BREGUET

トゥールビヨンやリング式ミニッツリピーターなどの複雑機構を開発し、現在も「時計の歴史を200年早めた」と謳われる希代の天才時計師、アブラアン-ルイ・ブレゲ。彼が1775年にフランス・パリで工房を構えたことから、ブレゲ・ブランドの歴史は始まる。

1823年、創業者の死後は経営権が幾度か移行するが、1970年にショーメ社が経営権を獲得すると、同社は「ブレゲの再来」と賞賛されるダニエル・ロートの協力によって、往年の名作時計の修復プロジェクトを成し遂げる。

こうしてクォーツ時計全盛の時代にして、名門ブレゲを復興させるに至ったのである。

1999年、スウォッチ グループに経営権が移行すると、永久カレンダーやトゥールビヨンなどのコンプリケーションを中心に、より高品質なハイエンド機を立て続けに発表。

ここ数年は、かつてブレゲが考案した衝撃吸収装置「パラシュート」を現代版にモディファイしたヒストリカルモデルを製作する一方、将来の標準素材として注目されるシリコンを、いち早くムーブメントの一部に採用した次世代機を発表している。まさしく天才時計師の名にふさわしい、新旧織り交ぜた多彩な展開を見せている。

【創業年】1775年 【創業地】フランス、パリ 【主なシリーズ名】クラシック、トラディション、マリーン、タイプ トェンティ、クイーン・オブ・ネイプルズ、ヘリテージ 【問い合わせ先】ブレゲ ブティック銀座 Tel. 03-6254-7211

公式サイト:http://www.breguet.com/

BASELWORLD2017 からの新作時計を日本国内で初披露|SWATCH GROUP

BASELWORLD2017 からの新作時計を日本国内で初披露|SWATCH GROUP

BREGUET|ブレゲBLANCPAIN|ブランパンGLASHÜTTE ORIGINAL|グラスヒュッテ・オリジナルJAQUET DROZ|ジャケ・ドローOMEGA|オメガLONGINES|ロンジンSWATCH|スウォッチ『ニコラス・G・ハイエック センター BASEL 新作時計展 2017』2017年5月20日(土)~5月31日(水)開催スウォッチ グループ ジャパンは、ウォッチブティックとカスタマーサービスが集結する日本で唯一の“時のランドマーク”となる、ニコラス・G・ハイエック センターにて、5月20日(土)より「ニコラス・G・ハイエック センター BASEL 新作時計展 2017」を開催する。TEXT by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)東京・銀座にて、年に一度の希少な『時の祭典』「ニコラス・G・ハイエック センター BASEL 新作時計展 2017」とは、2017年3月にスイス・バーゼルにて開催された世界最大の時計宝飾展「バーゼルワールド2017」で発...
ブレゲ 「トラディション レディ」のニューモデルが登場|BREGUET

ブレゲ 「トラディション レディ」のニューモデルが登場|BREGUET

BREGUET|ブレゲローズゴールドを華やかに纏う女性向けウォッチブレゲの「トラディション」の女性向けモデル「トラディション レディ 7038」が登場。ローズゴールドのケースと施されたプレシャスストーンによる装飾が美しいコントラストを生み出している。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)ベゼルに68個のブリリアントカットダイヤを配置ブレゲの「トラディション」は、2005年に誕生して以来、着実にラインナップを広げてきた人気コレクション。そして今回新たにローズゴールドを使用した「トラディション レディ 7038」を加え、さらにその幅が拡充する。「トラディション」は構造そのものがデザインの特色となっており、ムーブメントの歯車や、それを支えるブリッジなどが顕になっている。あくまで控えめに内部を見せることで、ウォッチ全体の美しさをより際立たせているのだ。このトラディション レディも中央に香箱が配され、そこには手彫りギヨシェ機によってロゼットのモチーフが施されている。また...
マリー・アントワネットの時計が、日本にやってくる!|BREGUET

