大手町の緑に包まれた「ザ・カフェ by アマン」にて、朝食サービスがスタート|AMAN TOKYO

大手町の緑に包まれた「ザ・カフェ by アマン」にて、朝食サービスがスタート|AMAN TOKYO

AMAN TOKYO|アマン東京発酵バターが香る焼きたてパンで一日をスタート。「ザ・カフェ by アマン」朝食サービスアマン東京の別棟1階にある「ザ・カフェ by アマン」にて、平日午前7時から10時まで、アラカルトで朝食サービスが提供される。Text by OZAKI Sayaka焼きたてのクロワッサンとカフェオレをどうぞアマン東京別棟1階に位置するカジュアルフレンチ「ザ・カフェ by アマン」にて、平日午前7時から10時までの朝食サービスが開始された。フランスでパン作りを修得した、アマン東京のペストリーシェフによる焼きたてパンは自慢のひとつ。朝の光が木々の緑を通して差し込むガラス張りの店内のカウンターには、クロワッサンやデニッシュ、ブリオッシュなどのペストリー、キッシュ、サンドイッチ、フルーツジュース、ヨーグルトが並ぶ。焼きたてのパンとペストリー類にはフランス産AOCパムブリー発酵バターが用いられる。なかでも、こだわりのクロワッサンは、中はしっとり、外はさっくりとした香ばしい焼...
EAT
パリ随一のブーランジェ、クリストフ・ヴァスールが海外初進出|RITUEL par Christophe Vasseur

パリ随一のブーランジェ、クリストフ・ヴァスールが海外初進出|RITUEL par Christophe Vasseur

RITUEL par Christophe Vasseur|リチュエル パー クリストフ・ヴァスールパリ随一のブーランジェ、クリストフ・ヴァスールが海外初進出世界初のヴィエノワズリー専門店、自由が丘にオープンパリ随一のブーランジェリー「デュ・パン・エ・デジデ」オーナー、クリストフ・ヴァスールが手がける世界初のヴィエノワズリー専門店が誕生。「リチュエル パー クリストフ・ヴァスール」が8月21日(金)自由が丘にオープンする。 Text by KUROMIYA Yuzu ここでしか食べられない日本限定メニューを展開 フランスでもっとも影響力のあるガイドブック『ゴー・エ・ミヨ』の2008年度ベストブーランジェ受賞、「アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ」をはじめ、多くのガストロノミー・レストランに支持されるパリ随一のブーランジェ、クリストフ・ヴァスール。彼が手がける海外初店舗は、クロワッサンに代表される酵母発酵させたパン生地、さまざまなペストリー生地を焼いた菓子バンを総称する“ヴィエノワ...
EAT
鎌倉で人気「ガーデンハウス」の新業態がログロード代官山に出店|GARDEN HOUSE CRAFTS

鎌倉で人気「ガーデンハウス」の新業態がログロード代官山に出店|GARDEN HOUSE CRAFTS

GARDEN HOUSE CRAFTS|ガーデンハウス クラフツ素材にこだわった新鮮なデリやサンドウィッチが充実ログロード代官山に「ガーデンハウス クラフツ」がオープン東急東横線の線路跡地に開業した複合商業施設「ログロード代官山」に、デリやサンドウィッチなどを提供する「GARDEN HOUSE CRAFTS(ガーデンハウス クラフツ)」がオープン。鎌倉発「GARDEN HOUSE(ガーデンハウス)」の新業態となり、運営はシンクグリーンプロデュースがおこなう。Text by KUROMIYA Yuzu食を通じて地域のコミュニティ創造を目指すすでに「スプリングバレーブルワリー東京」や「フレッド・シーガル」など、注目の店が次々オープンし話題を呼んでいる「ログロード代官山」。最終テナントとして出店した「ガーデンハウス クラフツ」は、ローカル&クラフト、ノーザンカリフォルニア、グリーンをコンセプトにし、多くの人びとに愛されている鎌倉の人気店「ガーデンハウス」が提案するあたらしいスタイルの飲食...
EAT
TOKYO PREMIUM BAKERIES|第2回 Main Mano|マンマーノ

