BMW

“キドニーグリル”と丸目四灯ヘッドライトにより、ひと目でそれとわかるフロンマスクが特徴のBMW。日本の輸入車市場においても常に高い人気を誇っているが、その名前が何を意味するのか、即座に答えられるひとは意外に少ないのではないだろうか。 Bayerische Motoren Werke(バイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ)。直訳すれば「バイエルン地方のエンジン工場」という意味だ。前身だったラップ社は、カール・フリードリッヒ・ラップが1913年にドイツのバイエルンに設立した航空機用エンジンのメーカーで、おなじバイエルンの機体メーカーのオットー社と組んで、ビジネスを成功に導く。1916年にはバイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ有限会社と改称。2年後には株式会社に組織変更するとともに、バイエルンの青い空と白い雲をイメージしたプロペラのロゴマークを登録している。 その後も革新的な技術により存在感を高めたBMWだったが、第一次世界大戦の敗戦により、航空機エンジンの製造中止を余儀なくされた。そこでBMWは、もてる技術をモーターサイクルに注ぎ、1923年にはシャフトドライブの「BMW R32」を発表して注目を浴びることに。しかし、それだけでは飽きたらず、オースチンセブンをライセンス生産するディクシー社を買収。これにより自動車ビジネスの足がかりをつかみ、1929年には「BMW3/15 PS」を発売、自動車メーカーとしての歴史をスタートさせている。 ちなみに、BMWと深い関係にあったオットー社は、ガソリンエンジンの理論を確立したニコラウス・アウグスト・オットーの実の息子であるグスタフ・オットーが創立した会社。BMWが内燃機関にこだわるのは、このあたりに理由がありそうだ。

BMWから「陽は、また登る」をコンセプトにした限定車「Edition Sunrise」が登場|BMW

BMWから「陽は、また登る」をコンセプトにした限定車「Edition Sunrise」が登場|BMW

ビー・エム・ダブリュー株式会社は、「陽は、また登る」をコンセプトに、太陽をデザインに纏った限定モデル「Edition Sunrise(エディション サンライズ)」をBMW 「X2」「3シリーズ」「Z4」に設定し、受注を開始した。
BMWがマイナーチェンジした新型5シリーズを発表|BMW

BMWがマイナーチェンジした新型5シリーズを発表|BMW

BMWは5月27日、マイナーチェンジしたミドルクラスの5シリーズを発表した。バリエーションはセダンとツーリング。パワートレインはプラグイン・ハイブリッドのほか、48Vマイルド・ハイブリッド・システムを備えた4気筒と6気筒のガソリンとディーゼルエンジン、V8ガソリンエンジンと多彩な組み合わせとなっている。市場導入は今年7月を予定している。
いま乗ってみたい、BMWのクラシックス10選|BMW

いま乗ってみたい、BMWのクラシックス10選|BMW

BMW(Bayerische Motoren Werke=バイエルンのエンジン製造会社)という社名が意味するように、BMW車の魅力は、何といってもエンジンにあるといえるだろう。絹のようになめらかと形容されたストレート6のみならず、直列4気筒でもV8でも、BMWの手掛けたパワーユニットは他にはない魅力をもっている。ここでは、BMWのエンジンの魅力は特に旧いモデルに感じられるというモータージャーナリストの小川フミオ氏が、いま乗ってみたいと思うBMWのクラシックスベスト10台を紹介する。
BMWが史上最強のボクサーエンジンを搭載した新型R18発表|BMW

BMWが史上最強のボクサーエンジンを搭載した新型R18発表|BMW

ビー・エム・ダブリューは5月14日、クラシックなデザインと現代的なテクノロジーを組み合わせたクルーザーセグメントの旗艦モデル「R18」を、BMWモトラッドで同日から受注を開始すると発表した。納車は2020年第4四半期以降になる予定。
BMW、最上級クーペモデルの8シリーズに、3リッター直列6気筒ガソリンモデルを追加|BMW

