BALL WATCH

アメリカ・クリーブランドで宝石店を営んでいたウェブスター・クレイ・ボールは、アメリカに標準時が導入された1880年代より、高精度のクロノメーターウォッチを仕入れ、いち早く正確な時間を人々に提供した。

ちょうどその頃アメリカでは、鉄道員が携帯する時計の遅れから、列車事故が多発していた。鉄道会社は問題解決に乗り出し、高精度時計の知識が豊富なウェブスター・クレイ・ボールに、鉄道時計のシステム作りを依頼する。

彼は、すぐにワシントン標準時に合わせた時計の携帯を義務づけるなど、細かな基準を規定した「ボール・スタンダード」を考案する。これにより鉄道の安全性は飛躍的に高まったといわれる。その後、鉄道時計を製造する会社を設立し、本格的にオリジナルウォッチの開発に着手した。

現在も、どんな苛酷な環境でも“正確に時を刻む”をモットーに、数多くのタフネスウォッチを手掛けるボール・ウォッチ。なかでも極寒の深海にも対応した「エンジニア・ハイドロカーボン」は、究極の耐久性能を備えたハイスペックモデルとして、同社の代表作に挙げられている。

また、自発光型の夜光塗料をガラスチューブに封入した「マイクロガスライト」の技術で評価が高く、現行モデルのほぼすべてに採用されている。

【創業年】1891年 【創業地】アメリカ、クリーブランド 【主なシリーズ名】エンジニア・ハイドロカーボン、トレインマスター 【問い合わせ先】ボール ウォッチ・ジャパン Tel. 03-3221-7807

公式サイト:http://www.ballwatch.com/

ムーンフェイズとタイドグラフを搭載するアウトドアウオッチ|BALL WATCH

ムーンフェイズとタイドグラフを搭載するアウトドアウオッチ|BALL WATCH

BALL WATCH|ボール ウォッチ潮の満ち引きと月相を、暗闇で浮かび上がらせる「ムーンナビゲーター」ボール ウォッチ独自のテクノロジーを搭載し、優れた耐衝撃性、耐磁性、防水性、視認性を備えたハイエンドクラスのコレクション「エンジニア・ハイドロカーボン」に、ムーンフェイズとタイドグラフ表示を兼備した「ムーンナビゲーター」が登場した。Text by OZAKI Sayakaアウトドア派必携。独自技術を搭載したタフネスウオッチ実用性に富む機械式時計を展開するボール ウォッチのフラッグシップ・コレクション「エンジニア ハイドロカーボン」シリーズより、ムーンフェイズとタイドグラフを搭載した「ムーンナビゲーター」がリリースされた。ムーンフェイズ機構は、ディスクの下に組み込まれたボール ウォッチ独自の自発光マイクロ・ガスライトによって、暗闇においても神秘的な月の満ち欠けが浮かび上がる。また、タイドグラフ機能では、2週間分の曜日を表示するインナーディスクと両回転アウターベゼルを組み合わせ、あら...
80,000A/mの高耐磁性を実現したダイバーズ「サブマリン ウォーフェア」|BALL WATCH

80,000A/mの高耐磁性を実現したダイバーズ「サブマリン ウォーフェア」|BALL WATCH

BALL WATCH|ボール ウォッチ時計業界初の「ミューメタル」を採用したタフネス・ダイバーズ堅牢で信頼性に富む、プラクティカルな機械式時計を展開するボール ウォッチのフラッグシップ・コレクション「エンジニア ハイドロカーボン」より、「サブマリン ウォーフェア」が2018年12月に全国の正規販売店にて取り扱い開始予定だ。Text by OZAKI Sayakaミューメタル製耐磁インナーケースでムーブメントをフルカバーアメリカを創業地とするボール ウォッチでは過去に、南北戦争時代に開発された潜水艇の名を持つ「アリゲーター」、アメリカ海軍最初の潜水艦「ハンレー」など、深海での使用を目的としたダイバーズウオッチを開発してきた。2018年12月にリリースされる「サブマリン ウォーフェア」は“潜水艦”を意味し、従来モデルよりも視認性や耐磁性にこだわり開発された。精悍なマットブラック文字盤、シンプルなシンメトリック・デザイン、反射防止処理済みのサファイアガラスは視認性を高め、時計内部のムーブ...
パソコンやスマホにも安心。ビジネスシーンに欠かせない耐磁性能を大幅向上|BALLWATCH

パソコンやスマホにも安心。ビジネスシーンに欠かせない耐磁性能を大幅向上|BALLWATCH

BALLWATCH|ボール・ウォッチ80,000A/m(1000ガウス)もの耐磁性能を備えた日本限定・純白の「エンジニアⅡ マーベライト」ビジネスマンに人気の「エンジニアⅡ マーベライト」に、耐磁性能を高めた新モデルが登場。これを記念し、純白ダイアルの日本限定アイテムが3月より発売を開始する。Text by KOIZUMI Yoko現代においても変わらぬ正確さへの並々ならぬこだわり19世紀、アメリカで高精度の代名詞となる“鉄道標準時計”の規定を作り上げたウェブスター・クレイ・ボール。彼が創業した「BALL」は、正確な時間管理にこだわり続けた思いを、スイスに本社を移したいまも受け継いでいる。そして現代社会において、時計の精度に影響を及ぼすものとして挙げられるのが磁気だ。パソコンやスマホなどは強い磁気を発生するものとして知られているが、これらに囲まれるビジネスパーソンにとって、耐磁性能はことさら重要な意味を持つ。そこでBALLWATCHは、高い性能を備えたエントリーモデルとして人気を博...
日本限定モデル「キャノンボールⅡジャパンリミテッド」をリリース|BALL WATCH

