LONGINES

hub
1832年、スイス・サンティミエにおいて、時計の組み立て工房を開業したオーギュスト・アガシと、彼の甥で、’66年、レ・ロンジン村に近代的な一貫製造体制を敷いたアーネスト・フランシロンにより、スイス時計の名門ブランド、ロンジンの基盤が築かれた。

アーネスト・フランシロンが築いた時計工場で最初に製造されたリューズ巻き式の懐中時計は、1867年のパリ万博で銅賞を獲得。その後も、高精度と高品質を兼ね備えたロンジンの製品は、歴代万博で10個のグランプリと28個の金メダルを手中に収めている。また1879年に、いち早くクロノグラフ・ムーブメントの開発に成功しており、’96年にギリシャ・アテネで開かれた第一回目となる近代オリンピック大会では公式計時を担当している。以後、スポーツの分野にも活躍の場を広げる。

腕時計においては1926年にR.アムゼンが挑戦した北極海探検を始めとした数多くの冒険旅行に携行されている。’27年にはチャールズ・リンドバーグが行った大西洋無着陸横断飛行にも携行され、苛酷な状況下でも着用可能な航空時計を製造するブランドとして世界的な知名度を獲得したのだった。

こうした輝かしい歴史を持つロンジンは、現在もスポーツ系とドレス系の両方の分野で実に多彩なラインナップを展開している。2017年バーゼル・フェアでは、革新的なクオーツウォッチ コンクエスト V.H.P.を発表。確かな品質とコストパフォーマンスに優れた魅力的なコレクションを展開している。

【創業年】1832年 【創業地】スイス、サンティミエ 【主なシリーズ名】ロンジン マスターコレクション、コンクエスト、ハイドロコンクエスト、ヘリテージコレクション 【問い合わせ先】スウォッチ グループ ジャパン ロンジン事業部 Tel. 0...

現代の技術により磨き上げた、次世代クオーツ。その進化の背景|LONGINES

現代の技術により磨き上げた、次世代クオーツ。その進化の背景|LONGINES

LONGINES|ロンジンVery High Precision。その称号は至高の精度を保証する、自立型腕時計としてこのモデルは、スイス勢のアメリカおよび日本に対抗する言わば“大いなる野望を持った巻き返し”である。正確な時刻を知るだけなら、スマートウォッチ、電波時計やGPSウォッチが先んじているからだ。スマートウォッチとはシリコンバレーに集まるアメリカ勢、一方で電波時計、GPSウォッチを得意とするのは日本勢のことである。何をいまさらクオーツ……ではない。もしもネットワークにアクセスできなかったら、もしも標準電波やGPS信号をキャッチできなかったら、それこそ丸裸のクオーツの精度しか保たれないのだから。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)オーセンティックにその身を包む、機能本位のアナログクオーツLONGINESとは、伝統と気品を輝かせるスイス名門時計メーカーである。このブランドの強みは、スイス最大のムーブメント供給メーカーETA社と最も密接な関係を築いてい...
2018年最注目の次世代クオーツウォッチ「コンクエスト V.H.P.」の着こなし方|LONGINES

2018年最注目の次世代クオーツウォッチ「コンクエスト V.H.P.」の着こなし方|LONGINES

LONGINES|ロンジン2018年最注目の次世代クオーツウォッチ「コンクエスト V.H.P.」の着こなし方2018年1月20日(土)に発売された、LONGINES(ロンジン)の「コンクエスト V.H.P.」は、アナログ時計としては破格となる年差がわずか±5秒という高い精度を誇る新作クオーツモデルだ。さらに、磁場や衝撃を感知すると針を自動補正するGPDシステムや海外の時差を簡単に調整できるスマートクラウンなど、革新的な機能も搭載。インターネットの普及により、かつてないスピードで情報が飛び交う現代に“刻んだ時を報せる”という時計本来の役割へ立ち返った革新的な「コンクエスト V.H.P.」。今回は、祐真朋樹が、ステンレススチールモデル3型とブラックPVDモデル1型の計4本の着けこなし方を2パターンずつ提案する。コンクエストの神髄を捉えた究極のスポーティモデルと、オン・オフ多様なシティライフを楽しむ都会派に向けた着こなしのバリエーションを参考にしてみて...
コンクエスト V.H.P. スペシャルナイトby ロンジン開催決定|LONGINES

