BMW

“キドニーグリル”と丸目四灯ヘッドライトにより、ひと目でそれとわかるフロンマスクが特徴のBMW。日本の輸入車市場においても常に高い人気を誇っているが、その名前が何を意味するのか、即座に答えられるひとは意外に少ないのではないだろうか。 Bayerische Motoren Werke(バイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ)。直訳すれば「バイエルン地方のエンジン工場」という意味だ。前身だったラップ社は、カール・フリードリッヒ・ラップが1913年にドイツのバイエルンに設立した航空機用エンジンのメーカーで、おなじバイエルンの機体メーカーのオットー社と組んで、ビジネスを成功に導く。1916年にはバイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ有限会社と改称。2年後には株式会社に組織変更するとともに、バイエルンの青い空と白い雲をイメージしたプロペラのロゴマークを登録している。 その後も革新的な技術により存在感を高めたBMWだったが、第一次世界大戦の敗戦により、航空機エンジンの製造中止を余儀なくされた。そこでBMWは、もてる技術をモーターサイクルに注ぎ、1923年にはシャフトドライブの「BMW R32」を発表して注目を浴びることに。しかし、それだけでは飽きたらず、オースチンセブンをライセンス生産するディクシー社を買収。これにより自動車ビジネスの足がかりをつかみ、1929年には「BMW3/15 PS」を発売、自動車メーカーとしての歴史をスタートさせている。 ちなみに、BMWと深い関係にあったオットー社は、ガソリンエンジンの理論を確立したニコラウス・アウグスト・オットーの実の息子であるグスタフ・オットーが創立した会社。BMWが内燃機関にこだわるのは、このあたりに理由がありそうだ。

BMW新フラグシップクーペ「8シリーズ クーペ」発表|BMW

BMW新フラグシップクーペ「8シリーズ クーペ」発表|BMW

BMW M850i xDrive|BMW M850i エックスドライブ非凡と興奮の“8”BMW新型「8シリーズ クーペ」発表ビー・エム・ダブリューは11月9日、東京・銀座で2+2の新型ラグジュアリークーペ「8シリーズ」の発表会を行なった。1989年から99年に生産された先代8シリーズクーペは、リトラクタブルヘッドライトやV12エンジンを搭載した豪華なクーペモデルであり、新型もまたBMWのフラッグシップクーペにふさわしい仕上がりになっているという。Text by HARA Akira優雅で官能的なデザイン今回約20年ぶりに登場した新型は、最上級のBMWクーペとして磨き上げられた美しさと鍛え抜かれた走行性能を誇り、最先端技術を注ぎ込んだ「THE 8」を冠するモデルになったという。説明役として登壇したのは、同社のペーター・クロンシュナーブル社長だ。まずはじめに「BMWにおける“8”は、非凡さや興奮を表しています。ロードスターの「Z8」、初代「8シリーズ クーペ」、現在のPHVスポーツモデ...
LAオートショー プレイバック 前篇|L.A. Auto Show

LAオートショー プレイバック 前篇|L.A. Auto Show

L.A. Auto Show 2018|ロサンゼルス オートショー 2018LAオートショー プレイバック 前篇カリフォルニアという土地柄だからこそEVとハイパフォーマンス モデルが際立つ2018年末に開催された「ロサンゼルス オートショー 2018」を訪れた南陽一浩氏による総括。前篇ではハイパフォーマンスや最先端技術を前面に押し出すドイツ勢や現地に特化されたアメリカ勢を中心にお伝えする。Text & Photographs by NANYO KazuhiroLAならではの妙味とは?今年はフルモデルチェンジを迎えたポルシェ「911」、つまり992型がすっかり主役を奪った感のあった「ロサンゼルス オートショー」。ワールドプレミアのニューモデルがインターネットを介して世界中に一斉発信される今や、モーターショーの意義は薄らいだ、などという声も聞かれる。だが自動車市場がグローバル化より多様化に向かっているなかで各ローカル市場に向けて、もっともオプティマイズされたモデルが供給される象...
BMWの最新オープン2シーター、新型「Z4」に試乗|BMW

BMWの最新オープン2シーター、新型「Z4」に試乗|BMW

BMW Z4|ビー・エム・ダブリュー Z4BMWの最新オープン2シーター、新型「Z4」に試乗まさに言葉通りの“駆けぬける歓び”がある2018年のペブルビーチ コンクール デレガンスでデビューした新型BMW「Z4」。1996年に登場した「Z3」も含めると4代目へと進化した最新のオープン2シーターに、モータージャーナリスト九島辰也氏がポルトガルの首都、リスボンで試乗した。Text by KUSHIMA TatsuyaPhotographs by BMWSUV全盛の昨今における2シーター ロードスターおよそ20年前、欧州メーカーが2シーターロードスターを盛んに開発していたのを覚えているだろうか。メルセデスが「SLK」を、ポルシェが「ボクスター」を、フィアットが「バルケッタ」なんかを次々とリリースした。いずれも1996、97年あたり。そしてBMWが送り込んだのは「Z3」。アイルランド出身の俳優ピアース・ブロスナンが演じたジェームズ・ボンドがボンドカーに使ったことでも話題になったモデルだ。個...
M5と5シリーズに「EDITION MISSION:IMPOSSIBLE」が登場|BMW

