モロッコから得たインスピレーション ユニークな陶磁器ブランド「Maiyan」

モロッコから得たインスピレーション ユニークな陶磁器ブランド「Maiyan」

Maiyanは他に類を見ないユニークな陶磁器製品を制作・販売するブランド。その原点にはモロッコから得たインスピレーションがあった。
心地よく、見た目も楽しく。Knot Studioから、ちょっと不思議な形のインテリア家具が登場

心地よく、見た目も楽しく。Knot Studioから、ちょっと不思議な形のインテリア家具が登場

Knots studioは、2013年に創業された家具ブランド。機能的なデザインとアートを取り入れた空間を作り出すことを芸術的な目標としている。Knotのお届けする作品は、創業者Netaの家族と過ごしたセーリングの思い出から発想された。その名前が表現している通り、セーリング用のロープとその結び目(= Knot) をデザインモチーフにしている。
二人の才能が融合したミニマルなデザイン。ハンドメイドの陶器スタジオ「Studio Davka」

二人の才能が融合したミニマルなデザイン。ハンドメイドの陶器スタジオ「Studio Davka」

北イスラエルにある「Studio Davka」。ここは、イスラエルを代表する美術学校であるベツァルエル美術デザイン学院の陶器&ガラスデザイン科の学生だった二人が開いたスタジオだ。それぞれが独自の創造的な視点を作品に組み込んでおり、唯一無二のハンドメイド製品を生みだしている。
特集|OPEN TO ISRAEL  supported by Outbrain 「きっと僕たちはイスラエルをまだ知らない」

特集|OPEN TO ISRAEL supported by Outbrain 「きっと僕たちはイスラエルをまだ知らない」

「スタートアップ・ネーション」。すでにAIをはじめとしたデジタル産業に関わる者にとって、イスラエルは世界でもっとも進んだデジタルテクノロジーが生まれる場所だ。他方、我々日本人をにわかに驚かせたのはあのコロナ禍において、世界最速で国民の7割以上にワクチン接種を完了させた医療システム。それだけではない。アメリカやフランスその他ヨーロッパの国々を差し置いて、高い幸福度を獲得していることや、建国当時から敷かれる高水準の教育システム、チャレンジ精神やトライ&エラーが評価される独特の文化についてはほぼ知られていないのではないだろうか。もしかして僕たちはイスラエルについて何も知らないのではないだろうか。インタビューと実例を通して、世界が最も注目する国、イスラエルの現在を紐解く。今回はISRAERUウェブマガジンとのコラボレーションで実現したイスラエル特集です。
イスラエルの医療テックが可能にした最速のワクチン接種。ハイテク大国の今とは?|INTERVIEW

イスラエルの医療テックが可能にした最速のワクチン接種。ハイテク大国の今とは?|INTERVIEW

かつては宗教と紛争の印象が強かったイスラエルが、近年は中東のシリコンバレーといわれ、ハイテク産業で脚光を浴びている。コロナ禍には、世界最速で国民にワクチン接種を完了させて、医療分野においても最先端国家としての存在感を強め、2021年の世界幸福度調査(https://worldhappiness.report/ed/2021/)では、アメリカやイギリス、そしてフランスやドイツをしのぎ、12位にランクインしている。世界のビジネスシーンから「スタートアップ・ネイション」として急速に存在感を増すその背景には、1948年の建国当時から敷かれる高水準の教育システムをはじめ、チャレンジ精神やトライ&エラーが評価される文化があることはあまり知られていない。我々日本人はイスラエルを本当に知っているのだろうか? 「日本人が知らないイスラエル」と題した連載の第1回目は、イスラエルの国力を支える強みと魅力を探るべく、イスラエル大使館 公使・経済部代表のダニエル・コルバー氏に話を聞いた。
世界の1/3が使うイスラエル発のグローバル・アドテック企業 「Outbrain」が次にリコメンドするもの|INTERVIEW

世界の1/3が使うイスラエル発のグローバル・アドテック企業 「Outbrain」が次にリコメンドするもの|INTERVIEW

かつては宗教と紛争の印象が強かったイスラエルだが、近年は中東のシリコンバレーといわれ、デジタルテックで脚光を浴びている。コロナ禍には、世界最速で国民にワクチン接種を完了させて、先進的なヘルステックを世界に知らしめた。世界のビジネスシーンから「スタートアップ・ネイション」として急速に存在感を増すその背景には、世界中から人が集まり建国した歴史をはじめ、高水準の教育システム、そして、新しいものを取り入れたチャレンジ精神が評価される文化があることはあまり知られていない。我々日本人はイスラエルを本当に知っているのだろうか? 前回に引き続き、連載「日本人が知らないイスラエル」の第2回目に注目したのは、世界50カ国以上で展開される、イスラエル発のアドテックのリーディングカンパニー、Outbrain。昨年、日本法人の代表をはじめ、マネージング・ディレクターに就任した、上野正博氏に話を聞いた。
女性起業家指数で世界1位を獲得した、イスラエルの女性支援システム|INTERVIEW

女性起業家指数で世界1位を獲得した、イスラエルの女性支援システム|INTERVIEW

「スタートアップ・ネーション」。すでにAIをはじめとしたデジタル産業に関わる者にとって、イスラエルは世界でもっとも進んだデジタルテクノロジーが生まれる場所だ。他方、我々日本人をにわかに驚かせたのはあのコロナ禍において、世界最速で国民の7割以上にワクチン接種を完了させた驚愕の事実だ。 それでもなお、アメリカやフランスその他ヨーロッパの国々を差し置いて、世界幸福度報告で世界12位を獲得している(ちなみに日本は58位)ことはあまり知られていないだろう。 そんなアクティブで高い幸福度を誇るイスラエルをインタビューで紐解く第3回目は、日本で広告代理店SivanS(株)を起業、代表取締役を務め、イスラエルの文化交流サイト「ISRAERU」を運営する中村シバンさん。
イスラエルのカルチャーを伝えるサイト「ISRAERU」

イスラエルのカルチャーを伝えるサイト「ISRAERU」

ISRAERUとは、多様な文化が混じり合う情熱的な国、イスラエルについて多角的に紹介する日本初&唯一のメディアプラットフォーム。現地の文化に精通するイスラエル在住のライターや専門家達を迎え、ライフスタイル、文化、テクノロジー、スタートアップ、ビジネスなどをテーマに、イスラエルの真髄に触れる高品質のオリジナルコンテンツを作成し、小さな国をグローバルイノベーションにおける重要な存在へと成長させた、イスラエルのユニークな視点と様々な特徴を伝える。また各ビジネスにおけるイスラエル企業の日本進出の入り口となるべく、ISRAERUでは日本語のコンテンツを通して、イスラエルの企業が日本のオーディエンスとコミュニケーションを図る機会を創り出す。
8 件