LAMBORGHINI

イタリアを代表するスポーツカーメーカーとして、常に対比されるのがFERRARI(フェラーリ)とLAMBORGHINI(ランボルギーニ)だ。しかし、それは至極当然のこと。なぜならランボルギーニの原点は、フェラーリを超えることだったのだから。 フェルッチオ・ランボルギーニがスポーツカーメーカーのランボルギーニ社を興したのは1963年。彼が47歳のことだ。第二次大戦後、トラクターやエアコンで財を築いたフェルッチオは、それまでに数々のスポーツカーを乗り継ぐが、どれひとつとして彼を満足させるものがなかった。フェラーリも例外ではなく、ある日、フェルッチオがエンツォ・フェラーリに愚痴を並べると、「君はトラクターでも転がしていればいい」と返されたことから、自らのブランドを立ち上げ、打倒フェラーリを掲げたというのはあまりにも有名な逸話だろう。 早速ランボルギーニは1963年のトリノショーに先進のV12と美しいボディを持つ「350GTV」を送り込み、翌年には生産型の「350GT」を世に送り出した。その後は一世を風靡した「ミウラ」や「カウンタック」などを発表するが、トラクター事業のつまずきやオイルショックの影響などから、自らの名を冠したスポーツカーメーカは人手にわたることになる。 その後もランボルギーニ社は幾度も身売りの憂き目に遭うが、1998年、アウディの傘下に収まってからは、順調な成長を見せている。現在はV12エンジンを積む「アヴェンタドール」とV10の「ガヤルド」をラインナップする。

ランボルギーニのスーパーSUV、ウルスに試乗|Lamborghini

ランボルギーニのスーパーSUV、ウルスに試乗|Lamborghini

Lamborghini Urus|ランボルギーニ ウルスランボルギーニのスーパーSUV、ウルスに試乗「アヴェンタドール」「ウラカン」につづくランボルギーニ第3のモデルとして2017年12月に待望のデビューを果たし、今年より日本へのデリバリーが開始されたスーパーSUV「ウルス」。多くのプレミアムブランドがSUVをリリースしている昨今においても異彩を放つ同モデルに、モータージャーナリスト大谷達也氏が試乗した。Text by OTANI Tatsuya Photographs by ARAKAWA Masayuki3.6秒の0-100km/h加速と305km/hの最高速度を実現「ウルスはランボルギーニ史上初のSUVである」もしもそう書けば、ランボルギーニ・ファンからたくさんの苦情が届くだろう。「ランボルギーニはウルス以前にもSUVを作っていた」と……。ことの起こりは、ランボルギーニ社内で軍事用ハイパフォーマンス オフローダーの開発が始まった1970年代終盤に遡る。「チーター」と名付けられ...
ロッド・スチュワートが所有していたランボルギーニがコンクールで受賞|Lamborghini

ロッド・スチュワートが所有していたランボルギーニがコンクールで受賞|Lamborghini

Lamborghini Miura S|ランボルギーニ ミウラSロッド・スチュワートが所有していた「ミウラS」が1位にランボルギーニは、英国で開かれた2つのコンクール デレガンスでランボルギーニ ポロストリコによりレストアされた2台の「ミウラS」が1位に輝いたと発表した。Text by YANAKA Tomomi当時ランボルギーニが東南アジアに向けて出荷した唯一のミウラSも受賞英国オックスフォードシャーのブレナム宮殿にあるサロン・プリヴェのコンクール デレガンスで「1970年代スーパーカーのベスト イン クラス」「もっともアイコニックなクルマ」そして「ベスト イン ショー」と3つの1位に輝いた1971年製の「ミウラS」。このクルマはもともと1971年にロックミュージシャンのロッド・スチュワートへ納車されたもので、ランボルギーニのクラシックカー部門「ランボルギーニ ポロストリコ」が18カ月もの期間をかけてレストアした。ロッド・スチュワートへの納車時には彼が選んだという「ビアンコ ポロ...
ランボルギーニCEO、ステファノ・ドメニカリ氏にインタビュー|Lamborghini

ランボルギーニCEO、ステファノ・ドメニカリ氏にインタビュー|Lamborghini

Lamborghini|ランボルギーニステファノ・ドメニカリ CEOが語る、ランボルギーニの今と将来ニュルブルクリンク量産車最速タイムを記録した最新スーパースポーツモデル「アヴェンタドールSVJ」のアジアプレミアムを兼ねたイベント「ランボルギーニ デイ ジャパン2018」が11月21日、神奈川県横浜市の「横浜スーパーファクトリー」で開催された。発表会を終えたばかりのステファノ・ドメニカリ CEOにインタビューし、ランボルギーニブランドの今と将来について聞いた。Text & Photographs by HARA Akira今年は飛躍の年、将来もポジティブに捉えているオーケイ!の一声でスタートしたステファノ・ドメニカリ CEOのインタビュー。スーパースポーツカー部門の現状と未来から話は始まった。「ランボルギーニは今販売が絶好調。本当によくやっています。ベリーベリーグッド! そして将来のスーパースポーツカーブランドについてはとてもポジティブに捉えています。カーシェアリング構想を...
アヴェンタドール SVJの進化をサーキットで試す|Lamborghini

アヴェンタドール SVJの進化をサーキットで試す|Lamborghini

Lamborghini Aventador SVJ|ランボルギーニ アヴェンタドール SVJランボルギーニの最新フラッグシップアヴェンタドール SVJの進化をサーキットで試す2018年8月に発表された、ランボルギーニの新フラッグシップモデル「アヴェンタドール SVJ」。限定モデル「アヴェンタドール SV(スーパーヴェローチェ)」を上回る、パワフルなV12エンジンと最新のアクティブエアロダイナミクスシステムを採用し、ニュルブルクリンク北コースにおいて市販車最高記録も樹立している。そんなアヴェンタドールファミリーの最高峰をサーキットで試す機会を得た大谷達也氏が、その進化を確かめた。Text by OTANI Tatsuyaパワーだけが見どころではない高性能モデル「アヴェンタドール SVJ」はランボルギーニの新しいフラッグシップモデルだ。排気量6.5リッターの自然吸気V12エンジンはランボルギーニの量産V12エンジンとしては史上最強の770hp/8,500rpmと720Nm/6,750r...
ランボルギーニV12の頂点、アヴェンタドールSVJ登場|Lamborghini

ランボルギーニV12の頂点、アヴェンタドールSVJ登場|Lamborghini

Lamborghini Aventdor SVJ|ランボルギーニ アヴェンタドールSVJランボルギーニV12の頂点、アヴェンタドールSVJ登場ランボルギーニは8月23日、米国カリフォルニア州で開催中のモントレー カーウィークのイベント「ザ クエイル モータースポーツギャザリング」で、V12エンジンを搭載するフラッグシップモデル「アヴェンタドール」のハイパフォーマンスバージョン「アヴェンタドールSVJ」をワールドプレミアした。Text by HARA Akiraニュル最速を記録「アヴェンタドールSVJ」の「SV」は、同社で伝統的にスーパーヴェローチェ(超高速)を、それに続く「J」はJota(イオタ)を意味し、サーキットで優れた性能を発揮することを示している。その証明として同モデルは、独ニュルブルクリンク北コース20.6kmのラップタイムで6分44秒97という市販車最高記録を樹立している。イオン電流解析機能付きLIEや水/油冷式クロスフロー冷却システムなどにより最適化された6.5リッタ...
253 件