OMEGA

スイス時計界でも1、2を争う知名度を持つブランド。そのルーツは、時計師のルイ・ブランが1848年、スイス・ラ・ショー・ド・フォンに開いた小さな工房にある。 創立当初の工房は、組み立てを専門に手掛けていたが、時が経つにつれてヨーロッパ全土とアメリカを見据えた販売戦略を他社に先駆けて開始する。こうして業績を順調に伸ばし続け、1877年「ルイ・ブラン父子会社」へと改称。 ’80年には現在も本社のあるビエンヌへと本拠を移転し、時計製造のすべてを自社で行うマニュファクチュール工場を設立。’80年代当時の最高水準の精度を誇る「ラブラドール」ムーブメントも同工場から誕生している。 その後、1890年に改称した「ルイ・ブラン兄弟社」時代に開発した「キャリバー19(通称:オメガキャリバー)」をきっかけに、20世紀初頭からギリシャ文字で究極を表す「Ω=オメガ」を社名としたのである。 オメガは、1932年にロサンゼルスで開かれたオリンピック大会で初の公式計時を担当して以来、世界各国のスポーツ大会で計時を担当するなどグローバルに活躍する。さらに腕時計においては、’65年に「スピードマスター」が苛酷な検査を乗り越えた末、数あるクロノグラフの中からNASAの公式装備品に選ばれ、’70年に海底探査「ヤヌス計画」においては「シーマスター」が250mの深海実験に使用されるなど、数々の偉業を成し遂げていった。 こうして着実に愛用者を増やすこととなったオメガは、その栄光の歴史に甘んじることなく、さらなる自社製品の完成度を追求する。 1999年には時計師のジョージ・ダニエルズが発明したコーアクシャル・エスケープメントの量産化に成功し、オメガの技術力の高さを改めて時計界に証明すると、21世紀からは次々と新作モデルにコーアクシャル・エスケープメントを搭載。さらに2007年には、実に30年振りとなる自社製ムーブメントを発表するなど、開発への意欲はいまだ止むことを知らない。 【創業年】1848年 【創業地】スイス、ラ・ショー・ド・フォン 【主なシリーズ名】スピードマスター、シーマスター、デ・ビル、コンステレーション 【問い合わせ先】スウォッチ グループ ジャパン オメガお客様センター Tel. 03-5952-4400 公式サイト:

スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーンに待望の新作が登場|OMEGA

スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーンに待望の新作が登場|OMEGA

OMEGA|オメガ月の表裏を配した新作キャリバーを採用。「スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーン アポロ8号」オメガがバーゼルワールド2018で披露した新作「スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーン アポロ8号」。月の軌道を初めて周回したアポロ8号のミッションから50周年という節目に登場した記念すべきモデルである。Text by YANAKA Tomomiフルブラックにアクセントイエローを添えたグッドルックス満を持して登場した「ダーク サイド オブ ザ ムーン」の最新作。そのムーブメントには、ブラック仕上げで特別に装飾された手巻きキャリバー1869が新たに採用された。ダイアルは内部の動きが見えるスケルトン仕上げ。レーザー加工を施したブラックカラーのムーブメントブリッジ、そしてメインプレートを緻密に組み合わせ、月面をリアルに表現している。ケースバックではサファイアガラス越しに、宇宙飛行士だけが目にすることができる月の裏側(=ダーク サイド)を描写。さらにアポロ8...
誕生から四半世紀を迎えたシーマスター ダイバーがフルモデルチェンジ|OMEGA

誕生から四半世紀を迎えたシーマスター ダイバーがフルモデルチェンジ|OMEGA

OMEGA|オメガ初代モデルをオマージュする2500本限定モデルも発表。新たに生まれ変わった「シーマスター ダイバー 300M」オメガは2018年新作としてデザインを一新した「シーマスター ダイバー 300M」を発表した。Text by YANAKA Tomomi初代モデルに採用された波模様もレーザー加工によって復活1993年の発売以来、多くのファンに愛されてきたダイバーズウオッチ「シーマスター ダイバー 300M」。ジェームズ・ボンドが長年愛用したことでも知られるこのアイコンウオッチが今年、進化を遂げた。新作はSSモデルが6種類、SSとゴールドのコンビが8種類の計14機種。ケース径はいずれも42mmで、自動巻き(キャリバー8800)を搭載し、マスター クロノメーター認定を取得した。外観のデザインは細部にまでこだわりが。そのひとつとして、セラミック製ベゼルには電鋳処理による18Kセドナゴールド、もしくは白さと耐久性向上のためのホワイトエナメルによるダイビングスケールが採用された。ダ...
エルヴィスが着用したオメガの時計が約1億6530万円で落札!|OMEGA

エルヴィスが着用したオメガの時計が約1億6530万円で落札!|OMEGA

OMEGA|オメガ歴史的価値も高いエルヴィス・プレスリー愛用のオメガの時計が、約1億6350万円で落札エルヴィス・プレスリーが所有していたオメガの時計が、フィリップス社のジュネーヴ時計オークションハウスであるセブンに出品され、1,500,000スイスフラン(約1億6530万円)で落札された。Text by OZAKI Sayakaレコード売り上げ記録7500万枚を記念しエルヴィスに贈られた時計伝説のミュージシャンであり俳優のエルヴィス・プレスリーが所有していたオメガの時計が、ブランド史上最高額となる約1億6530万円で落札された。落札された時計は、1961年2月にエルヴィスのレコード売り上げ記録が全世界で7500万枚に達したことを記念し開催されたチャリティーランチョン兼コンサートで、RCAレコードからエルヴィスに贈られた18KWGケースのもの。ケースバックには“To Elvis, 75 Million Records, RCA Victor, 12-25-60.”という文字が刻まれ...
BASEL WORLD2018の新作をニコラス・G・ハイエック センターにて初披露|SWATCH GROUP

