最新型グランドチェロキーに試乗|Jeep

最新型グランドチェロキーに試乗|Jeep

Jeep Grand Cherokee|ジープ グランドチェロキー特別な雰囲気を醸し出すアメリカンSUV最新型グランドチェロキーに試乗アメリカンSUVの代名詞といっても過言ではないジープ ブランドのクルマたちは、自慢の悪路走破性はそのままに、燃費の向上や現代装備の採用など、最新のクルマとしての機能は見えないところで進化をつづけている。塩見智氏がマイナーチェンジしたばかりのジープ「グランドチェロキー」を、路上から悪路に見立てた特設コースまで試乗。来日した開発担当者の話をまじえ、その最新モデルをリポート。Text by SHIOMI SatoshiPhotographs by NAITO Takahitoソーシャルネットワーク ブランド昨年、ジープ ブランドはグローバルの販売台数が70万台を超え、1999年の67万台という過去最高の記録を塗り替えた。今回、モデルチェンジしたジープ「グランド チェロキー」の日本発売にさいして来日した開発責任者のジョン・ボンザック氏は「アメリカのナンバーワ...
 南極をイメージした真っ白なラングラー アンリミテッド|Jeep

南極をイメージした真っ白なラングラー アンリミテッド|Jeep

Jeep Wrangler Unlimited Polar Editionジープ ラングラー アンリミテッド ポーラー エディション南極をイメージした真っ白な限定車フィアット クライスラー ジャパンは23日、ジープ「ラングラー アンリミテッド」に南極をイメージした特別モデル「ポーラー エディション」を設定。2月8日(土)より予約を開始し、3月1日(土)から限定150台が販売される。Text by YANAKA Tomomiホワイトのボディとブラックのインテリアが生み出す洗練されたコントラストジープのアイコンでもあるクロスカントリー「ラングラー」の4ドアモデル「ラングラー アンリミテッド」。世界でもっとも過酷なオフロードトレイルとして知られ、車名の由来ともなったアメリカの「ルビコントレイル」や砂漠、そして雪道さえも制してきた。今回、ジープブランドのコンセプト「Go Anywhere(どこへでもいける) 」をもとに、「北極でも快適なドライブを実現できる」という意味がこめられて誕生したの...
ジープ コンパスにあらたなエントリーグレード|Jeep

ジープ コンパスにあらたなエントリーグレード|Jeep

Jeep Compass Altitude Sportジープ コンパス アルティチュード スポーツジープ コンパスにあらたなエントリーグレードフィアット クライスラー ジャパンは23日、コンパクトSUV「ジープ コンパス」のラインナップを変更。あらたにエントリーグレードの「コンパス アルティチュード スポーツ」をくわえ、2月8日(土)より販売を開始する。また、為替の変動にあわせ、おなじく2月8日(土)より、上級グレードの「コンパス リミテッド」でも価格変更が実施される。Text by YANAKA TomomiCVTトランスミッションを搭載ジープのもっともコンパクトなサイズの「コンパス」に、あらたなエントリーグレード「アルティチュード スポーツ」が登場。それにともない、これまでのエントリーグレードだった「コンパス スポーツ 4×2 6AT」がラインナップがはずされる。今回のモデル構成再編により、コンパスのラインナップは「アルティチュード スポーツ」と、2.4リッターエンジンを搭載し...
さすが「ジープ」というべきパフォーマンス|Jeep

さすが「ジープ」というべきパフォーマンス|Jeep

Jeep Compass|ジープ コンパスJeep Wrangler Unlimited|ジープ ラングラー アンリミテッドJeep Grand Cherokee|ジープ グランドチェロキーSUVのアイコンさすが「ジープ」というべきパフォーマンス1941年に米軍の軍事車両としてその歴史をスタートさせた「ジープ」。欧州系ブランドのSUVがメジャーな存在として市場を席巻するはるか以前から市場のニーズを見極め、特別な存在として愛されてきた。タフなボディに4駆の脚。その出で立ちは今日のSUV像そのものだ。今回、OPENERS編集部はそんなジープの最新モデルを駆り、真冬の長野県白馬・八方尾根をめざしロングドライブに出掛けた。Text by SAKURAI KenichiPhotographs by TSUKAHARA TakaakiSUV=アメリカというイメージは普遍日本市場を考えてみると、ここ最近ではBMWの「Xシリーズ」やポルシェ「カイエン」、アウディ「Q5」など欧州系ブランドのSUVが...
ジープ チェロキー、6年ぶりのフルモデルチェンジ|Jeep