マリー・アントワネットの時計が、日本にやってくる!|BREGUET

BREGUET|ブレゲ推定価格 数百億円!? とも噂される王妃が望んだ、至高の逸品。伝説の時計師ブレゲが設計した機構とは?マリー・アントワネットの波乱の一生に迫るスペシャルコンテンツを、ヴェルサイユ宮殿が日本において初公開する。宮廷が誇る名画、王妃が愛した調度品、マリー・アントワネットのプライベートを体験できる原寸大空間など、盛りだくさんの見どころが用意されるなか、注目したいのが、伝説の時計師アブラアン-ルイ・ブレゲがマリー・アントワネットからの注文を受けて製作した伝説の懐中時計のレプリカだ。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)近世から近代への移行期において最も複雑な機構を備えた、前代未聞の懐中時計伝説の時計師アブラアン-ルイ・ブレゲの最高傑作として知られるのが「マリー・アントワネット」と呼ばれる複雑時計「ブレゲNo.160」だ。1783年、王妃の使者とされる人物がブレゲの工房を訪れ、期限も費用も制限なしに、当時、知られた複雑機構をすべて盛り込んだ時計...
BREGUET|ブレゲのプレ・バーゼル、ジュネーヴで新作を発表

BREGUET|ブレゲのプレ・バーゼル、ジュネーヴで新作を発表

BREGUET|ブレゲブレゲのプレ・バーゼル、ジュネーヴで新作を発表Text by OPENERS先の1月20日、スイス ジュネーブにて開催されたブレゲのプレ・バーゼルにて、今年の新作が発表された。登場したのは「トラディション トゥールビヨン・フュゼ シリシオン」。あらたにシリコン素材のブレゲひげぜんまいを搭載したモデルである。1795年にブレゲの創始者であるアブラアン-ルイ・ブレゲが考案した「ブレゲ式オーバーコイル(ブレゲひげぜんまい)」。ぜんまい外側の先端を内側へとカーブさせたこのひげぜんまいはすぐれた等時性を得るために発案され、いまでもたくさんの時計に採用されているものだ。通常ひげぜんまいはメタル製でできているため、振動や磁気、重力の影響などによりゆがみが生じることがある。そこでブレゲはこのムーブメントの主要パーツへと、長い時間をかけて探求を重ねてきた。その開発には、酸化を防ぐためのゴールド製ひげぜんまいや、ブレゲの「マリー・アントワネット」に使用されている等時性改善のための...
バーゼルワールド発! 2012年、腕時計の最前線

バーゼルワールド発! 2012年、腕時計の最前線

BASELWORLD 2012世界最大の展示会から、今年注目の新作腕時計を一挙紹介!老舗・名門時計ブランドから、中堅・新進ブランド、部品メーカー、さらに個人の時計師まで、およそ時計にまつわるものが年に一度、一堂に会する場所。それがスイスの都市バーゼルでおこなわれる「バーゼルワールド」だ。今年、各ブランドから発表された、最新腕時計とは? 注目すべきアイテムとは? ここでそのラインナップを、一挙ご紹介。Text by OPENERSLOUIS VUITTONBreguetPATEK PHILIPPECHANELHUBLOTTAG HEUERBBALL WATCHBell&RossBLANCPAINBOUCHERONBreguetBREITLINGBREITLING for BENTLEYBVLGARICCARL F. BUCHERERCHANELChopardCITIZENCORUMDde GRISOGONODior WatchesEEDOXFFREDERIQUE CONSTA...
Breguet|王妃マリーアントワネットのために発注された伝説の時計

Breguet|王妃マリーアントワネットのために発注された伝説の時計

Breguet|ブレゲ王妃マリー・アントワネットのために発注された伝説の時計ブレゲには、伝説と呼ばれる時計がある。それが、かのマリー・アントワネットのために、天才時計師、アブラアン-ルイ・ブレゲに発注されたとされる懐中時計だ。しかし、王妃もブレゲ自身も、この時計の完成を待たずしてこの世を去ったという、悲しい逸話を持つ超複雑時計である。「時間と費用の制約を受けず、当時のあらゆる時計制作技術の粋を凝らした最高の時計を」とオーダーのもと、44年後に超複雑時計「No.160」は完成する。その懐中時計は“マリー・アントワネット”と呼ばれ、多くのコレクターの手を経た後、エルサレムにあるL.A.メイヤー記念イスラム美術館にサロモンズ卿コレクション40点と一緒に寄贈された。しかし、ここでふたたび事件が起こる。「No.160 」を含むこれらのコレクションは1983年、盗難にあってしまうのだ。「No.160」の第2号機製作プロジェクト、2007年の完成 そこでブレゲは、この名機の第2号を製作するため...
BREGUET|仏海軍航空隊100周年の限定クロノグラフが登場

