『渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト』は日本再生計画だった! キーマンであるKDDI・革新担当部長・三浦伊知郎インタビュー|au

『渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト』は日本再生計画だった! キーマンであるKDDI・革新担当部長・三浦伊知郎インタビュー|au

先日、記者発表がおこなわれた『渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト』。「渋谷の街をエンターテイメントに特化したテクノロジーでより面白く」「au 5Gで渋谷の街を創造文化都市へ」というスローガンは見えたものの、具体的な中身はまだ見えない。しかし、それは当然のことであった。何をするかは「走りながら考える」と屈託なく語る、KDDI ビジネスアグリケーション本部担当部長であり同プロジェクトのキーマンとなる三浦伊知郎に真意を訊いた。
注目のクリエーターがキャデラックの新型SUV、XT6とともに過ごす一日── SOIL&“PIMP”SESSIONS社長 編|Cadillac

注目のクリエーターがキャデラックの新型SUV、XT6とともに過ごす一日── SOIL&“PIMP”SESSIONS社長 編|Cadillac

6人乗り3列シートを特徴とするキャデラックの新型クロスオーバーSUV「XT6」。注目のクルマ好きクリエイターが最新のデザインをまとって登場した同モデルと過ごす1日をフィーチャーする特別企画。第2回は、世界的なジャズバンド、SOIL&“PIMP”SESSIONSのアジテーターとして活躍する社長をフィーチャーする。
注目のクリエーターがキャデラックの新型SUV、XT6とともに過ごす一日──nonnativeデザイナー藤井隆行編|Cadillac

注目のクリエーターがキャデラックの新型SUV、XT6とともに過ごす一日──nonnativeデザイナー藤井隆行編|Cadillac

6人乗り3列シートを特徴とするキャデラックの新型クロスオーバーSUV「XT6」。注目のクルマ好きクリエイターが最新のデザインをまとって登場した同モデルと過ごす1日をフィーチャーする特別企画。第1回は、ファッションブランド「nonnative」のデザイナー、藤井隆行さんが登場する。
カジュアルアウトドアスタイルで春を過ごす。ノース・バイ・ノースイースト 2020 SSコレクション|North by Northeast

カジュアルアウトドアスタイルで春を過ごす。ノース・バイ・ノースイースト 2020 SSコレクション|North by Northeast

2019年に復活を果たしたアウトドアウェアブランド「ノース・バイ・ノースイースト」。2019年秋冬コレクションに続き、2020年春夏コレクションが登場した。モダンスタンダートなデザインと、高い機能性を兼ね備えるアイテムが揃う。
5G時代のエンターテイメントは渋谷から生まれる!

5G時代のエンターテイメントは渋谷から生まれる!

次世代の通信インフラの基盤となる、第5世代通信規格「5G」が国内でも3月よりスタートする。現在の「4G」に比べ、「高速・大容量」「低遅延」「同時多接続」が大幅に進化することで、自動運転や遠隔治療、IOTなどさまざまな分野で革新的なサービスが生まれると期待されている。そんななか、渋谷を拠点にしながら『au 5G』をエンターテイメント分野で活用していく『渋谷 5G エンターテイメントプロジェクト』が発足した。
現代の働き方を支える新ビジネスカード。開発担当者に聞く|SAISON CARD

現代の働き方を支える新ビジネスカード。開発担当者に聞く|SAISON CARD

クレジットカード大手のクレディセゾンでは、「セゾン・アメリカン・エキスプレス®・カード」のラインナップに加わる新ビジネスカード「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン·エキスプレス®・カード」の発行を1月14日(火)から開始した。このカードでは、アマゾン ウェブ サービスやYahoo!ビジネスセンターをはじめ、ビジネス利用の高い10の加盟店の利用で通常の4倍のポイントが貯まるなど、機能とサービスをビジネス利用に特化している。「セゾン・アメリカン・エキスプレス®・カード」のラインナップでは、約10年ぶりの新カードということもあって並々ならぬ力が入った新商品。まさにコバルトブルーの海に漕ぎ出そうとしている新ビジネスカードのこだわりについて、商品設計を主導した同社ペイメント事業部の會田志保氏に話を聞いた。
アートで磨かれる審美眼(Vol.3)| Art Technologies

アートで磨かれる審美眼(Vol.3)| Art Technologies

現代アート作家の西雄大氏によって描かれた大きな壁画が、オフィスの一角で存在を発する。だが、オフィス全体を眺めてみると見応えのある壁画は、違和感なく空間に調和している。理由は広い空間のあらゆる場所に飾られたアート作品群。それらが生む視覚のリズムが、殺風景になりがちなオフィスの雰囲気を刺激的で、新鮮なものへと変えている。訪れたのは、クリエイティブプロダクション『Holyday(ホリデー)』のオフィス。代表の佐藤伸介氏にアートテクノロジーズを利用することで生まれたアートとの関係を伺った。
ART
アートの繋がり。作家の視点(Vol.2)| Art Technologies

アートの繋がり。作家の視点(Vol.2)| Art Technologies

アートテクノロジーズが繋げる人とアートの関係を作家視点からみてみよう。海外からも作品のオーダーがくるほど注目が集まる現代アート作家西雄大氏。湖のそばにあるアトリエは隅々まで整理された空間で、西氏の真面目な性格を反映していた。
ART
経済とアートの感覚をシームレスに(Vol.1)| Art Technologies