ジープ チェロキー、6年ぶりのフルモデルチェンジ|Jeep

Jeep Cherokee|チェロキーチェロキー、6年ぶりのフルモデルチェンジフィアット クライスラー ジャパンは、第4世代となる新型「チェロキー」を、5月17日(土)より日本発売を開始する。6年ぶりのフルモデルチェンジとなったニューモデルは、これまでのタフなイメージをもたらす箱形の「ジープ」らしいデザインから一転、都会派ともいうべきモダンなフォルムを採用したのが特徴だ。Text by SAKURAI Kenichi大変身を遂げた第4世代ジープの「チェロキー」といえば、これまで一貫して車高の高いボクシーなフォルムが特徴だった。ラングラーのイメージを投影した2代目こそ、若干丸みを帯びたデザインを採用していたが、一貫していえるのは、道や天候を選ばないオフロードモデルらしいタフな走りをエクステリアからも表現していたことである。しかし2013年のニューヨーク モーターショーでワールドプレミアされた4代目となるニューモデルでは、そうした誰もがチェロキーだとわかるデザインからスタイリッシュな方...
戦士をイメージした新型チェロキー初の限定車|Jeep

戦士をイメージした新型チェロキー初の限定車|Jeep

Jeep Cherokee Warrior│ジープ チェロキー ウォーリアー戦士をイメージした新型チェロキー初の限定車フィアット クライスラー ジャパンは31日、5月に発売したジープブランドの新型「チェロキー」のオフロード仕様「トレイルホーク」をベースにした限定車「チェロキー ウォーリアー」を設定。8月23日(土)より限定150台が販売される。Text by YANAKA Tomomiオフロード志向のトレイルホークがベースアメリカでは昨年フルモデルチェンジされ、今年5月に日本でも発売が開始されたばかりの新型「チェロキー」。スポーティなエクステリアをまとうとともに、FFモデルが登場するなどクロスオーバーSUVへと変貌を遂げている。そんな新型チェロキーのはじめてとなる限定車であり、“戦士・勇士”を意味する“ウォーリアー”の名を冠した「チェロキー ウォーリアー」が登場。チェロキーの名の由来でもあり、ネイティブ・アメリカンのなかでも勇敢として知られたチェロキー族の戦士からインスピレーション...
戦時に運用された米軍車両の復刻版を限定販売|Jeep

戦時に運用された米軍車両の復刻版を限定販売|Jeep

Jeep Wrangler Unlimited Freedom Editionジープ ラングラー アンリミテッド フリーダム エディション戦時に運用された米軍車両の復刻版を限定販売フィアット クライスラー ジャパンは13日、ジープ「ラングラー アンリミテッド」に、第二次世界大戦中に活躍した米軍車両をイメージした限定モデル「ラングラー アンリミテッド フリーダム エディション」を設定。3月1日(土)より150台限定で販売を開始する。Text by YANAKA Tomomi「Oscar Mike」のハードバッジと米軍をイメージさせる星のデカール第二次世界大戦中の1940年にアメリカ陸軍の要請により開発された四輪駆動車をルーツにもつジープ。大戦中、ジープは連合国軍の軍用車両などとして運用され、そのすぐれた走行性能と耐久性は一般にも広がり、現在のジープへと受け継がれた。そんな初期のジープにオマージュを捧げるべく、戦時に使われた米軍車両の復刻版ともいえる特別仕様車が登場した。ベースとなるの...
ジープ コンパス ノース、雪山をイメージした限定車 登場|Jeep

