ROLLS-ROYCE

ヘンリー・ロイスとチャールズ・ロールスが初めて会ったのは1904年のこと。イギリスでモーターなどを手がけていたロイス社が、新しいビジネスとして自動車を試作したところ、評判を聞きつけたロールスがこのクルマを試乗に訪れる。その仕上がりの良さに感銘を受けたロールスが、ロイスがつくるクルマの販売を申し入れたのがロールス・ロイスのスタートになった。 高級車ブランドとしてその名を知らしめたのは、1906年に生産を開始した「40/50HPシリーズ」。6気筒エンジンを搭載したこのモデルは、後に「シルバー・ゴースト」と呼ばれるのだが、そのエンジンの滑らかさや静粛性、クルマとしての高い信頼性、そして、質の高い素材による仕立の良さから、上流階級から大きな支持を得ることとなった。ロールス・ロイスのマスコットとして知られる“スピリット・オブ・エクスタシー”が生まれたのもこの時代だった。 その後、1929年には「ファントム」を世に送り出し、1931年には同じイギリスのベントレーを買収するなど順調な歩みを進めた同社。第二次世界大戦中は航空機エンジンなどに専念する時期もあったが、1947年から自動車の生産を再開。ファントムシリーズをはじめ、「シルバークラウド」「シルバーシャドウ」といった名車をつくりだしていく。しかし、1971年に航空機エンジン部門の不振から会社が倒産。この際、航空機エンジン部門は切り離され、残された自動車部門は一時政府の管理下へ。そして1980年にはヴィッカーズ社の傘下となった。 さらに1990年代後半にはフォルクスワーゲン(VW)とBMWによる買収劇が巻き起こる。混乱の末、工場とベントレーのブランドはVWの手に渡り、一方、BMWはロールス・ロイスの名前だけを手に入れる。そして2003年、新体制のもとで開発が進められてきたファントムにより、ロールス・ロイスは新しい歴史を踏み出すことになった。

ROLLS-ROYCE PHANTOM/PANTOM EWB|新生ロールス初のサルーン

ROLLS-ROYCE PHANTOM/PANTOM EWB|新生ロールス初のサルーン

ROLLS-ROYCE PHANTOM/PANTOM EWBロールス・ロイス ファントム/ファントムEWB新生ロールス初のサルーン2003年、BMW傘下となったロールス・ロイスがイギリス・グッドウッドの新工場から送り出した初めてのモデルが「ファントム」である。1930年代から同社の最高級モデルを表す伝統の名前と、パルテノン神殿をイメージしたフロントグリル、そして、“スピリット・オブ・エクスタシー”を身につけた贅沢なサルーンは、誰の目から見てもロールス・ロイスとわかる威厳に満ちたフォルムが印象的だ。真横からの眺めは、幅広いCピラーと観音開きのドアが特徴。ドアを開ければ、乗り降りや車内の移動を容易にするフラットなフロアが目に入る。上質なレザーシートとカシミアのトリムが織りなす空間はこのうえなく優雅な雰囲気に包まれ、後席で過ごす時間を極上のものに変える力を持つ。一方、やや高めのポジションが与えられる運転席は、優れた視界が確保されるだけに、もうひとつの特等席ということができる。あくまでロー...
ROLLS-ROYCE PHANTOM DROPHEAD COUPE|重厚さと、軽快な雰囲気

ROLLS-ROYCE PHANTOM DROPHEAD COUPE|重厚さと、軽快な雰囲気

ROLLS-ROYCE PHANTOM DROPHEAD COUPEロールス・ロイス ファントム ドロップヘッドクーペ重厚さと、軽快な雰囲気ブランド開始から100年目の2004年、ロールス・ロイスは“100EX”なるスタディモデルを発表した。ドロップヘッドクーペ、すなわち、2ドアコンバーチブルの100EXに対し、その市販化を望む声が上がり、これに応えるべく、同社は2007年のデトロイトショーで量産型の「ファントム ドロップヘッドクーペ」を披露、新生ロールス・ロイスとしては2番目のモデルとなった。「ファントム」のサルーンがベースとなるものの、ボディパネルはすべて専用にデザインすることで、ファントム ドロップヘッドクーペは新しい個性を手に入れた。サイズも全長と全高がそれぞれ220mmと75mm小さくなり、よりパーソナルな雰囲気を強めている。特徴的なのが、後ろ側にヒンジのある“コーチドア”の採用で、前席はもとより、後席の乗り降りを便利にしている。それと同時に、Aピラーの一体成形が可能なる...
ROLLS-ROYCE 200EX|ファントムの弟分