TOKYO PREMIUM BAKERIES|第2回 Main Mano|マンマーノ

第2回 Main Mano|マンマーノおいしく食べてもっと幸せになれるパン東京でほんとうに「上質でおいしいパン」を提供しているパン屋さんを紹介する新連載「TOKYO PREMIUM BAKERIES~カラダもよろこぶ、東京の自然派素材パン屋~」。第2回は、代々木上原駅近くに昨年の12月オープンした『マンマーノ』。フランス語のMainとイタリア語のManoは、どちらも「手づくり」を意味し、手から手へこころをこめて渡したいという思いがこめられた店名です。12歳からパンを焼きつづけているという特異な経歴をもつ毛利将人シェフのつくるパンとは、いったいどんな味がするのでしょう。取材・文=戸川フユキ写真=高田みづほ飽くなき探究心と、素材へのこだわりが極上のパンを生み出す小田急・代々木上原駅の北口を降りて、線路沿いの細い道を右方向に進む。ほどなく写真屋の角を曲がると、いきなりパリの街角を思わせるたたずまいのパン屋『マンマーノ』があらわれる。目印は、テラス席のグリーンのパラソルだ。こちらの若きシェ...
BALMUDA|最高の香りと食感を実現する究極のトースター

BALMUDA|最高の香りと食感を実現する究極のトースター

BALMUDA|バルミューダ独自のスチームテクノロジーを搭載した「BALMUDA The Toaster」「BALMUDA(バルミューダ)」は、同社としてはじめての調理家電である「BALMUDA The Toaster(バルミューダ ザ・トースター)」の販売予約受付を開始した。スチーム制御と温度管理をおこないながらパンを焼き上げる、あたらしいタイプのトースターだ。Text by TSUCHIYA Motohiro(OPENERS)完璧な温度制御でパンの風味がよみがえる「バルミューダ ザ・トースター」は、調理前に小さじ一杯分(専用の5cc計量カップが付属)の水を注水し、庫内にスチームを充満させてから加熱するトースター。さきに蒸気を充満させることで、パンのなかの水分を閉じ込めて、パンの表面をさっくりと焼き上げることができるという。完璧な温度制御のもとで、パンの内部をじっくりと温め、焼き色を最後に付ける。この独自のスチームテクノロジーと、絶妙の温度制御によって焦がすことなく、表面はこんが...
T-fal|新ホームベーカリー「ブーランジェリー」発売

T-fal|新ホームベーカリー「ブーランジェリー」発売

T-fal|ティファール日本初! フレンチバゲットやマカロンを自宅で楽しめる!新ホームベーカリー「ブーランジェリー」ティファールから、フレンチバゲットやマカロンなどさまざまなメニューが簡単に楽しめる新ホームベーカリー「ブーランジェリー」が、9月上旬より発売される。Text by OPENERSティファール独自の2種類のトレイで、より本格的なメニューに挑戦!自宅で簡単にフレンチバゲットが焼ける“バゲットトレイ”に、さらにマカロンなどの本格スイーツも手軽につくれる新開発の“フラットトレイ”がプラスされたホームベーカリー「ブーランジェリー」。食パンはもちろん、これ一台でさまざまな本格メニューを楽しむことができる。ティファールが独自に開発した特許取得のバゲットトレイは、通常の食パンづくりにバゲット成型のワンステップをくわえるだけ。食べきりサイズのフレンチバゲットが一度に4本までつくることができて、クロワッサンやバターロールも簡単に手がけることができる。手順は、材料をパンケースに入れる→でき...
TOKYO PREMIUM BAKERIES|第1回 der Akkord|アコルト

