BMW

“キドニーグリル”と丸目四灯ヘッドライトにより、ひと目でそれとわかるフロンマスクが特徴のBMW。日本の輸入車市場においても常に高い人気を誇っているが、その名前が何を意味するのか、即座に答えられるひとは意外に少ないのではないだろうか。 Bayerische Motoren Werke(バイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ)。直訳すれば「バイエルン地方のエンジン工場」という意味だ。前身だったラップ社は、カール・フリードリッヒ・ラップが1913年にドイツのバイエルンに設立した航空機用エンジンのメーカーで、おなじバイエルンの機体メーカーのオットー社と組んで、ビジネスを成功に導く。1916年にはバイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ有限会社と改称。2年後には株式会社に組織変更するとともに、バイエルンの青い空と白い雲をイメージしたプロペラのロゴマークを登録している。 その後も革新的な技術により存在感を高めたBMWだったが、第一次世界大戦の敗戦により、航空機エンジンの製造中止を余儀なくされた。そこでBMWは、もてる技術をモーターサイクルに注ぎ、1923年にはシャフトドライブの「BMW R32」を発表して注目を浴びることに。しかし、それだけでは飽きたらず、オースチンセブンをライセンス生産するディクシー社を買収。これにより自動車ビジネスの足がかりをつかみ、1929年には「BMW3/15 PS」を発売、自動車メーカーとしての歴史をスタートさせている。 ちなみに、BMWと深い関係にあったオットー社は、ガソリンエンジンの理論を確立したニコラウス・アウグスト・オットーの実の息子であるグスタフ・オットーが創立した会社。BMWが内燃機関にこだわるのは、このあたりに理由がありそうだ。

BMWコンパクトSUV「X2」にM35iと18dを追加|BMW

BMWコンパクトSUV「X2」にM35iと18dを追加|BMW

BMW X2 M35i|ビー・エム・ダブリューX2 M35iBMW X2 xDrive 18d M Sport X|ビー・エム・ダブリュー X2 xドライブ 18d MスポーツXBMW X2にM35iと18dを追加ビー・エム・ダブリューは1月28日、同社がSAC(スポーツ アクティビティ クーペ)と呼ぶコンパクトSUV「X2」のラインアップに、スポーティなガソリンモデル「X2 M35i」と、クリーンディーゼルモデルの「X2 xDrive 18d M Sport X」を追加し、同日から販売を開始すると発表した。Text by HARA Akira最高出力302psのM35iと最大トルク350Nmの18dBMWのコンパクトSUV「X2」に新たな2モデルが追加される。サーキット走行を想定したMモデルと、実用性の高い標準モデルの間に位置づけられるMパフォーマンスモデルとなる「X2 M35i」が搭載するのは、最高出力302ps(225kW)/6,250rpm、最大トルク450Nm/1,750...
サーキット走行性能を高めたM5コンペティション誕生|BMW

サーキット走行性能を高めたM5コンペティション誕生|BMW

BMW M5 Competition|ビー・エム・ダブリュー M5 コンペティションサーキット走行性能を高めたM5コンペティション誕生ビー・エム・ダブリューはハイパフォーマンスセダン「M5」の性能をより高めた「M5 コンペティション」を発売した。Text by YANAKA Tomomi最高出力625ps、0-100km/h加速は3.3秒を記録昨年3月に6代目として登場した現行の「M5」。ハイパフォーマンス車両を手掛けるBMW M社が開発を担当しており、4.4リッターV8ターボエンジンに加え、Mモデルのセダンで初めてM専用四輪駆動システム「M xドライブ」を搭載するなど、BMWを代表するラグジュアリースポーツセダンだ。このM5にさらにチューニングを施しサーキット走行性能を高めたのが、新たに登場した「M5 コンペティション」。エンジンはM5と同じでありながら、最高出力は25psアップの625psを発生し、0-100km/h加速は3.3秒を記録する。さらに、車高を7mm下げ、Mスポーツ...
BMWの新たなるフラッグシップクーペ「8シリーズ」に試乗|BMW

BMWの新たなるフラッグシップクーペ「8シリーズ」に試乗|BMW

BMW M850i xDrive|ビーエムダブリュー M850i xDrive“大人のクーペ”復活に期待大2017年の「コンコルソ デレガンツァ ヴィラ デステ」でコンセプトモデルがお披露目され、2018年のル マン24時間レースでプロダクトモデルが発表された、BMW「8シリーズ」。新世代のフラッグシップクーペに、モータージャーナリストの九島辰也氏が試乗した。Text by KUSHIMA TatsuyaPhotographs by BMW“大人のクーペ”というカテゴリーに復活した8シリーズ“大人のクーペ”という言い方がある。ある程度のサイズを持った2ドアクーペで、それなりの高級感も兼ね備えたものだ。かつての日本車でいえば、トヨタ「ソアラ」や日産「レパード」あたりが頭に浮かぶ。80年代に憧れられたモデルだ。輸入車でいえばジャガー「XJS」やメルセデス「SL」、後の「CL」になる「SEC」あたりもそうだろう。そうそう、キャデラック「エルドラド」なんていうモデルもあった。スーパーカーと...
BMW新フラグシップクーペ「8シリーズ クーペ」発表|BMW

