラン兄弟社」時代に開発した「キャリバー19(通称:オメガキャリバー)」をきっかけに、20世紀初頭からギリシャ文字で究極を表す「Ω=オメガ」を社名としたのである。 オメガは、1932年にロサンゼルスで開かれたオリンピック大会で初の公式計時を担当して以来、世界各国のスポーツ大会で計時を担当するなどグローバルに活躍する。さらに腕時計においては、’65年に「スピードマスター」が苛酷な検査を乗り越えた末、数あるクロノグラフの中からNASAの公式装備品に選ばれ、’70年に海底探査「ヤヌス計画」においては「シーマスター」が250mの深海実験に使用されるなど、数々の偉業を成し遂げていった。 こうして着実に愛用者を増やすこととなったオメガは、その栄光の歴史に甘んじることなく、さらなる自社製品の完成度を追求する。 1999年には時計師のジョージ・ダニエルズが発明したコーアクシャル・エスケープメントの量産化に成功し、オメガの技術力の高さを改めて時計界に証明すると、21世紀からは次々と新作モデルにコーアクシャル・エスケープメントを搭載。さらに2007年には、実に30年振りとなる自社製ムーブメントを発表するなど、開発への意欲はいまだ止むことを知らない。 【創業年】1848年 【創業地】スイス、ラ・ショー・ド・フォン 【主なシリーズ名】スピードマスター、シーマスター、デ・ビル、コンステレーション 【問い合わせ先】スウォッチ グループ ジャパン オメガお客様センター Tel. 03-5952-4400 公式サイト:

BASEL WORLD2018の新作をニコラス・G・ハイエック センターにて初披露|SWATCH GROUP

BASEL WORLD2018の新作をニコラス・G・ハイエック センターにて初披露|SWATCH GROUP

BREGUET|ブレゲBLANCPAIN|ブランパンGLASHÜTTE ORIGINAL|グラスヒュッテ・オリジナルJAQUET DROZ|ジャケ・ドローOMEGA|オメガLONGINES|ロンジンSWATCH|スウォッチ「ニコラス・G・ハイエック センター BASEL 新作時計展 2018」5月19日(土)~5月27日(日)開催ウォッチブティックとカスタマーサービスが集結する日本で唯一の“時のランドマーク”ニコラス・G・ハイエック センターにて、「ニコラス・G・ハイエック センター BASEL 新作時計展 2018」が5月19日(土)~5月27日(日)に開催される。Text by OZAKI Sayaka年に一度の希少な“時の祭典”2018年3月、スイス・バーゼルにて開催された世界最大の時計宝飾展「バーゼルワールド2018」で発表された時計宝飾の新作の数々の中から、ニコラス・G・ハイエック センターにブティックを置く「ブレゲ」「ブランパン」「グラスヒュッテ・オリジナル」「ジャケ・...
1957年のエポックモデル。復刻レイルマスターが、ついに日本上陸|OMEGA

1957年のエポックモデル。復刻レイルマスターが、ついに日本上陸|OMEGA

OMEGA|オメガ現代的なスペックとタイムレスなデザイン。名機「レイルマスター」が現代によみがえるオメガが、60年以上前に発表した歴史ある「レイルマスター」を復刻し、日本での発売をスタートさせた。タイムレスなデザインを生かしながら、現代的な装いを与えている。Text by YANAKA Tomomi鉄道の線路を思わせるミニッツトラックがアクセント1957年に誕生した「レイルマスター」。その名が示す通り、鉄道員など電界の近くで働く人々のために作られ、当時、耐磁性能付きの時計のほとんどが60ガウス程度であったのに対し、最大1000ガウスを誇った耐磁時計だ。クラシカルかつ端正なデザインも相まって、長きにわたり愛されてきたこのタイムピースがアップデイト。新しいレイルマスターはコーアクシャルマスター クロノメーター キャリバー8806を搭載することでオリジナルモデルの15倍、1万5000ガウスもの耐磁性能を実現している。エレガントな魅力を引き継いだダイアルはブラックとグレーの2種類を用意。ヴ...
オリンピックカラーとナショナルフラッグにインスパイアされた新ストラップ|OMEGA

オリンピックカラーとナショナルフラッグにインスパイアされた新ストラップ|OMEGA

OMEGA|オメガNATOストラップでイメージチェンジ。腕元のスタイルを変えるのは、この24種類五輪カラーにインスパイアされたストラップが6種類、各国の国旗にインスパイアされたNATOストラップが18種類。合わせて24種類のモチーフがラインナップした。 Text by YOSHIDA Miho コーディネートする楽しみが倍増オメガのNATOストラップは、第二次世界大戦中に、英国のパイロット、ナビゲーター、海軍が着用したレザーとキャンバスでできたストラップがそもそもの発祥。そんな歴史あるストラップに、国旗デザイン18種類、五輪カラー6種類の新デザインが登場した。五輪カラーのストラップは、ブラック、イエロー、グリーン、ブルー、レッドの5種類と、5色すべてが入ったデザインがある。国際スポーツ観戦時の応援用としてはもちろん、既存の時計をスポーティにイメージチェンジしてみたい時にも、このコレクションは最適。NATOストラップと、時計のフェイスとの相性を事前に確認したい場合は、オメガの公式ウェ...
平昌オリンピック開幕を記念した五輪カラーのシーマスター|OMEGA