BMW、最上級クーペモデルの8シリーズに、3リッター直列6気筒ガソリンモデルを追加|BMW

ビー・エム・ダブリューは、最上級クーペモデルの8シリーズに3.0リッターツインターボガソリンエンジンを搭載した「840i」と「840iカブリオレ」を新たに設定し、販売を開始した。
いま乗ってみたい、ターボエンジンの名車13選|Turbo

いま乗ってみたい、ターボエンジンの名車13選|Turbo

エコカーからスーパーカーまで、ターボエンジンが当たり前の存在になって久しい。しかし、車名に「ターボ」の名を戴くだけで、クルマ好きがワクワクさせられた時代もあった。ここでは、そんなターボが輝ける存在だったころの名車を厳選して紹介する。
FUTURA2000とコラボレートした日本で10台限定のBMW M2特別仕様車が発売|BMW

FUTURA2000とコラボレートした日本で10台限定のBMW M2特別仕様車が発売|BMW

ビー・エム・ダブリューは、コンパクトスポーツクーペ「M2コンペティション」と世界的な現代アーティストFUTURA2000がコラボレーションした限定車「M2 エディション デザインド バイ フューチュラ2000」を世界500台限定で生産。日本では10台限定で発売された。
BMWがX3史上初のPHVモデルを発売|BMW

BMWがX3史上初のPHVモデルを発売|BMW

ビー・エム・ダブリューは4月9日(木)、ミドルクラスSUV「X3」のラインアップに、同モデル史上初となるPHV(プラグインハイブリッド)モデル「BMW X3 xDrive30e(エックスドライブ・サンマル・イー)」を追加し、同日から販売を開始したと発表した。
主戦場はサーキット──BMW M2 CSが60台限定で登場|BMW

主戦場はサーキット──BMW M2 CSが60台限定で登場|BMW

ビー・エム・ダブリューはコンパクトスポーツモデル「M2 CS」を60台限定で発表。ただし、すでに60台が完売しているという。
新型1シリーズに新開発のディーゼルターボモデルを追加|BMW

新型1シリーズに新開発のディーゼルターボモデルを追加|BMW

ビー・エム・ダブリューは、1シリーズのラインアップにディーゼルエンジンモデルの「118d」を追加。販売を開始した。
BMW X5と X6のハイエンドモデル「Mコンペティション」がデビュー|BMW

BMW X5と X6のハイエンドモデル「Mコンペティション」がデビュー|BMW

ビー・エム・ダブリューは、「X5」と「X6」のMハイパフォーマンスモデル「M コンペティション」を発表。受注を開始した。
開放性と透明性の意味を込めて──BMWが新しいブランドロゴを導入|BMW

開放性と透明性の意味を込めて──BMWが新しいブランドロゴを導入|BMW

BMWは、ブランドのロゴを20年以上ぶりに変更。簡素化された2次元的ロゴマークには、新たに透過スタイルも追加される。
600psのフラッグシップ4ドアクーペ──新型BMW M8グランクーペを販売開始|BMW

600psのフラッグシップ4ドアクーペ──新型BMW M8グランクーペを販売開始|BMW

ビー・エム・ダブリューは1月28日(火)、最上級4ドアクーペモデルの8シリーズ グランクーペに、BMW M社のレーシングテクノロジーを駆使した高性能モデル「BMW M8 グランクーペ」「BMW M8グランクーペ コンペティション」を追加。2月上旬から順次納車を開始すると発表した。
BMWがパックマンとコラボレーション|BMW

BMWがパックマンとコラボレーション|BMW

ビー・エム・ダブリューは1月28日(火)、世界的に人気のビデオゲーム「PAC-MAN(パックマン)」とコラボレーションし、昨年10月に受注を開始、今年4月以降に納車が始まる新型BMW2シリーズ グランクーペのマーケティングコミュニケーションとして採用すると発表した。
世界で750台限定、日本30台限定の「M4 エディション ヘリテージ」発売|BMW

世界で750台限定、日本30台限定の「M4 エディション ヘリテージ」発売|BMW

ビー・エム・ダブリューは、BMW M社が手掛けたクーペ「M4」に世界750台限定で生産する特別限定車「M4 エディション ヘリテージ」を発表。日本では30台限定で発売された。
985 件