TOKYO PREMIUM BAKERIES|第1回 der Akkord|アコルト

第1回 der Akkord|アコルト原材料100%オーガニックのベーカリー東京でほんとうに「上質でおいしいパン」を提供しているパン屋さんを紹介する新連載「TOKYO PREMIUM BAKERIES~カラダもよろこぶ、東京の自然派素材パン屋~」。第1回は、ドイツ語で和音の意味をもつ、神宮前の『アコルト』です。以前『アコルト』でパンを買って、そのレベルの高さに驚いたことがありました。100%オーガニックとは、いったいどこがそんなにちがうのかを確かめるべく、今回真っ先に取り上げました。取材・文=戸川フユキ写真=高田みづほ安全な素材と、素材から生まれる、さらなるおいしさ青山通り沿いの花屋の角を曲がって数分、左手に見えるインディゴブルーの看板が目印だ。こじんまりとした陳列スペースの割に、奥の作業場が広いのは、いかにも「パン工房」の雰囲気。スタッフの丁寧な説明を聞きながら試食したパンは、しっかりと小麦本来の味がした。なんといっても『アコルト』の特長は、100%オーガニックの原材料を使用して...
TOKYO PREMIUM BAKERIES|第5回 ARTISAN TERRA|アルティザン・テラ

TOKYO PREMIUM BAKERIES|第5回 ARTISAN TERRA|アルティザン・テラ

第5回 ARTISAN TERRA|アルティザン・テラ生きものである「酵母」の声を聞きながらつくるパン東京でほんとうに「上質でおいしいパン」を提供しているパン屋さんを紹介する連載第5回は、池尻小学校にほど近い三宿通り沿いの『アルティザン・テラ』。三宿でレストランやパン、洋菓子店を展開する『ラ・テール』の姉妹店です。職人(アルティザン)の名前にふさわしく、シェフの素材やパンづくりへのこだわりは、並々ならぬものでした。取材・文=戸川フユキ写真=高田みづほ「有機JAS認証」取得のパンと、生産者のわかる国産小麦国道246号線を三宿交差点で世田谷公園方面に曲がって数分、洒落たレストランが点在する三宿通り沿いの『アルティザン・テラ』は、パリのブーランジェリーのようなおしゃれな店構えだ。ガラス越しに見えるパンや焼き菓子が、通りがかる人の気分をなんともウキウキとさせる。パン屋さんの三代目に生まれたシェフの栄徳 剛氏であるが、現在はラ・テールグループで『ブーランジェリー ラ・テール』と、この『アルテ...
TOKYO PREMIUM BAKERIES|第7回 スピカ・麦の穂

TOKYO PREMIUM BAKERIES|第7回 スピカ・麦の穂

第7回 Spica│スピカ・麦の穂明日の自分をつくる、「いのちのもと」となるパン東京でほんとうに「上質でおいしいパン」を提供しているパン屋さんを紹介する連載第7回は、東急池上線長原駅下車徒歩5分の『スピカ・麦の穂』。国産の小麦粉や材料にこだわり、日本の食文化に合った「いのちのもと」となるパンをコツコツと焼く、小さな街のパン屋さんです。取材・文=戸川フユキ写真=高田みづほ国産小麦と天然酵母、そして生産者の顔の見える素材東急池上線長原駅を降りて徒歩約5分。環七通りを越えた懐かしいムードの漂う商店街に店を構える『スピカ・麦の穂』。小さな店舗ながら、都内の自然食品店にもパンを卸す実力店だ。以前にお土産でいただいた、ナッツやフルーツがたくさん入ったこちらのパンが記憶に残っていた。しっかりとした噛み応えのある、ずっしりと重たいパン。しかし一本筋の通った正直な味がするのだ。会社員や飲食店勤務を経て、大手パンメーカーで働いていた降矢泰次シェフが天然酵母のパンに出合い、天然酵母パンの老舗『ル・ヴァン...
TOKYO PREMIUM BAKERIES|第9回 ネモ ベーカリー&カフェ

