EXHIBITION|「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」展リポート

EXHIBITION|「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」展リポート

アーティスティックでクリティカル「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」展リポート(1)ファッションは時代の流れを目に見えるかたちで表現してきた最たるもののひとつである。現在、東京オペラシティ アートギャラリーで開催中の「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」は、日本のトラディショナルな装いとも、伝統を革新していくヨーロッパのハイファッションとも異なる、世界中から注目を集める東京ファッションの現在と未来の可能性を探る展覧会である。写真と文=加藤孝司東京のいまを感じさせる、あたらしい「ファッション」の波東京ファッションと聞いて、いったいどんな姿をイメージするだろうか? ストリートファッションを中心としためまぐるしく変わる流行、世界のトレンドを敏感に反映させた若手デザイナーのクリエイション、いまやグローバルマーケットをも席巻する勢いのファストファッション、繊細な手仕事に裏打ちされたクラフトなモードなど、カラフルなファッションのイメージとリンクするような多種多様な側面が思...
Coca-Cola|“コンツアーボトル”を再利用した「コカ・コーラ ボトルライト」125個限定発売

Coca-Cola|“コンツアーボトル”を再利用した「コカ・コーラ ボトルライト」125個限定発売

Coca-Cola|コカ・コーラコカ・コーラとパスザバトンがコラボレーション光る「コカ・コーラ ボトルライト」125個限定発売日本コカ・コーラと、“NEW RECYCLE”をコンセプトにした現代のセレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON(パスザバトン)」が、コカ・コーラ125周年記念ライセンスグッズをコラボレーション。今年7月にリリースした第一弾につづく第二弾企画「コカ・コーラ ボトルライト」が125個限定で発売された。Text by OPENERSコカ・コーラの象徴、“コンツアーボトル”が美しく光る!コカ・コーラとパスザバトンのコラボレーション企画第二弾は、「サスティナブルライフスタイルとデザインの提案」をテーマに、“コンツアーボトル”を100パーセント完全再利用。オーダーメイドの電球づくりにこだわってきた日本の電球職人が、今回のためにオーダーメイドのLED電球を制作、パーツづくりから組み立てまで、ひとつひとつ丁寧に手づくりで仕上げている。ジョージアグリーンの色あ...
2&9|奈良生まれの“リピートしたくなる靴下”デビュー

2&9|奈良生まれの“リピートしたくなる靴下”デビュー

2&9|にときゅう奈良生まれのあたらしい”くつした”ブランドリピートしたくなる靴下 デビュー今年は、奈良 広陵町で靴下がはじめて編まれてから100周年。江戸時代からつづき奈良に本店を構える中川政七商店から、奈良の靴下ブランド「2&9(にときゅう)」が誕生。コンセプトは“リピートしたくなる靴下”で、11月27日(日)まで、『粋更kisara』と『中川政七商店』の直営店でデビューイベントを開催中。Text by OPENERS靴下の一大産地からデビューしたファクトリーブランドブランド名「2&9」の由来は、奈良の県番号が“29”で、2と9を足すと“11”で、11は靴下の数字であることから。数字の1の形が靴下に似ていることから靴下の日とされる11月11日にデビューした「2&9」は、奈良県の靴下工場と中川政七商店がじっくり膝をつきあわせてつくりあげた靴下のファクトリーブランド。しめつけないけれど、ずれてこない毛玉だらけにならないし、やぶれないむれないし、におわないちくちくかゆくならないあたた...
n°44 A.C.C.|新生原宿店で、ヴィンテージ・リメイククッション先行発売

n°44 A.C.C.|新生原宿店で、ヴィンテージ・リメイククッション先行発売

n°44 A.C.C.あたらしく生まれ変わる原宿路面店で先行発売ヴィンテージ・リメイククッションミリタリー、ワーク、アウトドアをコンセプトに、シンプルで機能的なデザインながら、独特なクリエイションを展開するファッションブランド「n°44 A.C.C.(Atelier Creation Concept)」から、原宿路面店リニューアルを記念したヴィンテージ・リメイククッションが11月21日(月)より発売される。Text by OPENERSすべて1点ものなのでお早めに職人のアトリエ、あるいは革命家のアジトを彷彿とさせるイメージで、クリエイションにすべてをかける男の真摯な思いを表現するファッションブランド「n°44 A.C.C.(Atelier Creation Concept)」。11月21日(月)より、原宿路面店2階から1階に移り、1階でメンズとウィメンズの複合店としてスタートする。複合店オープン記念として、はじめて作製されたのが、ヴィンテージのリメイククッションだ。アメリカのUSキ...
TOYO KITCHEN|『トーヨーキッチンスタイル TOKYO』内に、「Antnio Lupi」&「BOSA」デビュー

