「デサント」が生み出した、猛暑でも快適な新素材

「デサント」が生み出した、猛暑でも快適な新素材

いよいよ来年に控えた東京2020を前に、デサントが最新のクーリング素材Coolist D-Tec(クーリストDテック、以下「クーリスト」))を発表した。猛暑の中で行われる様々なスポーツに求められる、かつてない吸汗・速乾・放熱機能を実現した機能性素材である。トップアスリートはもちろん、一般的なスポーツファンにとっても注目すべきこの革新的素材について、R&Dセンター部長、坪内氏に話を伺った。
川上シュンが語る、アートとして進化したプレミアム家電の世界|LG SIGNATURE

川上シュンが語る、アートとして進化したプレミアム家電の世界|LG SIGNATURE

建築家の故・黒川紀章氏が手がけた、国内の美術館では日本最大の延べ床面積を誇る『国立新美術館』。波のようなガラス張りのカーテンウォールは、柔らかな自然光を取り込み、周囲の美しい緑を館内に届ける。そんな居心地のいい空間(1Fエントランスホール)
編集大魔王、祐真朋樹が新型911を語る|Porsche

編集大魔王、祐真朋樹が新型911を語る|Porsche

Porsche 911 Carrera S & 4S|ポルシェ 911 カレラS & 4S編集大魔王、祐真朋樹が新型911を語るポルシェ911の機能美より肝心なもの7世代目へと進化したポルシェ911(992型)が、7月5日からついに日本でも発売される。歴代モデルで進化に次ぐ進化を重ね、「最新の911は最良の911」と評され、スポーツカーとしてひとつの頂点を極めた911。その最新モデルのジャパンプレミアイベントに参加した祐真朋樹が同車の魅力を語る。Photographs by SATO YukiText by NANYO Kazuhiro911はデザイン優先のクルマだ5月29日、都下で行われた新型ポルシェ911(992型)のジャパンプレミア。スモークが焚かれる会場でヴェールの下から姿を現した911カレラ4Sと同カレラSに、じっくりと熱い視線を投げかけつつ、祐真朋樹はこう述べた。「911と言えば、ポルシェのアイコン的存在ですよね。僕にとっても、やはりポルシェと言えば91...
ポルシェAGエクステリアデザイナー 山下周一氏インタビュー|Porsche

ポルシェAGエクステリアデザイナー 山下周一氏インタビュー|Porsche

Porsche 911|ポルシェ911 ポルシェAGエクステリアデザイナー 山下周一氏インタビュー タイムレス
モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル 150年 アニバーサリー(2)| MOËT & CHANDON

モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル 150年 アニバーサリー(2)| MOËT & CHANDON

Page. 1MOËT & CHANDON|モエ・エ・シャンドンモエ・エ・シャンドンとシャンパーニュの276年モエ アンペリアル 150年 アニバーサリー(2)1600年代の後半に、偶然も手伝って誕生したシャンパーニュ地方の発泡するワインは、造り手たちによって磨き上げられて、シャンパンという特別なワインとなった。フランス王室の庇護を受け、時代にも愛されたシャンパンを、モエ・エ・シャンドンは、いち早く、世界に広めてゆく。封建社会から市民社会へと時代が移ってゆくなかで、モエ・エ・シャンドンの存在感は揺るぎないものとなってゆく。Text by SUZUKI Fumihikoシャンパンを世界にでは、シャンパンを世界に、のほうはというと、これはクロード・モエのビジョンだ。クロード・モエは有能なビジネスマンであり、そもそもワイン商として、フランス国外にもコネクションがあった。そして、フランス王室を魅了した発泡するシャンパンのワインを、フランス国外にも広めていったのだ。ドイツ、スペイン、...
中村獅童がアルテオンで繰り広げるUnexpectedな旅|Volkswagen

中村獅童がアルテオンで繰り広げるUnexpectedな旅|Volkswagen

Volkswagen Arteon|フォルクスワーゲン アルテオン伝統あるフォルクスワーゲンの革新を感じた歌舞伎界のみならず芸能界においても、無類のクルマ好きとしてつとに知られる中村獅童さん。今回、フォルクスワーゲンの新たなるフラッグシップモデルとして日本に上陸したアルテオンのステアリングを、誰よりも早く握る機会を得たという。そこで、かねてからの友人である弊誌編集大魔王・祐真朋樹を相棒に、Unexpectedをテーマとするグランドツーリングに出かけた。旅の様子をおさめたNATIONAL GEOGRAPHIC CHANNEL スペシャルプログラムを公開Photographs by JamandfixText by TAKI Masashi衣装協力 グッチ ジャパン、トム フォード ジャパン今までのフォルクスワーゲンのイメージとずいぶん違うまだ夜が明けきらない西新宿の一角に、流麗なフォルムの4ドアクーペが滑るようにあらわれ、路肩に寄せられた。ドアを開け、ドライバーズシートから降り立った...
中村獅童がゴルフR ヴァリアントで繰り広げるUnexpectedな旅|Volkswagen

