連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第2回『ヤング・アダルト・ニューヨーク』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第2回『ヤング・アダルト・ニューヨーク』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ第2回 世代の異なるカップルが互いに影響され成長していく『ヤング・アダルト・ニューヨーク』かつて、「まったく……」とあきれられ、奇妙なものを見るような目で見られていた若者たちは、やがて分別を持ち、次世代を「今どきの若者は」と嘆くようになる。それが社会の常だ。若者と大人が同居する限り、決してなくなることがないその繰り返しから起きるジェネレーション・ギャップを、風刺たっぷりに描く映画『ヤング・アダルト・ニューヨーク』は、台頭する次世代に違和感を持ち始めた大人たちにお勧めしたいロマンティック・コメディだ。Text by MAKIGUCHI June「今どきの若者は……」人は、そう言われる時期を通り過ぎて大人になるブルックリンに暮らす44歳の売れないドキュメンタリー監督のジョシュと、その妻で42歳の映画プロデューサーのコーネリア。二人の間には子供がおらず、「僕らは自由でありさえすればいい」というのが人生のモットーだ。ジョシュは評判の良かった前作から8年経...
連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第3回『ニュースの真相』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第3回『ニュースの真相』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ第3回 真実の報道にすべてをかけたジャーナリストたちの情熱と戦いを描く『ニュースの真相』仕事って何だろう。きっと仕事の定義はひとそれぞれだ。食べるための労働。社会参加。自己実現。自己表現。人の命を救うために日々自らをすり減らしている者もいるし、誰かのために命がけで仕事を全うしようとする者もいる。職業に貴賤はないと言うけれど、仕事に伴う重みはあまりにもさまざまだ。もちろん、人生において何に重きを置くかは自由だが、あるきっかけで、この世界は自らを犠牲にしても社会のために何かをやり遂げようとする者たちがいて成り立っていることを思い出し、敬意を抱かずにはいられない。映画『ニュースの真相』も、そのきっかけとなり得る作品だ。Text by MAKIGUCHI Juneあるスクープ報道が広げた波紋の一部始終を描いた実録ストーリー米国最大のネットワークを誇る放送局CBSのメアリー・メイプスは、20年のキャリアを持つベテラン・プロデューサー。看板番組「60ミニッツ...
連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第4回『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第4回『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ第4回 従うべきは自分の心のみ。そんな恋愛スタイルを貫く者たちへ『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)』愛とは思いがけないものだ。探しているときには見つからず、探していないときに見つけてしまう。そんな恋愛模様を描いているのが、フランス映画『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)』だ。Text by MAKIGUCHI Juneフランス映画の巨匠が贈る大人のためのラブストーリー監督は名作『男と女』で知られる巨匠クロード・ルルーシュ。75歳で初めて訪れたインドに魅了され、オールインドロケで本作を完成させた。『男と女』では、パートナーを失った者同士の愛が描かれていたが、今回は最愛の相手がいて何不自由なく満たされた者たちが、それでも思いがけず出会ってしまった新たなる愛を通して、予測不可能な人生や、その中にある驚き、とまどい、悲しみ、そして喜びが、インドの美しい風景の中でロード―ムービー風に表現されていくのだ。女は、在インド・フランス...
連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第5回『オーバー・フェンス』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第5回『オーバー・フェンス』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ第5回 誰かと関わらずには生きていけない、そんな人間の性を描く『オーバー・フェンス』人は、誰かと関わり合うことなく生きていくことができない生き物だ。そして、関わり合う以上、影響を与え合わずにはいられない。映画『オーバー・フェンス』は、そんな人間の性をつくづく感じさせる。Text by MAKIGUCHI June人は人で傷つき、人に救われる主人公は、妻と離婚し、子供とも別れ、勤めていた建設会社も辞めて、ひとり故郷の函館に帰ってきた40代の男・白岩。やり場のない気持ちや辛い過去を断ち切るように、気ままに、だが鬱々とした孤独な生活を続けている。特にやりたいこともなく、生活のために職業訓練校で住宅建設を学び始めるが、そこには元ヤクザや、人と関わることが苦手な若者、リタイヤ生活を楽しむ老人などさまざまな生徒が。他者への好奇心が隠せない者もいるが、白岩は誰とも深く関わらないように過ごしていた。そんな中、ひょんなことから出会ったのが、鳥の求愛行動を真似るホス...
