CARTIER

160年以上にわたり、独創性と独自のスタイルにより、その昔は王侯貴族から、いまはエレガンスを愛する世界中のひとから愛されるカルティエ。「パンテール ドゥ カルティエ」や「トリニティ ドゥ カルティエ」をはじめとする象徴的なジュエリーにはもちろん、創業時から貫かれた伝統と革新の精神は時計づくりにも反映されている。

なかでも、懐中時計全盛期の1904年、ブラジル人飛行家アルベルト・サントス-デュモンから「飛行中に操縦桿から手を離さずに時間を確認できる時計がほしい」との要望に応えて誕生した「サントス ドゥ カルティエ」は、実用的な初の男性腕時計として、歴史にその名を刻む。

このほかにも、戦車の平面図から着想を得て1917年に誕生し、ウォッチメイキングの世界に衝撃を与えることとなった究極のシンプリシティを極めたスクエアフォルムの「タンク」など、その美しきタイムピースたちは時代の要求に応じてバリエーションを生みつつ、不変の機能美をたたえるというメゾンの世界観が投影されている。

2008年にはSIHHにて自社ムーブメント搭載モデルを発表し、今日まで数多くの類稀なムーブメントを制作。時計業界においてマニュファクチュールとしての地位を確立した。今後もジュエラーならではの優美さと、革新的な高い技術で人びとを魅了するタイムピースの発表が期待されている。

【創業年】1847年 【創業地】フランス・パリ 【主なシリーズ名】サントス ドゥ カルティエ、タンク、パシャ ドゥ カルティエ、ベニュワール、バロン ブルー ドゥ カルティエ、カリブル ドゥ カルティエ 【問い合わせ先】カルティエ カスタマー サービスセンター free15 0120-301-757

1980年代を華々しく飾った、パンテール ウォッチが再び|CARTIER

1980年代を華々しく飾った、パンテール ウォッチが再び|CARTIER

CARTIER|カルティエ官能的なブレスレット形状がシャープな煌めきを作り出す伝説のウォッチとして一世を風靡した「パンテール ドゥ カルティエ」が再び現代に甦った。30年以上を経ても新鮮さをまったく失っていないデザインは、本物の証である。ブレスレットのコマひとつひとつが洗練された丸みを帯び、獲物を捉えた豹がしなやかなに跳躍する姿を彷彿とさせるエレガントさは、他に代わるものがない。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)もはや宝石要らずの輝き、そして圧倒的な存在感いま女性たちが求めているのは、この強さである。他人に媚びず、自立した美しさを奏でる気高さ。レス・イズ・モア。その潔さの表明は、ノンジュエルモデルに着目すると明白である。直方体で形成されたブレスレットは、しなやかさをアピールするべく丸みを帯び、美しく光を反射する。5連形状により腕にフィットして、まるで誂えたアクセサリーのようである。正方形のケースはデザイン的であり、有機的でもある。ローマ数字の力強いイ...
4フロアからなるカルティエ 銀座ブティックがグランドオープン|CARTIER

4フロアからなるカルティエ 銀座ブティックがグランドオープン|CARTIER

Cartier|カルティエ「カルティエ 銀座ブティック」がグランドオープンCARTIER(カルティエ)が、9月28日に「カルティエ 銀座ブティック」をグランドオープンした。ブティックは4つのフロアで構成され、ジュエリーやウォッチのほか、メゾンの神髄ともいえるハイジュエリーピースを多く展示。国内におけるハイジュエリーの新たなるデスティネーションとして注目を集める。Text by SHIMOJO Shingo日本文化を随所に感じさせるラグジュアリーな空間新たにオープンした「カルティエ 銀座ブティック」は、世界各地のブティックの内装を手掛けるブルーノ・モワナーがデザインを担当。フランス上流階級の個人邸宅に見られる建築・装飾要素と、ゲストをもてなす伝統をコンセプトに、日本文化を感じさせるモダンなしつらえとなっている。カルティエのプレジデント & チーフエグゼクティブオフィサーのカルロ・ガリリオは「アジアにおいて、ここ以上カルティエのサービスホピタリティ、そしてお客様体験に対する我々のビジョ...
カルティエが「クレ ドゥ カルティエ」のSSモデルを限定店舗で先行発売|CARTIER