中村獅童がゴルフR ヴァリアントで繰り広げるUnexpectedな旅|Volkswagen

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアントゴルフR ヴァリアントの意外性に、男心をくすぐられた無類のクルマ好きとして知られる歌舞伎役者の中村獅童さんが、弊誌編集大魔王・祐真朋樹を相棒に、Unexpectedをテーマとするショートトリップを楽しむ。今回は、昨年秋にOPENERSで公開した記事の続編。舞台を長野県から四国に移し、クルマをアルテオンからゴルフR ヴァリアントに乗りかえて、Unexpectedな旅を繰り広げた。記事の最後にプレゼントキャンペーンがございます。Styling by SUKEZANE TomokiPhotographs by SATO YukiHair by TSUKUI Hiro (Perle Management)Hair and Make-up by TABUCHI Masato (marr)Coordination by ANTIL, Inc.Short Movie by National Geogra...
中村獅童がゴルフGTI Dynamicで繰り広げるUnexpectedな旅|Volkswagen

中村獅童がゴルフGTI Dynamicで繰り広げるUnexpectedな旅|Volkswagen

Volkswagen Golf GTI Dynamic|フォルクスワーゲン ゴルフGTI Dynamic伝統と攻めのバランス。ゴルフGTI Dynamicに芯の強さを感じた歌舞伎界きってのクルマ好きとして知られる中村獅童さんが、弊誌編集大魔王・祐真朋樹と連れ立って、フォルクスワーゲンで行くUnexpectedなトリップの第3弾。今回は東京から日帰り圏内、近いけれどディープで興味深いスポットが存在する埼玉へ、「ゴルフGTI Dynamic」で向かった。記事の最後にプレゼントキャンペーンがございます。Styling by SUKEZANE TomokiPhotographs by NAGAO MasashiHair by TSUKUI Hiro (Perle Management)Hair and Make-up by TABUCHI Masato (marr)Coordination by ANTIL, Inc.Short Movie by National Geographic T...
中村獅童がe-ゴルフで繰り広げるUnexpectedな旅|Volkswagen

中村獅童がe-ゴルフで繰り広げるUnexpectedな旅|Volkswagen

Volkswagen e-Golf|フォルクスワーゲン e-ゴルフいい意味で予想を裏切られた歌舞伎界きってのクルマ好きとしてつとに知られる中村獅童さんが、弊誌編集大魔王・祐真朋樹と繰り広げるUnexpectedな旅の第4弾。今回は、「伝統と革新」をテーマに、世界屈指の歴史的都市、京都をフォルクスワーゲン「e-ゴルフ」で巡った。記事の最後にプレゼントキャンペーンがございます。Styling by SUKEZANE TomokiPhotographs by SATO YukiHair by TSUKUI Hiro (Perle Management)Hair and Make-up by TABUCHI Masato (marr)Coordination by ANTIL, Inc.Short Movie by National Geographic TVText by YAMAGUCHI Koichi風情ある街並みにエンジン音のないEVは合う京都最古の禅寺大本山、臨済宗建仁寺の一角を...
モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル150年アニバーサリー(1)| MOËT & CHANDON

モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル150年アニバーサリー(1)| MOËT & CHANDON

MOËT & CHANDON|モエ・エ・シャンドンモエ・エ・シャンドンとシャンパーニュの276年モエ アンペリアル150年アニバーサリー(1)モエ・エ・シャンドンは「世界で最も愛されているシャンパン」を自認する。それはシャンパンのカテゴリーで世界売上No.1と言われているから。モエ・エ・シャンドンはシャンパンを代表するブランドだ。それは、モエ・エ・シャンドンの本拠地、フランス シャンパーニュ地方エペルネから東に1万km弱のここ日本でも、モエ・エ・シャンドンの名とそれがシャンパンの造り手を指すことを多くの人が知っている事実からもうかがい知ることができる。ではシャンパンって何なのか? なぜ、これほど有名なのか? シャンパン代表として、モエ・エ・シャンドンの歴史を紐解きながら、あらためて、発泡性ワインの王者、シャンパンのことをおさらいしよう。きっと、シャンパンがもっと楽しくなるはずだ。Text by SUZUKI Fumihiko(WINE-WHAT!?)シャンパンの魔法発泡する...
EAT
現代の酒造りを未来へ繋ぐ場所~「農口尚彦研究所」|農口尚彦研究所

現代の酒造りを未来へ繋ぐ場所~「農口尚彦研究所」|農口尚彦研究所

農口尚彦研究所|のぐちなおひこけんきゅうしょ伝統と進化が織り成す、日本酒造りの第一線生きる伝説と若い才能とが紡ぐ作品を、その水と空気を感じながら体感できる場がある。酒蔵であり、SAKAGURAと書きたくなるその場で味わえるのは格別の酒。Text by IWASE Daiji“酒造りの神様”農口尚彦さん観音下町と書いて「かまがそまち」。石川県・小松市、市街から車で20分ほど離れたこの山里に、これからの日本酒を語るならば一度は訪れていただきたい場所がある。日本最高峰の醸造家のひとりで、生きる伝説でもある農口尚彦(のぐちなおひこ)氏を杜氏に迎えた「農口尚彦研究所」だ。研究所という響きが印象的だが、ここは、最新設備を整えながらも精神的には王道の酒蔵であり、昭和の酒造りを令和の未来につなぐための可能性であり、そして素晴らしい日本酒をどう我々が楽しめばよいのかを教えてくれる場であり、さらに世界中に日本酒を発信していくための基地でもある。その場に案内する前に、農口さんについて紹介する。1970年...
EAT
チューダーの人気モデル「ノースフラッグ」が、日本に正規輸入されることが決定!|TUDOR

