JAEGER-LECOULTRE

スイス時計界の中でも創業以来、一貫してマニュファクチュールブランドとしての歴史を連ねてきた数少ないブランドの一つ。その始まりは、1833年にアントワーヌ・ルクルトが開業した時計部品製造会社を前身としている。時計作りのための工作機械の設計を生業にしていた彼は、次々と時計の高品質化に有益な工作機器を考案して、時計界に多大な影響を与え、さらに自らもムーブメントの製造を手掛けるようになっていく。

1903年、アントワーヌ・ルクルトが残していった時計工房は、クロノメーターの製造を通じて協力関係にあったエドモンド・ジャガーと事業提携を結び、’37年には現社名であるジャガー・ルクルトへと社名を変更。その間にも角型時計の名作「レベルソ」を製作するなど、開発の手を緩めることはなかった。

これまで実に多くのムーブメントを開発しきたジャガー・ルクルトは、現在、1000時間にも及ぶ独自の厳しい検査システムを全モデルに実施するなど、自社の品質を盤石にしたうえで、他社を圧倒する新機構を開発し続けている。2007年現在は、角型時計の「レベルソ」、ラウンド時計「マスター・コントロール」、さらに独自の圧縮キーで防水性を高めた「マスター・コンプレッサー」、2007年に新たに加わえられた「デュオメトル」により、4大ラインを築き上げている。

さらに2007年には、時計界の夢ともいわれた完全メンテナンスフリーを実現した「マスター・コンプレッサー・エクストリーム・ラボ」を発表するなど、その飽くなき開発精神は年々高まるばかり。ジャガー・ルクルトが開発する新機構を、世界中の専門家が固唾を飲んで見守っている状況である。

【創業年】1833年 【創業地】スイス、ル・サンティエ 【主なシリーズ名】レベルソ、マスター、マスター・コンプレッサー、デュオメトル 【問い合わせ先】ジャガー・ルクルト  

ジャガー・ルクルトの女性向けハイエンドモデル|JAEGER-LECOULTRE

ジャガー・ルクルトの女性向けハイエンドモデル|JAEGER-LECOULTRE

JAEGER-LECOULTRE|ジャガー・ルクルトランデヴーのハイエンドモデルがリリース(1)複雑機構とともに、芸術的な職人技の可能性も同時に追求してきたジャガー・ルクルト。今年の香港でも昨年に引き続き、レディースコレクションとして開発された「ランデヴー」で、あらたな到達点を見せた。Photographs & Text by SHIBUYA Yashihito時を忘れたいレディのために現代女性のために開発され、洗練されたアールデコテイストのデザインが魅力の「ランデヴー」。永久カレンダーからミニッツリピーターまで、さまざまなハイコンプリケーションモデルが発表されてきた。今回リリースされた「ランデヴー・アイビー・シークレット」はレディースコレクションとして、はじめて文字盤を隠せるドレッシーなシークレットウォッチだ。内部には、メゾン自慢の超薄型&小型機械式ムーブメントが時を刻む。アイビー(日本名:セイヨウキヅタ)は鑑賞植物としても栽培されるつる科の常緑植物。どんな崖にでもツルを...
ジャガー・ルクルトCEOが語る新作「ジオフィジック」の魅力|JAEGER-LECOULTRE

ジャガー・ルクルトCEOが語る新作「ジオフィジック」の魅力|JAEGER-LECOULTRE

JAEGER-LECOULTRE|ジャガー・ルクルトジャガー・ルクルト初、10月1日から販売新コレクション「ジオフィジック」を世界同時発表(1)スイスでも屈指のムーブメント開発能力を持つ名門マニュファクチュール、ジャガー・ルクルトのCEO、ダニエル・リエド氏が、香港で開催されたアジアを対象とする時計見本市、WATCHES & WONDERSの直前に来日。新作、さらにはジャガー・ルクルトの戦略とブランドの将来について、話を伺った。そして、日本市場への重大ニュースも聞くことができた。Photographs by KISHIDA KatsynoriText by KAWADA Akinoriエンジニア出身のCEO、ダニエル・リエド氏――2013年にCEOとして就任されて2年が経過されました。本日はジャガー・ルクルトの新製品や将来についてのお話を主に聞きたいと思いますが、その前に、ダニエル・リエドさんご自身のことについて教えてください。どのようなキャリアを歩んでこられたのか、お聞か...
ジャガー・ルクルト 阪急うめだ本店に新作が集う|JEAGER-LECOULTRE