BMW新フラグシップクーペ「8シリーズ クーペ」発表|BMW

BMW M850i xDrive|BMW M850i エックスドライブ非凡と興奮の“8”BMW新型「8シリーズ クーペ」発表ビー・エム・ダブリューは11月9日、東京・銀座で2+2の新型ラグジュアリークーペ「8シリーズ」の発表会を行なった。1989年から99年に生産された先代8シリーズクーペは、リトラクタブルヘッドライトやV12エンジンを搭載した豪華なクーペモデルであり、新型もまたBMWのフラッグシップクーペにふさわしい仕上がりになっているという。Text by HARA Akira優雅で官能的なデザイン今回約20年ぶりに登場した新型は、最上級のBMWクーペとして磨き上げられた美しさと鍛え抜かれた走行性能を誇り、最先端技術を注ぎ込んだ「THE 8」を冠するモデルになったという。説明役として登壇したのは、同社のペーター・クロンシュナーブル社長だ。まずはじめに「BMWにおける“8”は、非凡さや興奮を表しています。ロードスターの「Z8」、初代「8シリーズ クーペ」、現在のPHVスポーツモデ...
LAオートショー プレイバック 前篇|L.A. Auto Show

LAオートショー プレイバック 前篇|L.A. Auto Show

L.A. Auto Show 2018|ロサンゼルス オートショー 2018LAオートショー プレイバック 前篇カリフォルニアという土地柄だからこそEVとハイパフォーマンス モデルが際立つ2018年末に開催された「ロサンゼルス オートショー 2018」を訪れた南陽一浩氏による総括。前篇ではハイパフォーマンスや最先端技術を前面に押し出すドイツ勢や現地に特化されたアメリカ勢を中心にお伝えする。Text & Photographs by NANYO KazuhiroLAならではの妙味とは?今年はフルモデルチェンジを迎えたポルシェ「911」、つまり992型がすっかり主役を奪った感のあった「ロサンゼルス オートショー」。ワールドプレミアのニューモデルがインターネットを介して世界中に一斉発信される今や、モーターショーの意義は薄らいだ、などという声も聞かれる。だが自動車市場がグローバル化より多様化に向かっているなかで各ローカル市場に向けて、もっともオプティマイズされたモデルが供給される象...
BMWの最新オープン2シーター、新型「Z4」に試乗|BMW

BMWの最新オープン2シーター、新型「Z4」に試乗|BMW

BMW Z4|ビー・エム・ダブリュー Z4BMWの最新オープン2シーター、新型「Z4」に試乗まさに言葉通りの“駆けぬける歓び”がある2018年のペブルビーチ コンクール デレガンスでデビューした新型BMW「Z4」。1996年に登場した「Z3」も含めると4代目へと進化した最新のオープン2シーターに、モータージャーナリスト九島辰也氏がポルトガルの首都、リスボンで試乗した。Text by KUSHIMA TatsuyaPhotographs by BMWSUV全盛の昨今における2シーター ロードスターおよそ20年前、欧州メーカーが2シーターロードスターを盛んに開発していたのを覚えているだろうか。メルセデスが「SLK」を、ポルシェが「ボクスター」を、フィアットが「バルケッタ」なんかを次々とリリースした。いずれも1996、97年あたり。そしてBMWが送り込んだのは「Z3」。アイルランド出身の俳優ピアース・ブロスナンが演じたジェームズ・ボンドがボンドカーに使ったことでも話題になったモデルだ。個...
M5と5シリーズに「EDITION MISSION:IMPOSSIBLE」が登場|BMW

M5と5シリーズに「EDITION MISSION:IMPOSSIBLE」が登場|BMW

BMW M5|ビーエムダブリュー M5BMW 5 Series|ビーエムダブリュー 5シリーズ不可能に挑むマインドを鼓舞する特別記念限定車BMW M5と5シリーズに「EDITION MISSION:IMPOSSIBLE」が登場前作『ローグ・ネイション』に続き、トム・クルーズ演じるイーサン・ハントが、数々の難局を体当たりで切り拓く『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』が封切られた。作中にも登場するBMW「M5」には、かの主人公に通じる鮮烈なダイナミズムを、特別なディティールで表現した限定車が登場。そのたたずまいの中に、圧倒的なカリスマ性が漂う一台となった。Text by NANYO Kazuhiro4.4リッターV8ツインパワーターボ エンジンは625psに8月3日より日本で劇場公開された『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』。封切りに先立つ7月中旬には主人公イーサン・ハント演じるトム・クルーズが来日するなど、シリーズ最新作への注目が増している。そして映画の中で、IM...
944 件