フォルクスワーゲン ポロ ブルーGTに試乗|Volkswagen

フォルクスワーゲン ポロ ブルーGTに試乗|Volkswagen

Volkswagen Polo BlueGT|フォルクスワーゲン ポロ ブルーGTエコもスポーツも満たすコンパクトハッチフォルクスワーゲン ポロ ブルーGTに試乗フォルクスワーゲン「ポロ」に「ブルーGT」がくわわった。ダウンサイジング化された直列4気筒1.4リッターTSIエンジンに、ACTと呼ばれる気筒休止技術をはじめとする最新テクノロジーを組み込み、JC08モードで21.3km/リッターとポロファミリー中もっとも省燃費でありながらも、発生する最大トルクはGTIとおなじ250Nmを誇る。スペック上ではエコとスポーティを兼ねそなえるこのブルーGT、すでに海外試乗記も掲載済みであるが、国内導入を機にあらためて、日本の道で小川フミオ氏がためす。 Text by OGAWA FumioPhotographs by ABE Masaya無理のないエコを実現する、フォルクスワーゲンのテクノロジー燃費と動力性能、ともに“自慢”という、オールマイティな「ポロ ブルーGT」が登場した。市街地で...
プラグインハイブリッド「XL1」などを日本初披露|Volkswagen

プラグインハイブリッド「XL1」などを日本初披露|Volkswagen

Volkswagen│フォルクスワーゲンプラグインハイブリッド「XL1」などを日本初披露フォルクスワーゲン グループ ジャパンは11月22日(金)から東京ビッグサイトで開かれる東京モーターショーでの出展概要を発表した。Text by YANAKA Tomomiワールドプレミアはプレスデー初日となる11月20日に発表今回の東京モーターショーでフォルクスワーゲンが出展するのは17台の車両。1台のワールドプレミアも予定されているが、名称や仕様などはモーターショーのプレスデー初日となる11月20日(水)にアナウンスされるという。日本初公開のなかでも注目なのは、9月のフランクフルトモーターショーで量産車が公開され、その技術とスタイリングで大きな話題となったPHEV(プラグインハイブリッド)「XL1」。わずか0.9リッターの軽油で100kmの走行が可能であり、EVモードでも50kmの走行レンジをもつ2シーターだ。ガルウィングドアをもつボディにはカーボンファイバー強化樹脂を採用することで車重わず...
フェイスリフトした新型ポロ、ついに日本上陸|Volkswagen

フェイスリフトした新型ポロ、ついに日本上陸|Volkswagen

Volkswagen Polo|フォルクスワーゲン ポロフェイスリフトした新型ポロ、ついに日本上陸フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、コンパクトハッチであるポロにクラス最高水準となる安全及び快適装備の搭載などのモデルチェンジをおこない、本日より販売を開始した。 Text by OHTO Yasuhiro更なる安全性と質感の向上を狙ったモデルチェンジフォルクスワーゲンのコンパクトハッチバックである「ポロ」が、5年ぶりとなるモデルチェンジを受けた。今回のモデルチェンジでは、数々の先進安全装備の採用と共に、新開発TSIエンジンの搭載がトピックだ。安全装備には、ミリ波レーダーを用いて前方の車両を検知し、衝突の危険を警告、衝突被害の軽減や回避を行うプリクラッシュブレーキシステム「フロントアシストプラス」と二次衝突を防ぐ「マルチコリジョンブレーキシステム」、ドライバー疲労検知システムなどをクラス初となる全車に標準装備した。さらに、前方の車両との車間をレーダーで監視し、自動的に車間を調整す...
Volkswagen CrossPolo|個性的な魅力をふりまく二代目クロスポロ

Volkswagen CrossPolo|個性的な魅力をふりまく二代目クロスポロ

Volkswagen CrossPolo|フォルクスワーゲン クロスポロ個性的な魅力をふりまく二代目クロスポロフォルクスワーゲン グループ ジャパンは、SUVテイストのスタイリングに、あたらしい1.2リッターTSIエンジンを搭載した新型「クロスポロ」を2010年6月29日より発売した。文=オウプナーズ写真=フォルクスワーゲン グループ ジャパンさらにスタイリッシュに、さらに快適に2006年9月に発売された初代クロスポロ。テーマカラーの“マグマオレンジ”をまとった独特のスタイリングが目をひき、男女問わず人気があるモデルである。日本市場ではポロ全体の販売台数の15パーセントを占め、導入から3年で3500台以上が売れたという。今回の新型は、2009年10月に発売された1.2リッターTSIエンジンを搭載したポロをベースに、先代のクロスポロ同様、ユニークで斬新なデザインが内外装にほどこされている。1.6リッター自然吸気エンジン+6速ATに代わり、低燃費と高い動力性能を併せもつ1.2リッターT...
Volkswagen Polo GTI|新世代のホットハッチ

