vol.45「東京ブランドのTシャツ」PORTVEL|ポートヴェル

vol.45「東京ブランドのTシャツ」PORTVEL|ポートヴェル

春から気温の高い日が続き、暑さも早めに到来しそうなこの夏。昨年から存在感のあるTシャツがマイブームとなっている大魔王は、勢いのある東京のブランドのものに注目しています。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京PORTVEL|ポートヴェルブランドコンセプトは「ヘリテージとニューエイジの融合」。やや光沢のある柔らかなボディにIDホルダーのような胸ポケットをアタッチしたTシャツは、襟元のトリミングのレトロ感とマッチして独自のムードを放つ。1万3000円(ポートヴェル/スタジオ ファブワーク 03-6438-9575)問い合わせ先ポートヴェル/スタジオ ファブワーク03-6438-9575doublet-jp.com 次のアイテム へ 連載|編集大魔王・祐真朋樹のザ★ベスト7 vol.45へ
「東京ブランドのTシャツ」

「東京ブランドのTシャツ」

春から気温の高い日が続き、暑さも早めに到来しそうなこの夏。昨年から存在感のあるTシャツがマイブームとなっている大魔王は、勢いのある東京のブランドのものに注目しています。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京vol.45 東京ブランドのTシャツ【tóukiou tí:ʃə:rt】祐真「東京ブランドが海外から注目されている理由の一つに、デザインの発想やアイディアの面白さがあります。なかでもTシャツは、グラフィックのバリエーションが豊富で、凝ったディテールも満載。今回はアップカミングで勢いのある東京のブランドのTシャツをセレクトし、ユニークなデザインの数々にフォーカスしてみました。Tシャツのシルエットは、ここ数年、ややルーズで肩が落ち、袖が長めで裾がワイドめなものが主流です。今回ピック...
「東京ブランドのTシャツ」

「東京ブランドのTシャツ」

春から気温の高い日が続き、暑さも早めに到来しそうなこの夏。昨年から存在感のあるTシャツがマイブームとなっている大魔王は、勢いのある東京のブランドのものに注目しています。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京vol.45 東京ブランドのTシャツ【tóukiou tí:ʃə:rt】祐真「東京ブランドが海外から注目されている理由の一つに、デザインの発想やアイディアの面白さがあります。なかでもTシャツは、グラフィックのバリエーションが豊富で、凝ったディテールも満載。今回はアップカミングで勢いのある東京のブランドのTシャツをセレクトし、ユニークなデザインの数々にフォーカスしてみました。Tシャツのシルエットは、ここ数年、ややルーズで肩が落ち、袖が長めで裾がワイドめなものが主流です。今回ピック...
vol.45「東京ブランドのTシャツ」doublet|ダブレット/HBNS |ハバノス

vol.45「東京ブランドのTシャツ」doublet|ダブレット/HBNS |ハバノス

春から気温の高い日が続き、暑さも早めに到来しそうなこの夏。昨年から存在感のあるTシャツがマイブームとなっている大魔王は、勢いのある東京のブランドのものに注目しています。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京doublet|ダブレットHBNS |ハバノス祐真「Tシャツに様々なアイディアを盛り込むことにかけては、やはり東京ブランドが抜きん出ていると思います。なかでも特に気に入ったのがこの2点。ダブレットのプリントTシャツには紙製の3Dメガネが付属。実際にかけて着るわけじゃないでしょうけれど、それによってこれが3Dプリントだということを示しているのが面白い。ハバノスのトレンチコートディテールのTシャツは、一見チャレンジングに見えるけれど、着てみるとちゃんとまとまっている。ディテールだけ...
vol.45「東京ブランドのTシャツ」doublet|ダブレット

vol.45「東京ブランドのTシャツ」doublet|ダブレット

春から気温の高い日が続き、暑さも早めに到来しそうなこの夏。昨年から存在感のあるTシャツがマイブームとなっている大魔王は、勢いのある東京のブランドのものに注目しています。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京doublet|ダブレットネオンカラーのグラデーション刺繍から、フリンジが飛び出したインパクトは絶大。ボディのオレンジの色合いも美しく、長めの袖やオーバーサイズのシルエットも今年らしいディテール。1万8000円(ダブレット/スタジオ ファブワーク 03-6438-9575)問い合わせ先ダブレット/スタジオ ファブワーク03-6438-9575doublet-jp.com 次のアイテム へ 連載|編集大魔王・祐真朋樹のザ★ベスト7 vol.45へ
vol.45「東京ブランドのTシャツ」doublet|ダブレット

