レクサス RX 仕様を一部改良|Lexus

レクサス RX 仕様を一部改良|Lexus

Lexus RX|レクサス RXレクサス RX 装備を一部改良レクサスは、SUVモデル「RX」の装備を一部改良すると発表した。8月1日より、販売を開始する。Text by OKADA Kazuyuki(OPENERS)高速走行時の安全装置が標準装備に今回の一部改良では、高速道路上などに設置されたITSスポットと、双方向通信を行うITSスポット対応DSRCユニットを、全車に標準装備した。ITSスポットによるサービスは、ナビゲーションと連動し、画像や音声で前方の障害物情報や合流支援情報などを提供。より早い段階で、危険を察知する事を可能とした技術だ。エクステリアでは、RX450h、RX350で選択可能な“F SPORT”に、専用のボディカラー“ホワイトノーヴァ ガラスフレーク”を設定。そのほか、すべてのグレードのヘッドライトに、デイライト機能付のLEDクリアランスランプが搭載された。インテリアカラーには、サドルタン、ガーネットを含む、全4色が設定される。また、RX450h“version...
新型RX、ニューヨークでデビュー|Lexus

新型RX、ニューヨークでデビュー|Lexus

Lexus RX|レクサス RX新型RX、ニューヨークでデビューレクサスは、ニューヨークオートショーにおいて、予告通りフルモデルチェンジを果たした新型「RX」を発表した。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)ルーフが浮いたようにみえるデザイン現地時間の4月1日にプレスデイを迎えたニューヨークオートショーで、レクサスはSUVモデル「RX」の新型を発表した。1998年にアメリカで登場してから第4世代を迎えたSUVのフルモデルチェンジだ。今回発表されたのは、3.5リッターV型6気筒直噴エンジンを搭載した「RX350」と、排気量はおなじく3.5リッターとするV型6気筒アトキンソンサイクルエンジンに電気モーターを組み合わせたハイブリッドモデル「RX450h」。出力など細かいスペックは未公開ながらも、いずれも300ps前後になるという。エクステリアデザインは、「RC」や「NX」など最近のレクサスにみられるように、深い凹凸でマッシブさを表現。レクサスの象徴ともい...
LEXUS RXシリーズにRX270を新設定

LEXUS RXシリーズにRX270を新設定

LEXUS RX270|レクサス RX270RXシリーズにあらたに設定されたRX270レクサスは、同ブランドの真価を凝縮したともいえる環境性能をより高次まで実現し、燃費、加速ともにグレードアップを図ったRX270を新設定した。text by OPENERS2.7リッターエンジン 1AR-FEを国内初搭載RX270は、SUVの高い実用性をもつRXシリーズに環境性能、動力性能を高次元で両立する2.7リッターエンジン 1AR-FEを国内初搭載し、クラストップレベルの低燃費とともに力強い加速も実現。Super ECTとの組み合わせで、10.15モード燃費10.4km/ℓとした。これは省エネ法に基づきさだめられている燃費目標基準を15パーセント上まわり、国土交通省より低排出ガス車としての認定を取得している。これにより同車は、「環境対応車 普及促進税制」の対象となり、自動車取得税と自動車重量税が50パーセント減税される。元来レクサスがもっていた優雅さ、力強さに高い環境性能がくわわり、より運転し...
LEXUS New Creation

LEXUS New Creation

LEXUS 「Art Works」|レクサスレクサスに誕生したあらたなクリエーション「Art Works」レクサスの理念のひとつである「クルマと彩られる豊かな時間」。それをかたちとしてあらわした「Art Works」。あらたな製品のカラーバリエーションの発表とともにイベントが開催される。text by OPENERS時間のうつろいをクルマとともにレクサスにあらたなクリエーション「Art Works」が誕生した。このプロジェクトはレクサス×アートを媒介に、クルマを眺め、乗り込み、すごすという一連の「時間のうつろい」を表現することを目的としている。レクサスのもつ「かけがえのない時間こそが本当の豊かさである」という理念がスペインの新進気鋭のデザイナーデュオ ストーンデザインズのそれと合致し、今回のコラボレーションがうまれた。「Color of Time(時間という彩り)」をコンセプトに、時間帯ごとの光の変化をISは朝(フレッシュブルー)、RXは昼(カームレッド)、GSは夕暮れ(テンダーブ...
レクサス、新型RXの登場を予告|Lexus

レクサス、新型RXの登場を予告|Lexus

Lexus RX|レクサス RXレクサス、新型RXの登場を予告4月1日のプレスデイで開幕する、ニューヨーク オートショー(NYIAS)において、レクサスは新型「RX」を発表すると予告し、ティーザーを展開している。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)4代目に進化レクサスは、ニューヨークオートショーにおいて4代目となる新型「RX」を発表する。レクサスRXは、SUVのもつ無骨なイメージを拭い去りスタイリングを重視したプレミアムSUVとして1998年にデビュー。日本ではこの初代から2代目までをトヨタ「ハリアー」として販売していたが、2008年の3代目へのモデルチェンジを機にレクサスRXとして販売を開始、2012年にはスピンドルグリルを与えるマイナーチェンジなどがほどこされている。新型について、現在はボディサイドの画像1枚のみが公開されているが、歴代のRXみられる、なだらかに下がるリアハッチのラインにくわえ、押し出しの強いプレスライン、そしてブランドの頭文...
レクサスRX450hに試乗|LEXUS

レクサスRX450hに試乗|LEXUS

LEXUS RX450h|レクサス RX450hレクサス RX450hに試乗スピンドルグリルを獲得するとともに、よりエモーショナルにモデルチェンジを果たしたという、レクサスブランドのSUV「RX」に小川フミオ氏が試乗した。Text by OGAWA FumioPhotograhs by MOCHIZUKI Hirohikoアグレッシブなルックスを獲得レクサスのSUV、「RX」がマイナーチェンジを受けた。眼目はスピンドルグリルと呼ばれるレクサスの新アイデンティティを与えられた外観と、操縦性の向上。さらに「Fスポーツ」と名づけられたスポーティバージョンにも注目だ。RXのなかでも大きな柱になるハイブリッドモデルは、従来に引きつづき、「RX450h」とよばれる。3.5リッター6気筒ガソリンユニットに電気モーターを組み合わせたパワープラントを搭載し、システム全体で200kW (299ps)を発生する。「E-Four」と呼ばれる4輪駆動システムを採用しており、後輪を駆動するのは電気モーター。「...
LEXUS GS & RX―スピンドルグリルとともにセカンドステージへ

LEXUS GS & RX―スピンドルグリルとともにセカンドステージへ

LEXUS GS & RXスピンドルグリルとともにあらたなステージへ日本発「真のグローバルプレミアミムブランド」を目指し、レクサスのあらたなステージを切り開くことを使命とする入魂のモデル「GS」。そのフロントグリルには、コンセプトモデル「LF-Gh」で提示された「スピンドルグリル」が、レクサスのあらたなる象徴として採用されている。おなじくスピンドルグリルが与えられ、操縦性能を向上させた「RX」とともに、最新レクサスの試乗記をお届けしよう。レクサスGS アウトバーンをゆく日本の公道では知ることのできない時速200kmオーバーの世界における、新型レクサスGSの実力はいかなるものなのか。そして、欧州における、その存在感とは。GS450hとGS250を欧州から紐解く、異例のインプレッションが到着!レクサス RX450hに試乗レクサスの「RX」がマイナーチェンジ。眼目はスピンドルグリルと呼ばれるレクサスの新アイデンティティを与えられた外観と、操縦性の向上。さらに「Fスポーツ」と名づけ...
Car
22 件