CASIO

終戦直後の日本で創業したカシオ計算機。1957年に発表した世界初の小型純電気計算機「14-A」をはじめ、各種計算機の開発で培われた最先端の技術力を活かし、1972年より時計開発もスタート。1974年には、世界初のオートカレンダー付き腕時計「カシオトロン」を発表し、いち早くデジタルウォッチに特化する。

同社最大のヒット作である「G-SHOCK」が生まれたのは1983年。ケース全体をウレタン樹脂で覆うことで、10mの高さから落としても壊れないタフネスさが売り物だった。しかし、サイズの大きさが敬遠されたためか、当初は国内市場において、いまいち奮わなかったといわれる。

ところが、アメリカ市場でのG-SHOCKは、そのリアルな実用性が軍関係者に注目されるほか、斬新なコマーシャル戦略が功を奏し、瞬く間に人気モデルとなる。逆輸入という形で日本市場に再登場したG-SHOCKは、ストリートシーンからじわりと火がつき、やがて1990年代にはプレミアムが付くほどの大ブームを巻き起こすことになる。その後も、ベイビーGや、MR-Gなど、派生モデルを次々生み出しながら、現在でも同社を代表するシリーズとして毎シーズンごとに新作を発表している。

近年では電波時計にも力を入れ、2003年には世界初のフルメタルソーラー電波時計「オシアナス」を発表。受信アンテナを内蔵するため、どうしても無骨なデザインになりがちだった電波時計の常識を180度ひっくり返し、全身をメタルで覆ったスタイリッシュなデザインを獲得する。また、カシオ独自の5モーター技術により、多機能クロノグラフ化を実現した点も大きなセールスポイントだった。

2007年現在も、カシオ独自のモジュールの小型化技術を推し進め、世界最薄のクロノグラフソーラー電波ウォッチ「オシアナス マンタ」をリリースするなど、あいからずの快進撃を続けている。

創業年:1946年 創業地:日本 東京都三鷹市 主なシリーズ名:G-SHOCK、オシアナス、プロトレック 問い合わせ先:カシオ計算機お客様相談室 03-5334-4869

アメリカでBUZZった異素材G-SHOCKが、コンパクトサイズで新登場|CASIO

アメリカでBUZZった異素材G-SHOCKが、コンパクトサイズで新登場|CASIO

CASIO|カシオアナログ指針式の大人顔G-SHOCK!しかもトレンドのミッドサイズでシュッとした出で立ち(1)ロゴを効かせた、圧倒的な存在感! メタルと樹脂を組み合わせて、ファッションおよびタフネスを両立させたG-SHOCKシリーズの“異端児”に、リトル・ブラザー(弟分)のようなモデルが登場した。スペックはそのまま、ケースサイズを小型化し、日本人の腕に合う、袖口を邪魔しないスマートな印象を導いたのだ。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)ストリート発のプレミアムウォッチが正統進化のダウンサイズいまスイスのプレミアムウォッチ界では、既存デザインのスモールサイズ化が流行っている。一時、大流行したデカ厚モデルを否定するものではないが、デフォルメしすぎないことで大人のエレガントを追求する気運が高まっているのだ。それはドレスウォッチに限らず、スポーツモデルにも通底する。一歩引いた小ささは、ユーザーを知的に見せると同時に、腕元を引き締め、さらには人物そのものをシュ...
G-SHOCK×布袋寅泰のスペシャルコラボレーションモデル|CASIO

G-SHOCK×布袋寅泰のスペシャルコラボレーションモデル|CASIO

CASIO|カシオデビュー35周年を記念したスペシャルモデル布袋寅泰のアーティスト活動35周年を記念したG-SHOCKのスペシャルコラボレーションモデルが登場。全面に“ギタリズム”模様を配したユニークピースだ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)DW-5600をベースに特別な装いを纏う日本を代表するギタリストでありロンドンを拠点に世界で活躍する布袋寅泰氏。そのアーティスト活動35周年を記念したG-SHOCKのスペシャルコラボレーションモデルが誕生した。ベースになったのはG-SHOCKの原点であるDW-5600。フェイスやバンドに“ギタリズム”模様を大胆にデザインした。バックルとサイドボタンにはブラックIPを施し、ELバックライト・裏蓋に“ギタリズム”マークを配している。そして細部にいたるまでモノトーンデザインを徹底した。専用パッケージにも全面に“ギタリズム”模様を施し、布袋氏の世界観を具現したモデルに仕上がっている。HOTEI 35th ANNIVERSAR...
CES 2017 リポート 家電・エレクトロニクス編|Consumer Electronics Show 2017

CES 2017 リポート 家電・エレクトロニクス編|Consumer Electronics Show 2017

CEO 2017 家電・エレクトロニクス編カジノの街によぎるイリュージョン2017年1月4日から8日まで北米ラスベガスで開催されたコンシューマ エレクトロニクス ショー(CES)2017。すでに公開済みのリポート前編では、内外のカーメーカーからの出展にフォーカスしたが、後編では主役たる家電・エレクトロニクスの動向について紹介する。Text & Photos by Akio Lorenzo OYA /  Mari OYA今年のスターはIoT家電をつかさどるスマートハブ世界屈指の家電・エレクトロニクス・ショー「CES」が2017年1月4日から8日まで米国ラスベガスで開催された。50周年を迎えた今年は、150を超える国と地域から3800を超える企業・団体が参加、来場者は16万5千人を数えた。2016年には我こそがApple Watchのライバルといわんばかりの各社のスマートウォッチが脚光を浴びたが、今年それは出尽くした感があった。ドローンも各国の飛行規制を受けて元気を失った。だが...
カスタムG-SHOCKブランドのDAMUEが設立から2周年|DAMUE

