「演劇×美術鑑賞」のナイトミュージアムが出没|HIROSHIMA NIGHT MUSEUM

「演劇×美術鑑賞」のナイトミュージアムが出没|HIROSHIMA NIGHT MUSEUM

広島県のナイトタイムエコノミーを推進する新たな取り組み「HIROSHIMA NIGHT MUSEUM」が、2021年4月24日よりひろしま美術館で開催される。美術鑑賞にインタラクティブ性と演劇の要素を組み込んだという、新たな没入体験とは?
ART
連載 第1回 料理長 柳原章央氏、シェフパティシエ 石山直人氏、若きふたりの気鋭シェフによる「Hiramatsu」ならではのマリアージュ|HIRAMATSU HOTELS

連載 第1回 料理長 柳原章央氏、シェフパティシエ 石山直人氏、若きふたりの気鋭シェフによる「Hiramatsu」ならではのマリアージュ|HIRAMATSU HOTELS

1982年、西麻布にフランス料理店をオープンして以来、ひらまつは「食を通して心豊かな時間を提供すること」をテーマに、グランメゾン、ブラッスリーやカフェ、ウエディングなど、さまざまな事業を展開。現在は日本全国に33店舗のレストランを運営、2016年からは「滞在するレストラン」をテーマにしたリゾートホテル、2020年には初の都市型ホテルを京都に開業させ、国内外から注目されています。そして2021年3月16日(火)、長野県 浅間山の麓に雄大な自然に囲まれた「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」(以下、ひらまつ御代田)が開業しました。ひらまつブランドのホテルとして6施設目となり、フラッグシップホテルに位置付けられるとのことです。私たちは、ここに日本を代表する新たなるホテルの物語が始まる予感がしています。
フレデリック・コンスタントが新世代のタイムピース「ハイライフ コレクション」の期間限定キャンペーンを開催中|FREDERIQUE CONSTANT

フレデリック・コンスタントが新世代のタイムピース「ハイライフ コレクション」の期間限定キャンペーンを開催中|FREDERIQUE CONSTANT

“マイファースト機械式時計”としてもお勧めのフレデリック・コンスタント。なかでも2020年秋に登場した「ハイライフ コレクション」は、“手の届くラグジュアリー”を具現したモデルだ。2021年4月11日(日)までの期間、「フレデリック・コンスタント 2021 ハイライフ キャンペーン」を開催中。
ロンハーマンが、「トム フォード タイムピース エクスクルーシブ モデル」を発表|RON HERMAN

ロンハーマンが、「トム フォード タイムピース エクスクルーシブ モデル」を発表|RON HERMAN

ロンハーマンが、TOM FORDの腕時計コレクション「トム フォード タイムピース」のロンハーマンエクスクルーシブ モデルを2021年4月3日(土)に発売。レクタンギュラーシェイプ「N.001」のネイビーダイアルに合わせて、ネイビーカラーのブレイデッド(手織りの編み込み)カーフストラップを選択できる特別な仕様です。時計ヘッドとストラップは、それぞれ別売り。ともにロンハーマンだけで購入できるエクスクルーシブなアイテムとなっています。
セイコーブティックに続き、「セイコー プロスペックスブティック 銀座」がオンラインコンシェルジュを開設|SEIKO

セイコーブティックに続き、「セイコー プロスペックスブティック 銀座」がオンラインコンシェルジュを開設|SEIKO

セイコー プロスペックスブティックの「お買い物相談オンラインコンシェルジュ」がついに開設。先行してサービスを行っているセイコーブティック同様に、完全予約制で、ブティックでしか手に入らない商品の購入や各種サービスが受けられる。もちろん検討段階の相談だけでも、気軽に利用することが可能だ。
高振動かつ長時間駆動の革新キャリバーを搭載。新たなデザインとなったグランドセイコーの金字塔モデル|Grand Seiko

高振動かつ長時間駆動の革新キャリバーを搭載。新たなデザインとなったグランドセイコーの金字塔モデル|Grand Seiko

グランドセイコーの新たな歴史がここからはじまります。ダイアルに表現した森羅万象に対するブランドの思想・信念、代々受け継がれるデザイン理念である“セイコースタイル”を現代の感性で再解釈した美麗なフォルム、さらには飛躍的に改良された最新の機械式ムーブメント。全方位的にレベルアップされたこのモデルが、やがて世界で称賛されることは想像に難くありません。技術も、コンセプトも最高峰。このモデルが、ニッポンのオート・オルロジュリーの“ど真ん中”となり、エポックモデルとして後世に名を残すと確信しています。
スウェーデンのギアメーカー「スーリー」がコンテンツメディア「Thule Magazine」をローンチ|THULE

スウェーデンのギアメーカー「スーリー」がコンテンツメディア「Thule Magazine」をローンチ|THULE

「THULE」(スーリー)は、タフでスタイリッシュなアイテムを生み出し続けるスウェーデンのギアメーカー。この度、各界で活躍するゲストのインタビュー記事を掲載するオンラインメディア「Thule Magazine」がローンチされた。
歌舞伎俳優 中村獅童×開化堂 八木隆裕が語る、BMW M5とM550i、似て非なる個性とパフォーマンス|BMW

歌舞伎俳優 中村獅童×開化堂 八木隆裕が語る、BMW M5とM550i、似て非なる個性とパフォーマンス|BMW

当代きっての歌舞伎俳優である中村獅童さんと、京都の茶筒工房「開化堂」6代目の八木隆裕さん。伝統の世界で熟練の域に達しつつも、研ぎ澄まされた感性で革新をつづけ、新たなる価値を創造する2人が、熟練の技と最先端テクノロジー、そして研ぎ澄まされた感性により生み出された最新のBMW Mモデルを味合う特集の後編。今回は“公道も走れる究極のレーシングスポーツカー”と謳われるM5と、“サーキットも走れる究極のスポーツカー”であるM550i xDriveをドライブした。
ライフアチーバーが語るベントレーの魅力──歯科医師 富田大介先生×ベントレー フライングスパー|Bentley