BASEL WORLD2018の新作をニコラス・G・ハイエック センターにて初披露|SWATCH GROUP

BREGUET|ブレゲBLANCPAIN|ブランパンGLASHÜTTE ORIGINAL|グラスヒュッテ・オリジナルJAQUET DROZ|ジャケ・ドローOMEGA|オメガLONGINES|ロンジンSWATCH|スウォッチ「ニコラス・G・ハイエック センター BASEL 新作時計展 2018」5月19日(土)~5月27日(日)開催ウォッチブティックとカスタマーサービスが集結する日本で唯一の“時のランドマーク”ニコラス・G・ハイエック センターにて、「ニコラス・G・ハイエック センター BASEL 新作時計展 2018」が5月19日(土)~5月27日(日)に開催される。Text by OZAKI Sayaka年に一度の希少な“時の祭典”2018年3月、スイス・バーゼルにて開催された世界最大の時計宝飾展「バーゼルワールド2018」で発表された時計宝飾の新作の数々の中から、ニコラス・G・ハイエック センターにブティックを置く「ブレゲ」「ブランパン」「グラスヒュッテ・オリジナル」「ジャケ・...
1957年のエポックモデル。復刻レイルマスターが、ついに日本上陸|OMEGA

1957年のエポックモデル。復刻レイルマスターが、ついに日本上陸|OMEGA

OMEGA|オメガ現代的なスペックとタイムレスなデザイン。名機「レイルマスター」が現代によみがえるオメガが、60年以上前に発表した歴史ある「レイルマスター」を復刻し、日本での発売をスタートさせた。タイムレスなデザインを生かしながら、現代的な装いを与えている。Text by YANAKA Tomomi鉄道の線路を思わせるミニッツトラックがアクセント1957年に誕生した「レイルマスター」。その名が示す通り、鉄道員など電界の近くで働く人々のために作られ、当時、耐磁性能付きの時計のほとんどが60ガウス程度であったのに対し、最大1000ガウスを誇った耐磁時計だ。クラシカルかつ端正なデザインも相まって、長きにわたり愛されてきたこのタイムピースがアップデイト。新しいレイルマスターはコーアクシャルマスター クロノメーター キャリバー8806を搭載することでオリジナルモデルの15倍、1万5000ガウスもの耐磁性能を実現している。エレガントな魅力を引き継いだダイアルはブラックとグレーの2種類を用意。ヴ...
オリンピックカラーとナショナルフラッグにインスパイアされた新ストラップ|OMEGA

オリンピックカラーとナショナルフラッグにインスパイアされた新ストラップ|OMEGA

OMEGA|オメガNATOストラップでイメージチェンジ。腕元のスタイルを変えるのは、この24種類五輪カラーにインスパイアされたストラップが6種類、各国の国旗にインスパイアされたNATOストラップが18種類。合わせて24種類のモチーフがラインナップした。 Text by YOSHIDA Miho コーディネートする楽しみが倍増オメガのNATOストラップは、第二次世界大戦中に、英国のパイロット、ナビゲーター、海軍が着用したレザーとキャンバスでできたストラップがそもそもの発祥。そんな歴史あるストラップに、国旗デザイン18種類、五輪カラー6種類の新デザインが登場した。五輪カラーのストラップは、ブラック、イエロー、グリーン、ブルー、レッドの5種類と、5色すべてが入ったデザインがある。国際スポーツ観戦時の応援用としてはもちろん、既存の時計をスポーティにイメージチェンジしてみたい時にも、このコレクションは最適。NATOストラップと、時計のフェイスとの相性を事前に確認したい場合は、オメガの公式ウェ...
平昌オリンピック開幕を記念した五輪カラーのシーマスター|OMEGA

平昌オリンピック開幕を記念した五輪カラーのシーマスター|OMEGA

OMEGA|オメガ1976年大会のストップウォッチをオマージュ。「シーマスター オリンピック コレクション」オメガが、平昌オリンピックの開幕に合わせて「シーマスター オリンピック コレクション」限定モデルを発表した。Text by YANAKA Tomomi各カラーとも2032本限定!1932年の第10回ロサンゼルス五輪から、27回にわたりオリンピックのオフィシャルタイムキーパーを務めているオメガ。平昌オリンピックに合わせてリリースされたコレクションは、ブラック、イエロー、グリーン、ブルー、レッドの五輪カラーが目を引く5種類のウォッチだ。デザインのインスピレーションとなっているのは1976年のカナダ・モントリオール夏季五輪と、オーストリア・インスブルック冬季五輪で使用されたストップウォッチだ。ドーム型のブラックとホワイトのダイアルで視認性を高めるとともに、スポーティな針とホワイトの太いアラビア文字のインデックスでシャープなコントラストを構成。さらにストラップと同じカラーのパルスリー...
174 件