カスタムG-SHOCKブランドのDAMUEが設立から2周年|DAMUE

DAMUE|ダミューハイジュエリーの意匠をG-SHOCKに採り入れるカスタムG-SHOCKを展開する「DAMUE(ダミュー)」が設立から2周年を迎える。2017年はセレクトショップでもアイテムを展開するなど、その動向から目が離せない。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)高精度のカスタムパーツが魅力G-SHOCKのカスタムパーツを展開する「DAMUE(ダミュー)」が設立から2周年を迎える。カシオの定番ウォッチのG-SHOCKは、その無骨さが魅力だが、一方でドレススタイルなどには敬遠されることも多い。ハイジュエリーブランド出身のデザイナー、梅田カズヒト氏はそんなG-SHOCKのフェイスをスターリングシルバーのカスタムパーツでリメイクした。これまでにないラグジュアリーなカスタムG-SHOCKの誕生である。高い精度が必要なカスタムパーツはすべてジャパンメイド。またG-SHOCKをレザーベルトへと換装できるダミュー独自のアタッチメントも開発するなど、これまでに無いカス...
BEAMSとコラボレーションしたG-SHOCKが登場|CASIO

BEAMSとコラボレーションしたG-SHOCKが登場|CASIO

BEAMS|ビームスCASIO|カシオBEAMSとコラボレーションしたG-SHOCKが登場G-SHOCKにビームス創業40周年を記念したスペシャルモデルが登場。40thロゴを入れるなど、特別にデザインされたウォッチとなる。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)ビームス創業40周年を記念2016年に創業から40周年を迎えるビームス。それを記念してCASIOの代名詞といえる「G-SHOCK」のスペシャルモデルが登場する。このモデルは、フェイスデザインが有名なホラー映画の登場人物に似ていることから、通称“ジェイソンモデル”と呼ばれているG-SHOCKの「DW-001」(1994年登場)を踏襲し、2010年に機能を新たに復刻した『G-001』がベースとなる。モノトーンカラーを上下、左右、対角でアシンメトリーに配置し、バックライトにはアニバーサリーを記念した40thロゴを使用するなど特別モデルであることを強調したルックスをも持つ。『G-001』の特徴でもある丸みを帯びた...
いよいよカシオがスマートウォッチに参入|CASIO

いよいよカシオがスマートウォッチに参入|CASIO

CASIO|カシオ新世代のリストデバイス「スマート アウトドア ウォッチ」を発売アウトドアで利用者の多い腕時計ブランドとして知られるカシオがスマートフォンやスマートフォンに搭載されているGPSと連携し、腕時計に位置情報を表示させることができる本格的なアウトドア用リストデバイス「スマート アウトドア ウォッチ WSD-F10」を発表した。既に多くのスマートウォッチが発表されているが、最新デジタルデバイスの開発で知られる同社の特徴をさっそくご紹介しよう。Text by KAWADA AkinoriMILスペック準拠のタフデバイス2015年の時計シーンは、スマートウォッチ元年と呼ぶべき状況で、各社がそれぞれ自社の時計とスマートフォンとの連携を模索した年だったと言える。すでに大看板の「G-SHOCK」とスマートフォンを連携させ、メールなどデータの受信の報知、ミュージックデバイスの操作などを可能にしており、「エディフィス」では、スマホのネットワーク時間と連動して時刻を補正するワールドタイム機...
50年の電卓史にあらたな一歩を刻むフラッグシップモデル「S100」発売|CASIO

50年の電卓史にあらたな一歩を刻むフラッグシップモデル「S100」発売|CASIO

CASIO|カシオ50年の革新とこだわりが結実した歴史にあらたな一歩を刻む電卓もつ喜びを携えたフラッグシップモデル「S100」発売カシオより電卓史にあらたな一歩を刻む、アルミ合金削り出しのボディをもつフラッグシップモデル「S100」が発売。カシオの公式オンラインショップ「e-casio(イーカシオ)」での購入者限定で、名入れ刻印サービスを2015年12月10日(木)まで無料で提供している。Text by KAJII Makoto (OPENERS)電卓の進化を牽引してきたたカシオ計算機カシオがはじめて電子卓上計算機(電卓)を発売したのは1965年(昭和40年)。以来、より小さく、より身近な電卓を目指して開発がおこなわれ、それまで企業向けの製品だった電子計算機を一家に一台の必需品へと普及させた。そして今年、「計算」を「革新」しつづけてきた歴史をもつカシオの電卓発売50周年を記念して、表示、キー、ボディなど細部にいたるまでプロダクトの本質を追求したフラッグシップ機として「S100」を発...
最新の時刻修正システムで世界の「正確な時」を知る|CASIO OCEANUS

最新の時刻修正システムで世界の「正確な時」を知る|CASIO OCEANUS

CASIO OCEANUS|カシオ オシアナス短時間でワールドタイムを表示する新開発モーター搭載の最新モデルが登場オシアナスの最新システムを搭載したGPSハイブリッド電波ソーラーシリーズから、ワールドタイムの高速切り替えを可能にする新開発のモーターをインダイヤルに搭載した新作が発売された。Text by Hirumaxカシオ独自の時刻修正システムで正確な時刻を取得オシアナスに搭載されているGPSハイブリッド電波ソーラーは、GPS電波を受信しづらい建物のなかでは標準電波を、標準電波インフラのない地域ではGPS電波を受信するハイブリッドシステムにより、世界中どこにいても、安定的に正確な時刻を表示することができる。メインダイヤルでは現在地の時刻(ホームタイム)、6時側のインダイヤルで世界主要都市の時刻(ワールドタイム)を表示し、2都市の時刻を同時に表示する12時間制のデュアルダイヤルワールドタイム機能を採用することで、直感的に時刻を確認できるなど、実用性の高い仕様となっている。さらに今回...
97 件