コンクエスト V.H.P. スペシャルナイトby ロンジン開催決定|LONGINES

LONGINES|ロンジン新作「コンクエスト V.H.P. ブラックエディション」のローンチを記念するスペシャルナイト創業185周年を迎えたロンジンが、高精度クォーツウォッチの新作「ロンジン コンクエスト V.H.P. ブラックエディション」の発売を記念した特別なイベントを開催する。Text by OZAKI Sayaka2018年も最注目の次世代クォーツ、それがコンクエスト V.H.P.1984年にデビューした高精度クォーツウォッチ「ロンジン コンクエスト V.H.P.」の歴史と伝説を受け継ぐ、年差±5秒という時計界で最高峰のクォーツウォッチコレクションに、新たにブラックのモデルが加えられた。この新作のローンチを記念し、ロンジンが2018年2月16日(金)に「コンクエスト V.H.P. スペシャルナイトby ロンジン」を開催。イベント参加には、特設サイトにて事前申し込みが必要、当選者には招待状が送られる。イベント当日は、新作のお披露目だけでなく、ロンジンがテーマとする時の概念を表...
編集大魔王・祐真朋樹、フランス・シャンティイ競馬場へ行く

編集大魔王・祐真朋樹、フランス・シャンティイ競馬場へ行く

『ロンジン ディアヌ賞』2017開催!初体験!シャンティイ競馬場スイスの高級腕時計ブランドの名を冠する世界最高峰の牝馬限定レース『ロンジン ディアヌ賞(PRIX DE DIANE LONGINES)』がフランス・シャンティイ競馬場で開催。1841年に創設された歴史ある牝馬レースであり、正装した紳士淑女が集い、最もエレガントな装いをした女性のファッションコンテストも開催される一大イベントを、我らが編集大魔王・祐真朋樹が「初」観戦。年に一度、エレガントな華やかさに包まれるという競馬場の雰囲気から、自らが賭けたレースの結果までを詳細にレポート!Photographs by SUKEZANE Tomoki, LONGINES OfficialText by HATAKEYAMA Satokoヨーロッパの貴族や富裕層の歴史的社交の場、『ロンジン ディアヌ賞』へパリメンズコレクションに通い始めてかれこれ30年近く。ランウェイ会場に設定されたパリ近郊の小さな競馬場には行ったことはあっても、本格的...
ロンジン初の日本限定! 研ぎ澄ましたプレミアム“ブラックアウト”|LONGINES

ロンジン初の日本限定! 研ぎ澄ましたプレミアム“ブラックアウト”|LONGINES

LONGINES|ロンジンブラックonブラックで格上の存在感を引き出した「ハイドロコンクエスト」限定アイテム創業185年を迎えたロンジンが、日本のユーザーに向けた500本のみの限定モデル「ハイドロコンクエスト“ブラックアウト”日本限定モデル」をリリース。スタイリッシュかつスポーティなデザインに、漆黒を纏ったモダンスタイルは、今夏、注目モデルとなること必至だ。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)かつてない黒艶が、TOKYOセレブリティたちを魅了「ハイドロコンクエスト」は、30気圧(300m)の防水性、ねじ込み式リューズやケース、そしてリューズの保護パーツなど、スポーツに情熱を持ちアクティブなライフスタイルを過ごす人々のためのハイパフォーマンスモデルだ。そのハイドロコンクエストをブラックPVDで包み込み、ブラックセラミック製ベゼルを装着するなど、黒にこだわり抜いた。シェイプされたブレスレットや、通常より蓄光性が高いスーパールミノヴァを塗布するなど、ディテー...
BASELWORLD2017 からの新作時計を日本国内で初披露|SWATCH GROUP

