現行Vクラスに初のガソリンモデル|Mercedes-Benz

現行Vクラスに初のガソリンモデル|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz V 260 long|メルセデス・ベンツ V 260ロング現行Vクラスに初のガソリンモデルメルセデス・ベンツ日本は11月5日(月)、MPV「Vクラス」にガソリンエンジン搭載の特別仕様車「V260ロング」を設定、250台限定で販売を開始した。Text by YANAKA Tomomi2.0リッター直列4気筒ターボを搭載2015年のフルモデルチェンジ以降、日本ではディーゼルモデルのみが展開されてきた「Vクラス」。7名乗車のシートレイアウトや左右両側の電動スライドドア、リアエンターテインメントシステムなど、日本オリジナルの装備やアクセサリーを充実させてきた。そんなVクラスに現行モデルでは初となるガソリンエンジンモデルが特別仕様車として登場した。「V 260ロング」は、通常よりも一回り長いボディサイズの「ロング」を採用。搭載されるガソリンエンジンは最高出力155kW(211ps)、最大トルク350Nmを発生する2.0リッター直列4気筒ターボで、7段ATが組み合わ...
アウトドアを楽しむための新グレード「マルコ ポーロ ホライゾン」|Mercedes-Benz

アウトドアを楽しむための新グレード「マルコ ポーロ ホライゾン」|Mercedes-Benz

Mercedes Benz V 220d Marco Polo Horizon|メルセデス・ベンツ V 220d マルコ ポーロ ホライゾンアウトドアを楽しむための新グレードVクラスに「マルコ ポーロ ホライゾン」を追加メルセデス・ベンツ日本は2月2日(金)、「Vクラス」にアウトドアを楽しむための新グレード「V 220d マルコ ポーロ ホライゾン」を追加。販売を開始した。Text by YANAKA Tomomi最大5名までの就寝スペースを確保1998年に日本に導入された「Vクラス」。2016年からの現行モデルは、日本ではディーゼルモデルのみが展開されている。新たに発表された「V 220d マルコ ポーロ ホライゾン」では、ポップアップルーフやフルフラット機能付きベンチシート、前席には回転式シートなど専用装備が与えられているのが特徴。これらの機能が用意されたことにより、最大5名が横になって休むことができるように。アウトドアなどでの車中泊なども可能になる。ルーフ上のポップアップルー...
AMGラインを採用したスポーティなVクラスを設定|Mercedes-Benz

AMGラインを採用したスポーティなVクラスを設定|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz V 220 d Sports|メルセデス・ベンツ V 220 d スポーツAMGラインを採用したスポーティなVクラスを設定メルセデス・ベンツ日本は7月5日(水)、ミニバン「Vクラス」にスポーティなスタイリングの「V 220 d スポーツ」を設定し、受注を開始した。デリバリーは9月頃が予定されている。Text by YANAKA Tomomi標準ボディサイズの最上級グレード2015年にフルモデルチェンジされ、すべてがディーゼルモデルとなった「Vクラス」。ボディサイズは標準、ロング、エクストラ ロングの3種類が用意されており、7人が乗車できるシートレイアウトや左右両側の電動スライドドアなど、日本のユーザーに合わせた装備や専用アクセサリーが用意されているのも特徴だ。新たに登場した「V 220 dスポーツ」は、標準ボディサイズの最上級グレードに当たり、内外装にスポーティな「AMGライン」を取り入れたモデル。エクステリアでは、専用デザインのフロントスポイラーやリア...
AMGデザインをまとった「スポーツ・ロング」を追加|Mercedes-Benz

AMGデザインをまとった「スポーツ・ロング」を追加|Mercedes-Benz

Mercedes Benz V Class|メルセデス・ベンツVクラスMercedes Benz V220d Sport long|メルセデス・ベンツ V220dスポーツ・ロングAMGデザインをまとった「スポーツ・ロング」を追加メルセデス・ベンツ日本は1日、MPV「Vクラス」を一部改良するとともにに、あらたに「V 220 d スポーツ ロング」を追加。販売を開始した。Text by YANAKA Tomomi尿素水溶液「アドブルー」のタンクを大型化する一部改良も昨年フルモデルチェンジを果たし、10月から日本でも販売されているメルセデス・ベンツのMPV「Vクラス」。すべてのモデルが日本の規制に合わせた最高出力120kW(163ps)、最大トルク380Nm(38.7kgm)を発生させる2.2リッターディーゼルターボエンジンのみというラインナップになっているのも特筆すべき点だ。そして今回あらたに内外装にスポーティなAMGラインをまとった「V 220 d スポーツ ロング」を追加。ベースグ...
新型メルセデス・ベンツ Vクラスに試乗|Mercedes-Benz

