Japan Craft Sake Company主催「The Master of Craft Sake」VOL.5 黒龍酒造|INTERVIEW

Japan Craft Sake Company主催「The Master of Craft Sake」VOL.5 黒龍酒造|INTERVIEW

The Master of Craft Sake VOL.5「黒龍酒造」8代目蔵元・水野直人氏インタビュー去る9月27日、東京・六本木にあるザ・リッツ・カールトン東京の日本料理「ひのきざか」にて、中田英寿氏率いる株式会社JAPAN CRAFT SAKE COMPAY主催によるイベント「The Master of Craft Sake」が開催された。世界でも名高い5つ星ホテルを舞台に、日本の各地で徹底したこだわりのもと酒造りを行う醸造家(マスター)を迎え、素晴らしい料理と空間で、特別な一夜を楽しむイベントだ。Photographs by TANAKA TsutomuText by MAKIGUCHI June黒龍酒造8代目・水野直人氏に聞く、黒龍の魅力第5回となる今回は、1804年、江戸文化元年創業の黒龍酒造。初代蔵元・石田屋二左衛門が良質な水に恵まれた福井県吉田郡永平寺町松岡で清酒造りを始めて以来、「良い酒を造る」というシンプルながら最も大切な理念を守り続けてきた。用いられるのは、...
EAT
牛肉をソースとともに味わうつくす「ル・グリル ドミニク・ブシェ カナザワ」|EAT

牛肉をソースとともに味わうつくす「ル・グリル ドミニク・ブシェ カナザワ」|EAT

EAT|フレンチらしい繊細な前菜と選りすぐりのステーキを提供 肉を彩るソースという名のビジュフレンチレストラン「ル・グリル ドミニク・ブシェ カナザワ」が金沢にオープン。こだわりぬいたソースと選りすぐりのステーキで、新感覚のフレンチを堪能できる。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)パリから東京、そして金沢へミシュラン2つ星を獲得しているフレンチレストラン「ドミニク・ブシェ トーキョー」が、ビストロ「レ・コパン」に続いて、石川県 金沢に「ル・グリル ドミニク・ブシェ カナザワ」をオープンさせた。フレンチらしい繊細な前菜とソースを軸に、選りすぐりのステーキが提供される。フランス料理では、ソースづくりのシェフをSAUCIER(ソーシエ)と呼ぶ。専門分野として認められるほど、ソースはフレンチにかかせない存在なのだ。「ル・グリル ドミニク・ブシェ」では、手間を惜しまず、こだわりぬいた仕上げが特徴のソースが持ち味だ。メニューは、ソース選びから始まる。キーワードは“ソース...
EAT
KRUGときのこの相性を追求。「KRUG BOOK 2017」|Krug

KRUGときのこの相性を追求。「KRUG BOOK 2017」|Krug

Krug|クリュッグ クリュッグが提案するユニークなフードペアリング「KRUG BOOK 2017」のテーマは“Krug×Mushroom”。クリュッグアンバサダーを務めるトップシェフが、「キノコ」をテーマにマリアージュを創作した。このブックでは、その創作メニューの紹介やシェフたちへのインタビューなどが多数掲載されている。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)ブックシリーズ3冊目のテーマは「キノコ」世界の大都市である東京、香港、パリ、ニューヨークなどで腕を振るう「クリュッグアンバサダー」を務めるトップシェフたちが、ひとつの食材をテーマにクリュッグ グランド・キュヴェと素晴らしいマリアージュをみせる料理を創作するブックシリーズ「KRUG BOOK」。3冊目となる2017年のテーマとなった食材は「キノコ」だ。控えめでありながら、変化自在の食材だ。美食の巨匠たちは、多彩な側面をみせるキノコに対して斬新で想像力豊かなアプローチをとることで、何皿もの魅力溢れる料理を生み...
EAT
吉岡徳仁氏とコラボレーションしたギフトボックス|Dom Pérignon

吉岡徳仁氏とコラボレーションしたギフトボックス|Dom Pérignon

Dom Pérignon|ドン ペリニヨン吉岡徳仁氏とコラボレーションした限定ギフトボックスDom Pérignon(ドン ペリニヨン)が日本人デザイナーでありアーティストの吉岡徳仁氏とコラボレーションし、限定ギフトボックスをリリースした。吉岡氏の作品に見られる”プリズム”を使用した幻想的なパッケージに注目だ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS) プリズムを使ったデザインに注目Dom Pérignon(ドン ペリニヨン)は、以前から他分野で活躍するクリエイターとのコラボレーションを実現してきた。マーク・ニューソン、カール・ラガーフェルド、デヴィッド・リンチ、ジェフ・クーンズ、ラン・ラン、イリス・ヴァン・ヘルペンらとコラボレーションを重ね、メゾンの創造的側面に磨きをかけてきたのだ。今年は日本人デザイナーでありアーティストの吉岡徳仁氏とのコラボレーションが実現。彼の作品のアイコンともいえるプリズムを用いて、光がボトルと透明なプリズムの表面を透過し、屈折することで...
EAT
ドン ペリニヨン P2に新ヴィンテージ「ドン ペリニヨンP2-2000」登場|Dom Pérignon