連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第6回『私の少女時代 -OUR TIMES-』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第6回『私の少女時代 -OUR TIMES-』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ第6回 大人が振り返るからこそ見つけられる、切なく純粋な青春時代『私の少女時代 -OUR TIMES-』感情に名前をつけるなんて、なんて野暮なことだろう。好きにもいろいろあるし、嫌いにもいろいろある。初恋だとか、純愛だとか、定義づけしたがるもの人間の悪い癖だ。大人になれば、既存の枠に自分の感情を押し込めて、無理やり納得させていくことも得意になる。好きだけれど憎らしいとか、嫌いだけれど気になってしまうといった、理解しがたい気持ちは、青春時代特有のものと言えるのではないだろうか。だから私たちは、そんな甘酸っぱい気持ちを持つことができる若かりしあの頃を、ちょっと眩しく思い出したりするのだろう。2015年夏、台湾で『007 スペクター』をはるかに凌ぐ大ヒットを記録した映画『私の少女時代 -OUR TIMES-』は、まさにそんな若き日々を描いた青春映画の秀作だ。Text by MAKIGUCHI Juneあの頃を思い出して、今の自分から一歩踏み出そう現代の...
連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ『ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ『ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ第7回 プロの何たるかを知る、滋味豊かなドキュメンタリー『ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た』近頃メディアでさまざまな分野のプロたちの素顔が紹介されているが、共通して見えてくるのは、彼らにとって仕事は単なる職ではなく一種の生き様であるということだ。なぜその仕事をするのか、どこまで努力すればいいのかといった疑問はそこにはない。ただ、高みを目指し、手が、足が、創造力が、そして心が自然に動きだす。Text by MAKIGUCHI June飽くなきチャレンジ精神と、枯れることのない情熱「世界のベストレストラン50」で4度の1位に輝き、7年連続で入賞を果たしたデンマークのレストラン「ノーマ」のオーナー・シェフ、レネ・レゼピもそんなプロのひとりだ。彼とそのチームを1年にわたって追ったドキュメンタリー『ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た』を観れば、だれもがそれを確信するだろう。2015年1月、マンダリン オリエンタル東京に5週間限...
連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第8回『幸せなひとりぼっち』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第8回『幸せなひとりぼっち』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ第8回 愛する人と伴に生きた幸せを抱き続ける男の物語『幸せなひとりぼっち』あなたにとって幸せとは何だろうか。価値観が多様化する現代では、自分らしい幸せを知ることが、何よりも幸福への近道だろう。誰にも理解されなくとも、世間に認められなくても、例えひとりぼっちでも、自分の生き方次第で幸せであり続けることは可能なのだと教えてくれているのが、スウェーデン映画『幸せなひとりぼっち』だ。Text by MAKIGUCHI June新しい出会い、そして人生に芽生えた新しい意味スウェーデン郊外の住宅地に暮らす59歳のオーヴェは、最愛の妻を数年前に亡くした男やもめだ。自治会の規則に厳しく、顔を合わせれば文句ばかりでにこりともしない彼は、隣人たちからけむたがられている。ある日、43年も勤めた会社から解雇され、もはや生きる意味なしと、亡き妻の後を追うことに。ところが、天井から垂らした縄に首を通し「いざ」というときになって、外が騒がしくなる。新しい隣人が引っ越してきたの...
連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第9回『聖杯たちの騎士』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第9回『聖杯たちの騎士』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ第9回 人生の神秘を美しい映像で描く映像詩『聖杯たちの騎士』占いに興味はあるだろうか。占星術、四柱推命、風水、陰陽道など、歴史的に大きな役割を果たしてきたものも多く、経営者の中には、大きな決断をするときに占い師にアドバイスを求める人もいるというから、“お遊び”といって簡単に切り捨てられない文化の一種だ。名匠テレンス・マリック監督の新作『聖杯たちの騎士』は、そんな占いのひとつ、タロットカードを思わせる神秘性溢れる作品だ。Text by MAKIGUCHI Juneひとりの男、6人の女たちの物語本作は、脚本家としての成功を手にしたリックが、成功によって自分を見失っていくことで人生に迷ったり、崩壊している家族の絆を取り戻そうとしてあえいだりする姿を描いた物語である。受け止めきれない現実に直面した彼に手を差し伸べるのは、6人の美女たちだ。何かを悟っているかのように神秘的な彼女たちに導かれ、リックが一歩ずつ本当に望むものに近づいていく様が美しい映像とともに...