TOYO KITCHEN|『トーヨーキッチンスタイル TOKYO』内に、「Antnio Lupi」&「BOSA」デビュー

TOYO KITCHEN|トーヨーキッチン『トーヨーキッチンスタイル TOKYO』内に、ふたつの新提案「Antnio Lupi」&「BOSA」デビューキッチンをはじめとする世界のトップデザインの拠点となった青山の『トーヨーキッチンスタイル TOKYO』内に、美しいサニタリー空間を提案するイタリアを代表するサニタリーブランド「Antnio Lupi(アントニオ・ルピ)」と、イタリアのセラミックブランド「BOSA(ボーサ)」の展示販売コーナーが新設された。Text by OPENERSクオリティの高い製品が、上質なサニタリー空間を創出する世界中のプライベートハウスやホテル、商業施設に採用され、デザイン性と品質の高さで世界から賞賛されるサニタリーブランド「アントニオ・ルピ」のショップ イン ショップが、『トーヨーキッチンスタイル TOKYO』2階に誕生した。「アントニオ・ルピ」は、1950年にアントニオ・ルピ氏によりフィレンツェ スタビアにて創業。70年代から国際的なビジネスを展開し、8...
a.flat|「代官山アドレス・ディセ」で家具とステンドグラスのコラボレーション

a.flat|「代官山アドレス・ディセ」で家具とステンドグラスのコラボレーション

a.flat|エーフラット代官山駅直結「代官山アドレス・ディセ」クリスマスフェア2011a.flatとステンドグラスのコラボレーション「Love Heartful Light Xmas~愛と光であふれる代官山のクリスマス~」をテーマに開催中の「代官山アドレス・ディセ」のクリスマスフェア2011。モダンデザインに和・アジアンモチーフを融合させたオリジナル家具をリリースするファニチャーブランド「a.flat」は、オリジナル・ステンドグラスとコラボレーションした展示を展開している。Text by OPENERS吹き抜け特設会場では、a.flatの新作商品が展示中「代官山アドレス・ディセ」2階の吹き抜け特設会場に展示されているのは、どれもa.flatのベストセラー、ロングセラー商品ばかり。クリスマスイルミネーションとともに心地よい時間や空間をプレゼンテーションしている。高さが520ミリと低く、空間が広く見える効果もあるソファ「ケイ・ローソファ」は、a.flatならではのアジア特有の“床に近...
Design It Yourself Project|改装可能な賃貸物件 検索サイト「DIYP」に注目

Design It Yourself Project|改装可能な賃貸物件 検索サイト「DIYP」に注目

DIYP –Design It Yourself Project-“自分の居場所は自分でつくりあげる”改装可能な賃貸物件 検索サイト「DIYP」リリース賃貸物件でありながら、入居者が壁にペンキを塗ったり、床を張り替えたり、棚をつくったりできるような自由度の高い改装可能物件が検索できる不動産サイト「DIYP」がリリースされた。文=村井隆之多くの空き物件がリーシングソリューションを求めているさまざまなメディアで海外のクリエイターや若者たちが自分の部屋やアトリエをリノベーションしてすてきに生活をしているのをよく目にする。倉庫を改装して住居にしたり、休みの日ごとにペンキで壁の色を変えたりするようなスタイルに憧れをもつひとも多いはず。日本では室内に手をくわえようと思ったら、一般的に物件を購入しておこなうしかなかったのが、近年、「賃貸でありながら改装できる物件」というものが市場に増えてきている。背景にあるのは、東京オリンピックからバブル期にかけて過剰に建てられたオフィスビルやマンションが老朽化...
CASA|クリエイティブディレクター 青木昭夫が選ぶ、2011年のベスト!

CASA|クリエイティブディレクター 青木昭夫が選ぶ、2011年のベスト!