ROLLS-ROYCE 200EX|ファントムの弟分

ROLLS-ROYCE 200EXファントムの弟分ロールス・ロイスは、コンセプトカー「200EX」を3月から開幕するジュネーブショーに出展することを発表した。文=ジラフエンジンは新開発のV12200EXは、全長5399×全幅1948×全高1550mm、そしてホイールベースは3295mmというボディサイズをもつ4ドアサルーンで、ファントム(全長5835×全幅1990×全高1655mm、ホイールベース3570mm)よりも一回り小さなモデルとして開発が進められている。このモデルの特徴は、後席ドアに後ろヒンジ式のコーチドアを採用したことで乗降性が高められたことにある。また一歩車内に足を踏み入れると、ベージュ色の本革シート、天井の裏張りに採用されたカシミア素材、サントスパリサンダーを用いたウッディなインテリアが、ワンランク上のラグジュアリーを演出していることがわかるだろう。このコンセプトカーは、2010年に市販が予定されるニューモデル「RR4」のスタディモデルとして発表されるが、エンジンに新...
Car
ROLLS-ROYCE GHOST|伝統の名の復活

ROLLS-ROYCE GHOST|伝統の名の復活

ROLLS-ROYCE GHOST|ロールス・ロイス ゴースト伝統の名の復活ロールスロイスは上海モーターショーにおいて、開発コード『RR4』の仮称で開発が進められている新型車のネーミングを「ゴースト」とすることを発表した。文=ジラフロールスのラインナップ中、最強のエンジンこのモデルは現行のファントムよりもひと回り小さいボディをもつ新シリーズで、そのサイズは、全長5399×全幅1948×全高1550mm、ホイールベース3295mmとなる(ファントムのサイズは全長5835×全幅1990×全高1655mm、ホイールベース3570mm)。ボディは小さくとも、搭載されるエンジンは新開発の6.6リッターV12ターボで、最高出力はなんと507ps。これはファントムの460psを誇る6.75リッターV12エンジンを上回り、現在リリースされるロールスのラインナップ中でも最強のものになるという。それでいながら、ZF社と共同開発した8速ATのトランスミッションを組み合わせたことなどにより燃費は向上し、C...
Car
ROLLS-ROYCE GHOST|ハイテクを満載した新世代ロールス

ROLLS-ROYCE GHOST|ハイテクを満載した新世代ロールス

ROLLS-ROYCE GHOST|ロールス・ロイス ゴーストハイテクを満載した新世代ロールスロールスロイスは、秋に正式発表が予定されるニューモデル「ゴースト」のサスペンション技術を公表した。文=ジラフ4輪マルチリンク+エアサスペンション最新テクノロジーの投入が予想された「ゴースト」の足回りには、4輪マルチリンクが採用され、ここにそれぞれ独立制御されるエアサスペンションが組み合わされるという。またこのエアサスには、4輪にかかる荷重を、ボディ各部に設置されたセンサーが2.5ミリセコンドごとにチェックしサスペンション設定を適正な数値に調整するというハイテクが導入されている。もちろんこのほかにも、アクティブロールスタビリゼーションやバリアブルダンピングコントロールなどの最新テクノロジーがあますことなく投入されているという。ボディサイズは全長5399×全幅1948×全高1550mm、ホイールベース3295mmと、「ファントム」よりも一回り小さなサイズ。ここにファントムを上回る最高出力507...
Car
ROLLS-ROYCE GHOST|新世代ロールスの価格を正式発表

ROLLS-ROYCE GHOST|新世代ロールスの価格を正式発表

ROLLS-ROYCE GHOST|ロールス・ロイス ゴースト新世代ロールスの価格を正式発表ロールス・ロイスは9月のフランクフルトモーターショーで正式デビューする「ゴースト」のエンジンスペック、そして価格を発表した。文=ジラフロールス・ロイスのオーラは健在この「ゴースト」は、今年3月のジュネーブモーターショーにおいて「200EX」として公開されたモデルの市販車バージョン。そのボディサイズは全長5399×全幅1948×全高1550mm、ホイールベース3295mmと、現行の「ファントム(全長5835×全幅1990×全高1655mm、ホイールベース3570mm)」より一回り小さいのが特徴。 小さいとはいうものの、逆ヒンジで開閉するリアドアや最高のレザー&ウッドがふんだんに使われた室内、押し出しの強いエクステリアデザインなど、ロールス・ロイスだけがもつオーラは顕在だ。 英国での価格は16万5000ポンドから今回発表された新開発6.6リッターV12ターボエンジンのスペックは、最高出力570p...
Car
ロールス・ロイス、オールラウンドモデルの試験車両を公開|Rolls-Royce