BREGUET|仏海軍航空隊100周年の限定クロノグラフが登場

BREGUET|ブレゲタイプXXをルーツに持つ時計仏海軍航空隊100周年の限定クロノグラフが登場フランス海軍航空隊(=アエロナバル)が今年100周年を迎える。この航空隊と深いかかわりをもつブレゲは、タイプXXをルーツとした限定クロノグラフを発表した。Text by OPENERSアヴィエーションウォッチの需要が高まった時代に生まれた名品航空機を用いた英仏海峡の横断にルイ・ブレリオが成功したのは、1909年7月25日のこと。当時のフランス海軍大臣でもあったオーギュスト・ブエ・ド・ラペイレール海軍中将が発足させた研究委員会は、この成功により熱気球に対する航空機の優位性を謳った。これが現代までつづく、フランス海軍航空隊(アエロナバル=アヴィエーションネイバル)のルーツである。時計メーカーとしてのブレゲとフランス海軍とのかかわりは、創始者アブラアン-ルイ・ブレゲの時代まで遡ることができる。しかし、黎明期の海軍航空隊とブレゲの関係はより深いものであった。ブレゲ家は黎明期におけるフランス航空産...
ブレゲ|BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報|BREGUET

ブレゲ|BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報|BREGUET

BREGUET|ブレゲ創業240周年を迎える老舗ブランド2015年は見逃せない記念モデルが続出1775年にアブラアン-ルイ・ブレゲがパリに自分の工房を構えてから、240年を迎える。同時に、ブレゲの歴史に残る複数の業績の節目でもあり、「トラディション」の10周年、アブラアン-ルイ・ブレゲがフランス海軍の御用達となってから200年など、メモリアルイヤーが重なる新作の当たり年となった。Photographs by NAGASHIMA TohruText by KAWADA Akinori豊かな時計製造の歴史が育んだトリビュートモデルたち時計の歴史を200年も早めたと言われる天才時計師が自らの工房をフランス・パリに興して、2015年は240周年を迎える。2005年に登場し、ブレゲが考案した懐中時計を腕時計として復活させた「トラディション」のコレクション誕生から10周年でもある。ブレゲがフランス海軍御用達の時計師となってから200年を記念する年でもあり、マリーンクロノメーターに範を取った「マ...
BREGUET|伊勢丹新宿店本館にブレゲサロンがオープン!

BREGUET|伊勢丹新宿店本館にブレゲサロンがオープン!

ブレゲ|BREGUET18世紀から伝わる時計の伝統、伊勢丹に期間限定でおめみえ伊勢丹新宿店本館にブレゲサロンがオープン!18世紀にアブラアン-ルイ・ブレゲが創設した、高級時計ウォッチブランド「ブレゲ」。この11月17日から、伊勢丹新宿店本館にブレゲサロンがオープンする。Text by OPENERSレディスウォッチ「クイーン・オブ・ネイプルズ」に注目!「ブレゲ」は1775年、アブラアン-ルイ・ブレゲによってフランス パリに設立された時計工房。「時計界のレオナルド・ダ・ヴィンチ」、そして「時計の進化を2世紀早めた男」などと称され、高度な時計技術と最新科学に精通した職人であった。その発明には、自動巻機構、ミニッツリピーター用ゴング・スプリング、パラシュート機構(衝撃吸収装置)、永久カレンダー、ブレゲひげゼンマイ、マリン・クロノメーターなど、現在の時計に用いられている機構の数々があげられる。なかでも1801年にブレゲが特許を取得したトゥールビヨンは、当時の懐中時計の精度を飛躍的に高めた。...
Breguet|ブレゲ|伝説のクロノグラフ

Breguet|ブレゲ|伝説のクロノグラフ

Breguet|ブレゲ伝説のクロノグラフブレゲはフランス海軍航空部隊の100周年と、同部隊にタイプXX(トゥエンティ)が初納品されて50周年を記念し、タイプXXII(トゥエンティトゥ)を発売すると発表した。文=松尾 大振動数10Hzの世界初の機械式クロノグラフ1940年代には航空クロノグラフを世に送り出し、その完成度の高さからフランス海軍航空部隊の要請を受け、1960年に同部隊に納品された傑作がブレゲ タイプXXだ。このタイプXXは、いち早くフライバック機能を搭載。動作中にリセットボタンを押せば、ただちに針が0位置にもどって計測を再開するというもので、飛行中の連続した時間計測に非常に便利だったといわれる。そして1990年代になって、タイプXX アエロナバル、タイプXX トランスアトランティックをリリース。2004年には一部、インダイヤルの機能を変更したタイプXXI(トゥエンティワン)を発表している。そんな、ブレゲにとって特別な響きをもつクロノグラフを、より現代的なデザインと最新技術...
Breguet|機械式時計の歴史にあらたな1ページを開く 革新的なワールドタイムモデルを発表!