M5と5シリーズに「EDITION MISSION:IMPOSSIBLE」が登場|BMW

BMW M5|ビーエムダブリュー M5BMW 5 Series|ビーエムダブリュー 5シリーズ不可能に挑むマインドを鼓舞する特別記念限定車BMW M5と5シリーズに「EDITION MISSION:IMPOSSIBLE」が登場前作『ローグ・ネイション』に続き、トム・クルーズ演じるイーサン・ハントが、数々の難局を体当たりで切り拓く『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』が封切られた。作中にも登場するBMW「M5」には、かの主人公に通じる鮮烈なダイナミズムを、特別なディティールで表現した限定車が登場。そのたたずまいの中に、圧倒的なカリスマ性が漂う一台となった。Text by NANYO Kazuhiro4.4リッターV8ツインパワーターボ エンジンは625psに8月3日より日本で劇場公開された『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』。封切りに先立つ7月中旬には主人公イーサン・ハント演じるトム・クルーズが来日するなど、シリーズ最新作への注目が増している。そして映画の中で、IM...
ファッションディレクター森岡弘氏が語るBMW「M5」の魅力|BMW

ファッションディレクター森岡弘氏が語るBMW「M5」の魅力|BMW

BMW M5|ビーエムダブリュー M5ファッションディレクター森岡弘氏が語るBMW「M5」の魅力ファッション誌や広告でのスタイリングをはじめ、ビジネスエグゼクティブへのアドバイザリーなど幅広く活躍するファッションディレクター、森岡弘さん。歴代のBMW 5シリーズを乗り継ぐクルマ好きでもある。そんな彼にファッションのスペシャリストとして、BMW 「M5」 の魅力をひも解いてもらった。Photographs by MAEDA AkiraText by NANYO KazuhiroBMW M5に合わせたいファッションスタイルシンガポール・グレーという限りなく黒に近いボディカラーを纏ったBMW「M5」。ミッション・インポッシブル・シリーズの最新作『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』の劇中でトム・クルーズが駆る車両と同じスペックのモデルだ。さらに同作品をイメージして特別装備が与えられるとともに625psへとパワーアップされた限定車「EDITION MISSION:IMPOSSIBL...
BMW 5シリーズのスポーティな限定モデル「Mスピリット」|BMW

BMW 5シリーズのスポーティな限定モデル「Mスピリット」|BMW

BMW 523i M Sprit|BMW 523i MスピリットBMW 523d Touring M Sprit|BMW 523d ツーリング Mスピリット5シリーズにスポーティなスタイリングの「Mスピリット」ビー・エム・ダブリューは10月29日(月)、5シリーズにスポーティなエクステリアの特別仕様車「523i Mスピリット」「523dツーリング Mスピリット」を設定。販売を開始した。Text by YANAKA Tomomiヘッドアップ ディスプレイやドライビング アシスト プラスも装備昨年、8年ぶりにフルモデルチェンジし、7代目へと進化した「5シリーズ」にスポーティな特別仕様車が登場した。セダンの「523i Mスピリット」は、最高出力135kW(184ps)、最大トルク135kW(184ps)を発生する2.0リッター ガソリンエンジンの「523i」がベース。いっぽうワゴンタイプの「523d ツーリング Mスピリット」は、最高出力140kW(190ps)、最大トルク400Nm(4...
BMW X3にディーゼルモデルのMパフォーマンスに追加|BMW

BMW X3にディーゼルモデルのMパフォーマンスに追加|BMW

BMW X3 M Performance|BMW X3 MパフォーマンスディーゼルモデルのMパフォーマンスをX3に追加ビー・エム・ダブリューは9月20日(木)、ミドルクラスSAV「X3」にディーゼルエンジンのMパフォーマンスモデル「X3 M40d」を設定。販売を開始した。Text by YANAKA Tomomi日本初導入の3リッター直列6気筒ディーゼルエンジンを搭載パワートレインやシャシーにBMW M社の技術に基づいたチューニングを施し、専用デザインでスポーティに仕上げるMパフォーマンス。昨年10月にフルモデルチェンジした「X3」にディーゼルエンジンのMパフォーマンスモデル「X3 M40d」が新たに追加された。このX3 M40dには、日本市場に初めて導入される3リッター直列6気筒のMパフォーマンス ツインパワー ターボ ディーゼルエンジンを採用。最高出力240kW(326ps)、最大トルク680Nmを発生する。また、Mスポーツ ディファレンシャルを搭載することで、より正確なトラク...
BMW 1シリーズがラインアップを一新|BMW

BMW 1シリーズがラインアップを一新|BMW

BMW 1 Series|ビー・エム・ダブリュー 1シリーズBMW 1シリーズがラインアップを一新ビー・エム・ダブリューは9月5日(水)、「1シリーズ」のラインアップを一新。過去に特別仕様車として販売された「118i/118d Mスポーツ エディション シャドウ」と「118i/118d ファッショニスタ」、そしてあらたに「M 140i エディション シャドウ」を導入し、販売を開始した。Text by YANAKA Tomomi特別仕様車「エディション シャドウ」と「ファッショニスタ」を追加ラインアップが刷新された「1シリーズ」。エンジンは、1.5リッター3気筒ガソリンターボの「118i」と2リッター4気筒ディーゼルターボの「118d」にくわえ、3リッター6気筒ガソリンエンジンで最高出力250kW(340ps)、最大トルク500Nmを発生させる「M140i」の3種類を中心に展開する。今回カタログモデルとなる「エディション シャドウ」は、ダークヘッドライトやジェット ブラックの18イン...
938 件