Volkswagen Polo GTI|新世代のホットハッチ

Volkswagen Polo GTI|フォルクスワーゲン ポロ GTI新世代のホットハッチフォルクスワーゲンはジュネーブモーターショーにて「ポロGTI」を発表した。文=ジラフ走りとエコを両立GTIのルーツと呼ばれる、2代目ポロの「G40クーペ」グレード。このモデルには、スーパーチャージャーエンジンが搭載され、113psを発揮したが、それから24年後に誕生した「ポロGTI」にも強力なエンジンが与えられている。3000rpmから下の領域ではスーパーチャージャー、それ以上の領域ではターボでの過給をおこなう1.4リッター直列4気筒「TSI」エンジンがそれだ。最高出力は180psを誇り、パドルシフト付きの7速「DSG」とのコンビネーションによって、0-100km/h加速6.9秒、最高速228km/hという動力性能を実現する。それでいながら、欧州複合モード燃費は16.64km/ℓ、CO2排出量は139g/kmを達成。まさに走りとエコを両立したモデルに仕上がっている。内外装ともにスポーティ度が...
Volkswagen Polo TSI highline | フォルクスワーゲン・ポロ TSI ハイライン | 軽い身のこなしが特徴の新世代モデル

Volkswagen Polo TSI highline | フォルクスワーゲン・ポロ TSI ハイライン | 軽い身のこなしが特徴の新世代モデル

Volkswagen Polo TSI highline|フォルクスワーゲン・ポロ TSI ハイライン軽い身のこなしが特徴の新世代モデル(1)1.2リッターターボエンジンを搭載したフォルクスワーゲン・ポロが、フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンの手で2010年6月10日に発売された。軽いエンジンの恩恵で軽快さが際だった。文=小川フミオ写真=荒川正幸ダウンサイジングが功を奏し、燃費は20km/ℓ新型ポロは「TSIコンフォートライン」(213万円)と、装備が豊富な「TSIハイライン」(243万円)の2本立てで、従来の1.4リッターエンジン搭載モデルはやがてラインナップから消滅する。ポロはゴルフの下に位置するコンパクトハッチバック。新型は2009年10月に1.4リッター自然吸気エンジンを搭載して登場したが、今回は過給器を装着して、最高出力は20psアップの105ps、最大トルクも43Nm増強されて175Nm(17.8kgm)になっている。「これは1.8リッターエンジンに匹敵する性能」と...
Volkswagen Polo GTI Impression | フォルクスワーゲン ポロ GTI

Volkswagen Polo GTI Impression | フォルクスワーゲン ポロ GTI

Volkswagen Polo GTI|フォルクスワーゲン ポロ GTIファン待望、3代目ポロGTIの真価(1)この5月にフランクフルトからニュルブルクリンクのあいだで開催されたフォルクスワーゲン ポロ GTIの試乗会に島下泰久氏が参加。新世代のホットハッチ、その真価やいかに。文=島下泰久写真=フォルクスワーゲン グループ ジャパン日本人の嗜好にはまったポロGTIポロGTIにとって日本は、非常にプライオリティの高い市場なのだという。ヨーロッパでは、このサイズの高価格・高性能車がニッチな存在に過ぎないことも事実だが、それ以上にいえるのは、ポロGTIのサイズ、パフォーマンス、そしてブランド性といったさまざまな要素が日本のユーザーの嗜好にピタリとハマったということだろう。高い人気が世界販売のなかでのシェアを押し上げているのだ。昨秋より日本導入が開始した新型ポロに追加された、GTIとしては3世代目となる新型の試乗の舞台は、ドイツ・フランクフルト空港からニュルブルクリンクサーキットまでのアウ...
試乗|Volkswagen POLO GTI