チューダーの人気モデル「ノースフラッグ」が、日本に正規輸入されることが決定!|TUDOR

TUDOR|チューダーモダンアドベンチャーのための「ノースフラッグ」が、ついに日本市場へ昨年、日本上陸を果たしたスイスの腕時計ブランド、チューダー。その日本市場向けラインナップに、新たに人気モデル「ノースフラッグ」が加わった。Text by YANAKA Tomomi英国海軍探検隊が証明した精度・機能と、現代のエレガンスが融合1926年、ロレックスの創立者ハンス・ウイルスドルフが「ロレックスの技術と信頼性を備え、先駆的な腕時計をつくりたい」という思いから誕生した腕時計ブランド「チューダー」。新たに日本のラインナップに加わる「ノースフラッグ」は、1952年に英国海軍の北グリーランド探検隊が過酷な環境下で着用し、堅牢性・機能性・精度を証明した26本の「チューダー オイスタープリンス」から着想を得たモデルである。「ノースフラッグ」はモダンアドベンチャーのためのサイエンティフィックなデザインで、「チューダー オイスタープリンス」の精神と現代の技術、エレガンスが融合する。ケース径40mmのフ...
ソニー発。自分ごと化できるスマートホームの新提案とは|SONY

ソニー発。自分ごと化できるスマートホームの新提案とは|SONY

SONY|ソニーソニーが提案する“間”から発想したスマートホームとはMANOMAと書いてマノマと読む。不思議なネーミングを持つ、ソニーの新しい試みとは一体なんなのか?開発担当の大谷さんに真意を伺った。Text by NAGASAKI YoshitsuguIllustration by Mori MayumiPhotograph by Morooka YusukeMANOMAという、生活の質を高めるための統合サービスまず、MANOMAという一見、不可解なネーミングはどこから生まれたのだろう。「人間と空間、人間と時間、人間と行間。それぞれにある“間”を繋いで行くという発想からのネーミングです」。いかにもソニーらしいコンセプトを形にしたネーミングだが、一体、“間”を繋ぐとはどういうことなのか。「大きな概念としては、スマートホームと言ってもいいかもしれません。ただ、これまで言われている、単純なIoT的なものだけでなく、よりそれぞれのライフスタイルに沿った形での、言ってみればスマートライフス...
シェービングは、顔のドレスアップと心得る<PR>|Panasonic

シェービングは、顔のドレスアップと心得る<PR>|Panasonic

Panasonic|パナソニック無理なく綺麗にヒゲをクリーンアップする<LAMDASH(ラムダッシュ)>の実力朝イチの儀式としてのシェービングは、どんなに忙しくても外すことはできない。ある種、寝ぼけ顔を紳士へ覚醒させる儀式でもある。もちろんヒゲ派の方のトリミングなども重要な朝イチ仕事であることに変わりはない。昨今、ヒゲがファッションとして認知される風潮もある中、スーツマストの業界ではやはりヒゲ面はご法度のところが多いだろう。アメリカの例ではあるが、“SUITS”という大ヒットドラマをご存知だろうか。その名の通り、スーツをビシッと着こなした弁護士たちのストーリー。そこにヒゲ男はほぼ登場しない。敏腕であることの証が、スーツの着こなしとシェービングを含むグルーミングであることが象徴的に描かれているのだ。翻って、日本でも堅苦しいことを言うわけではないが、スーツ業にとって美しいシェービングは顔のドレスアップといっても過言ではない。そのシェービングを実現すべく、シェーバー選びは時間と完成度、肌...
プライベートバンカーという稀有な存在の真価とは。| Credit Suisse

プライベートバンカーという稀有な存在の真価とは。| Credit Suisse

Credit Suisse|クレディ・スイスプライベートバンカーという稀有な存在の真価とは。世界中の富裕層がこぞってその資産運用のキーマンとして活用する“プライベートバンカー”。存在と名前だけは聞いたことがある読者も多いだろうが、彼らは一体何をしてくれ、またどう動くのか。Text by NAGASAKI yoshitsugu(PARAGRAPH)photography by NAGAO masashクレディ・スイス銀行の凄腕プライベートバンカーに聞く世界中の富裕層がこぞってその資産運用のキーマンとして活用する“プライベートバンカー”。存在と名前だけは聞いたことがある読者も多いだろうが、彼らは一体何をしてくれ、またどう動くのか。世界最古の銀行の一つでプライベートバンクとしてトップクラスの実績を持つ<クレディ・スイス銀行>のプライベートバンカーであり、日本の営業本部長をつとめる松木弥来氏に登場いただいた。その松木氏にプライベートバンカーの本質に迫る対談相手として登場いただくのが、フェイ...
53 件