vol.45「東京ブランドのTシャツ」doublet|ダブレット

春から気温の高い日が続き、暑さも早めに到来しそうなこの夏。昨年から存在感のあるTシャツがマイブームとなっている大魔王は、勢いのある東京のブランドのものに注目しています。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京doublet|ダブレット胸元と背中のフレーズは刺繍を重ねて立体感を出し、ドルマンスリーブ風のカッティングで独自のシルエットを形作った一着。デザイナーの井野将之は、ミハラヤスヒロで靴とアクセサリーのデザインを手がけ、2013年春夏にブランドデビュー。「違和感のある日常着」を掲げ、勢いのある個性的なアイテムをリリースしている。2万1000円(ダブレット//スタジオ ファブワーク 03-6438-9575)問い合わせ先ダブレット/スタジオ ファブワーク03-6438-9575dou...
vol.45「東京ブランドのTシャツ」NEONSIGN|ネオンサイン

vol.45「東京ブランドのTシャツ」NEONSIGN|ネオンサイン

春から気温の高い日が続き、暑さも早めに到来しそうなこの夏。昨年から存在感のあるTシャツがマイブームとなっている大魔王は、勢いのある東京のブランドのものに注目しています。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京NEONSIGN|ネオンサインオーバーサイズのTシャツの胸元に、今シーズンの象徴的なモチーフであるポップなアメコミ柄をプリント。クオリティタグをあえて表にパッチしているのも、布のアートを追求するブランドのアティテュード。1万円(ネオンサイン/ネオンサイン 03-6447-0709)問い合わせ先ネオンサイン/ネオンサイン03-6447-0709ne-on-sign.com/ 次のアイテム へ 連載|編集大魔王・祐真朋樹のザ★ベスト7 vol.45へ
vol.45「東京ブランドのTシャツ」WRAPINKNOT|ラッピンノット

vol.45「東京ブランドのTシャツ」WRAPINKNOT|ラッピンノット

春から気温の高い日が続き、暑さも早めに到来しそうなこの夏。昨年から存在感のあるTシャツがマイブームとなっている大魔王は、勢いのある東京のブランドのものに注目しています。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京WRAPINKNOT|ラッピンノット50年以上の歴史を持つニットファクトリーが展開し、日本製のニットウェアをモダンに解釈したアイテムが持ち味のラッピンノット。横編みのニットTシャツは、ジャカードでタイダイ風の柄を浮かび上がらせた渾身の一着。ニットなので着心地も最高!1万9000円(ラッピンノット/HEMT PR 03-6721-0882)問い合わせ先ラッピンノット/HEMT PR03-6721-0882http://wrapinknot.com/ 次のアイテム へ 連載|編...
vol.45「東京ブランドのTシャツ」Children of the discordance|チルドレン オブ ザ ディスコーダンス

vol.45「東京ブランドのTシャツ」Children of the discordance|チルドレン オブ ザ ディスコーダンス

春から気温の高い日が続き、暑さも早めに到来しそうなこの夏。昨年から存在感のあるTシャツがマイブームとなっている大魔王は、勢いのある東京のブランドのものに注目しています。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京Children of the discordance|チルドレン オブ ザ ディスコーダンス背中にクレスト刺繍をダイナミックにあしらったホワイトボディのビッグT。デザイナーの志鎌英明が手がけるコレクションに多く見られる、オーセンティックなモチーフのストリート風なアレンジが光る一着。2万5000円(チルドレン オブ ザ ディスコーダンス/スタジオ ファブワーク 03-6438-9575)問い合わせ先チルドレン オブ ザ ディスコーダンス/スタジオ ファブワーク03-6438-9...
vol.45「東京ブランドのTシャツ」WELLDER|ウェルダー

vol.45「東京ブランドのTシャツ」WELLDER|ウェルダー

春から気温の高い日が続き、暑さも早めに到来しそうなこの夏。昨年から存在感のあるTシャツがマイブームとなっている大魔王は、勢いのある東京のブランドに注目しています。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京WELLDER|ウェルダー背中一面に記されているのは、中東の伝統食であるひよこ豆のペースト・フムスのレシピ。フロント胸元のスラッシャー風のロゴとの奇妙なコントラストが、パープルのボディに映える。9000円(ウェルダー/ウェルダー info@wellder.jp)問い合わせ先ウェルダー/ウェルダーinfo@wellder.jpwellder.jp 次のアイテム へ 連載|編集大魔王・祐真朋樹のザ★ベスト7 vol.45へ
「ハッピー・モンキー・タウン」

