BENTLEY

「クラス最高の速さと価値を持つクルマをつくりたい」。“W.O.”の呼び名で親しまれているBENTLEY MOTORS(ベントレー・モーターズ)の創業者、ウォルター・オーウェン・ベントレーの言葉である。 若い時分からエンジニアとして経験を積んできたW.O.だが、はじめはクルマではなく蒸気機関車を相手とする仕事だった。仕事の合間にモーターサイクルでレースに参加するうち、彼の興味はエンジンに向けられていき、退職後、レーシングエンジンの開発を本格化させたのが第一次大戦のあと。 1920年代になると、イギリス内外のレースに参加。なかでもルマン24時間レースでは、“ベントレー・ボーイズ”の活躍により、1924年から1930年の7年間に5度の優勝を手に入れ、その名を知らしめた。しかし、経営状況は厳しく、1931年にはロールス・ロイスに買収され、かろうじてその名を残すことになった。 その後67年のあいだロールスの支配が続くが、1998年に転機が訪れる。フォルクスワーゲンがベントレーの名前とイギリスのクルー工場を買収。これによりベントレーはロールスとは別の道を歩みはじめ、「コンチネンタルGT」を皮切りに、「コンチネンタル・フライングスパー」「コンチネンタルGTC」といったニューモデルの投入により、見事、高級車市場での復活をはかった。さらに、2003年のルマン24時間では73年ぶり、6度目の優勝を手中に収めている。

持続可能なラグジュアリーモビリティをリード──ベントレーが本社工場に英国最大のソーラーカーポートを設置|Bentley

持続可能なラグジュアリーモビリティをリード──ベントレーが本社工場に英国最大のソーラーカーポートを設置|Bentley

昨今、持続可能なエネルギーへの取り組みを強化しているベントレー。2019年には、英国クルーの本社工場に英国で最大のソーラーカーポートを設置した。
マリナーが手掛ける12台限定の新型2シーター「バカラル」ワールドプレミア|Bentley

マリナーが手掛ける12台限定の新型2シーター「バカラル」ワールドプレミア|Bentley

ベントレーは、12台限定の新型2ドアモデル「バカラル」をワールドプレミア。ベントレーのビスポーク部門マリナーによりハンドビルドされたビスポークカーだ。
ベントレー、ビスポーク部門が手掛けたコンセプトカーをジュネーブで披露|Bentley

ベントレー、ビスポーク部門が手掛けたコンセプトカーをジュネーブで披露|Bentley

ベントレーは、3月に開催される「ジュネーブモーターショー2020」で、同社のビスポーク部門マリナーが手掛けるコンセプトカー「バカラル」をワールドプレミアすると発表した。
旗艦モデル「ミュルザンヌ」の有終の美を飾る30台の限定車「6.75エディション by マリナー」を発表|Bentley

旗艦モデル「ミュルザンヌ」の有終の美を飾る30台の限定車「6.75エディション by マリナー」を発表|Bentley

英ベントレーは、フラッグシップモデルであるラグジュアリーリムジン「ミュルザンヌ」の生産終了にあたり、その花道を飾る30台の世界限定生産モデル「6.75エディション by マリナー」を発表した。
世界でも特別な一台──新型ベントレー フライングスパーに試乗|Bentley

世界でも特別な一台──新型ベントレー フライングスパーに試乗|Bentley

2019年6月に発表され、12月4日にジャパンプレミアされたばかりの新型ベントレー「フライングスパー」。3代目となり、新型「コンチネンタルGT」と同様の最新のプラットフォームが採用された同モデルにモナコで試乗した。
電動化に向けたベントレーの取り組みの一環──最先端のエンジニアリングテストセンターが来秋オープン|Bentley

電動化に向けたベントレーの取り組みの一環──最先端のエンジニアリングテストセンターが来秋オープン|Bentley

ベントレー・モーターズは、英国クルーにあるベントレー本社の拡張を行い、最先端のエンジニアリングテストセンターの建設作業が開始されたことを発表した。
フライングBにも大胆な黒が施されたフライングスパーの特別仕様車|Bentley