TOKYO PREMIUM BAKERIES|第9回 ネモ ベーカリー&カフェ

第9回 nemo Bakery & Café|ネモ ベーカリー&カフェパン職人歴20余年のシェフが焼く 「本当に自分がつくりたいパン」東京でほんとうに「上質でおいしいパン」を提供しているパン屋さんを紹介する連載第9回は、東急目黒線の武蔵小山駅近くの『ネモ ベーカリー&カフェ』。活気ある“町のパン屋さん”は、今日もおいしいパンとコーヒーを求める多くのお客さんでにぎわっていました。取材・文=戸川フユキ写真=高田みづほからだにやさしい素材、「粉と酵母」の特長をしっかり活かす全長800メートルを誇る昔ながらのアーケードが圧巻の武蔵小山商店街の前を通り過ぎ、通りを一本渡ってまもなく、落ち着いた店構えの『ネモ ベーカリー&カフェ』を見つけた。たくさんの魅力的なパンが並ぶベーカリーコーナーの奥には、アンティークを基調とした内装が心地よいカフェが併設され、焼きたてのパンを飲物と一緒に楽しめるようになっている。町には少々失礼ながら、武蔵小山っぽくない、ずいぶんと洒落たパン屋さんなのである。根...
TOKYO PREMIUM BAKERIES|第11回 パサージュ ア ニヴォ

TOKYO PREMIUM BAKERIES|第11回 パサージュ ア ニヴォ

第11回 Passage à niveau|パサージュ ア ニヴォ目指すのは、休日の朝にお父さんがバゲットを買いに来るパン屋東京でほんとうに「上質でおいしいパン」を提供しているパン屋さんを紹介する連載第11回は、JR中央線武蔵境駅からほど近い場所で若いご夫婦が営む『パサージュ ア ニヴォ』。オリジナルキャラクターの「バゲットくん」が示すように、看板商品は粉の味がしっかりとする本格派のバゲットです。取材・文=戸川フユキ写真=高田みづほ大切にしたいバゲットの口溶けと歯触り、そして小麦本来の味JR中央線武蔵境駅の南口、線路に沿ってビルの間の路地を三鷹方向に歩くとほどなく、通りの向こうの赤レンガ色の建物が目に留まる。その一階左側の店が、フランス語で「踏切」という名前の『パサージュ ア ニヴォ』だ。ウィンドウには、「Ici se trouvait un passage à niveau.Arrétes-vous ici comme à ce temps-là. (ここには踏切がありました。そ...
TOKYO PREMIUM BAKERIES|第12回 ブーランジェリー ニコラ

TOKYO PREMIUM BAKERIES|第12回 ブーランジェリー ニコラ

第12回 Boulangerie Nicolas|ブーランジェリー ニコラいつもひとと違うことを。自己表現の方法としてのパンづくり東京でほんとうに「上質でおいしいパン」を提供しているパン屋さんを紹介する連載第12回は、伝説のパン屋・半蔵門『ミュゼ』で腕をふるっていた杉山洋春シェフがあたらしく開いた『ブーランジェリー ニコラ パンダーチザン』(以下『ブーランジェリー ニコラ』)です。東急多摩川線・鵜の木駅からほど近い住宅街のなかにある店舗は、赤いテントが目印です。取材・文=戸川フユキ写真=高田みづほ低温長時間発酵させると、酵母が旨味を出し、粉も熟成されみずから旨味を出す東急多摩川線の鵜の木駅を降りて賑やかな多摩堤通りから一本入ると、そこには閑静な住宅街が広がる。田園調布方面へ5分ほど歩くと、「こんなところにパン屋さんが?!」というタイミングで現れるのが、『ブーランジェリー ニコラ』だ。あまりに控えめな佇まいに、気をつけていないと通り過ぎてしまいそうだ。昨年10月にオープンした『ブーラ...
TOKYO PREMIUM BAKERIES|第15回 天然酵母パン&カフェ ナチュラル・プクゥー

