ホンダ、東京モーターショーで新型FCVやシビック タイプRを出展|Honda

ホンダ、東京モーターショーで新型FCVやシビック タイプRを出展|Honda

Honda|ホンダ東京モーターショーで新型FCVやシビック タイプRを出展2015年は隔年開催される東京モーターショーの年。プレスデー10月28日(水)、一般公開10月30日(金)の開幕日までいよいよ1ヵ月を切り、各自動車メーカーから出展概要が届きはじめている。まずはホンダをご紹介。Text by OGAWA Fumioエコとスポーツ2015年の第44回東京モーターショーのプレビュー。第1弾は本田技研工業だ。「だれかを喜ばせたり、驚かせたり、ワクワクさせたり、幸せにしたりするのがたまらなく好きだから、Hondaはモビリティを作っています」とする同社の特別出展車は、エコとスポーツの両軸。これがいかにも、最近のホンダブランドらしい。目玉のひとつは、燃料電池搭載の新型FCV。“FCV”はフューエル セル ビークルの頭文字でそのまんま。正式名称は10月28日に発表すると、本田技研ではしている。1990年代からFCVに取り組み、2000年代は屋久島での水力発電を使った実証実験を経て、世界初の...
フランクフルトショーを飾ったコンセプトカーたち|IAA 2015

フランクフルトショーを飾ったコンセプトカーたち|IAA 2015

66th Frankfurt International Motor Show|第66回 フランクフルトモーターショー(IAA) 2015フランクフルトショーを飾った注目のコンセプトカー9月15日からドイツのフランクフルトで開催されている「第66回 フランクフルトモーターショー(IAA) 2015」。いつの時代もモーターショーの華は“コンセプトカー”である。会場で注目のコンセプトカーをピックアップしながら、それらのなかに見える大きな自動車業界のトレンドを、小川フミオ氏が解説する。Text by OGAWA Fumioアウディe-tronクワトロ コンセプト自動車ショーの楽しみはプロトタイプにあるといっても過言ではないだろう。2015年のフランクフルトショーでも、数かずのモデルが、来場者を楽しませてくれた。その内容はメーカーによって違うが、もし中からひとつのトレンドを引っ張り出すなら、目についたのはエコロジーをキーワードにしたモデルだ。「アウディは電気化で妥協しない」。アウディが発表...
ホンダによるバイクとクルマを融合したコンセプトモデル|Honda

ホンダによるバイクとクルマを融合したコンセプトモデル|Honda

Honda project 2&4 powerd by RC213V|ホンダ プロジェクト 2&4 パワード バイ RC213Vホンダによるバイクとクルマを融合したコンセプトモデルホンダは英国時間で9日、フランクフルトモーターショーで二輪車と四輪車の要素をあわせもつコンセプトモデル「ホンダ プロジェクト 2&4 パワード バイ RC213V」を世界初披露すると発表した。Text by YANAKA Tomomi最高出力215psのバイクエンジンと6段トランスミッションの組み合わせ「ホンダ プロジェクト 2&4 パワード バイ RC213V」は、世界各地にあるホンダの二輪車と四輪車のデザインスタジオから80人以上のデザイナーが参加した社内コンペ「グローバル デザイン プロジェクト」から選出されたコンセプトモデル。1960年代に活躍したF1マシンをモチーフに、ミッドシップエンジンレイアウトをもつクルマでありながら、バイクのようなフレームとボディーカウルで...
特集|ニッポンのスポーツカー

特集|ニッポンのスポーツカー

特集|ニッポンのスポーツカーいま、日本のスポーツカーが元気だ。ライトウェイトスポーツとして、世界のベンチマークとなったマツダ「ロードスター」が第4世代へと進化。軽自動車のカテゴリーからはホンダ「S660」とダイハツ「コペン」といったオープンスポーツカーが再度登場するなど、熱い視線を浴びている。そんなジャパニーズ スポーツカーを特集する。Mazda Roadster|マツダ ロードスター新型マツダ ロードスター(ND型)を試乗するマツダの新型「ロードスター(ND型)」が好調だ。発売からわずか1ヵ月で、販売目標として掲げた月間500台の10倍を超える受注を獲得。製造ラインはフル稼働中だという。かぞえて4代目となるこの新型は、マツダが初代モデルを1989年に登場させて以来、はじめて原点回帰を目指し開発した意欲作。MTとAT、ふたつの最新ロードスターを試す。Honda S660|ホンダ S660ホンダS660、最小ミッドシップスポーツに試乗2013年の東京モーターショー...
ホンダS660、最小ミッドシップスポーツに試乗|Honda

ホンダS660、最小ミッドシップスポーツに試乗|Honda

Honda S660|ホンダ S660日本が世界に誇るスポーツカーホンダS660、最小ミッドシップスポーツに試乗2013年の東京モーターショーで発表された「S660 コンセプト」が2年の月日を経て、「S660」として待望の市販化を果たした。軽自動車のミッドシップスポーツカーというコンセプトは、いまだ根強い人気をもつ1991年に発売された「ビート」の後継となるものだ。コンセプトカーをほぼそのまま市販化に繋げた、ホンダの意気込みと技術力の結晶ともいうべきS660を早速公道に連れ出してみた。Text by SAKURAI KenichiPhotographs by HANAMURA Hidenori唯一無二のエキゾチックモデル交差点で信号待ちをしている間、何人の歩行者に見られ、何人にスマホで撮影されたかわからない。デビューしたてでホットなモデルであるという希少性も、当然あるだろう。撮影車両がプレミアムビーチブルーパールという少々派手で、目にも鮮やかなブルー系のボディカラーであったことも関...
Honda|ホンダジェット量産1号機を初公開