クリエイティブディレクター 青木昭夫が選ぶ!2011年ベストプロダクツ&エキシビション&ショップ今年も残すところあとわずか。振り返ってみると東日本大震災をはじめ衝撃的なできごとが多かった。ただ、それらを経たことであらためて家族の大切さや日常生活における本当の豊かさを考える機会となり、気づきの多かった年でもあるのではないだろうか。デザインの分野においても、意識が大きく変わった年であった。ビジネス的な合理性ばかりを追いかけるのではなく、そこにしかない価値を創造し、ひとの心に響く感動を届けるものに注目が集まった。今年、そんな感動をあたえてくれたコンテンツをクリエイティブディレクター 青木昭夫氏が「ベストプロダクツ」「ベストエキシビション」「ベストショップ」の3部門で選出した。文=青木昭夫(MIRU DESIGN)今年、感動をあたえてくれたモノ・コト・バ<ベストプロダクツ> Heracleum(ヘラクレイム)Marcel Wonders(マルセル・ワンダース)がアートディレクションを務め、...
BoConcept|2012元旦からスペシャルプライス・セール開催

BoConcept|2012元旦からスペシャルプライス・セール開催

BoConcept|ボーコンセプト理想の空間づくりをかなえるチャンス!2012元旦からセールを開催!伝統的なデンマークデザインに現代のエッセンスをくわえた「ボーコンセプト」のコレクション。2012年1月1日(日・祝)より22日(日)まで、サイドボードやコーヒーテーブルなど、リビングアイテム各種もスペシャルプライスになるウインターセールが開催される。※開始日は各店舗により異なります。お近くの店舗にお問い合わせください。http://www.boconcept.co.jp/Text by KAJII Makoto(OPENERS)Photo by BoConceptボーコンセプトの人気ソファ「CELANO」と「Nuvo」が最大20パーセントオフ!“Urban Danish Design(アーバンデンマークデザイン)”をコンセプトに、あたらしいデザイン、新色・新素材 、そしてあらたな機能を付加したアイテムをぞくぞくと発表しているボーコンセプト。「Nuvo」ソファ1月1日にスタートするセー...
PROJECT|「365日 Charming Everyday Things」2012年1月、パリからスタート!

PROJECT|「365日 Charming Everyday Things」2012年1月、パリからスタート!

2012年1月、パリからスタート!「365 日 Charming Everyday Things」開催日本人の暮らしに寄りそう日用品。その良さや多様性を、国内外のひとにもっともっと知ってほしい。できるだけ多くのひとに使ってほしい。つくったひとの手の温度を、もっと親密に使い手へ伝えたい──そんな思いから、「365日 Charming Everyday Things」(サンロクゴ)プロジェクトが始動する。Text by KAJII Makoto(OPENERS)19世紀に建てられた金物屋の倉庫を改装したギャラリーが、日用品店『365日』に!日本には良いものがたくさんあって、毎日使いたい「もの」を集めると、生き生きとした「暮らし」が見えてくる。「365日 Charming Everyday Things」(サンロクゴ)は、日本の知恵や技、美意識が生きている品を、日めくりカレンダーに添って1日ひとつずつ、365点をセレクト。参加企業は149企業(ブランド)にものぼる、経済産業省 クール・ジ...
NEW SHOP|オフィスファニチャーのセレクトショップ『WORKAHOLIC』

NEW SHOP|オフィスファニチャーのセレクトショップ『WORKAHOLIC』

ワーキングスタイルを“見て”“体感できる”最新スペースオフィスファニチャーのセレクトショップWORKAHOLIC“仕事中毒になるくらい仕事が楽しくなるワークスペース”をコンセプトにしたオフィスファニチャーのセレクトショップWORKAHOLIC(ワーカホリック)が赤坂にオープン。高機能オフィスチェアを主体に、デスク、キャビネット、デスクライト、そして壁でひとつの空間を構成してワーキングスタイルをトータルで提案する。Text by KAJII Makoto (OPENERS)トータルディレクションは、アンドロップ代表の澤曙憙誕氏東京メトロ「赤坂見附駅」徒歩3分、東京メトロ「赤坂駅」徒歩2分という絶好のロケーションに誕生した『WORKAHOLIC』は、たんにオフィス家具の展示・販売だけでなく、エルゴヒューマン、ハーマンミラー、ウイルクハーン、スチールケース、ジロフレックス、オールスチールなどの海外ブランドや、国内オフィス家具ブランドの高機能オフィスチェアを核に、デスクやキャビネットからデ...
デンマーク家具デザインの巨匠 フィン・ユール生誕100年記念展