カルティエが「クレ ドゥ カルティエ」のSSモデルを限定店舗で先行発売|CARTIER

CARTIER|カルティエ「クレ ドゥ カルティエ」のSSモデルを限定店舗で先行発売2015年4月の発売以来、注目を集めているCARTIER(カルティエ)のウォッチ コレクション「クレ ドゥ カルティエ」の待望のSS(ステンレススティール)モデルが、7月1日(金)より、4つの路面店とeブティックで先行発売される。Text by OPENERS全国発売9月に先駆けて、一足早く手に入れることができるカルティエの歴史に貫かれる創造と革新の精神。その精神は数々の技術的な進歩をもたらし、多くの斬新なフォルムを生み出してきた。「サントス」「タンク」「バロン」に続く、4つ目のアイコンウォッチとなるべく誕生したタイムピース「クレ ドゥ カルティエ」。無駄をすべてそぎ落としたシンプル&コンテンポラリーなデザインは、普遍的なエレガンスと気品を湛え、確かな存在感を呈している。2015年4月の発売以来、注目を集めているウォッチ コレクション「クレ ドゥ カルティエ」。ゴールド素材のプレシャスモデルやSG(...
カルティエ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|CARTIER

カルティエ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|CARTIER

CARTIER|カルティエメンズモデルへの新たな挑戦(1)2016年1月18日、高級時計メゾンが一堂に介して開催される見本市、SIHH(通称、ジュネーブサロン)が、いよいよ開幕した。新しく多数の優れた技術を持つブランドが参加するなど、話題の多いなか、去年に引き続いて、新しいコレクションをリリースするなど、カルティエの精力的な動きには、開幕早々、大いに注目させられた。Text by KAWADA Akinori新コレクション「ドライブ ドゥ カルティエ」男のための時計。2016年のSIHHのために、カルティエが用意していた腕時計「ドライブ ドゥ カルティエ」は、文字通りそんな時計である。それは、本能に忠実で、活動的、それでいてエレガントなスタイルを持つ。緩やかで流麗なカーブを描くヘキサゴン(八角形)のベゼルとクッション型ケースの組み合わせは、1930〜40年代を彷彿とさせるレトロさを漂わせつつ、ダイナミックと優雅さを兼備する。まさに本能のままに自由に生きる男の腕にふさわしいスタイリン...
松岡モナがカルティエのダイヤモンドの魅力を多彩に表現|CARTIER

松岡モナがカルティエのダイヤモンドの魅力を多彩に表現|CARTIER

CARTIER|カルティエ新作ムービーローンチを記念したイベントにて松岡モナがカルティエのダイヤモンドの魅力を多彩に表現カルティエが新作ムービーのローンチを祝してスペシャルイベントを東京で開催した。ムービーが描き出す新しいカルティエ ダイヤモンドの世界観の象徴として、モデルの松岡モナによるライブフォトシューティングを実施。会場を大いに盛り上げつつ、その魅力を伝えた。 Photographs by ITO Akinori (aosora), masayukisaito, Cartier Text by ANDO Sara (OPENERS)女性の光り輝く運命をダイヤモンドに重ねる「カルティエ ダイヤモンド」の魅力を伝える新作ムービーの公開を記念して、カルティエは昨年11月に東京・天王洲でドレスアップした大勢のゲストを集めたスペシャルイベントを開催した。パーティ会場では、次なる日本発のトップモデルとして世界での活躍が期待される松岡モナのライブフォトシューティングを実施。フォトグラファー...
カルティエが2016年新作を早くもお披露目|CARTIER

カルティエが2016年新作を早くもお披露目|CARTIER

CARTIER|カルティエカルティエが2016年新作を早くもお披露目(1)年末は、年明けにジュネーブで開催されるSIHH(ジュネーブサロン)に参加する高級時計メゾンにとっては、重要な期間である。SIHHで登場するするモデルをいち早くお披露目することで、2016年を占うメゾンもあるからだ。そんななか、カルティエが、創造性にあふれる新作をリリースした。Text by KAWADA Akinori工房の実力を表現するムーブメントを搭載高級メゾンがスイス・ジュネーブで会し、その年の新作を発表する、時計の見本市SIHH。腕時計の最新トレンドを決定づける一大イベントに向けて、各ブランドとも準備に余念がない。会期が間近なこともあって、新作を先行してお披露目するブランドが増えてくる時期だ。SIHHの中心プレーヤーであるカルティエが先陣を切るように、1月にお目見えする新作の一部を先行してリリースした。ひとつは機械式腕時計を目で楽しめるスケルトンウォッチであり、もうひとつは詩的なストーリー性にあふれる...
「カルティエ ダイヤモンド」新作ムービー公開|CARTIER