ドン ペリニヨン P2に新ヴィンテージ「ドン ペリニヨンP2-2000」登場|Dom Pérignon

Dom Pérignon|ドン ペリニヨン整合性とハーモニーを磨き上げた「ドン ペリニヨンP2-2000」Dom Pérignon(ドン ペリニヨン)から新ヴィンテージ「ドン ペリニヨンP2-2000」が登場。16年の熟成期間をへて、官能的で優雅な味わいに仕上がっている。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)16年の熟成期間をへたヴィンテージシャンパーニュ2008年に第1のプレニチュードとして登場したヴィンテージ2000のワインが、2度目のプレニチュードを迎えた。それが「ドン ペリニヨンP2-2000」だ。ヴィンテージ2000は、当時すでにドン ペリニヨンの普遍的な特性を十分に満たし、官能的でバランスの取れた味わいから「代表的なヴィンテージ」と呼ばれるにふさわしい条件を備えていた。「ドン ペリニヨンP2-2000」は、更に豊潤に完成度を高め、整合性とハーモニーを一段と磨き上げることで第1のプレニチュードを凌駕しているという。奏でるハーモニーは印象派の絵画のよう...
EAT
ネオノスタルジーな食体験「上野洋食 遠山」|EAT

ネオノスタルジーな食体験「上野洋食 遠山」|EAT

EAT|洋食の聖地“上野”洋食にフレンチの解釈を加えた唯一無二のメニューを用意洋食の聖地“上野”に、フレンチの解釈を加えた洋食レストラン「上野洋食 遠山」が2017年9月にオープンした。ひとつひとつの食材を活かすことにこだわりぬいた調理で、“ネオノスタルジー”な食体験を提案する。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)コンセプトは「bistro 洋食」フレンチで研鑽(けんさん)を積み、京都の洋食の名店で培った技。洋食の聖地であり、芸術とカルチャーが行き交う場所“上野”を舞台にネオノスタルジーな食体験を提案するのが「上野洋食 遠山」だ。コンセプトは「bistro 洋食」。日本が独自に進化させてきた“洋食”にフレンチのエッセンスをプラスし、新感覚のジャパニーズ・フードと謳う温故知新なメニューが揃う。味づくりの秘訣はそれぞれの食材にふさわしい切り方、繊細な火入れにこだわりぬくこと。食材ひとつひとつの可能性を活かしきるのだ。研ぎ澄まされた五感と経験に裏付けされた技、ライ...
EAT
本格的なタイ・イサーン料理を楽しめる「ソムタムダー」日本上陸|EAT

本格的なタイ・イサーン料理を楽しめる「ソムタムダー」日本上陸|EAT

EAT|バンコクをはじめ世界各地で展開ミシュラン一つ星を獲得した人気タイレストラン世界各地でタイ・イサーン料理を提供しているレストラン「ソムタムダー」が日本初上陸した。ニューヨーク店はミシュラン一つ星を獲得するなど高い評価を受けているレストランだ。本格的なタイ料理を幅広くラインナップしている。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)世界4店舗目が東京・代々木にオープンタイ・バンコクをはじめ、世界各国で本格的なタイ・イサーン料理を提供しているレストラン「ソムタムダー」が日本初上陸。東京・代々木にオープンした。日本初出店となる「ソムタムダー」は、バンコク、ニューヨーク、ホーチミンに続き4店舗目。ニューヨーク店は、2016年にミシュラン一つ星を獲得するなど高い評価を得ている。本国の味を継承した真のタイ料理の数々を楽しめる。メニューは、ソムタムダーグループ エグゼクティブシェフのゴーンタナット・トーンナム氏と、タイ人投資家によって考案されたバンコク店のメニューからセレク...
EAT
約10年ぶりのレギュラーラインナップとなる新商品『アン・オー』|Ardbeg

約10年ぶりのレギュラーラインナップとなる新商品『アン・オー』|Ardbeg

Ardbeg|アードベッグまろやかさとスモーキーさが溶け合うシングルモルトアイラモルト「アードベッグ」の新たな定番『アン・オー』が登場。スモーキーさとまろやかな甘みが溶け合う味わいを実現。3種類の樽で熟成して仕上げた、風味と香りをぜひ味わってみてほしい。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)原酒を3種類の樽で熟成ピーティーでスモーキーな風味の中に、繊細な甘さと複雑さを感じられる個性的な味わいが人々を魅了するアイラモルト、Ardbeg(アードベッグ)。この度、約10年ぶりに定番商品に加わる『アン・オー』が登場。アードベッグが蒸留所を構えるアイラ島にあるマル・オブ・オーと呼ばれる岬にちなんでその名が与えられた。アイラ島の最南端に位置するマル・オブ・オーの崖は、長年の雨風を受け続け、丸みを帯びた形状をしている。大西洋の荒波と入り江が出会う、動と静、荒々しさと穏やかさが同居する地形なのだ。その地形のように『アン・オー』は、スモーキーな香りと繊細な甘さがなめらかでクリー...
EAT
海底にシャンパーニュを貯蔵するプロジェクト「セラー・イン・ザ・シー」|Veuve Clicquot

海底にシャンパーニュを貯蔵するプロジェクト「セラー・イン・ザ・シー」|Veuve Clicquot

Veuve Clicquot|ヴーヴ・クリコ2014年に開始された実験的プロジェクトシャンパーニュメゾン「Veuve Clicquot」(ヴーヴ・クリコ)が行っている実験的プロジェクト「Cellar in the Sea」。海底でシャンパーニュを貯蔵し、その効果を確かめる、というものだが、プロジェクト開始から3年経った今年にそのテイスティングが行われた。その味とは。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)プロジェクト開始以来初のテイスティングを実施シャンパーニュブランド、Veuve Clicquot(ヴーヴ・クリコ)は、深海にシャンパーニュの貯蔵庫を建造し、熟成プロセスのさらなる解明を目的とする研究プロジェクト「Cellar in the Sea」(セラー・イン・ザ・シー)を2014年より行っている。2014年から2054年までの40年間、北欧・バルト海の水深40メートルに最高品質のシャンパーニュを貯蔵し、フランス・ランスのメゾンセラーで熟成されたものと同じ名側...
EAT
555 件