ジャガー・ルクルト 阪急うめだ本店に新作が集う|JEAGER-LECOULTRE

JEAGER-LECOULTRE|ジャガー・ルクルトスイス名門マニュファクチュールの名作を集めて「Open a whole new world」フェア開催1983年の創業で、時計製造のすべての工程を自社内で一貫して行う、名門マニュファクチュール、ジャガー・ルクルトのフェア「Open a whole new world」が、阪急うめだ本店にて9月23~29日に開催される。関西エリア初お目見えの2015年新作の「レベルソ」の新作を特別に先行予約できるなど、話題の多いイベントとなりそうだ。Text by KAWADA Akinoriジャガー・ルクルト 阪急うめだ本店に新作が集う「Open a whole new world」(まったく新しい世界を切り開く)と題し、ジャガー・ルクルトのフェアが、この9月23日(水・祝)~29日(火)の期間、阪急うめだ本店1階コトコトステージ11で開催される。ジャガー・ルクルトは、1833年の創業以来、時計製造の全工程を自社内で一貫して行う、数少ないマニュフ...
伊勢丹新宿店で「ジャガー・ルクルト」フェア開催|JAEGER-LECOULTRE

伊勢丹新宿店で「ジャガー・ルクルト」フェア開催|JAEGER-LECOULTRE

JAEGER-LECOULTRE|ジャガー・ルクルト「レベルソ」の希少なモデルを限定で販売スイスの名門マニュファクチュール、ジャガー・ルクルトは、9月28日(月)まで、伊勢丹新宿店本館4階プロモーションスペースにて「ジャガー・ルクルト」フェアを開催する。会期中には、三越と伊勢丹だけの限定モデル「グランド・レベルソ 1931 セントラル・セコンド」が、伊勢丹新宿店と日本橋三越本店で販売される。Text by Hirumax三越伊勢丹のオリジナル、ONLY MI限定商品としてフェアに登場現在、東京の伊勢丹新宿店本館で「ジャガー・ルクルト」フェアが開催中だ。注目はレベルソの最新モデル「グランド・レベルソ 1931 セントラル・セコンド」だ。レベルソといえば、ジャガー・ルクルトの永遠のアイコンモデルである。「グランド・レベルソ 1931 セントラル・セコンド」は、現行のレベルソシリーズにはないアンティークな雰囲気を醸し出すレア・ピースモデルで、三越伊勢丹のオリジナル、ONLY MIブランド...
神戸・カミネでジャガー・ルクルト フェア開催|JAEGER-LECOULTRE

神戸・カミネでジャガー・ルクルト フェア開催|JAEGER-LECOULTRE

JAEGER-LECOULTRE|ジャガー・ルクルト神戸・カミネでジャガー・ルクルト フェア開催神戸のカミネといえば、関西では、多くの人に知られる老舗時計店だ。そのカミネの旧居留地店にて、11月22日(土)から30日(日)の9日間、スイスの高級時計ブランド・ジャガー・ルクルトのフェアが開催される。なかなか日本に入荷しないようなモデルも展示される。Text by KAKIHARA Takayoshi(OPENERS)「マニュファクチュールの伝統とエレガンス」をテーマに2014年のジュネーブサロンで発表された新作に加え、ジャガー・ルクルトを代表する「レベルソ」「マスター」などの人気コレクションが一堂に会する。また、11月24日(月・祝)には、スイス本社の複雑機構アトリエに所属する時計師による、特別なデモンストレーションも行われる予定。ジャガー・ルクルトの魅力は、時計にこめられた永遠不滅の芸術性と高度な時計製造技術の融合にある。180年以上の歴史を誇るスイスの名門マニュファクチュール、ジ...
伊勢丹新宿店で「ジャガー・ルクルト」フェア開催|JAEGER-LECOULTRE

