2019年に欧州で発売する小型EVのコンセプトモデルを世界初公開|Honda

2019年に欧州で発売する小型EVのコンセプトモデルを世界初公開|Honda

Honda Urban EV Concept|ホンダ アーバンEVコンセプト2019年に欧州で発売する小型EVのコンセプトモデルを世界初公開ホンダは現地時間の9月12日(火)に開幕したフランクフルト モーターショー(IAA 2017)で、電気自動車のコンセプトモデル「アーバンEVコンセプト」を世界初公開した。Text by YANAKA TomomiEV専用プラットフォームを採用し、AI技術で運転をサポート将来の量産EVモデルの技術とデザインの方向性を示すコンセプトモデルとしてフランクフルトモーターショーで披露された「アーバンEVコンセプト」。ホンダではこのモデルをベースとした量産EVを2019年に欧州で発売するとともに、今後欧州で発売されるすべての新型モデルにハイブリッドを含めた電動化技術を搭載することもあわせて発表した。ボディは新開発のEV専用プラットフォームを採用。エクステリアは、ローアンドワイドのシンプルなスタイリングで、欧州仕様の「ジャズ(日本名フィット)」よりも全長が1...
ホンダ、量産EVのコンセプトを間もなく公開|Honda

ホンダ、量産EVのコンセプトを間もなく公開|Honda

ホンダは、9月12日のプレスデイから始まるフランクフルト モーターショー(IAA)2017における出展概要を発表した
軽ミッドシップスポーツ「S660」にシックな内装の特別仕様車|Honda

軽ミッドシップスポーツ「S660」にシックな内装の特別仕様車|Honda

Honda S660 Bruno Leather Edition|ホンダ S660 ブルーノ レザー エディション軽ミッドシップスポーツ「S660」にシックな内装の特別仕様車ホンダは、軽のミッドシップスポーツ「S660」に特別仕様車「ブルーノ レザー エディション」を設定。6月2日(金)に発売し、11月30日(木)までの期間限定で販売する。Text by YANAKA Tomomiボディカラーには特別色のベルベットマルーン メタリックを設定ホンダ「S660」にシックな内装の特別仕様車が誕生した。設定されるのは装備が充実したαグレードで、エクステリアには、ブラックドアミラーやオールブラックアルミホイールを用意。インテリアは、ジャズブラウンのスポーツレザーシートをはじめ、本革巻きステアリングホイールなどが与えられ、高級感のある雰囲気が演出された。パワートレインは0.66リッターDOHCターボが最高出力47kW(64ps)、最大トルク104Nm(10.6kgm)を発生。トランスミッション...
シビック タイプRがニュルブルクリンクでFF最速を記録|Honda

シビック タイプRがニュルブルクリンクでFF最速を記録|Honda

Honda Civic Type R|ホンダ シビック タイプRシビック タイプRがニュルブルクリンクでFF最速を記録ホンダは4月24日(月)、新型「シビック タイプR」が、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースでFFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。Text by YANAKA Tomomi先代モデルよりもタイムを約7秒短縮今年3月にスイスで開かれたジュネーブモーターショーで量産モデルが発表された新型「シビック タイプR」。すでに今年の夏から日本や北米など世界各地で販売されることがアナウンスされている。発売を間近に控え、シビック タイプRが量産前の最終開発車両でニュルブルクリンク北コースでのFF最速となる7分43秒80を記録し、動画などを公開した。パワーユニットは最高320ps、最大トルク400Nmを発生する2.0リッターの「Vテック ターボエンジン」を搭載。6段MTのローレシオ化により加速性能がよくなっている。また新プラットフォームに刷新することで...
ホンダ クラリティにプラグインハイブリッドとEVモデルを追加|Honda