「ハッピー・モンキー・タウン」

今回のベスト7は、大魔王が最近また再注目しているという、とあるエリアの一角をフォーカス。その場所とはいったいどこ!?…答えはタイトルをご覧ください。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京vol.44  ハッピー・モンキー・タウン【hæ'pi mʌ'ŋki táun】祐真「今の代官山は、蔦屋書店が数年前にオープンしたこともあり、また人が多く集まる街になっています。僕も仕事の探しものや、個人的な買物に来ることも多く、約30年前に上京してからずっと好きな街です。中でも特に好きな一角が、猿楽町19番地、20番地、25番地にあるT字路付近。この一角にはジャーニーがあり、メゾン キツネがあり、ハイ!スタンダードやステューシー、デサント ブランがある。ジャーニーでは自分用のものを買い、ハイ!ス...
vol.44「ハッピー・モンキー・タウン」DESCENTE BLANC|デサント ブラン

vol.44「ハッピー・モンキー・タウン」DESCENTE BLANC|デサント ブラン

今回のベスト7は、大魔王が最近また再注目しているという、とあるエリアの一角をフォーカス。その場所とはいったいどこ!?…答えはタイトルをご覧ください。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京DESCENTE BLANC|デサント ブランスポーツブランドのデサントが、ランニングウェアやベーシックなライフスタイルウェアで心地よい日常を提案するコンセプトショップ。ショップには、オルテラインをメインに、ポーズ、トライアスロンの各シリーズも並び、高機能ウェアをギアとしてでなく、ファッションとしても楽しめる可能性を存分体感できる。ジャケット3万2000円、パンツ2万円(デサント ポーズ/デサント ブラン 代官山 03-6416-5989)問い合わせ先デサント ポーズ/デサント ブラン 代官山03...
vol.44「ハッピー・モンキー・タウン」OKURA|オクラ

vol.44「ハッピー・モンキー・タウン」OKURA|オクラ

今回のベスト7は、大魔王が最近また再注目しているという、とあるエリアの一角をフォーカス。その場所とはいったいどこ!?…答えはタイトルをご覧ください。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京OKURA|オクラ蔵のようなどっしりとした外観が目印のオクラは「都会の中の田舎」がオープン当初からのコンセプト。日本の伝統的な藍染めなどを駆使したカジュアルアイテムや、和モチーフの洗練された小物などが数多くラインナップされ、外国人観光客がひっきりなしに訪れることでも人気の高さがうかがえる。カバーオール3万9000円(ブルーブルージャパン)、ピンバッチ各400円(オクラ)/オクラ 03-3461-8511問い合わせ先オクラ03-3461-8511www.hrm.co.jp/okura/ 次のアイテ...
vol.44「ハッピー・モンキー・タウン」CABaN|キャバン

vol.44「ハッピー・モンキー・タウン」CABaN|キャバン

今回のベスト7は、大魔王が最近また再注目しているという、とあるエリアの一角をフォーカス。その場所とはいったいどこ!?…答えはタイトルをご覧ください。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京CABaN|キャバントゥモローランドの新ブランドとして2018年に始動。ジェンダーや年齢、国籍を超えて着る人の個性を輝かせる、シンプルかつプレイフルなアイテムが充実している。旗艦店である代官山店は、2018年にオープン。ブランドの世界観が体感できるほか、旬のラインナップがフルで揃う。3万9000円(キャバン/キャバン 代官山店 03-5489-5101)問い合わせ先キャバン/キャバン 代官山店03-5489-5101caban.jp 次のアイテム へ 連載|編集大魔王・祐真朋樹のザ★ベスト7 ...
vol.44「ハッピー・モンキー・タウン」BOMBAY BAZAR|ボンベイバザー

vol.44「ハッピー・モンキー・タウン」BOMBAY BAZAR|ボンベイバザー

今回のベスト7は、大魔王が最近また再注目しているという、とあるエリアの一角をフォーカス。その場所とはいったいどこ!?…答えはタイトルをご覧ください。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京BOMBAY BAZAR|ボンベイバザー祐真「オクラの脇の階段を降りた地下にあるボンベイバザーは、オープンしたのがオクラと同年の1993年。久しくここのカレーを食べていなかったと思い、昔からの人気メニューであるチキンカレーを今回の取材でいただきました。スパイスの調合から始まり3日かけて仕込むチキンカレーは、オープン当初からメニューの核となっている自慢の一品。店舗自体が「リーファース」のオーガニック認証を取得しているそうです。ライスは4分づきのあきたこまちを使用し、福神漬は自家製というこだわりよう。...
921 件