連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第10回『たかが世界の終わり』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第10回『たかが世界の終わり』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ第10回 深い孤独を知る者たちへ『たかが世界の終わり』(1)人生の中で、最も深い絶望とは何だろう。どうしようもなく孤独であるということを、痛いほど思い知らされることかもしれない。それは、人は所詮ひとりぼっちであるというレベルの話ではなく、愛すべき存在と分かり合えないことが決定的になるという孤独だ。そんな孤独を描いたフランス映画『たかが世界の終わり』は、幸せだけを見つめていたい人には、果てしなくやりきれない物語だと感じるかもしれない。だが、それだけで終わらないのが、監督であるグザヴィエ・ドランの才能だ。Text by MAKIGUCHI June12年ぶりの帰郷の理由あなたにとって家族とは、どんな存在だろう。愛し合い、理解し合い、甘えることができて、喜びを分かち合えることが当たり前の存在なのだとしたら、それはとても幸せなことだ。本作は、そんな当たり前と思われる幸運に恵まれなかった人々にしか分からない深い闇、深い孤独を描いた作品だ。人気劇作家として成...
連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第11回『ラ・ラ・ランド』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第11回『ラ・ラ・ランド』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ第11回 夢見る愚か者たちへ『ラ・ラ・ランド』ジャンルにも、物語にも、キャストにも関係なく、私がこの人の作品なら何としてもいち早く観たいと、新作を心待ちにする監督がいる。デイミアン・チャゼル監督もそのひとりだ。ほぼ無名ながら注目を集めた前作『セッション』は、ジャズドラマーを目指す青年と、無情の鬼教官が火花を散らすレッスンの様子を通して、天才がその才能を開花させ、凡人には到達できない高みへと登っていく様を見事に描き切っていた。その凄まじいまでのスパルタ描写にリアリティを問う意見もあったが、個人的には神の領域に達するということを視覚化したすぐれた描写力には脱帽しきりだった。また、本作は監督賞、主演女優賞はじめ最多6部門受賞。監督賞は86年ぶりの最年少受賞(32歳)という快挙を達成。Text by MAKIGUCHI June夢見る愚か者たちへそもそも映画とは虚像なのであり、事実を基にしていたとしてもそこにあるのはデフォルメされた世界だ。もちろんリアリ...
連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第12回『ムーンライト』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第12回『ムーンライト』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ第12回 人生を照らす月光のような愛『ムーンライト』今年、米国アカデミー賞受賞式で起きた珍事のおかげで、例年の作品賞受賞作よりも数倍も強烈なインパクトを持って世界にその名を知らしめた映画『ムーンライト』。ともすれば、華やかな『ラ・ラ・ランド』の陰に隠れてしまいそうだったこの良作にとっては、ある意味で運命的なアクシデントだったと言えるかもしれない。Text by MAKIGUCHI June人生を照らす月光のような愛主人公は、マイアミで母とともに暮らすシャロン少年だ。学校では“リトル”と呼ばれている。内気なため、いじめの標的になっており、“オカマ”とからかわれているが、同級生のケヴィンだけが唯一の理解者だった。そんな彼が出会った父親がわりのような男性ファンとその恋人テレサとの関わり、麻薬に溺れていく母親との関係、静かに募らせていくケヴィンへの特別な思いなどが、少年期、青年期、成人期の3つの時代に分けて描かれていく。貧困やネグレクト、麻薬問題、いじめ...