ホンダ クラリティにプラグインハイブリッドとEVモデルを追加|Honda

Honda Clarity Plug-In Hybrid|ホンダ クラリティ プラグイン ハイブリッドHonda Clarity Electric|ホンダ クラリティ エレクトリックホンダ クラリティにプラグインハイブリッドとEVモデルを追加ホンダは現地時間4月12日(水)、ニューヨークで開幕したニューヨーク オートショーでミドルサイズセダン「クラリティ」のプラグインハイブリッド(PHEV)「クラリティ プラグインハイブリッド」と、電気自動車(EV)「クラリティ エレクトリック」を世界初公開した。Text by YANAKA TomomiPHEVは今年中にアメリカで販売を開始昨年、燃料電池車(FCV)として発売された「クラリティ フューエル セル」。このクラリティシリーズに、PHVとEVのラインナップが加わることとなった。ホンダでは、2030年に向け、四輪商品の3分の2をPHEVとハイブリッド、FCV、EVなどのゼロエミッションビークルに置き換えることを目標としており、今回のクラリ...
シビック タイプRの量産モデルをジュネーブショーで披露|Honda

シビック タイプRの量産モデルをジュネーブショーで披露|Honda

Honda Civic Type R|ホンダ シビック タイプRシビック タイプRの量産モデルをジュネーブショーで披露ホンダは、ジュネーブモーターショーにおいて新型「シビック タイプR」の量産モデルを世界初披露した。Text by YANAKA Tomomi2017年夏から日本でも発売を開始2015年の東京モーターショーや昨年のパリモーターショーでプロトタイプが登場していた「シビック タイプR」の量産モデルがついに公開された。先代同様、英国で生産されるという新型はサーキットでの走行性能にくわえ、公道でのグランドツアラー性能の進化を目指して開発したとホンダは謳う。パワートレインは、最高出力320ps、最大トルク400Nmを発生する2.0リッター直列4気筒ガソリンエンジンの「VTECターボエンジン」を搭載。トランスミッションは6段MTで、変速操作に合わせてエンジンの回転数が自動で調整され、アクセル操作が不要となるレブマッチシステムが取り入れられた。また運動性能を向上させるため、リアサス...
CES 2017 リポート 前編|Consumer Electronics Show 2017

CES 2017 リポート 前編|Consumer Electronics Show 2017

CEO 2017 前編ラスベガスは、もう「自動運転車」がデフォルト毎年1月に北米ラスベガスで開催されるコンシューマ エレクトロニクス ショー(CES)。コンシュマー エレクトロニクス分野では世界最大の見本市である同ショーにおいて、主役を務めるのはもちろん家電である。しかし、自動運転やコネクタビリティなど、最先端の電子技術がキーとなっている自動車業界においても昨今は重要なショーとなっており、各社がこぞって最新技術を披露している。今年のCESではどんなキーテクノロジーが紹介されたのか。さっそくリポートをお送りする。Photographs Akio Lorenzo OYA / BOSE AutomotiveText by Akio Lorenzo OYA今年のキーワードは「人工知能(AI)」「ビッグデータ」、そして「自動運転」世界最大級の家電エレクトロニクスショー「CES2017」が、米国ラスベガスで2017年1月4日から8日まで催された。今年50周年の節目を迎えたCESにおける最大の話...
ロサンジェルス自動車ショーリポート スポーティカー篇|LOS ANGELES AUTO SHOW 2016

ロサンジェルス自動車ショーリポート スポーティカー篇|LOS ANGELES AUTO SHOW 2016

ロサンジェルス自動車ショーリポート|LOS ANGELES AUTO SHOW 2016 Report Part 2ハリウッド的モデルも登場11月18日から開催されたロサンジェルス自動車ショー2016。SUVにフォーカスした現地リポート第1弾につづき、パート2ではスポーティモデルを中心に紹介する。Text by OGAWA Fumio多くの注目モデルを持ち込んだメルセデスロサンジェルスはハリウッドやシリコンバレーも近いため、トレンディであり、環境問題を含めてなにごとにも意識が高く、そしてぜいたくなものが好きなマーケットが存在する。ロサンジェルス・オートショーは環境対応車や大型SUVが多く目についたことに加え、スポーティだったりラグジュリアスだったりするモデルも多かった。大きな話題になったのはメルセデス・ベンツだ。とりわけメルセデス-マイバッハという超高級ラインから発表された豪華なフルオープン4シーターのメルセデス-マイバッハ「S 650 カブリオレ」が大きな注目を集めた。展示された...
133 件