伊勢丹新宿店で「ジャガー・ルクルト」フェア開催|JAEGER-LECOULTRE

JAEGER-LECOULTRE|ジャガー・ルクルト2015年新作モデルをはじめ、貴重なコレクションが集結伊勢丹新宿店本館にて特別に展示180年以上の歴史を誇るスイスの名門マニュファクチュール、ジャガー・ルクルトは、6月17日(水)から6月30日(火)まで、伊勢丹新宿店本館4階プロモーションスペースにて「〈ジャガー・ルクルト〉フェアTribute to Stars ~ 時の起源」が開催される。Text by Hirumaxジャガー・ルクルトの世界観が堪能できるジャガー・ルクルトは、スイスの腕時計ブランドのなかでも創業以来、一貫してマニュファクチュールブランドとしての歴史を連ねてきた数少ないブランドだ。今回、時の起源である、天空に着想を得た2015年新作モデルをはじめ、ハイジュエリーコレクションやジャガー・ルクルトの時計製造における技術を結集させたコンプリケーションコレクションが一堂に会する「〈ジャガー・ルクルト〉フェアTribute to Stars ~ 時の起源」が開催される。期...
Holiday Gift Guide 2014|自分へのご褒美に腕時計を

Holiday Gift Guide 2014|自分へのご褒美に腕時計を

特集「自分へのご褒美ギフト」OPENERSがおすすめする定番ウオッチウオッチメーカーが誇る定番の腕時計には、長年愛され続けるスタイルと風格がある。クリスマスギフトとして自身へ贈るなら、そんな定番ウオッチがいい。確かな性能と美しさを兼ね備えた一本は、人生をより鮮やかに刻んでくれることだろう。OPENERSが選んだ厳選ウオッチリストから、とっておきの時計を見つけてほしい。Text by OPENERS【メンズ編】A. Lange & Sohne|A.ランゲ&ゾーネ「ランゲ1」は、1994年にブランドの復興第1号モデルとなった歴史的なモデルだ。VACHERON CONSTANTIN| ヴァシュロン・コンスタンタンブランド初のスポーツモデル。 特にステンレスモデルは希少。HUBLOT|ウブロいま話題のウブロの日本限定モ デル。特にこの冬、ホワイトカ ラーにレッドステッチは人気。OMEGA|オメガ1957年に登場したオメガのダイバーズ「シーマスター 300」の忠実な復刻。Cartier|カル...
ジャガー・ルクルト|名作、「キャリバー101」の魅力的な世界

ジャガー・ルクルト|名作、「キャリバー101」の魅力的な世界

Jaeger-LeCoultre|ジャガー・ルクルト名作、「キャリバー101」の魅力的な世界世界最小機械式ムーブメントの登場ジャガー・ルクルトによる、世界最小機械式ムーブメント「キャリバー101」。この名作ムーブメントを搭載したコレクションから今年、新たに6モデルが発表された。キャリバー101が誕生したのは1920年代のこと。ポケットウォッチが影を潜めるようになり、女性が社会進出をはじめるようになったこの時代、ジャガー・ルクルトは女性のためのリストウォッチに着目する。1924年に人気を博したデュオプランをもとに設計を開始し、1929年にこの世界でもっとも小さな機械式ムーブメントを生み出した。80年たった今でもこのムーブメントは「名品」と呼ばれ、ジャガー・ルクルトの歴史に名を残すものとして知られている。0.2㎤、厚さ3.4mmのうちに98個の部品を収め、振動数21600回/秒のテンプを備えたキャリバー101の組立てをできる職人の数は少なく、1年に製作される数は50個のみ。この貴重なム...
Jaeger LeCoultre|Master Grande Tradition Grande Complication

Jaeger LeCoultre|Master Grande Tradition Grande Complication

Jaeger-LeCoultre|ジャガー・ルクルトMaster Grande Tradition Grande Complicationマスター・グランド・トラディション・グランド・コンプリケーションText by OPENERS最新・独自技術を駆使して美しい天空表示と澄んだ音、高精度を実現2009年からスタートしたマスター・コレクションの超複雑時計シリーズから、天空表示、星座カレンダー機能付きのトリプルコンプリケーションモデルがついに登場した。超軽量で磁気の影響を受けないシリコン素材の脱進機とフライングトゥールビヨン機構の採用、さらに1000時間クロノテストの実施で、機械式腕時計としては最高クラスの精度を実現。ミニッツリピーター機構にもクリスタル製ゴングをはじめ独創技術を採用し、一般的なミニッツリピーター機構とはひと味もふた味もちがう美しい音を奏でる。文字盤は2層のディスクからなる立体構造で、いちばん下に24時間で1回転し文字盤外周で24時間表示をおこなうためのディスク、その上...
83 件