経済とアートの感覚をシームレスに(Vol.1)| Art Technologies

アナタは、絵画の前にいる。彫刻でもいい。その作品を好きだと思ったとしよう。そんな時に、ふと作家の名前に目が止まる。それからどんな人が、この作品を創り出したのだろうかと思いを巡らせる。その場に作家がいれば、おそらくアナタは作家の話を面白がりながら聞くことができるだろう。作品を通して繋がった感性に共感が生まれるのか、驚きが生まれるかは、作家の言葉や考えを知ることで大きく変化すると思う。しかし、その作品が好きだという気持ちは増幅していくはずだ。作家自身を知ることで作品との距離が縮まる心の化学反応。さて、アナタはそのような出会いをどれくらい経験したことがあるだろうか?
ART
技術に裏打ちされたこだわりと遊び心|HP

技術に裏打ちされたこだわりと遊び心|HP

HPから最新プレミアムノートPCが発表された。最新のPCのリリースにあたり、1月7日からバーニーズ ニューヨーク銀座本店 で展示イベントが開催される。HPのプレミアムノートPCとファッションの融合はどのような世界をみせてくれるのか。参加したイベントをレポートする。
確信と革新の証~時代と共に生まれた作品たち|MOËT & CHANDON

確信と革新の証~時代と共に生まれた作品たち|MOËT & CHANDON

「モエ・エ・シャンドンとシャンパーニュの276年」と題したOPENERSの連載では、まず「モエ アンペリアル150年アニバーサリー」として、「モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル」という世界中で愛されるシャンパーニュを通して、その歴史を振り返り、哲学を紐解き、なぜ、いまなお、モエ・エ・シャンドンという価値が我々にとって面白いものなのかを紹介した。ここからは、モエ・エ・シャンドンが提示する他のアイテムを通じて、変わらぬ哲学、提供する価値、そこから生まれる我々にとっての幸せな場面についてご案内していこう。これらアイテムの裏側には、「モエ アンペリアル150年アニバーサリー(2)」で紹介した、1930年から長年モエ・エ・シャンドンを率いた、ロベール=ジャン・ド・ヴォギュエの、シャンパーニュを造り続ける確信と、モエ・エ・シャンドンがモエ・エ・シャンドンであり続けるための革新という二面性があることも見逃せない。
細部へのこだわりが、PCの存在感を刷新するかHP Spectre x360 13|HP

細部へのこだわりが、PCの存在感を刷新するかHP Spectre x360 13|HP

「神は細部に宿る」。ミース・ファン・デル・ローエの言葉として知られ、アビ・ヴァーヴルクが発祥とも言われる言葉だ。今回、紹介するHP Spectre x360 13にも作り手が込めた一途な思いが細部に感じられる。そして、この細部への限りない探求を行い、連綿とその追求を止めないところから老舗と呼ばれる存在を産んでいるのではないかと思う。そんな老舗が集中する都市として世界に名を知られるのが京都だ。その数1000社を超える。その一つ、京都河原町六条に店を構える、創業140年を超える老舗・茶筒司、開化堂。
LG stylerで変化する日常の習慣|LG Electronics

LG stylerで変化する日常の習慣|LG Electronics

LG styler(エルジー・スタイラー)は、スチームとハンガーラックの振動で衣服についたシワ、ニオイ、花粉などを水だけで優しくケアしてくれる新しいタイプの衣服リフレッシュ機。LG styler が生活に入り込むことで、どのような変化を生むのか?本機の魅力をビームス/コミュニケーションディレクター土井地さんの日常を背景にして探っていく。
ドレスかつスモールサイズという条件から導かれた「レベルソ」という答え|JAEGER-LECOULTRE

ドレスかつスモールサイズという条件から導かれた「レベルソ」という答え|JAEGER-LECOULTRE

1833年に創業したジャガー・ルクルトは、スイス時計メーカー初のマニュファクチュールにして、これまでに1200個を超えるキャリバーを生み出してきたブランドだ。その長い歴史のなかでも、ひと際、息の長いコレクションが「レベルソ」。そしてこの「レベルソ」が、現代のライフスタイルに合うリアルな選択肢としてOPENERSはとても注目している。この「レベルソ」のスタイルとしての魅力とは何なのか? 時計好きを自他ともに認めるN.HOOLYWOODデザイナー尾花大輔氏と、いつかは「レベルソ」を手に入れたいと公言する本誌代表の松本博幸が語り合った。
正規腕時計店BEST ISHIDAが「ティソ・ヘリテージ・ポルト」の発売を記念してスペシャル刻印サービスを実施中|TISSOT

正規腕時計店BEST ISHIDAが「ティソ・ヘリテージ・ポルト」の発売を記念してスペシャル刻印サービスを実施中|TISSOT

TISSOT(ティソ)のヴィンテージウオッチ「ティソ・ポルト」が100年の時を超えて復刻。曲線的でクラシカルな雰囲気はそのままに、メカニカルムーブメント及びクオーツムーブメントを搭載した全5タイプが展開される。
78 件