VAN CLEEF & ARPELS

ロマンとエレガンス溢れるメゾン、ヴァン クリーフ&アーペル。その歴史は、宝石商の娘エステル・アーペルと、ダイヤモンド研磨職人の息子であるアルフレッド・ヴァン クリーフが結婚し、1906年にふたりの名前を冠したジュエラーをヴァンドーム広場に構えたことにはじまる。

魅惑と気品に溢れたジュエリーはたちまち人気となり、1910年からは、はやくも時計のコレクションが登場。1920年代からはジュエラーの世界観と高級時計制作の専門技術が融合し、服に付けるクリップとしても使える時計や、ブレスレットタイプのジュエリーウォッチなど豪華な時計が生み出された。そして、1936年。南京錠に独創的なクラスプを備えたユニークなアイデアのタイムピース「カデナ」の誕生により、その名は大きく轟くこととなる。

その後も、メゾンのアイコンでもある「アルハンブラ」をモチーフにしたウォッチのほか、オーバル型のケースのやわらかさにクラシックデザインのたおやかさをくわえた「タイムレス」「チャーム」などが女性の腕を美しく演出してきた。

一方のメンズでも、男性ならではのエレガンスを体現するようなタイムピースが並ぶ。1949年に創始者の息子ピエール・アーペルが自身のためにデザインし、その上品な姿からたちまち評判となった「ピエール・アーペル」は、2012年にあらたに現代的な再解釈がくわえられるとともに、タイムレスな美しさを備えた時計へとリニューアルを果たした。

さらに、もっとも高度な専門技術とメゾンの独創性を組み合わせ、エナメルやジュエリーで生き物や植物などがいきいきと描かれた「エクストラオーディナリー ダイヤル」や、技術と美の粋を集め、ダイヤルという“劇場”で物語が繰り広げられ、まったくあたらしい方法で時を示す「ポエティックコンプリケーション」といった類を見ないそのロマンティックな世界観は、女性はもちろん男性をも魅了しつづけている。

【創業年】1906年 【創業地】フランス、パリ 【主なシリーズ名】カデナ、チャーム、アルハンブラ、レディアーペル、タイムレス、ピエール アーペル、ハイジュエリー、エクストラオーディナリー ダイヤル、ポエティック コンプリケーション 【問い合わせ先】ヴ...

「レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校」日本特別講座公式ウェブサイトがオープン|ART

「レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校」日本特別講座公式ウェブサイトがオープン|ART

ART|Van Cleef & Arpelsがサポートする宝飾学校「レコール」が日本へヴァン クリーフ&アーペルが支援するジュエリー学校の日本特別講座を受講するチャンス「レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校」は、日本特別講座開校に先駆け、2019年1月15日(火)に日本特別講座公式ウェブサイト(https://jp.lecolevancleefarpels.com/)をオープン。公式ウェブサイトでは2019年2月に、東京都内にある京都造形芸術大学 外苑キャンパスで開校する「レコール」のすべての講義のオンライン登録が可能であり、同時にそれぞれの講義の内容、レコールの概要を説明している。Text by TSUCHIDA Takashiパリ本校で行なわれている授業が、そのまま日本へ「レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校」とは、ハイジュエリーメゾン「ヴァン クリーフ&アーペル」の支援のもと、2012年に、パリのヴァンドーム広場に創設された宝飾学校。年齢や経験を問わず、あらゆる方々に...
ART
ヴァン クリーフ&アーペル 心斎橋店がオープン|Van Cleef & Arpels

ヴァン クリーフ&アーペル 心斎橋店がオープン|Van Cleef & Arpels

Van Cleef & Arpels|ヴァン クリーフ&アーペルヴァン クリーフ&アーペル 心斎橋店がオープンヴァン クリーフ&アーペル 心斎橋店がオープンした。総面積636.68平方メートルという、国内ブティック最大の規模を誇る。銀座本店でしか展開していない、「ラッキー アニマルズ コレクション」も取り揃える。また期間限定で華道家の片桐功敦氏の作品が店舗内を美しく彩る。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)国内ブティック最大の面積を誇るハイジュエリーメゾンであるVan Cleef & Arpels(ヴァン クリーフ&アーペル)の、新たな店舗が大阪・心斎橋にオープンした。御堂筋と長堀通の交差点、心斎橋の基点といえるロケーションに位置し、B1から2Fまでの3フロア面積の合計は636.68平方メートル。国内ブティック最大規模の面積を誇る。地下には多目的スペースを設けるなど新たな試みも採用し、関西地区におけるメゾンの世界観の発...
ヴァン クリーフ&アーペルのハイジュエリーと日本の工芸の粋が結集|VAN CLEEF & ARPELS