連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第13回『パターソン』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第13回『パターソン』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ第13回 日常に宿る美を見出す男『パターソン』想像力とは何だろう。創造性とはどこから来るのだろう。それらは必ずしも、刺激的な非日常から生まれるのではない。“退屈”の代名詞ともされる、日常やルーティンワーク。そこからインスピレーションを得る人々もいる。Text by MAKIGUCHI Juneルーティンが際立たせる、“わずかな変化”という喜びを数年前に、哲学研究者である内田樹氏が某誌に寄稿したコラムによると、カントはケニヒスベルク大学で教鞭をとっていたとき、毎日同じ時間に散歩をしていたという。それがあまりにも正確なので、街の人々は彼の姿を見て、自宅の時計の時刻を合わせたのだそうだ。内田氏によれば、これは哲学者としていかにもありそうなことらしい。つまり、「ルーティンの中に身を置いていると、わずかな変化が際立つから」だという。彼は同じコラム内で、村上春樹氏がランニングを続けている理由を、生活にリズムを作り、習慣を変えないためであり、「他を変えないこと...
連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第14回『エタニティ 永遠の花たちへ』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第14回『エタニティ 永遠の花たちへ』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ第14回 限りあるものに宿る不滅性を描く『エタニティ 永遠の花たちへ』永遠を表現するというのは、とても難しいことだ。その始まりも、そして終わりも、誰ひとりとして目撃したことがない。人類が生み出してきた、そしてこれから紡ぎ続けていくであろう永遠とも思える時間を、ある時代のみを切り取ることで美しく表現しているのがトラン・アン・ユン監督の最新作『エタニティ 永遠の花たち』だ。Text by MAKIGUCHI June限りあるものの中に見つける究極の永遠19世紀末のフランス上流階級の花と緑に囲まれた邸宅を舞台に、そこで暮らすヴァランティーヌとその子供たち、友人たちの日常が描かれていく。優雅に暮らす彼らだが、大家族となった彼らは、第一次大戦や病などで切ない別れを経験することも多く、決して幸せだけに包まれているわけではない。喜びと悲しみ、楽しさと苦しさ、さまざまな感情を織り込みながらも、家族の歴史が日々刻まれていくのだ。© Nord-Ouest決して平坦で...
連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第15回『希望のかなた』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第15回『希望のかなた』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ第15回 ミニマルに世界の今を描く『希望のかなた』近頃、世の中が不寛容になっているという嘆きをよく耳にする。以前なら、笑って済まされていたようなことが対立や衝突を生む。もちろん、笑いでごまかせないことも多いし、白黒はっきりさせることは悪いことではないかもしれない。だが、複雑化した社会では、人々の都合が複雑に絡み合い、誰かの善は誰かの悪になりかねないのだ。Text by MAKIGUCHI June人を動かす、相違と類似たとえば、ヨーロッパで今、頻繁に意見が交わされている難民問題。様々な理由から自国で暮らせなくなった人々が安全な場所に逃げたいと思うのは当然なのだが、難民側と、受け入れる側では、視点が変わり正義・正論が変わる。受け入れ賛成派と反対派でも同じだろう。こんな複雑な問題を、さらりと単純化させたのがアキ・カウリスマキ監督だ。『浮き雲』『過去のない男』などで日本でも人気が高い。新作『希望のかなた』では、内戦が激化するシリアから逃れてきた青年カー...
連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第16回『ダンシング・ベートーヴェン』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第16回『ダンシング・ベートーヴェン』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ第16回 楽聖とベジャールが出会った奇跡のステージを追う『ダンシング・ベートーヴェン』日本では年末の風物詩でもあるベートーヴェンの「交響曲第九番ニ短調」。“人類最高の芸術”として世界中で愛されているのはご存知の通りだ。1989年のベルリンの壁崩壊直後の年末には、レナード・バーンスタイン指揮によりベルリンで演奏されドイツ統一を象徴する曲となり、ヨーロッパでは第4楽章に登場する合唱部分「歓喜の歌」は欧州の歌に定められている。Text by MAKIGUCHI June“人類愛に満たされた理想郷”をそんな人類の財産ともいえる交響曲に振り付けを施した男がいた。バレエ界の革命家モーリス・ベジャールだ。『春の祭典』や『ボレロ』でも有名だが、1964年には『第九』もバレエにしていたのだ。本作は、初演から50年も経った2014年に東京で再演された伝説のステージが出来上がるまでの9ヵ月を追ったドキュメンタリー。80人余りのダンサー、指揮者とオーケストラ、ソロ歌手と...
615 件