くさびで棚板を固定する構造を採用。フレキシブルに対応ができるラック|MOEBE

くさびで棚板を固定する構造を採用。フレキシブルに対応ができるラック|MOEBE

MOEBE|ムーベライフスタイルにあわせて、縦、横、と拡張も可能緻密な構造とミニマリズムを妥協なく追求する、コペンハーゲンを拠点に活動しているプロダクトブランド「ムーベ」。新作の「シェルビングシステム」は、“機能的でシンプル”というデザインアプローチによって生まれた革新的なラック。ネジや複雑なツールを使用せず、くさびで棚板を固定する構造となっており、自由自在に構築ができる。またパーツを追加することにより、縦、横と拡張することができ、ユーザーの生活にあわせて変化をもたせることも。定番のサイズは、LOW(高さ85cm)、MEDIUM(高さ115cm)、HIGHサイズ(高さ200cm)の3種を用意している。SHELVING SYSTEMカラー|オーク、ブラック価格|8万2000円(税別)~問い合わせ先ROUND ROBINTel.03-5542-0658http://store.roundrobin.jp/PRODUCT Tokyo Tips TOP へ
2017年のミラノサローネで発表された「CHAIR_ONE」のニューカラー|MAGIS

2017年のミラノサローネで発表された「CHAIR_ONE」のニューカラー|MAGIS

MAGIS|マジスすべてメタリック塗装。インダストリアルな雰囲気をより演出現代のプロダクトデザイン界を牽引する一人、コンスタンチン・グルチッチが年に発表した「CHAIR_ONE」。三角形をモジュールに立体的に形成された、ムダのない斬新なデザインは多くの反響を呼び、2003年のブループリント賞を皮切りに、数々のデザイン賞を受賞した。コンパッソドーロコレクション(ミラノ)、ヴィトリア&アルバート美術館(ロンドン)のパーマネントコレクションに選定されており、まさに逸品と呼べるプロダクトだ。この度、2017年のミラノサローネで発表されたニューカラーが、新作として日本上陸。すべてメタリックの塗装となっており、「CHAIR_ONE」ならではのインダストリアルな雰囲気をより際立たせている。CHAIR_ONEカラー|グレイ、グレイグリーン、ブルー 価格|【チェア】5万8000円 【コンクリート】8万6000円~、【4スター】8万3000円、【スツール】5万4000円~(すべて税別)問い合わせ先MA...
吉岡徳仁氏が手掛けた「MATRIX chair」|Kartell

吉岡徳仁氏が手掛けた「MATRIX chair」|Kartell

Kartell|カルテル マトリックス構造をもつ革新的チェア吉岡徳仁氏がデザインした、Kartell「MATRIX chair」がミラノサローネ2018にて発表された。樹脂の可能性を拡げる、革新的なプロダクトだ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)構造を、デザインするデザイナー吉岡徳仁氏は、これまでにハニカム構造の紙の椅子「Honey-pop」、植物の繊維構造の椅子「PANE chair」、結晶構造の椅子「VENUS – Natural crystal chair」など、構造そのものからデザインを手掛けた革新的なプロダクトを生み出してきた。ミラノサローネ2018にて発表された吉岡氏の新たなアイディア、それが「MATRIX chair」だ。細い棒状の樹脂で構成され、マトリックス状の2層の立体構造をインジェクション(射出成形)で実現。構造そのものをデザインするという、吉岡氏らしい革新的なチェアが出来上がった。吉岡氏の実験的なクリエイションとKartellの高...
イナズマを放つ雷塊。ダッチデザインの鬼才による照明|Richard Hutten

イナズマを放つ雷塊。ダッチデザインの鬼才による照明|Richard Hutten

Richard Hutten|リチャード・ハッテン形状はユーザー次第。折り加減によってその印象は変化ドローグデザインの中心人物にして、ダッチデザインブームの火付け役として知られる「リチャード・ハッテン」。彼がデザインした「Thunderball Light」は、イナズマを放つ雷塊をイメージした天吊り照明だ。シェードとなるのは八角形の折り線が刻まれた大きな一枚の鉄板。こちらをユーザーが折り曲げることで、その形状が完成するというもの。スチール板の隙間から光が溢れ出る様子は、アートピースのような緊張感と存在感が。六角錐の形をしたシーリングカバーが付属し、ケーブルをすっきりと収納できる。リチャード・ハッテンが手がけた他のプロダクトとも相性が良い。Thunderball Lightサイズ|直径300mm 価格|6万2000円(税別)サイズ|直径600mm 価格|7万1000円(税別)問い合わせ先TRICO(トリコ)Tel.03-3532-1901http://www.bytrico.com/...
ウェグナーによる造形美と職人技巧の結晶。幻の二脚が復刻|CARL HANSEN & SØN