ヴァン クリーフ&アーペルのハイジュエリーと日本の工芸の粋が結集|VAN CLEEF & ARPELS

VAN CLEEF & ARPELS|ヴァン クリーフ&アーペル歴史を重ね、育まれたフランスと日本の技の極み「VAN CLEEF & ARPELS(ヴァン クリーフ&アーペル)」のハイジュエリーと日本の工芸を対比して、日仏の熟練技術の粋を紹介する展覧会「技を極める―ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」が、京都国立近代美術館にて、4月29日(土・祝)から8月6日(日)まで開催される。Text by NOGUCHI Minakoハイジュエリーと伝統工芸の超絶技巧を堪能フランスが誇るハイジュエラー、ヴァン クリーフ&アーペルでは、ハイジュエリーを中心とした展覧会を、毎年1ヶ国、1都市、1美術館で開催している。今年の開催地に選ばれたのは、日本の京都。1200年以上前から明治維新まで天皇が鎮座していた京都は、日本の文化の中心であり、雅な世界が繰り広げられてきた地。熟練の職人の技と心意気によって作り出された十二単や辻が花、金襴を惜しみなくほどこした能...
ART
動物をモチーフにした新作ハイジュエリーコレクションを一堂に展覧|VAN CLEEF & ARPELS

動物をモチーフにした新作ハイジュエリーコレクションを一堂に展覧|VAN CLEEF & ARPELS

VAN CLEEF & ARPELS|ヴァン クリーフ&アーペル前向きで陽気な世界を描いたハイジュエリーコレクションヴァン クリーフ&アーペルは、2017年1月15日までの期間で、銀座本店3Fにて新作ハイジュエリーコレクション「ヴァン クリーフ&アーペルが語るラルシュ ド ノエ(ノアの方舟)」を一般公開中。動物をモチーフにした遊び心溢れるハイジュエリーコレクションだ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)創生の物語「ノアの方舟」を独自に解釈ヴァン クリーフ&アーペルは創業以来、自然を大切なテーマのひとつとしてきた。その中でも今回は“動物”に特別なオマージュを捧げ、その豊かさと多様性を描き出した。「ヴァン クリーフ&アーペルが語るラルシュ ド ノエ(ノアの方舟)」は、ウサギやゾウ、ペンギンなどの動物たちをモチーフに、60組以上のつがいをジュエリーに落とし込んだ。一方、想像上の動物であるペガサス、フェニックス、ユニコ...
調和するアクセサリー「ペルレ コレクション」に新作が登場|VAN CLEEF & ARPELS

調和するアクセサリー「ペルレ コレクション」に新作が登場|VAN CLEEF & ARPELS

VAN CLEEF & ARPELS|ヴァン クリーフ&アーペル「ペルレ コレクション」に新作が登場「ペルレ コレクション」に、リング、ペンダント、そしてピアスの新作が登場する。まろやかなカボションが印象的なこれらの新作は、大胆かつ繊細にあらゆるスタイルに組み合わせることができるアクセサリーだ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)ゴールドとストーンの優雅な組み合わせ2008年に誕生した「ペルレ コレクション」。厳しい基準を満たしたダイヤモンドとハードストーンを使用し、ゴールドビーズはひとつひとつ手作業で加工される。今回は、このコレクションを彩るゴールドビーズの縁取りが、ヴァン クリーフ&アーペルのアイコンともいえる「アントレ レ ドア リング」とひとつになった。オープンリングを用いることで二つのモチーフをつなげたこのリングは、一方はハードストーン、もう一方はダイヤモンドをセットしたゴールドという、美しい曲線を描く二つのカボションで指と...
愛らしさを優雅に彩る「ヴァン クリーフ&アーペル」|Van Cleef & Arpels