「カルティエ ダイヤモンド」新作ムービー公開|CARTIER

CARTIER|カルティエ「カルティエ ダイヤモンド」新作ムービー公開カルティエが、オフィシャルサイト内で「カルティエ ダイヤモンド」の新作ムービーを公開した。スーパーモデルや歌手として活躍するカレン・エルソンを主演に迎え、ダイヤモンドとともに輝く女性の人生や喜びの瞬間を描き出した。Text by ANDO Sara (OPENERS)女性ならだれもが憧れるダイヤモンドの世界観グレース・ケリー、エリザベス・テイラー、キャサリン妃……。歴史とともに多くの女性たちを彩り、そして愛され続けてきたカルティエのダイヤモンド。身につけるひとに自信を与え、自由で大胆な理想の女性像に近づけてくれる魔法の力を持っている。今回制作したショートムービーにはスウェーデン人監督、ヨハン・レンクを起用。パリを舞台に、カルティエのダイヤモンドを身につけた瞬間にあふれ出すさまざまな感動やよろこびをきらびやかに表現した。©Johan Renck主演は、世界的に活躍するスーパーモデルで歌手のカレン・エルソン。彼女の美...
男の遊び心を刺激する新作「ロンド クロワジエール ドゥ カルティエ」|CARTIER

男の遊び心を刺激する新作「ロンド クロワジエール ドゥ カルティエ」|CARTIER

CARTIER|カルティエ男の遊び心を刺激する新作時計コレクションカルティエは、クラシックなデザインでエレガントでありながら、スポーティーな装いと100m防水を備えた新コレクション「ロンド クロワジエール ドゥ カルティエ」を発売した。Text by Hirumaxクルージングにインスピレーションを得て誕生たとえば、ニューヨーク州ハンプトン、フランスドーヴィルといったリゾート地で楽しむクルージングのように、贅沢で開放的、新鮮で非日常的な時間と空間は、男性の遊び心を刺激し、大胆にしてくれる。カルティエの新コレクション「ロンド クロワジエール ドゥ カルティエ」は、クルージングからインスピレーションを得て誕生した。「クロワジエール」とは、フランス語でクルージングを意味する言葉だ。文字盤に施されたギョーシェ模様やローマ数字、カボションをあしらったリューズ、文字盤外周に刻まれた伝統のレイルウェイ分目盛りなど、「ロンド クロワジエール ドゥ カルティエ ウォッチ」は、カルティエの伝統あるデザ...
カルティエの芸術的なレアピース|CARTIER

カルティエの芸術的なレアピース|CARTIER

CARTIER|カルティエカルティエの芸術的なレアピース(1)2009年以降、完全自社開発による複雑時計を毎年発表して時計愛好家を虜にし、ジュエラーとしてはもちろんのこと、ウォッチメーカーとしても頂点を極めているカルティエ。そのクリエーションの勢いは止まらない。2015年9月30日〜10月3日に開催された香港の「WATCHES & WONDERS2015」でも新しい複雑時計が公開された。Photographs & Text by SHIBUYA Yashihitoミステリアスな時を演出歯車などの伝達機構は一切見えない。まるで魔法のように空間に浮かんだ状態の時分針が、時間の経過とともにそれぞれ動いて時刻を表示する。1912年に天才時計職人モーリス・クーエと共同で開発した「ミステリークロック」」は、時計の歴史に燦然と輝くカルティエの名作のひとつだ。このミステリアスなメカニズムを最新のウォッチメイキングの技術を使い、腕時計で実現したのが、2013年に発表された「ロトンド ...
新コレクション「クレ ドゥ カルティエ」コンビモデル発売開始|CARTIER

新コレクション「クレ ドゥ カルティエ」コンビモデル発売開始|CARTIER

CARTIER|カルティエクレ ドゥ カルティエにバリエーション登場2015年のSIHHで、まったく新しいコレクションとして発表され、4月に発売されたばかりの「クレ ドゥ カルティエ」。独特のオーバル型のケースと「鍵」をイメージさせるスクエアスタイルのリューズにより大きな人気を呼んでいる。この「クレ ドゥ カルティエ」にスタイリッシュなコンビモデルが発売開始された。Text by KAWADA Akinoriステンレススティールとゴールドでさりげないラグジュアリー感を演出2015年のSIHHで発表され、4月の発売以来、評判も上々な「クレ ドゥ カルティエ」。スクエアの「サントス」、レクタンギュラーの「タンク」、ラウンドの「バロン ブルー ドゥ カルティエ」に続く、アイコニックなデザインのコレクションとして船出した。モデル名の「クレ(clè)」は、フランス語で“鍵”を意味しており、ブルーのカボションを配したスクエアスタイルのリューズからインスパイアされた名だ。このリューズを引き出して...
130 件