ライフアチーバーが語るベントレーの魅力──歯科医師 富田大介先生×ベントレー フライングスパー|Bentley

「ライフアチーバー」なる言葉がある。オン・オフのいずれにおいても妥協することなく、つねに人生の新たなるステージを目指して進化をつづける人たちのことだ。彼らのなかには、なぜかベントレーのファンが多い。妥協することなく進化しつづける姿に共感するからなのかもしれない。本特集では、クルマ好きのライフアチーバーとして最先端の歯科医療に取り組むデンティストをキャスティング。後編では、歯科医師の富田大介氏がベントレー「フライングスパー」の魅力を語る。
ライフアチーバーが語るベントレーの魅力──歯科医師 栗林研治先生×ベントレーコンチネンタルGT V8|Bentley

ライフアチーバーが語るベントレーの魅力──歯科医師 栗林研治先生×ベントレーコンチネンタルGT V8|Bentley

「ライフアチーバー」なる言葉がある。オン・オフのいずれにおいても妥協することなく、つねに人生の新たなるステージを目指して進化をつづける人たちのことだ。彼らのなかには、なぜかベントレーのファンが多い。妥協することなく進化しつづける姿に共感するからなのかもしれない。本特集では、クルマ好きのライフアチーバーとして最先端の歯科医療に取り組むデンティストをキャスティング。前編では、千葉・新浦安で「栗林歯科医院」を経営する歯科医の栗林研治氏が、ベントレー「コンチネンタルGT V8」の魅力を語る。
【PR】睡眠クオリティを高める顧客満足度No.1の「コアラマットレス」を、モクシー大阪本町で体験|koala

【PR】睡眠クオリティを高める顧客満足度No.1の「コアラマットレス」を、モクシー大阪本町で体験|koala

「睡眠の質」を左右するマットレスは、物理的にも金銭的にもビッグな買い物。ですが、実際に体験して買うことがなかなか難しい代物だったりもします。そんななかモクシー大阪本町と、オーストラリア発の寝具・家具ブランド「コアラ」がコラボ。いま話題のコアラマットレスに“横になる”だけじゃなく、実際に“眠る”体験ができる宿泊プランが登場しています。今こそ、噂の「コアラ」に抱かれるチャンスです!
渡辺真史が見た、BROOKSのラグジュアリーな世界(後編)|BROOKS

渡辺真史が見た、BROOKSのラグジュアリーな世界(後編)|BROOKS

BROOKS(ブルックス)の中枢を担う「ゴースト」は、世界で最も多くのランナーに愛されているシューズの一つだ。創業100年の歴史が生み出してきた、数々のスタンダード。誠実なものつくりの結晶は、人々がランニングシューズに求める理想に対して、明確な回答になっている。そして今、BROOKSの次なるステージはライフスタイルやファッションマーケットへの参入にある。そのために私たちは、もっとブランドの哲学を知る必要があるようだ。東京カルチャーの重鎮である渡辺真史は、実直なBROOKSの「ゴースト」をどうみたか。
俳優・池内博之、アバルトという伝説を纏う|Abarth

俳優・池内博之、アバルトという伝説を纏う|Abarth

“黄金のサソリ”の名を冠して登場した最新のABARTH 「595 SCORPIONEORO」。ブラックボディにゴールドのアルミホイール、そして特別に誂えられたブラックレザーのシートなど、内外装にイタリア車ならではのスポーティかつラグジュアリーなデザインが施され、カルロ・アバルトにより育まれた“パフォーマンス”と“美しさ”を兼ね備えたモデルに仕上げられている。クルマ好きでもある俳優の池内博之氏の目に、最新のアバルトはいかに映ったのか?
スタイリスト長澤実香とマガジニスト北原徹が語る、現代に蘇った“甘い生活” FIAT 500C(チンクエチェントシー) ドルチェヴィータの魅力|FIAT

スタイリスト長澤実香とマガジニスト北原徹が語る、現代に蘇った“甘い生活” FIAT 500C(チンクエチェントシー) ドルチェヴィータの魅力|FIAT

イタリア映画界の巨匠フェデリコ・フェリーニ監督が1960年に発表した「LA DOLCE VITA(甘い生活)」。同作品に描かれた1950年代イタリアの豪奢でスノッブなライフスタイルの世界観を現代的な感性で蘇らせたフィアット500の特別仕様車「ドルチェヴィータ」が登場した。人気女性誌を中心に活躍するスタイリストの長澤実香さんと、元「ポパイ」副編集長で、現在はファッションカルチャー誌「プリーズ」の編集長を務めるマガジニストの北原徹さん。クルマとファッションとイタリア文化に造詣が深い2人の目に、“甘い生活”を車名にいただく小さな名車はいかに映ったのだろうか?
渡辺真史が見た、BROOKSのラグジュアリーな世界(前編)|BROOKS

渡辺真史が見た、BROOKSのラグジュアリーな世界(前編)|BROOKS

BROOKS(ブルックス)の中枢を担う「ゴースト」は、世界で最も多くのランナーに愛されているシューズの一つだ。創業100年の歴史が生み出してきた、数々のスタンダード。誠実なものつくりの結晶は、人々がランニングシューズに求める理想に対して、明確な回答になっている。そして今、BROOKSの次なるステージはライフスタイルやファッションマーケットへの参入にある。そのために私たちは、もっとブランドの哲学を知る必要があるようだ。東京カルチャーの重鎮である渡辺真史は、実直なBROOKSの「ゴースト」をどうみたか。
100 件