ウェグナーによる造形美と職人技巧の結晶。幻の二脚が復刻|CARL HANSEN & SØN

CARL HANSEN & SØN|カール・ハンセン&サン職人の技が具現化した、ウェグナーによる彫刻的フォルムハンス J. ウェグナーが1952年にデザインし、1970年代から生産が途絶えていた「ラウンジチェア CH71」「二人掛けソファ CH72」が、この度復刻される。二つに共通するのは、コンパクトなサイズ感と張地加工が美しいフォルム、そして無垢材製の丸脚。座は置きクッション、アーム部分には木製のハンドルが付いている。脚とアームのハンドル部分はオーク材または、ウォルナット材から、仕上げは各種から選ぶことが可能だ。また、張地は多様なファブリックから選べるのも嬉しいことろ。置きクッションは、椅子本体と異なる張地の選択も可能で、独特のコンビネーションを創り出すことも。名作家具が自分好みの組み合わせで手に入るまたとない機会になるだろう。CH71サイズ|W70×D70×H84 / SH41 cm価格|26万1,000円~(税別)CH72
サイズ|W130×D72×H84 / SH4...
maruni hiroshimaにて「くらしをつくる」展が開催|MARUNI

maruni hiroshimaにて「くらしをつくる」展が開催|MARUNI

MARUNI|マルニ木工 minä perhonenとともに日々の暮らしを豊かにする maruni hiroshimaにて、「minä perhonen」とともに豊かな暮らしを提案するイベント「くらしをつくる」展が開催される。限定アイテムの展開や、トークショー、ワークショップなどが開催される。期間は2018年10月6日(土)~17日(水)まで。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)丁寧につくられたものを長く使うという提案皆川 明氏が生み出したブランド「minä perhonen」(ミナ ペルホネン)。オリジナルの生地を使ったファッションアイテム、そのテキスタイルを使用した家具など、あらゆるアイテムを生み出している。この秋、maruni hiroshimaにて、「minä perhonen」の期間限定イベント「くらしをつくる」展が開催される。以前よりマルニ木工のMARUNI COLLECTIONの家具の張地として使用されている「minä perhonen」のテ...
ウィルクハーンのポップアップ・ショーケース「W」が開催中|Wilkhahn

ウィルクハーンのポップアップ・ショーケース「W」が開催中|Wilkhahn

Wilkhahn|ウィルクハーンオフィスファニチャーをすべてつめこんだショーケースドイツの高級オフィスファニチャー「ウィルクハーン」のポップアップ・ショーケース「W」が東京・原宿で期間限定オープン。創業111年で生み出されたアーカイブコレクションの展示や、新作をスタイリングしたワークスタイルを提案する。期間は2018年8月2日(木)まで。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)創業111年を迎える老舗ドイツで創業されてから111年を迎える、ファニチャーブランド「ウィルクハーン」。この度、東京・原宿にてポップアップ・ショーケース「W」が開催される。ウィルクハーンの過去・現在・未来を、チャレンジングな姿勢を切り口に伝える。“Work”、“Wellness”、“Well-being、そしてWilkhahn(ウィルクハーン)。オフィスに関係する「W」から始まるワードは無数に存在する。今回のショーケースの名前「W」は、オフィスにまつわるすべてをつめこんだショーケース」がテ...
アルネ・ヤコブセンのライティングデスクを復刻|CARL HANSEN & SØN

アルネ・ヤコブセンのライティングデスクを復刻|CARL HANSEN & SØN

CARL HANSEN & SØN|カール・ハンセン&サン引き出しユニットと天板を一体化することで安定感もデニッシュモダンデザインの確立に貢献し、数々の名作家具を残したアルネ・ヤコブセン。1952年に文化財団のニューヨークオフィスのためにデザインした「ソサイエティ・テーブル」が復刻された。スチール、突板、皮革、木材と様々な素材を組み合わせて、シンプルかつ印象的なフォルムに仕上げたのは、デザイナーの手腕の賜物。オーガニックなラインを描くスチールパイプ製の脚には「吊り下げ式」の引き出しユニットが装着され、軽快な印象を与えつつ、収納力も充分に備わっている。脚先に施された無垢材の意匠をはじめ、細部に至るまで美しい仕上げが施されており、エレガントで機能的なテーブルの代名詞といえそうだ。AJ52 SOCIETY TABLE サイズ|W140×D70×H72cmまたはW160×D70×H72cm 価格|68万5000円~(税別)※別売りのデスクランプと棚のモジュール 20万円~(税別)問...
コンスタンチン・グルチッチがデザインした「BRUT」シリーズが国内発売|MAGIS