ロールス・ロイス、オールラウンドモデルの試験車両を公開|Rolls-Royce

Rolls-Royce Project Cullinan|ロールス・ロイス プロジェクト カリナンロールス・ロイス、オールラウンドモデルの試験車両を公開今年2月にオールラウンダーモデルの開発をおこなうことを発表したロールス・ロイスは、その試験車両となる第1号車を本日はじめて公開した。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)どんな道でもロールス・ロイスらしい乗り心地を目指すロールス・ロイスは、ことし2月18日にイギリスのキャメロン首相が工場見学に訪れたさいに発表した、新モデルについて、来週から公道で試験車両を走らせることをあきらかにした。この新モデルは、ロールス・ロイスにふさわしいラグジュアリーさをそなえた、車高の高いアルミニウム製ボディをもつオールラウンダーとされ、開発プロジェクトは世界最大のダイヤモンド原石にちなんで“プロジェクト カリナン”と名付けられた。今回プロジェクト初の試験車両として公開されたのは、「ファントム II」をもとにホイールベース...
ロールス・ロイス、オールラウンドモデルの開発を公表|Rolls-Royce

ロールス・ロイス、オールラウンドモデルの開発を公表|Rolls-Royce

Rolls-Royce|ロールス・ロイスロールス・ロイス、新型モデルの開発を公表ロールス・ロイス モーター カーズは、2月18日、全世界に向けて、どんな路面でも走破できる性能をもつ新型車の開発を表明した。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)いままでにない新型モデルへのマニフェストラグジュアリーカーブランドとして世界に広く浸透しているロールス・ロイス。現在は4ドアサルーン「ファントム」をフラッグシップとし、その2ドアモデル「ファントム クーペ」とオープンモデル「ファントム ドロップヘッドクーペ」、先日マイナーチェンジを果たしたサルーン「ゴースト」、ファストバックスタイルの2ドアモデル「レイス」の計5モデルをラインナップしている。そのロールス・ロイスがブランド創立111周年を迎える今年、イギリスのデービッド・キャメロン首相がグッドウッドの工場見学に訪れたさい、あらたなモデルの開発に取り組んでいることをあきらかにした。創始者であるヘンリー・ロイス卿の有...
甲午をモチーフにしたビスポークのゴースト|Rolls-Royce

甲午をモチーフにしたビスポークのゴースト|Rolls-Royce

Rolls-Royce Ghost Majestic Horse collection|ロールス・ロイス ゴースト マジェスティック ホース コレクション午年をモチーフにしたビスポークのゴーストロールス・ロイス・モーター・カーズは、中国伝統美術にインスピレーションを得た馬のモチーフが表現された「ゴースト」の限定ビスポークモデル「マジェスティック・ホース・コレクション」を発表した。 Text by YANAKA Tomomi「甲午(きのえうま)」を表現来年の2014年は、十二支でいうと午(うま)、十干では「木」の元素を意味する「甲」になる「甲午(きのえうま)」の年。これを記念し、ロールス・ロイスの誇るクラフツマンたちが匠の腕をふるい、「木」と「馬」を重ね合わせて福運とするモチーフをあしらったビスポークの「ゴースト」が「マジェスティック・ホース・コレクション」として発表された。室内のダッシュボードには、さまざまな色調の木材をはめ合わせる熟練の技、木象嵌細工をもちいて馬の絵をモダン...
ダイヤをちりばめた豪華絢爛なファントム|Rolls-Royce

ダイヤをちりばめた豪華絢爛なファントム|Rolls-Royce

Rolls-Royce Celestial Phantom|ロールス・ロイス セレッシャル ファントムRolls-Royce Alpine Trial Centenary Collectioni|アルペン トライアル センテナリー コレクションRolls-Royce Chicane Phantom Coupe|ファントム クーペ シケイン446個のダイヤモンドをちりばめた贅沢なロールス・ロイスロールス・ロイスは、特別仕様の「セレッシャル ファントム」と「アルペン トライアル センテナリー コレクション」、そして「ファントム クーペ シケイン」を11月5日に開幕したドバイ・モーターショーで発表した。 Text by SAKURAI Kenichi豪華絢爛さは、さすが中東向け中東はドバイ モーターショー。20世紀後半からいまに至るまで、ここは世界の富が集中するまるで別世界のような場所だ。数年前に景気の落ち込みを経験したものの、リーマンショックも欧州経済危機も何するものぞ、ピークこ...
ピンクのロールスをクラシックモーターショーに出展|Rolls-Royce