Breguet|機械式時計の歴史にあらたな1ページを開く 革新的なワールドタイムモデルを発表!

Breguet|ブレゲ機械式時計の歴史にあらたな1ページを開く革新的なワールドタイムモデルを発表!スウォッチ グループ傘下の頂点ブランドとなって10周年を迎えたブレゲ。当時もいまも、伝統のスタイルを守りながら絶えざる技術革新で未来の機械式時計の可能性を探る姿勢は変わらない。2011年はワールドタイムウォッチの分野で、ブランドの名にふさわしい革新的なモデルを登場させた。取材・文=渋谷康人世界初のワールドタイム機構は使いやすさ抜群没後190年近くを経たいまもなお“時計史上最高の時計師”として尊敬を集めるアブラアン・ルイ・ブレゲ。機械式時計に対する彼の情熱と技術、スタイルを受け継ぐブレゲは毎年、時計愛好家にとって絶対に見逃せない革新的な技術を搭載した新作を発表している。2011年のハイライトは、ワールドタイムウォッチ「クラシック オーラ ムンディ」。ブルーの海にシルバーの大陸モチーフが浮かび上がる美しい文字盤が印象的なモデルだ。これまでにも「オーラ ムンディ」という名前がつけられたモデル...
Breguet|Chapter 2 新素材開発と高速化はブレゲの脈々とつづくDNA

Breguet|Chapter 2 新素材開発と高速化はブレゲの脈々とつづくDNA

Breguet|ブレゲChapter 2新素材開発と高速化はブレゲの脈々とつづくDNA時計と飛行機の分野において、数かずの革新的な発明をもたらしたブレゲ。いまもその伝統や功績にあぐらをかくことなく、日々進化しているのがブレゲの凄みである。現行品にもその革新性というDNAは綿々と受け継がれ、機械式時計の最高峰として君臨している。文=高木教雄写真協力=Breguet時計の針を、ふたたびび5代目のルイ-シャルル・ブレゲの時代に巻きもどそう。彼が開発した「ブレゲXIX」は、長距離飛行において数かずの偉業を成し遂げた。1924年にパリ~東京間、1927年には初の南太平洋横断、そして前述したパリ~ニューヨーク間無着陸飛行などなど。ルイ-シャルルによって人類は、かつてない速度で国境や大陸、そして海を越える術を手に入れた。それはすなわち、短時間でいくつものタイムゾーン(時差)を越えることを意味する。そして2004年、ブレゲのパイロット・クロノグラフは、ルイ-シャルルの飛行機とおなじく、タイムゾーン...
Breguet|ブレゲファンが集結しブレゲ×OPENERSナイト開催!

Breguet|ブレゲファンが集結しブレゲ×OPENERSナイト開催!

Breguet|ブレゲBreguet in the sky – Type XX Exhibitionブレゲファンが集結! Breguet×OPENERS NIGHT開催!ブレゲ5代目、ルイ‐シャルル・ブレゲ(1880~1955)の航空機開発にかける情熱が生んだ、航空界との絆を背景に誕生した「タイプXX(トゥエンティ)」シリーズ。 時空を超え現代にその魅力を伝える、ブレゲ イン ザ スカイ - タイプXX (トゥエンティ) エキシビションが6月26日まで開催中だ。その初日である18日には、OPENERS読者を一般公募により35組70名をご招待したパーティ、Breguet×OPENERS NIGHTを開催! 熱気に包まれた会場では、ブレゲ談義に花が咲いた。Text by OPENERSPhotos by YOSGHIZAWA Kentaブレゲを愛するOPENERS読者が集った特別な夜会場にはフランス航空界のパイオニア、ブレゲ5代目であるルイ‐シャルル・ブレゲの栄光の軌跡を展示。ブレゲと...
84 件