日本限定モデル「キャノンボールⅡジャパンリミテッド」をリリース|BALL WATCH

BALL WATCH|ボール ウォッチ洗練されたレトロスペクティブデザインと堅牢性を兼備した、プラクティカルなタイムピース堅牢かつ高精度な時計を世に送り出してきたボール ウォッチより、懐中時計を思わせるクラシカルなデザインを特徴とし、モダンな性能を融合させた日本限定モデルがリリースされた。Text by OZAKI Sayaka洗練された回顧デザインに、タフ機構を搭載19世紀、ボール ウォッチがアメリカの公式レイルロードウォッチに採用された歴史を伝えるトレインマスターコレクションに、日本限定のモデル「キャノンボールⅡジャパンリミテッド」が加えられた。「キャノンボールⅡジャパンリミテッド」は、デイトカレンダーを外したエナメルダイアルの外周部にカービングを施し、ドレッシーなクロノグラフをさらに洗練した雰囲気へと昇華させている。またデザインはクラシカルでも、このモデルは鉄道時計としての堅牢性と実用性を備えている。衝撃によるひげゼンマイの変形や絡みを防ぎ、時計が止まるリスクを大幅に減少させ...
「エンジニアハイドロカーボン ブラック」の日本限定モデルをリリース|BALL WATCH

「エンジニアハイドロカーボン ブラック」の日本限定モデルをリリース|BALL WATCH

BALL WATCH|ボール ウォッチゴツさが、もはやフルスロットル!ジャパンオリジナルのブラックセラミックベゼル付き堅牢で信頼性のある機械式時計を展開するブランド、ボール ウォッチが「エンジニアハイドロカーボン ブラック」の日本限定モデルを、2017年11月より発売開始している。Text by YOSHIDA Miho過酷な環境においても時を刻み続ける“タフネス・オブ・タフネス”この限定モデルは、ボール ウォッチのフラッグシップコレクションである「エンジニアハイドロカーボン」のひとつ。軽量で耐傷性が高く、使い勝手の良いDLCチタンケースと、セラミックベゼルをポイントにした精悍なオールブラックデザインを特徴とする。従来のカジュアルなデザインとは異なり、真面目でストイックな日本男性をイメージした、日本オリジナルのデザイン。スッキリとした印象を与えるため、デイト表示を敢えて外し、リュウズ位置をレフトサイドへとシフト。幅広のバーインデックスを採用することで武骨な男らしさを表現している。ま...
嵐が過ぎ去りし後の爽やかな空をモチーフにした日本限定モデル|BALL WATCH

嵐が過ぎ去りし後の爽やかな空をモチーフにした日本限定モデル|BALL WATCH

BALL WATCH|ボール ウォッチ「ストークマン ストームチェイサー プロ」に日本限定デザインとしてMOPダイアルを初搭載テレメーター付きのプロフェッショナル・クロノグラフにマザー・オブ・パールのダイアルを採用。タフで頼りがいのある頑強スペックはそのままに、個性的で爽やかなエレガントさを加えている。Text by YOSHIDA Miho個体ひとつひとつ質感が異なる、1点モノのようなプレミアム感日本ではあまり馴染みのない「ストームチェイサー」という職業。嵐(ストーム)を追跡(チェイス)する彼らの目的は、学術的なデータ収集や、恐ろしくも美しい自然のパワー溢れる衝撃的な映像を撮るなどさまざまである。2014年、そんな彼らのためにボール ウォッチが手掛けたのが、テレメーター付きのプロフェッショナル・クロノグラフ「ストームチェイサー プロ」。このモデルの視認性の高さと上質なデザインは、日本においても人気を博している。そして今回リリースする、マザー・オブ・パールダイアルを採用した日本限定...
ボール ウォッチ|BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報|BALL WATCH

ボール ウォッチ|BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報|BALL WATCH

BALL WATCH|ボール ウォッチハイスペックで知られる時計ブランドタフな機械式腕時計の可能性を追求(1)“タフ・アンド・ディペンダブル”(タフで頼りになる)をコンセプトに掲げ、マイクロガスライトを駆使した高い視認性やアメリカの鉄道時計の伝統を受け継ぐ堅牢さを兼備するボール・ウォッチ。耐磁も大きなテーマであり、多くの時計がJIS第1種耐磁に相当する4800A/mの耐磁性をもち、2014年はケースバックのシャッターを閉じると8万A/mの耐磁性を発揮する「エンジニアII マグニートーS」が誕生したばかりだ。今年は、さらにケースの素材に防磁特性をもたせた“ミューメタル・カーバイト”を採用した「エンジニアII ボルケーノ」が誕生。8万A/m以上の強力な耐磁能力を発揮する新素材に大きな注目が集まった。Text by KAWADA Akinoriマルチタイムゾーン表示のタフな航空時計センターに配された時刻表示とGMT針はどちらも、昼夜が明確にわかる24時間表示式。現地時間と本国時間をそれぞ...
17 件