Honda|ホンダジェット量産1号機を初公開

Honda|ホンダ機体・エンジンともに自社製のビジネスジェット機HondaJet 量産1号機を初公開ホンダの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニーは、ビジネスジェット機「HondaJet(ホンダジェット)」の、量産1号機を初公開した。今回公開したのはパールグリーンにメタリックゴールドのストライプの塗装を施した新色で、既存のシルバー、赤、黄色、青と合わせ、HondaJetの全5色のカラーバリエーションが出揃った。 Text by OKADA Kazuyuki(OPENERS)2015年のデリバリーを目指すホンダ エアクラフト カンパニーが開発をおこなっているビジネスジェット機「HondaJet」は、GE Hondaエアロ エンジンズ社製の量産型ターボファンエンジン「HF120」を搭載。機体とエンジン、ともに自社で開発をおこなっているのが特徴だ。量産1号機はデリバリーに向け、現在地上での機能試験をおこない、2014年夏には初飛行が計画されているという。生産工場では9機の...
日本車のアニメ化を横目にかんがえる、スモールカーの行方――自動車ジャーナリスト 下野康史の5選

日本車のアニメ化を横目にかんがえる、スモールカーの行方――自動車ジャーナリスト 下野康史の5選

日本車のアニメ化を横目にかんがえる、スモールカーの行方東京モーターショー5選――自動車ジャーナリストの場合10月27日に一般公開がはじまった東京モーターショー。自動車ジャーナリストの下野康史さんは、出展車のある傾向をかんがえながら、こんな5台を選んだ。テーマは、スモールカー。文=下野康史「やらねばならないこと」と「やりたいこと」の狭間で環境対策や安全性向上といった、早急に「やらねばならないこと」と、クルマのつくり手として、本音で「やりたいこと」。最近のモーターショーというのは、どこの国のショーであれ、そのふたつのせめぎ合いである。今回の東京モーターショーも、基本はそうだったが、前回より“後者”がちょっと優勢に思えたのは、ショーの華が「日産GT-R」だったせいだろうか。たしかにGT-Rは乗ってみたいし、こういうクルマがショーのスターであるのは、クルマ好きとしてはもちろんうれしいのだが。ただ、GT-Rに限らず、「レクサスIS-F」や「三菱ランサーエボリューションX」、あるいは現実性の高...
ホンダジェットが日本で初飛行|Honda

ホンダジェットが日本で初飛行|Honda

HondaJet|ホンダジェットホンダジェットが日本で初飛行4月23日、ホンダの航空機事業子会社であるアメリカのホンダ エアクラフト カンパニーは、量産間近となった小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」を日本で初めて披露した。Text by SAKIYAMA Chikako(OPENERS)ホンダ、空への夢を実現4月23日、ホンダの航空機事業子会社であるアメリカのホンダ エアクラフト カンパニーが生産する小型ビジネスジェット機「HondaJet(ホンダジェット)」が、日本の空にはじめてその飛行する姿を披露した。ホンダ エアクラフト カンパニーが開発する6人乗りの小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」は、主翼の上にエンジンを配置する機体のレイアウトが最大の特徴だ。徹底した機体の空力抵抗の低減と揚力比の実現で、クラス最高の最高速度と低燃費を達成した。エンジンはGE ホンダ エアロ エンジンズ社製の量産型ターボファンエンジン「HF120」を搭載。機体とジェットエンジンの両方を自社で開...
年20万台を目指すホンダの新型ハイブリッド、発表

年20万台を目指すホンダの新型ハイブリッド、発表

日米欧で年20万台を目指すホンダの新型ハイブリッド「インサイト・コンセプト」パリで発表本田技研工業は、2009年に発売を予定しているの新しいハイブリッドカー「インサイト」のコンセプトモデル「インサイト・コンセプト」を、開催中のパリモーターショーで披露した。「プリウス」に対抗ガソリンと電気モーターのハイブリッドカーといえば、世界的にみてもトヨタの独壇場となった感はあるが、ホンダにだってその歴史はある。1997年暮れに世界初の量産ハイブリッドカー「トヨタ・プリウス」が発売されると、ホンダは対抗心を燃やし、2年後に当時プリウスを上回る燃費性能の「インサイト」をリリースした。しかし、プリウスが実用性高い4ドアだったのにたいし、インサイトは2ドア2人乗り。のちに発売される「シビック・ハイブリッド」をふくめてだが、ホンダ=ハイブリッドという等式は浸透せず、こんにちにいたっている。こんかい、インサイトを一新するにあたり、ホンダはハイブリッドに本腰を入れたもよう。発表されたコンセプトモデルをベース...
ホンダ フィット シャトル|HONDA FIT SHUTTLE

ホンダ フィット シャトル|HONDA FIT SHUTTLE

ホンダ フィット シャトル|HONDA FIT SHUTTLEホンダ フィット シャトル ハイブリッド|HONDA FIT SHUTTLE HYBRIDホンダからプリウスαの好敵手が登場!ホンダは、東日本大震災の影響で発売が延期されていたワゴンタイプの「フィット シャトル」と「フィット シャトル ハイブリット」の販売を6月16日に開始した。文=谷中朋未高効率なパッケージングで広い空間を実現当初、3月中旬に発売が予定されていた「フィット シャトル」。東日本大震災が発生し、東京電力管内の電力不足を考慮したことで、生産を埼玉県狭山市の埼玉製作所から三重県鈴鹿市の鈴鹿製作所に移管。3カ月遅れの販売開始となった。フィット シャトルは、「フィット」のシャシーをベースに、全長を約500mm伸ばした全長4,410×全幅1,695×全高1,540mmの5ナンバーサイズのボディをもつ。特筆すべきはそのパッケージングで、フィットから採用されているセンタータンクレイアウトにより、ガソリン車の荷室容量は床上...
137 件