ピンクのロールスをクラシックモーターショーに出展|Rolls-Royce

Rolls-Royce Ghost EWB "FAB 1 Million" ロールス・ロイス ゴースト EWB “FAB 1ミリオン”チャリティのために活動する、現代の“ペネロープ号”ロールス・ロイスは、バーミンガムで開催されるクラシックモーターショーで、ロールス・ロイス エンスージアスト クラブに協賛し、「ファントム」のスペースフレーム骨格とV12エンジンのカットモデル、そしてピンクの「ゴースト エクステンディッド ホイールベース」を展示する。 Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)乳がんと闘うためのチャリティロールス・ロイスは、今年が、2003年1月1日の0時1分に「ファントム」の第1号車が納車されてから10年という節目の年ということもあり、愛好家と協力してクラシックモーターショーに展示をおこなう。だが、そのなかで、ひときわ目を惹くのはファントムではなく、内外装ともにピンクをまとった「ゴースト エクステンディッド ホイールベース」だ。この...
ROLLS-ROYCE|ロールス・ロイス 5台に「BESPOKE」を採用

ROLLS-ROYCE|ロールス・ロイス 5台に「BESPOKE」を採用

ROLLS-ROYCE|ロールス・ロイス輝かしい伝統に追加された極上の仕様ロールス・ロイスはパリモーターショーにおいて、オーダーメイドプログラムによって仕上げられた、5台の特別モデルを展示する発表をした。文=ジラフ5台のクルマにビスポークを採用シャツや靴をオーダーメイドするさいにもつかわれる「ビスポーク」(BESPOKE)という言葉は、まさにテイラーとも言えるロールス・ロイス社のオーダーメイドプログラムにおける伝統のことをさしていると言っても過言ではない。ノーマルであったとしてもスペシャルなブランドとして確固たる地位を築くロールス・ロイスのクルマを、顧客の要望におうじて内外装をさらにラグジュアリー化させるという最高に贅たくなプログラムなのだ。今回は、「ファントム エクステンデッド ホイールベース(EWB)」「ファントムクーペ」「ファントム ドロップヘッドクーペ」、そして2台の「ゴースト」の計5台をビスポーク仕様として展示。世界中のセレブリティの視線を釘つけにすることはまちがいないだ...
ROLLS-ROYCE PHANTOM COUPE|オーナードライバー待望のグラントゥーリズモ

ROLLS-ROYCE PHANTOM COUPE|オーナードライバー待望のグラントゥーリズモ

ROLLS-ROYCE PHANTOM COUPEロールス・ロイス ファントム クーペオーナードライバー待望のグラントゥーリズモ2006年のジュネーブショーにおいて、ロールス・ロイスが披露したクーペのスタディモデルが「101EX」。同社の「ファントム」同様、アルミスペースフレーム構造をもつこのクルマは、ファントムに比べて短い全長と低いルーフからわかるとおり、ロールスきってのドライバーズカーを目指したものだ。最高級クーペを熱望するファンからは、101EXの市販化を求める声が強く、そんな声に応えるべく、ロールスは2年後のジュネーブショーでこの「ファントム クーペ」を発表するにいたった。ファントム、ファントムEWB、ファントム ドロップヘッドクーペに続くシリーズ第4弾は、ドロップヘッドクーペ同様、うしろヒンジの“コーチドア”を採用し、ファントム・ファミリーの一員であることを主張。インテリアは、最高級クーペならではの贅沢な素材とシンプルなデザインが心地良い。101EXで話題になった室内のイ...
ROLLS-ROYCE|ロールス・ロイス スピリット・オブ・エクスタシー100周年記念パレード

ROLLS-ROYCE|ロールス・ロイス スピリット・オブ・エクスタシー100周年記念パレード

ROLLS-ROYCE|ロールス・ロイス ファントムスピリット・オブ・エクスタシー100周年記念パレードロールス・ロイス・モーター・カーズは、スピリット・オブ・エクスタシー誕生 100周年を記念し、2月6日ロンドンでロールス・ロイス100台によるパレードを開催した。文=松尾 大1911年2月6日にはじまった伝統ロールス・ロイスは世界的に知られるマスコット、スピリット・オブ・エクスタシーの誕生100周年を記念し、100台のロールス・ロイスによるパレードをロンドンで開催した。このマスコットは、フライング・レディとも呼ばれ、1911年に車両に取りつけられてから、ちょうど100年目にあたるのが、パレードがおこなわれた2011年2月6日である。トルステン・ミュラー・エトヴェシュ CEOは、「ロールス・ロイスのフロントグリルを優雅に飾ってきたマスコット、スピリット・オブ・エクスタシーは、超高級ブランドの象徴であるとともに、ロールス・ロイス・モーター・カーズで働く人びとのインスピレーションの源で...
117 件