愛らしさを優雅に彩る「ヴァン クリーフ&アーペル」|Van Cleef & Arpels

Van Cleef & Arpels|ヴァン クリーフ&アーペル連載|第4回 ヴァン クリーフ&アーペル(1)100年以上の歴史を通して、詩情溢れる気品に満ちたジュエリーを作り続けている「ヴァン クリーフ&アーペル」。独創的なデザインが描き出すフェミニンな可愛らしさ、ドラマチックな美しさは、世界中の女性たちの憧れの的。ジュエリーへの情熱を雄弁に語りかけるハイジュエラーの美学を堪能してほしい。Text by NOGUCHI Minako愛を祝福するメゾンが紡ぐラブストーリーヴァン クリーフ&アーペルが織り成す、愛に満ちたラブストーリーは、創立者であるエステル・アーペルとアルフレッド・ヴァン クリーフのふたりが紡いだ愛の物語りの軌跡といえる。運命に導かれるように出会った宝石商の娘、エステル・アーペルと宝石細工職人のアルフレッド・ヴァン クリーフは、1895年に結婚。宝石への情熱が強かったふたりは結婚を機に、エステルの兄弟とパートナーシップを組み、ジュエリー制作に打ち込んだ。類い...
ヴァン クリーフ&アーペル|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|VAN CLEEF & ARPEL

ヴァン クリーフ&アーペル|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|VAN CLEEF & ARPEL

VAN CLEEF & ARPEL|ヴァン クリーフ&アーペル詩情のあふれる世界を文字盤に紡ぎ出す(1)ヴァン クリーフ&アーペルは、ハイジュエリーとポエティック コンプリケーションを柱として、新作を発表したが、やはり注目したいのはポエティック コンプリケーションである。2016年も、文字盤に詩心にあふれる世界が展開された。文/河田昭則モチーフの造形も見事で魅入られてしまうヴァン クリーフ&アーペルのポエティック コンプリケーションは、毎年の楽しみの一つである。ある時は宇宙の神秘を、ある時は情感あふれるストーリーを、文字盤に出現させ、文字通りに、時計を詩的な(ポエティック)なものに仕立て上げる。ジェムセッティングも、名立たるハイジュエラーらしい素晴らしさで、時計に華やな彩りと輝きを与える。2016年は、そんなポエティック コンプリケーションの充実ぶりが際立っている。ここで紹介するうちの2本は、美しく、独創的なことに加えて、メカニズムという点でも傑出した時計である。「レディ ...
ミニアチュール フェザーアートにみるヴァン クリーフ&アーペルの哲学|VAN CLEEF & ARPELS

ミニアチュール フェザーアートにみるヴァン クリーフ&アーペルの哲学|VAN CLEEF & ARPELS

VAN CLEEF & ARPELS|ヴァン クリーフ&アーペルインターナショナル マーケティング&コミュニケーションズ ディレクターのジャン・ビヤンネメ氏に聞くヴァン クリーフ&アーペルが継承する哲学世界最高峰のハイジュエリーメゾンであると同時に男女を問わず見る者を魅了するウォッチメゾンでもあるヴァン クリーフ&アーペル。そのウォッチクリエーションはどのようなコンセプトで構築されているのだろう。SIHHに先駆けて芸術的な新作が公開された香港でインターナショナル マーケティング&コミュニケーションズ ディレクターのジャン・ビヤンネメ氏に話を聞いた。Text by SHIBUYA Yashuhitoすべての創作は「物語」から「時計に限らず、私たちのクリエーションには必ず『物語』、つまり作品にまつわるファンタジックなストーリーがあります。これが、他のジュエリーやウォッチメゾンと、私たちの最大の違いです」香港で発表された、メゾンにとって史上初となるミニアチュール フェザーアート(...
ヴァン クリーフ&アーペル ジャパン プレジデントが新作を語る|VAN CLEEF & ARPELS

ヴァン クリーフ&アーペル ジャパン プレジデントが新作を語る|VAN CLEEF & ARPELS

VAN CLEEF & ARPELS|ヴァン クリーフ&アーペルヴァン クリーフ&アーペルが新作「ポーダンヌ」を発表(1)大人のフェミニズムを詩情豊かに体現するハイジュエラーとして、女性たちを虜にし続けているヴァン クリーフ&アーペル。2015年9月、ジャパン プレジデントに就任したアルバン・ベロワー氏にエモーショナルな美しさを放つ新作コレクションと自身の思いについて伺った。Photographs by KITAI HiroyaText by NOGUCHI Minakoエレガントな宝石で優美につづるファンタジーな物語ヴァン クリーフ&アーペルから新たに発表されたハイジュエリーコレクション「ポーダンヌ」は、フランスで長く愛されている物語『ろばの皮』からインスピレーションを得てデザインされたロマンチックな逸品。物語の主人公である若きプリンセスへのオマージュとして、美しい女性の姿、自然、繊細なクチュールなど、優雅なジェリーをラインナップする。――おとぎ話「ろばの皮」をデザインソ...
91 件