コンスタンチン・グルチッチがデザインした「BRUT」シリーズが国内発売|MAGIS

MAGIS|マジス工業的な素材を活かしつつ、スパークリングワインのような軽やかさも イタリアを代表するファニチャーブランド「マジス」が提案する、鋳物を採用した新シリーズ「BRUT」が国内上陸。古くはビクトリア朝のガーデン家具に使用され、近年ではマンホールの蓋や道具のパーツ、建材などに使われる無垢の鉄鋳を使用し、「最も美しいディテールをもつ家具を作りたい」というブランドの想いから本プロジェクトがスタート。プロダクトデザイン界を牽引する一人、コンスタンチン・グルチッチがデザインを手がけ、4つのアイテムが誕生した。「BRUT」とは“未処理、荒さを残した”を表す単語だが、スパークリングワインにもその名が使われている通り、“洗練された甘さとスカッとする爽快感”という意味も兼備する。まさにその言葉がぴったりと当てはまるプロダクトといえる。レクタンギュラーダイニングテーブル価格|未定テーブル価格(予価)|27万円~(税別)ラウンドテーブル価格(予価)|49万5,000円~(税別)ビストロテーブル...
ダッチデザインの奇才と織りなす、魅惑のコレクションが上陸|Christofle

ダッチデザインの奇才と織りなす、魅惑のコレクションが上陸|Christofle

Christofle|クリストフルデザイナーの装飾的なテイストとブランドの伝統が融合装飾的かつ詩的なクリエイションで知られるデザイナー、マルセル・ワンダース。最高級のシルバーウエアを展開するブランド「クリストフル」とコラボレーションを行い、コレクション「Jardin d’Eden(ジャルダン・エデン)」 が完成した。インスピレーションは「エデンの園」の庭から。「現代の生活リズムに対するアンチテーゼ」とデザイナーが語るように、高貴さ、 官能さ、そして詩的感覚を再構築しながら、バロック様式のスタイリッシュさを提示している。180年培ってきたブランドの技術力が発揮されたラウンドテーブルは世界にたった二台。6月末発売予定。ジャルダン・エデン ラウンド テーブル素材|ステンレススチールサイズ|直径140cm 高さ75cm 重さ|220kg価格|566万円(税別)問い合わせ先クリストフル 青山本店Tel. 03-3499-5031PRODUCT Tokyo Tips TOP へ
デザイナー岡本光市が理性と本性をテーマにした「THE CHAIRMAN」|E&Y

デザイナー岡本光市が理性と本性をテーマにした「THE CHAIRMAN」|E&Y

E&Y|イーアンドワイファニチャーレーベルから10台限定で販売トラックメーカーとしてキャリアをスタートさせ、2006年に共栄デザインを設立後は、アートと音楽、デザインを横断するアーティストとして活動している岡本光市。近年はアウトドアブランド「FIELD RECORD」を展開するなど、八面六臂の活躍をみせる。このたび、ファニチャーレーベル「E&Y」から最新作をリリース。「THE CHAIRMAN」は、サンドブラスト加工を施した直径7mmのステンレス鋼材のフレームをラダーロックで固定させた折りたたみ椅子。緻密な設計によるプロダクトとしての側面よりも彫刻的な作品としての意味合いが強く、岡本氏の理性と本性が反映されたプロダクト/作品といえる。10台限定で販売。THE CHAIRMANサイズ|幅730 × 奥行き730 × 高さ715/座面高350mm価格|45万円(税別)問い合わせ先E&Y ショールームhttp://www.eandy.com/ PRODUCT To...
美しさと機能の調和を追求したデザイナーの代表作|CARL HANSEN & SØN