TOKYO PREMIUM BAKERIES|第15回 天然酵母パン&カフェ ナチュラル・プクゥー

第15回 Natural Puquu|天然酵母パン&カフェ ナチュラル・プクゥー生地に卵、牛乳、添加物を使わず、「あこ天然酵母」 で焼き上げる健康パン東京でほんとうに「上質でおいしいパン」を提供しているパン屋さんを紹介する連載第15回は、東急世田谷線・上町駅からほど近い世田谷通り沿いの天然酵母パン&カフェ『ナチュラル・プクゥー』。「あこ天然酵母」を使いふっくらと焼かれたパンは、どれもやさしい顔つきでした。取材・文=戸川フユキ写真=高田みづほおいしくて、からだも心もよろこぶパンを地域の人びとに東急世田谷線・上町駅の近く世田谷通り沿いの洋館ふうの建物が『ナチュラル・プクゥー』。「あこ天然酵母」に魅せられた佐藤さんご夫妻の店だ。その健康志向は、パン生地に卵や牛乳、添加物をいっさい使わない徹底ぶり。アレルギーをもつ子どもも安心して食べられて、毎日食べても食べ飽きない、小麦の味が濃いパンだ。もともとは奥さまの由美さんがパン教室に通い、趣味でパンを焼きはじめたそうだが、「あこ天然酵母」と出合っ...
TOKYO PREMIUM BAKERIES|第16回 天然酵母パン エリゾー

TOKYO PREMIUM BAKERIES|第16回 天然酵母パン エリゾー

第16回 erizo|天然酵母パン エリゾー住宅街のまんなかにある 「100%あこ天然酵母」 のパン屋さん東京でほんとうに「上質でおいしいパン」を提供しているパン屋さんを紹介する連載第16回は、京王線のつつじヶ丘駅からバスで10分ほど走った住宅街のまんなかにある『エリゾー』。食べることの大好きな安部枝里さんが、修行の末に自宅敷地内に開いた「あこ天然酵母パン」のお店です。取材・文=戸川フユキ写真=高田みづほ「ここのパンなら食べられる」と具合の悪い子どもが言ったパン京王線のつつじヶ丘駅から、深大寺行きのバスに揺られること数分。調布市立上ノ原小学校の真裏の住宅街に、洒落た一軒家が建っている。グリーンのドアとドアまでの長いアプローチは、小さなフレンチレストランのようだ。ここは安部枝里さんが実家を改装して店舗としての設えを整え、2007年4月にオープンした「あこ天然酵母100%」のパン屋さん、『エリゾー』だ。29歳まではOLをしていたという安部さん。もともとおいしいものが大好きで、祖父母も自...
連載・TOKYO PREMIUM BAKERIES|第19回 マールツァイト

連載・TOKYO PREMIUM BAKERIES|第19回 マールツァイト

第19回 MAHL ZEIT|マールツァイト100%自家培養 「ミルク酵母のパン」 を掲げる、小さな名店東京でほんとうに「上質でおいしいパン」を提供しているパン屋さんを紹介する連載第19回は、文京区茗荷谷の『マールツァイト』。こちらのパンはすべて、農薬がかけられていない野草を食べて育った健康な牛のミルクでつくった、100パーセント自家培養の「ミルク酵母」で焼かれています。取材・文=戸川フユキ写真=高田みづほ大きく丸くまとめたら、あとは「ミルク酵母」の力にまかせるお茶の水女子大学のキャンパスのほど近く、春日通りから斜めに分かれた道を下ると左手に赤いテントの『マールツァイト』が見えてくる。店頭には「ミルク酵母のパン」ののぼりが揺れ、手描きのポスターなどもにぎやかに貼られている。いったいどんな方がパンを焼いているのかと、恐る恐るドアを開けると、オーナーの白井幸子さんのとびきりの笑顔に迎えられた。白井さんは以前からパン教室で教えていたが、パンと酵母の研究会で「ミルク酵母」と出合い、その酵母...
EAT
38 件