平昌オリンピック開幕を記念した五輪カラーのシーマスター|OMEGA

OMEGA|オメガ1976年大会のストップウォッチをオマージュ。「シーマスター オリンピック コレクション」オメガが、平昌オリンピックの開幕に合わせて「シーマスター オリンピック コレクション」限定モデルを発表した。Text by YANAKA Tomomi各カラーとも2032本限定!1932年の第10回ロサンゼルス五輪から、27回にわたりオリンピックのオフィシャルタイムキーパーを務めているオメガ。平昌オリンピックに合わせてリリースされたコレクションは、ブラック、イエロー、グリーン、ブルー、レッドの五輪カラーが目を引く5種類のウォッチだ。デザインのインスピレーションとなっているのは1976年のカナダ・モントリオール夏季五輪と、オーストリア・インスブルック冬季五輪で使用されたストップウォッチだ。ドーム型のブラックとホワイトのダイアルで視認性を高めるとともに、スポーティな針とホワイトの太いアラビア文字のインデックスでシャープなコントラストを構成。さらにストラップと同じカラーのパルスリー...
古典的ディテールを極め、モダンな印象へと昇華。日米先行発売のレディスウォッチ|OMEGA

古典的ディテールを極め、モダンな印象へと昇華。日米先行発売のレディスウォッチ|OMEGA

OMEGA|オメガ“クラシカル・エッジ”という魔法をかけたオメガ「トレゾア レディス コレクション」オメガが新作レディスウォッチ「トレゾア レディス コレクション」を日本とアメリカで先行発売。クラシックなディテールを洗練させ、モダンなエッジを効かせた仕上がりとなった。Text by YANAKA Tomomi女性の本質、そして美しさが花開くようにオメガが新たに披露したのはフランス語で“宝石”を意味する「トレゾア」を冠したレディスウォッチ。そして、まず目に飛び込んでくるのは、スリムなラウンドケースの両サイドに美しいカーブを描くようにセットされたダイヤモンドだ。ベゼルのメタリックな質感の中でエレガントな輝きを放つダイヤモンドに対し、スレンダーなローマ文字やストラップなどが現代的な雰囲気を醸し出している。リュウズには、赤いフラワーモチーフがアクセントとしてデザインされ、センターにはひと粒のダイヤモンドが煌めく。ケースバックはミラー仕様。大輪の花のテクスチャーは、オメガのレディスウォッチの...
オメガ「1947製トゥールビヨン」1,428,500スイスフラン(約1.6億円)で落札|OMEGA

オメガ「1947製トゥールビヨン」1,428,500スイスフラン(約1.6億円)で落札|OMEGA

OMEGA|オメガ時計製造の歴史を揺るがす非常に希少価値の高いトゥールビヨンオークションハウスのフィリップスが主催するジュネーブ ウォッチ オークションにて、オメガのステンレススチール製トゥールビヨンのプロトタイプが1,428,500スイスフラン(約1.6億円)で落札された。Text by KOBAYASHI Takumi(OPENERS)何十年もの間眠っていた、極めて希少なモデル今回落札された時計は時計史において重要なモデルでありながら、抜群のコンディションと魅力的な外見を保っていた。複雑構造である「ギヨーム テンプのトゥールビヨン エスケープメント」を特徴とする、複雑時計の草分け的存在のこのモデル。オメガにとってこのモデルは1940年代後半に製作された最初のプロトタイプ トゥールビヨンだったが、市場に出回ることはおろか天文台で行われた精度コンクールにさえ姿を現していない。長年発見されることのなかった、まさに幻のプロトタイプなのだ。37.5mmのステンレススチールケースにはオメガ...
マリンカルチャーや海辺のライフスタイルを彩る、新たな「シーマスター アクアテラ」|OMEGA

マリンカルチャーや海辺のライフスタイルを彩る、新たな「シーマスター アクアテラ」|OMEGA

OMEGA|オメガ新たにマスター クロノメーター認定を受けこれまで以上に都会的なデザインへオメガを代表する人気コレクション「シーマスター アクアテラ」がビッグリニューアルを迎えた。この機会にマスター クロノメーター認定を受け、装いを新たに生まれ変わったのだ。Text by YANAKA Tomomiさらに磨きがかかった、スポーティフォルムに宿すエレガンス長年にわたり防水ウォッチのジャンルにおいても時計業界をリードしてきたオメガ。その代表作のひとつが、ラテン語の水(アクア)と大地(テラ)の意味を持つ“アクアテラ”、すなわち「シーマスター アクアテラ」だ。今回リニューアルされた点は大きくふたつ。まずひとつ目は優れた精度と耐磁性能を兼ね備えたモデルのみに授けられる「マスター クロノメーター認定」を受けていること。公的な第三者機関であるスイス連邦計量・認定局(METAS)の基準に基づき、高精度を保証するほか、1万5000ガウスの強磁場にさらされても正確に時を刻み続けることができる。そしてふ...
158 件