ジープ コンパス ノース、雪山をイメージした限定車 登場|Jeep

Jeep Compass North│ジープ コンパス ノース雪山をイメージした限定車 登場フィアット クライスラー ジャパンはコンパクトSUV「ジープ コンパス」に、雪山をイメージした限定車「ジープ コンパス ノース」を設定。合計200台限定で販売を開始した。 Text by YANAKA Tomomiウインタースポーツをより楽しむことができる装備を搭載ジープブランドのなかでもっともコンパクトなSUVである「ジープ コンパス」。あらたに限定車として登場した「ジープ コンパス ノース」は、上級グレード「リミテッド」のパワートレーンがベースとなっている。2.4リッターの直列4気筒DOHCエンジンと、新型の6段パワーテック オートマチック トランスミッションを組み合わせ、10.7km/ℓの好燃費を達成する。装備では、スキーやスノーボードを搭載できるルーフラック クロスバーが標準設定されているほか、汚れに強く、水洗い可能なジープのロゴ入りラバーカーゴマットを搭載。またリアにはマッド...
オリジナルへのオマージュを捧げるジープ限定車|Jeep

オリジナルへのオマージュを捧げるジープ限定車|Jeep

Jeep Wrangler Unlimited Willys Wheeler Editionジープ ラングラー アンリミテッド ウィリス ウィラー エディションオリジナルにオマージュを捧げるラングラー アンリミテッドの限定モデルフィアット クライスラー ジャパンはジープ「ラングラー アンリミテッド」に、限定モデル「ラングラー アンリミテッド ウィリス ウィラー エディション」を設定。6月14日(土)より、150台限定で販売を開始する。Text by YANAKA Tomomiブラックのボディに専用のデカールで世界観を演出第二次世界大戦中にアメリカ軍から依頼を受け、ジープのルーツとなるウィリス・オーバーランド社が開発したのが、初代ジープ「ウィリス」。1941年から実戦配備され、強靭なボディと優れた走破性能を誇る連合国軍車両として活躍した。この由緒ある名前をもつうえに、“熱狂的なオフローダー”を意味する「ウィラー」の名を冠し、悪路走破性能が強化された限定モデル「ラングラー アンリミテッ...
 ブラックをアクセントにした特別な2台のジープ|Jeep

ブラックをアクセントにした特別な2台のジープ|Jeep

Jeep Wrangler Unlimited Alititude│ジープ ラングラー アンリミテッド アルティテュードJeep Grand Cherokee Alititude│ジープ グランドチェロキー アルティテュードブラックをアクセントにした特別な2台のジープフィアット クライスラー ジャパンは26日、ジープブランドの「ラングラー アンリミテッド」と「グランドチェロキー」に限定車「アルティテュード」シリーズを設定。7月5日(土)から計400台限定で販売を開始する。Text by YANAKA Tomomiサテングロスブラックのグリルやホイールが印象的なエクステリアブラックを印象的にもちいた特別装備を施し、洗練された雰囲気を醸し出す「アルティテュード」シリーズ。「ラングラー」としては第2弾、「グランドチェロキー」としては第3弾となる今回もインテリア、エクステリアともに気品ある黒を基調としながら、さまざまな装備が盛り込まれた。ラングラーは4ドアのボディに3.6リッターV6エンジ...
クライスラー300とジープ グランドチェロキーとともにSRT上陸|SRT

クライスラー300とジープ グランドチェロキーとともにSRT上陸|SRT

Chrysler 300 SRT8|クライスラー 300 SRT8Jeep Grand Cherokee SRT8|ジープ グランドチェロキー SRT8SRTブランドがクライスラー300とジープ グランドチェロキーとともに上陸フィアットクライスラージャパンは、クライスラーグループの1ブランドとして2011年に独立したSRTブランドを日本にも導入すると、東京オートサロン2013で発表した。その第一弾となるクルマは、いずれも6.4リッターV8エンジンを搭載した「クライスラー 300 SRT8」と「ジープ グランドチェロキー SRT8 」およびその限定車だ。Text by SUZUKI Fumihiko(OPENERS)HEMIエンジンは6.4リッターにクライスラーグループにおいて、ハイパフォーマンスモデルを手がけていた部門は、2002年、「SRT(Street and Racing Techmology)」と名を変え、2011年にはクライスラーグループ内で最高のパフォーマンスカーを開発...
ラングラー ルビコンでルビコン トレイルを走る|Jeep