BASELWORLD2017 からの新作時計を日本国内で初披露|SWATCH GROUP

BREGUET|ブレゲBLANCPAIN|ブランパンGLASHÜTTE ORIGINAL|グラスヒュッテ・オリジナルJAQUET DROZ|ジャケ・ドローOMEGA|オメガLONGINES|ロンジンSWATCH|スウォッチ『ニコラス・G・ハイエック センター BASEL 新作時計展 2017』2017年5月20日(土)~5月31日(水)開催スウォッチ グループ ジャパンは、ウォッチブティックとカスタマーサービスが集結する日本で唯一の“時のランドマーク”となる、ニコラス・G・ハイエック センターにて、5月20日(土)より「ニコラス・G・ハイエック センター BASEL 新作時計展 2017」を開催する。TEXT by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)東京・銀座にて、年に一度の希少な『時の祭典』「ニコラス・G・ハイエック センター BASEL 新作時計展 2017」とは、2017年3月にスイス・バーゼルにて開催された世界最大の時計宝飾展「バーゼルワールド2017」で発...
乗馬、体操、テニス。多種目公式タイムキーパーの矜持、年差±5秒の高精度|LONGINES

乗馬、体操、テニス。多種目公式タイムキーパーの矜持、年差±5秒の高精度|LONGINES

LONGINES|ロンジン他のデバイスに頼らず時計本来の自立した機能を高めることで超高精度を実現(1)ロンジンが発表した2017年の大型新作は「コンクエストV.H.P.」。ETAとの2年越しの共同開発期間を経て、超高精度エクスクルーシブムーブメントの完成を見たのである。ロンジンが公表する値は、年差±5秒以内。この貴重な最新ムーブメントをもったいぶることなく、当初から量産ベースに載せてくるところがロンジンらしい潔さである。TEXT by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)1969年の雪辱を晴らすVery High Precision(超高精度)世界初の腕時計型クオーツを発売したのは日本のセイコーである。しかし時を同じくして、ロンジンもまたクオーツの腕時計を開発していた。「私たちが1969年に発表したモデルが『ロンジン ウルトラクオーツ』。このモデルは発表こそ先んじましたが、実際にお客さまのもとに製品をお届けできたのはそれから3年後だったのです。この間、日本のセイコーは...
究極のクォーツ登場。クォーツの新しい未来へ|LONGINES

究極のクォーツ登場。クォーツの新しい未来へ|LONGINES

LONGINES|ロンジン最も正確でインテリジェントなクォーツウォッチロンジン「コンクエストV.H.P.」(1)2017年3月23日から30日まで、スイス第3の都市・バーゼルで開催された世界最大の時計宝飾見本市「バーゼルワールド2017」。1832年にスイスのサンティミエで創業したロンジンは、このフェアのちょうど2週間前の3月9日、スイスのヌーシャテル(ニューシャテル)天文台で、世界各国からジャーナリスト&インフルエンサー約100名を招いて、画期的な新技術を搭載した超高精度クォーツウォッチ「コンクエスト V.H.P.コレクション」の発表会を開催した。日本から参加・取材したひとりとして、ロンジンがバーゼルワールド直前に新作発表会を開催した理由、その模様とこのモデルの概要をお伝えする。Photographs & Text by SHIBUYA Yasuhito(Office Nomad)「バーゼルワールド2017」に先駆け伝説の地、ヌーシャテルで発表!発表会場となったヌーシャテ...
「ロンジン」のエレガントなウォッチコレクションを着崩す|LONGINES

「ロンジン」のエレガントなウォッチコレクションを着崩す|LONGINES

LONGINES|ロンジン「ロンジン」のエレガントなウォッチコレクションを着崩すスイス・サンティミエを拠点に、“エレガンス”、“伝統”、“パフォーマンス”をテーマに時計作りを続けてきたウォッチブランド「LONGINES(ロンジン)」は、今年創業185周年を迎える。数多くの世界的なスポーツイベントのタイムキーパーとして、また国際的なスポーツ連盟のパートナーとしても長い経験を持ち、美しくエレガントなタイムピースを生み出すことでも名高い。今回は祐真朋樹・弊誌編集大魔王が、ロンジンのコレクションの中から「ロンジン マスターコレクション」「ラ グラン クラシック ドゥ ロンジン」「コンクェスト」の3シリーズ、計9本のウォッチの付けこなし術を提案する。ファッションに合わせて時計も着替えてみてはいかがだろうか。Direction and Styling by SUKEZANE TomokiPhotographs by YABUKI Takemi (W)Hair...
61 件