デンマーク家具デザインの巨匠 フィン・ユール生誕100年記念展

デンマーク家具デザインの巨匠フィン・ユール生誕100年記念展デンマークの著名建築家・家具デザイナー、フィン・ユールの生誕100年を記念して、The Universe of Finn Juhl (フィン・ユール生誕100年記念展)が1月28日(土)から2月12日(日)まで、新宿パークタワーホール・ギャラリーにて開催される。 Text by SUGIURA Shu(OPENERS)フィン・ユールがつくったのは、“自由な人体の容れもの”フィン・ユールは、1950年代にデンマークをデザイン大国として世界に広めたデンマーク出身の建築家・家具デザイナー。当時主流だったデザイン様式に異を唱え、自由なモダンアートに影響を受けながら独自のデザイン形式を確立した。家具を「自由な人体の容れもの」ととらえ、「イージーチェア No.45」「ペリカンチェア」などがその代表作。存在感のある複雑な曲線のオーガニック家具デザインによって、デンマークを代表するデザイナーとなった。 イージーチェアペリカンチェア本展示会...
祿 ROKU|「黒川昭男 江戸切子の世界」開催

祿 ROKU|「黒川昭男 江戸切子の世界」開催

祿 ROKU伝統工芸セレクトシップ『祿 ROKU』にて開催「黒川昭男 江戸切子の世界」“しつらい”の愉しみを提案する伝統工芸セレクトショップ『祿 ROKU』では、2月4日(土)より江戸切子の名匠、 黒川昭男氏の展示会「黒川昭男 江戸切子の世界」を開催する。Text by KAJII Makoto (OPENERS)手仕事のぬくもりを感じられるスペースで、江戸切子の意欲作に触れる2月でオープン1周年を迎えた『祿 ROKU』は、人間国宝から若手作家の作品まで、今後の日本文化を担う可能性を大きく秘めた作品を紹介している伝統工芸セレクトシップ。今回は、江戸の職人技を継承しながらも、曲線と直線模様がぶつかりあうダイナミックで既成の枠にとらわれない江戸切子を生み出す黒川昭男氏の作品を紹介する。今回展示される作品のなかには氏がほどこすカットのため、ヨーロッパで修行を積んだガラス作家が特別に素材を製作したものもあり、ほかでは見ることのできないオリジナリティー溢れた作品が楽しめる。また、新作のゴブレ...
Bang & Olufsen│BeoSound 8のデザインコンテストを開催

Bang & Olufsen│BeoSound 8のデザインコンテストを開催

Bang & Olufsen│バング&オルフセンあなたのデザインが製品化されるかも?!BeoSound 8のデザインコンテストを開催研ぎ澄まされた美しいデザインと高い機能性で人気を集めるデンマークのバング&オルフセン。とくにベストセラーとなっているのは、iPhoneやiPad、iPod用のスピーカードッグ「BeoSound 8」。今回そのスピーカーグリルのデザインコンテストが開催され、グランプリのデザインは実際に製品化される。Text by YANAKA Tomomi応募者、投票者にはプレゼントも2010年11月の発売以来、優れたサウンド再生能力、エレガントなデザイン、そして柔軟性の高い置き方で人気を博し、バング&オルフセンを代表する製品となった「BeoSound 8」。発売からすでに販売台数5万台を超え、ブランドのなかでも最速で販売台数を伸ばしているアイテムとなっている。今回、バング&オルフセンは好調な売れ行きを受け、「BeoSound 8」のデザインコンテストを開催。3月18日...
fresco|ゴールデンウィークにグラスデザインワークショップ開催

fresco|ゴールデンウィークにグラスデザインワークショップ開催

大阪のグラススタジオ「fresco」4日間のグラスデザインワークショップ開催昨年、未曾有の大震災により中止を余儀なくされた「fresco(フレスコ)」の吹きガラス工房でのワークショップが、今春4月29日(日・祝)から 5月2日(水)までの4日間開催される。「Studio GALA」を主宰するプロダクトデザイナーの小林良一氏を講師として招き、デザインのプロセスを重視したグラスデザインワークショップと公開レクチャーをおこなう。Text by KAJII Makoto (OPENERS)デザインからプレゼンテーションまでを体験できる希少なワークショップ今回のワークショップのテーマは、「四季 ─ガラスで季節をデザインする─」。木材や陶器などの素材に比べて、日本では生活用品としてなじみが浅い素材、ガラス。今回は、1982年に「Studio GALA」を設立以来、30年近くにわたり日本人とモノとの関係を研究しつつ、そのときどきに現代的な解釈でデザインをおこなってきた小林良一氏を講師に迎え、日本...
87 件