ラングラー ルビコンでルビコン トレイルを走る|Jeep

Jeep Wrangler Rubicon 10th Anniversary Edition|ジープ ラングラー ルビコン 10th アニバーサリー エディションJEEP最高のオフローダージープ ラングラー ルビコンでルビコン トレイルを走るジープのラインナップにおいて、最高のオフロード性能を誇る、本格クロスカントリービークル「ラングラー」。ジープらしさにあふれる、アイコニックなモデルだ。「ラングラー ルビコン」は、そのラングラーのバリエーションモデルであり、ジープの故郷ともいべき悪路中の悪路“ルビコン トレイル”にその名の由来を持つ特別仕様。日本でも8月3日から、100台限定で販売されることになった、このモデルを、九島辰也氏が、ひと足はやく、ルビコン トレイルで試してきた。Text by KUSHIMA TatsuyaCOKE and JEEP and USAジープの本場といえばアメリカ。アメリカ陸軍のオファーから生まれたそれはまさに彼の国の象徴ともいえる。かつて日本でおこなわれ...
新型ジープ チェロキーを試す|Jeep

新型ジープ チェロキーを試す|Jeep

Jeep Cherokee|ジープ チェロキー未来的なジープの新種新型チェロキーを試すフィアット クライスラー ジャパンが導入を開始した第4世代となる新型「チェロキー」は、誰もが良く知るこれまでの箱形デザインを採用したいわゆる“ジープ”らしいデザインから一転。アヴァンギャルドなフォルムが特徴だ。スポーティとも都会派ともいうべき、超モダンなエクステリアからは、タフなイメージだけではない、ジープのあたらしいチャレンジが見えてくる。Text by SAKURAI KenichiPhotographs by TSUKAHARA TakaakiまるでUFO4世代目となった新型ジープ「チェロキー」は、ジープ伝統の7スロットグリルや台形をモチーフとした前後のフェンダーデザインが紛れもなく「ジープ」の一族であることを感じさせるが、乗用車と比較しSUVらしく確保された高めの車高と、「ジープ」を「ジープ」らしく見せるためのそうしたフレーバーともいえるデザイン要素を取り除けば、じつに斬新で未来的なルック...
ジープのエントリーモデル「ジープ・コンパス」日本導入|Jeep

ジープのエントリーモデル「ジープ・コンパス」日本導入|Jeep

ジープ・コンパス|Jeep Compassジープのエントリーモデル「ジープ・コンパス」日本導入クライスラーはジープブランドのエントリーモデルとして「ジープ・コンパス」の日本市場への導入を決定。2012年春に予定される販売開始に先駆け、1月21日(土)開幕の富山輸入車ショーをはじめ、各地の輸入車ショーに参考出展すると発表した。Text by SUZUKI Fumihiko(OPENERS)シティドライブ層をねらったジープ右ハンドル仕様化して、日本市場での販売を開始することになった「ジープ・コンパス」は、「ジープ・パトリオット」とプラットフォームを共有する兄弟車種だが、インテリアには「パトリオット」の上級グレード「リミテッド」と同等の装備をほどこし、スタイリングでは同ブランドのフラッグシップモデル「グランドチェロキー」を連想させるような高級感を狙ったモデルとされている。クライスラーによれば、ジープ=SUVというイメージにとらわれることなく、ハッチバックやクロスオーバーをもとめるシティド...
ジープ「 ラングラー マウンテン」を限定発売|Jeep

ジープ「 ラングラー マウンテン」を限定発売|Jeep

Jeep Wrangler Mountain|ジープ ラングラー マウンテンジープから限定車、「ラングラー マウンテン」登場。クライスラー日本は、ジープブランドのアイコニックモデル「ラングラー」に、2ドアモデルをベースとして、デュアルトップや専用ボディーカラーを採用した特別仕様車「マウンテン」を、7月7日より50台限定で販売する。Text by OTSUKI Takuma(OPENERS)ハードトップとソフトトップをつけかえて楽しめる「ジープ ラングラー マウンテン」は「トップをはずして夏のドライビングを楽しもう!」をコンセプトに、2ドアモデルをベースに専用パーツを装着した限定車だ。「ソフトトップ」と「ハードトップ」の両方が標準で付属し、シチュエーションによってどちらかを選んで使いわける、あるいは完全に取り外してオープントップとして楽しめるという「デュアルトップ」は、この限定車で日本初導入となる。通常モデルではボディ同色となっているフロントグリルがミネラルグレー塗装になり、17イン...
50 件