美しさと機能の調和を追求したデザイナーの代表作|CARL HANSEN & SØN

CARL HANSEN & SØN|カール・ハンセン&サン温もりとオーガニックな優雅さを兼備した「デザイン芸術」デンマーク家具の名作を集めたカール・ハンセン&サン社の名作コレクションに、ボーエ・モーエンセンが1950年に発表に発表した「BM1160 ハンティングテーブル」がラインナップ。二組の少し外に広がった架台式の脚と突板製の天板から構成されたテーブルは、職人技が映える木製のくさび、脚と天板を接合する真鍮製の支柱など、「使用するための機能を優先する」というモーエンセンのデザイン手法が細部に至るまで十二分に発揮されている。発表当時、あるデザイン評論家はこの優雅で力強いフォルムを「デザイン芸術」と評したほど。素材は、オーク材、ウォルナット材、またはオーク材とウォルナット材のコンビネーション。支柱は真鍮またはステンレススチールから選ぶことができる。BM1160 ハンティングテーブル サイズ:W210×D81.5×H72 cm価格:36万2000円~(税別)問い合わせ先カール・ハ...
伝統技術に現代の思考を加味。建築家・隈研吾がデザインをした照明|LASVIT

伝統技術に現代の思考を加味。建築家・隈研吾がデザインをした照明|LASVIT

LASVIT|ラスビット杉板の表面を焼き焦がした建材がインスピレーション源2007年に設立された、クリスタルメーカー/デザインカンパニー「LASVIT」。カンパーナ兄弟、ネンド、ロス・ラブグローブ といったスターデザイナーたちとの協働でも高い評価を得ている。このたび、世界的な建築家・隈研吾がデザインをした照明がリリース。「YAKISUGI」は、耐久性を増すために杉板の表面を焼き焦がした建材(焼杉)がインスピレーション。手吹きで成型されたYAKISUGIの原型に、焼き板の表面を押し付けることで生まれる焦げの凹凸。独特なテクスチャがガラスに刻まれ、その表情は二つとない。“透明な木の塊”が空間を優しく照らしてくれる。YAKISUGI LARGEサイズ|巾 120mm 全⻑・3000mm ガラス高さ500mm価格|38万円(税別)YAKISUGI SMALLサイズ|巾 90mm 全⻑・3000mm ガラス高さ300mm価格|33万円(税別)問い合わせ先yamagiwa tokyoTel. ...
エゴン・アイアーマンによる折りたたみ椅子「SE18」がビーチ材で登場|METROCS

エゴン・アイアーマンによる折りたたみ椅子「SE18」がビーチ材で登場|METROCS

METROCS|メトロクス1953年度、MoMAのグッドデザインアワード受賞作1958年のブリュッセル万国博のドイツパビリオンのデザインでその名を轟かせ、ベルリンのカイザー・ヴィルヘルム記念教会やボンの国会議事堂の設計を手がけるなど、戦後のドイツ建築、デザイン界に大きな影響を与えたエゴン・アイアーマン。彼が1952年に発表した折りたたみ椅子「SE18」は、アイアーマンのデザイン、構造、機能に対する考え方が凝縮。1953年にはMoMAのグッドデザインアワードを受賞し、第10回ミラノトリエンナーレでも高い評価を受けた。このたび、メトロクスに入荷したモデルはビーチ材によるもの。利便性に優れながら、空間に温もりを与えてくれる。6月7日発売予定。SE18サイズ|約W500×D470×H770(SH460)mm問い合わせ先メトロクスTel.03-5777-5866http://metrocs.jp/PRODUCT Tokyo Tips TOP へ
天童木工の独自技術が凝縮。シンプルながら個性が光る新作家具|Tendo Mokko

天童木工の独自技術が凝縮。シンプルながら個性が光る新作家具|Tendo Mokko

Tendo Mokko|天童木工独自技術を活用した新作天童木工の2018年新作家具が登場。高い成形技術が使用された、美しい佇まいが魅力的なプロダクトが並ぶ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)国産スギ材を用いた成形合板家具天童木工の独自技術である、軟質針葉樹を圧密化し成形合板に応用する技術、それが「Roll Press Wood」(RPW)だ。これを活用した国産スギ圧密材を用いた成形合板家具が登場した。チェア・テーブル「bambi」は、その名が示す通り、まるで小鹿を思わせる軽快な佇まいを持つ家具シリーズ。強度が保たれた成形合板を用いることで、必要最低限の部材で構成されている。「コマ入れ」を用いた成形合板によるフレームが特徴となり、チェア、テーブルともにシンプルでありながら個性際立つスタイルとなっている。カフェスペースといった、人が集まる場所でも使いやすい、空間に馴染むルックスが魅力的だ。テーブルは長方形と円形の2種類の形状をラインナップする。そして成形合板に...
286 件