試乗|Volkswagen POLO GTI

Volkswagen POLO GTI|フォルクスワーゲン ポロ GTI軽快で力強い走り、ハニカム構造の口をもつ新型GTIの主張(1)フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、2010年9月21日に、179psの高出力、1.4リッターエンジンを搭載するスポーティなハッチバック「フォルクスワーゲン ポロGTI」の日本発売を開始。モータージャーナリストの小川フミオがさっそく試乗した。文=小川フミオ写真=荒川正幸「XDS」新搭載、よりタイトなスポーツシャシー ポロはフォルクスワーゲンの主力に位置づけられる量販車種で、わが国でも、1.2リッターにインタークーラーつきターボチャージャーを組みあわせたTSIコンフォートラインや、車高の高いクロスポロが人気を集めている。そこに追加投入されたポロGTIは、高性能を意味するサブネームGTIの名に恥じない、操縦する楽しさを追求したモデルだ。ポロGTIに搭載される1.4リッターには、インタークーラーつきターボチャージャーが組みあわされ、179psの高出...
Volkswagen Polo|フォルクスワーゲン・ポロ(前編) | ゴルフに通じるオールラウンダー

Volkswagen Polo|フォルクスワーゲン・ポロ(前編) | ゴルフに通じるオールラウンダー

Volkswagen Polo|フォルクスワーゲン・ポロ(前編)ゴルフに通じるオールラウンダーフォルクスワーゲン・グループ・ジャパンが発売した小型車ポロ(203万円)。4メートルを切るコンパクトな全長に、低回転域から豊かなトルクを発生する1.4リッターエンジンを組み合わせた4ドアハッチバック。作りのよさと経済性を併せ持った高品質のドイツ車だ。文=小川フミオ写真=河野敦樹10・15モード燃費は17km/ℓベストセラー、ゴルフの下に位置するのがポロ。サイズやエンジンなどがひと回り小さく、市街地での使い勝手などを重視するユーザーに広く受け入れられている。「デザイン、品質、環境性能、安全性、機能性、快適性のすべてを高いレベルでコンパクトなボディに凝縮」と輸入元のフォルクスワーゲン・グループ・ジャパンがするように、ゴルフに通じるオールラウンダーぶりが魅力だ。最新のポロは経済性も見逃せない特徴だ。小型1.4リッターエンジンに、高速でエンジン回転数を低く抑えるなど低燃費走行に寄与する7段ギアボッ...
Volkswagen Polo|フォルクスワーゲン・ポロ(後編) | 小さくてもジャーマンクオリティ

Volkswagen Polo|フォルクスワーゲン・ポロ(後編) | 小さくてもジャーマンクオリティ

Volkswagen Polo|フォルクスワーゲン・ポロ(後編)小さくてもジャーマンクオリティフォルクスワーゲン・グループ・ジャパンが発売した小型車ポロ(203万円)。4メートルを切るコンパクトな全長に、低回転域から豊かなトルクを発生する1.4リッターエンジンを組み合わせた4ドアハッチバック。作りのよさと経済性を併せ持った高品質のドイツ車だ。文=小川フミオ写真=河野敦樹操縦性と経済性を両立させた新世代のギアボックス実際にポロを運転すると、1080kgという軽量ボディの恩恵もあり、1.4リッターという数字から期待する以上によく走る。上りと下りが交互にあらわれるワインディングロードでも力不足を感じさせることはない。85psのパワーはこのクルマに充分で、気持ちのよいドライブができる。ハンドリングも素直。車両の応答性も悪くなく、キビキビとした運転が楽しめる。ボディは小さくても操縦感覚が鈍だとなんだかもっさりした印象を受けてしまうが、ポロは剛性感の高いボディの恩恵もあるだろう、軽快なフットワ...
新型ポロのスポーツモデル「GTI」日本発売開始|Volkswagen

新型ポロのスポーツモデル「GTI」日本発売開始|Volkswagen

Volkswagen Polo GTI|フォルクスワーゲン ポロ GTI新型ポロのスポーツモデル「GTI」が登場。国内での発売を開始昨年10月に開催されたパリサロンでワールドプレミアを果たしたフォルクスワーゲン「ポロ GTI」が、ついに国内での販売を開始した。Text by AKIZUKI Shinichiro(OPENERS)GTIのベースとなるモデルは、大規模なマイナーチェンジが施され、昨年夏に日本上陸を果たした新型「ポロ」。フォルクスワーゲン最新のデザイントレンドを取り入れ、ゴルフ同様に精悍な顔つきとなった。新型ポロ GTIには、これまでの1.4リッターTSI エンジンに代わって1.8リッターTSIエンジンを搭載。前モデルが2つの過給器(スーパーチャージャー+ターボチャージャー)を装着していたのに対して、 今回は、低回転域から俊敏に反応する小径タービンを用いたシングルターボ方式を採用。先代比でプラス12psとなる192psを発揮し、同時に燃費性能もプラス4パーセントとなる17...
新型ポロにSUVテイストのクロスポロ登場|Volkswagen