フライングBにも大胆な黒が施されたフライングスパーの特別仕様車|Bentley

ベントレーは、4ドアサルーン「フライングスパー」に特別仕様車「ブラックライン スペシフィケーション」を追加すると発表した。
V8ならではの走りとサウンド─コンチネンタルGTに4.0リッターV8ターボモデルが追加|Bentley

V8ならではの走りとサウンド─コンチネンタルGTに4.0リッターV8ターボモデルが追加|Bentley

ベントレーモーターズジャパンは、第3世代の「コンチネンタルGT」と「コンチネンタルGTコンバーチブル」に4.0リッターV8ガソリンエンジンモデルを追加し、発売した。デリバリーは2020年春以降となる。
1930年のル・マンに参戦した往年の名車「ブロワー」を12台限定で復刻|Bentley

1930年のル・マンに参戦した往年の名車「ブロワー」を12台限定で復刻|Bentley

ベントレーは、英国時間の9月8日(日)に開かれたイギリスを代表するコンクールイベント「サロン・プリべ・コンクール・デレガンス」で、1929年にティム・バーキン卿の依頼によって製造された、「ブロワー」を「コンティニュエーションシリーズ」として12台限定で復刻すると発表した。
ベントレー100周年を祝う100台の限定車|Bentley

ベントレー100周年を祝う100台の限定車|Bentley

ベントレーは7月1日(月)、1929年に製造された伝説的な「NO.1 ベントレー・ブロワー」にオマージュを捧げ、「コンチネンタルGTコンバーチブル」に100台限定の「ナンバー1 エディション バイ マリナー」を生産すると発表した。
フルモデルチェンジしたベントレーの快速サルーン「フライングスパー」がデビュー|Bentley

フルモデルチェンジしたベントレーの快速サルーン「フライングスパー」がデビュー|Bentley

予告通り、ベントレーモーターズは6月17日、フルモデルチェンジして第3世代となった新型4ドアセダン「フランイングスパー」を発売した。
ベントレー新型フライングスパー、今月公開|Bentley

ベントレー新型フライングスパー、今月公開|Bentley

Bentley Flying Spur|ベントレー フライングスパーベントレー新型フライングスパー、今月公開ベントレーが先日ティーザーを公開した新型「フライングスパー」が、6月11日に発表される。Text by OPENERS名前以外はすべて新しいベントレーの4ドアサルーン「フライングスパー」が、間もなく3代目へとフルモデルチェンジを果たす。新型には初めて四輪操舵システムを搭載されることが明らかになった。高速走行中は後輪が前輪と同じ方向に動くことで車両安定性を高め、低速のときには前輪と逆向きに動き回頭性を改善する。駆動についても、従来同様に四輪駆動を標準とするものの、後輪のみの駆動も可能となり、スポーツセダンのようなハンドリングが愉しめるという。もし後輪にスリップが発生した場合には、即座に前輪に駆動力を送るアクティブ オールホイール ドライブ機能も備わる。そのほかにも、サスペンションの硬さを変化させることでコーナリングフォースによるボディのロールを最低限に抑え、ハンドリングと乗り心...
ベントレー 次世代フライングスパーを年内に発表|Bentley

ベントレー 次世代フライングスパーを年内に発表|Bentley

Bentley Flying Spur|ベントレー フライングスパーベントレー 次世代フライングスパーを年内に発表ベントレーは4ドアサルーン「フライングスパー」の新型を年内に発表することを明らかにし、内外装の一部から公開しはじめた。Text by OPENERS次世代に織り込む技術とクラフツマンシップを垣間見せるベントレーは創業100周年にあたる今年、4ドアサルーン「フライングスパー」を第3世代へとフルモデルチェンジする予定であることを明らかにした。ベントレーが現在のところ公開しているのは、全体のシルエットとフロントのマスコット、さらに、インテリアの一部。インテリアには、自動車向けでは世界初という、テクノロジーとクラフツマンシップを融合させた、三次元テクスチャード レザー仕上げが施されている。これを一例として、最新技術と英国クルーの職人たちにより仕上げられた次世代フライングスパーは、ベントレーらしい高級サルーンに仕上げられているという。問い合わせ先ベントレーコール0120-97-7797
241 件