MERCEDES-BENZ

自動車の歴史をひもとくとき、その先駆者として辿りつくのがゴットリープ・ダイムラーとカーツ・ベンツというふたりのドイツ人だ。1885年から86年にかけて、このふたりが別々にガソリン自動車を生みだし、クルマ社会の礎を築いたことは、いまさら説明するまでもない。それぞれが興した自動車会社はライバルと目されていた時期もあったが、第一次世界大戦後の不況を乗り切るために手を結び、1926年に合併によってダイムラー・ベンツ社が設立されている。 製品に与えられるメルセデスの名は、ダイムラーの顧客であったエミール・イェリネックが、ドイツ国外での販売を引き受けるかわりに長女の名前をつけさせたのがはじまりで、1902年にはダイムラー社により商標登録されている。 こうして生まれた、メルセデス、そして、Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)は、その後もセーフティパッセンジャーセル、エアバッグ、ESP(エレクトリック・スタビリティ・プログラム)、ナイトビューといった最新技術を積極的に導入するなど、自動車発展の牽引役として常に時代の先頭を走り続けているのだ。

まさにメーカー純正キャンピングカー── メルセデス・ベンツVクラスに「V220d マルコポーロ ホライゾン」を追加| Mercedes Benz

まさにメーカー純正キャンピングカー── メルセデス・ベンツVクラスに「V220d マルコポーロ ホライゾン」を追加| Mercedes Benz

メルセデス・ベンツは5月21日、プレミアムミニバンのVクラスに、最大5人までの就寝スペースを確保した「V220d マルコポーロ ホライゾン」を追加し、同日から販売すると発表した。
いま乗ってみたい、メルセデス・ベンツのクラシックス10選|Mercedes-Benz

いま乗ってみたい、メルセデス・ベンツのクラシックス10選|Mercedes-Benz

CASE(Connected / Autonomous / Shared / Electric)という言葉が象徴するように、自動車をとりまく世界が100年に1度の大変革期にあるといわれる昨今。そんな時代だからこそ、あえて後ろを振り返り、若かりし頃に憧れた個性豊かな“ちょっと旧いクルマ”に注目しているクルマ好きも多いのではないか。ここでは、モータージャーナリストの小川フミオ氏が、いま乗ってみたいと考えるメルセデス・ベンツのクラシックモデル10台を紹介する。
メルセデス・ベンツ、GLCに4輪駆動のPHEVモデルを導入| Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ、GLCに4輪駆動のPHEVモデルを導入| Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は、ミドルサイズSUV「GLCクーペ」にプラグインハイブリッド(PHEV)の四輪駆動モデル「GLC 350e 4MATICクーペ」を追加し、販売を開始した。
スポーツの力を通して社会貢献を──Eクラスに特別仕様車「ローレウス エディション」を追加| Mercedes Benz

スポーツの力を通して社会貢献を──Eクラスに特別仕様車「ローレウス エディション」を追加| Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は、Eクラスのセダン、ステーションワゴン、オールテレインに特別仕様車「ローレウスエディション」を追加。さらに、「E300アバンギャルドスポーツ」のエクステリアを一部仕様変更し、受注を開始した。
AMG G63にシルバーアクセントでシックな雰囲気を演出した特別仕様車が登場| Mercedes Benz

AMG G63にシルバーアクセントでシックな雰囲気を演出した特別仕様車が登場| Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は「Gクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63ストロンガー ザン タイム エディション」を設定。計250台限定で販売を開始した。
メルセデスの最上級SUV「GLS」がフルモデルチェンジ| Mercedes Benz

メルセデスの最上級SUV「GLS」がフルモデルチェンジ| Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は、フルモデルチェンジを受けて3世代目へと進化した「GLS」を発表。販売を開始した。
メルセデス・ベンツAクラスセダンに新型ディーゼルモデルが登場|Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツAクラスセダンに新型ディーゼルモデルが登場|Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツ日本は、コンパクトセダンのAクラスセダンに、新型4気筒クリーンディーゼルエンジン「OM654q」を搭載した「A200dセダン」を追加設定し、予約注文受付を開始した。
CLAシリーズにエントリーモデルとハイパフォーマンスモデルが追加|Mercedes-Benz

CLAシリーズにエントリーモデルとハイパフォーマンスモデルが追加|Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツ日本は、スタイリッシュな4ドアモデルCLA/CLAシューティングブレークに、エントリーモデルの「CLA180」と、ハイパフォーマンスの「メルセデスAMG CLA35 4MATIC」を追加発表し、予約注文受付を開始した。
Cクラスの安全装備がさらに充実|Mercedes-Benz

Cクラスの安全装備がさらに充実|Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツ日本は、Cクラスの「C 180」「C 200」「C 200 4MATIC」「C220d」に安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備すると発表した。
例え電動化されてもこの形だけは残してもらいたい──直6ディーゼル搭載の新型G350dに試乗|Mercedes-Benz

例え電動化されてもこの形だけは残してもらいたい──直6ディーゼル搭載の新型G350dに試乗|Mercedes-Benz

2018年にフルモデルチェンジを受け、従来の四角いボディデザインを踏襲しつつも、まったく新しいクルマに生まれ変わったメルセデス・ベンツ「Gクラス」。なかでも注目を集める、直列6気筒クリーンディーゼルエンジン搭載のG350dに試乗した。
メルセデス・ベンツとコラボレートした限定モデル|Gorilla

メルセデス・ベンツとコラボレートした限定モデル|Gorilla

スイスの時計ブランド「Gorillla(ゴリラ)」がメルセデス・ベンツとコラボレート。120本のみの限定モデルとして「EQ byメルセデス・ベンツ×ゴリラ」を発表した。
メルセデスの最高級ロードスター「SL」に特別仕様車「グランド・エディション」が登場|Mercedes Benz

メルセデスの最高級ロードスター「SL」に特別仕様車「グランド・エディション」が登場|Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は10月30日(水)、最高級ロードスター「SL」の特別仕様車「グランド・エディション」を追加し、受注を開始した。
Eクラス クーペとカブリオレに新パワートレインを導入|Mercedes Benz

Eクラス クーペとカブリオレに新パワートレインを導入|Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は「Eクラス」のクーペとカブリオレのパワートレインをなどを改良し、販売を開始した。
東京モーターショー2019で高級サルーンEV「ビジョンEQS」などをアジアプレミア | Mercedes Benz

東京モーターショー2019で高級サルーンEV「ビジョンEQS」などをアジアプレミア | Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は東京モーターショー2019の出展概要を発表。コンセプトモデル「ビジョン EQS」などをアジアプレミアする。
よりSUVらしさを強調するデザインに──GLC、GLCクーペがエクステリアを刷新するマイナーチェンジを実施| Mercedes Benz

よりSUVらしさを強調するデザインに──GLC、GLCクーペがエクステリアを刷新するマイナーチェンジを実施| Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は10月3日(木)、ミドルサイズSUV「GLC」と「GLCクーペ」をマイナーチェンジし、受注を開始した。
1,043 件