新型ポロにSUVテイストのクロスポロ登場|Volkswagen

Volkswagen CrossPolo|フォルクスワーゲン クロスポロ新型ポロにSUVテイストのクロスポロ登場フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、マイナーチェンジしたポロにSUVテイストをまとった「クロスポロ」を追加設定。11月6日より販売を開始した。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)イメージカラーのオレンジもトーンを変更フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」をベースに、精悍なイメージの専用バンパーなどを採用しSUVテイストに仕上げた「クロスポロ」が登場。ことし8月に販売が開始された新型ポロにつづく、ふたつめのファミリーモデルとなる。ポロと同様、パワートレーンには1.2リッター直列4気筒TSIエンジンに7段DSG(デュアルクラッチ)を組み合わせ、前輪を駆動。Start/Stopやブレーキエネルギー回生で構成されるブルーモーションテクノロジーも採用し、燃費は16パーセント向上させ21.9km/ℓとなった。エクステリアには専用の...
純正ナビや装備を盛り込んだポロ|Volkswagen

純正ナビや装備を盛り込んだポロ|Volkswagen

Volkswagen Polo Active 2│フォルクスワーゲン ポロ アクティブ2純正ナビや装備を盛り込んだポロフォルクスワーゲン グループ ジャパンは28日、コンパクトハッチバック「ポロ」にナビや装備を盛り込んだ特別限定車「ポロ アクティブ2」を発表。限定2,000台で販売を開始した。Text by YANAKA Tomomiポロにはじめて採用された「ペッパーグレーメタリック」など4色を展開昨年、フォルクスワーゲン車の日本導入60周年を記念して登場した「ポロ アクティブ」につづき、消費税増税前の需要にこたえるべく発売されたのが「ポロ アクティブ2」。今回は、ポロとしてはじめて設定されるペッパーグレーメタリックなど4色が用意された。ベースとなるのは最高出力77kW(105ps)を発揮する1.2リッターターボエンジンと、7段デュアルクラッチ トランスミッション(DSG)を組み合わせた「ポロ TSIコンフォートライン ブルーモーションテクノロジー」。アイドリングストップ機能とブレ...
新型ポロ GTI、パリでワールドプレミア|Volkswagen

新型ポロ GTI、パリでワールドプレミア|Volkswagen

Volkswagen Polo GTI|フォルクスワーゲン ポロ GTI新型ポロ GTI、パリでワールドプレミア現在開催中のパリ モータショーで、フォルクスワーゲンは「ポロ」にあらたなグレードを追加。新開発1.8リッターターボチャージャーエンジンを搭載したスポーツモデル「GTI」を発表した。Text by TAKEDA Hiromi待望のワールドプレミア日本でも大ヒット作となったフォルクスワーゲン「ポロ」はこの夏、大規模なマイナーチェンジが施され、フォルクスワーゲン最新のデザイン言語でリフレッシュされた。ところが、その最上級・最高性能バージョンに相当する「GTI」は従来型が継続販売されていたのだが、10月4日に開幕するパリ・サロンにて待望のワールドプレミアがおこなわれることになった。新型ポロGTI最大の注目ポイントは、搭載されるエンジンだろう。1.8TSI、つまり1.8リッターの4気筒ガソリン直噴ターボである。従来型ではスーパーチャージャーとターボチャージャーからなる2種類の過給機...
新型ポロにブルーGTを追加導入|Volkswagen

新型ポロにブルーGTを追加導入|Volkswagen

Volkswagen Polo BlueGT|フォルクスワーゲン ポロ ブルーGT新型ポロにブルーGTを追加導入フォルクスワーゲンは、上陸したばかりのマイナーチェンジ版「ポロ」に、はやくも「ポロ ブルーGT」を追加導入し、販売を開始した。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)燃費もパワーも向上フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、国内でも8月にマイナーチェンジされたばかりの「ポロ」に、高い省燃費性能とスポーティな走りをバランスさせたモデル「ポロ ブルーGT」を追加、10月7日より販売を開始した。ポロ ブルーGTは、アイドリングストップとブレーキエネルギー回収システムを統合したブルーモーションテクノロジーにくわえ、低負荷時にエンジンの4気筒中の2気筒を休止する、ACT(アクティブ シリンダー マネージメント)をそなえ、省燃費を実現。いっぽうで、スポーツサスペンションや専用のエアロパーツを装備し、トップグレード「ポロ GTI」に次ぐスポーティな性格...
39 件