新型メルセデス・ベンツ Vクラスに試乗|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz V Class|メルセデス・ベンツ Vクラス新型メルセデス・ベンツ Vクラスに試乗ワンボックス スタイル リムジンとしての資質が大幅アップ2015年にフルモデルチェンジを受け、3代目へと進化したメルセデス・ベンツのミニバン「Vクラス」。日本への導入がスタートしたばかりの同モデルに、モータージャーナリストの大谷達也氏がさっそく試乗した。Text by OTANI TatsuyaPhotographs by ARAKAWA Masayuki克服された弱点国際試乗会で海外を訪れた際、かなりの確率で私たちを空港まで出迎えにきてくれるのがメルセデス・ベンツ「Vクラス」。背の高い大型ワンボックスカーゆえに3列シートでも車内は広々。ラゲッジスペースの奥行きはやや短めながら4人分のスーツケース(ただし機内持ち込みサイズ)をラクラク呑み込むスペースユーティリティの高さは実に心強く、このカテゴリーでは日本未導入のフォルクスワーゲン「トランスポーター」と並ぶ“最強ジャーマン・...
東京モーターショー 2015 リポート|Mercedes-Benz

東京モーターショー 2015 リポート|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz|メルセデス・ベンツMercedes-AMG|メルセデスAMGsmart|スマート東京モーターショー 2015 リポート未来の東京をイメージしたコンセプトモデルを発表国内で販売される輸入車ブランドのなかでも、ひときわな好調が伝えられるメルセデス・ベンツ、およびそのサブブランドたち。東京モーターショーにおいても、新モデルの導入をおこなうなど、その勢いは止まらない。小川フミオ氏による現地リポート。Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki新型SUVを披露日本市場での販売好調なメルセデス・ベンツ。その理由を探るのにもっともよい方法は、東京モーターショーのブースを見ることかもしれない。現在、26車種127モデルを日本で販売するメルセデス・ベンツ日本。さらにショーでは、2015年、圧倒的な速さで選手権を獲得したF1マシンをはじめ、導入予定の新型車、さらに世界初公開のコンセプトモデルと、多岐にわたる内容がいっき...
メルセデス・ベンツ新型「Vクラス」国内導入を発表|Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツ新型「Vクラス」国内導入を発表|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz V Class|メルセデス・ベンツ Vクラスメルセデス・ベンツ新型「Vクラス」国内導入を発表メルセデス・ベンツ日本は、昨年2月に本国でフルモデルチェンジを果たしたMPV「Vクラス」の国内導入を発表。ミニバンが普及する日本市場に向け、専用ディーゼルエンジンや国内開発のアクセサリーなどを用意し、満を持して1月よりデリバリーを開始する。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)エンジンは日本専用設定のディーゼル今回、日本に導入される新型Vクラスには、最高出力120kW(163ps)、最大トルク380Nmを発生する2.2リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジンのみを搭載。排気ガスから、粒子状物質除去フィルター(DPF)でPMを除去したうえに尿素SCRで化学反応を発生させることでNOxを大幅に低減させる、BlueTEC搭載のクリーンディーゼルだ。じつはこのエンジンは本国に設定がなく、厳しい日本の規制をクリアするため、わざわざ開発した...
メルセデスのミニバン、新型「Vクラス」発表|Mercedes-benz

メルセデスのミニバン、新型「Vクラス」発表|Mercedes-benz

Mercedes-benz V-Class|メルセデス・ベンツ Vクラス3代目となるメルセデスのミニバン、新型「Vクラス」発表メルセデス・ベンツのミニバン「Vクラス」がモデルチェンジした。ドイツ本国では3月より予約が開始され、5月に販売が開始される予定だ。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)ボディのタイプは全3バリエーション全長5メールを超えるおおきなボディに、スライドドアや3列シートをそなえ、メルセデス・ベンツらしいラグジュアリーなインテリアをまとった最新の「Vクラス」。初代は1999年に商用バンからの派生モデルとして誕生。2代目ではその名称を「ビアノ」と変更したが(日本ではマイナーチェンジを機にVクラスに戻した)、今回のフルモデルチェンジで、再びVクラスとし、3代目のデビューとなった。フロントフェイスは「Aクラス」「Eクラス」「Sクラス」「Cクラス」といった最近のモデルにみられるような、押し出しの強いグリルに切れ長のヘッドライト獲得。また、フ...
精悍なエクステリアのVクラス特別仕様車|Mercedes-Benz

精悍なエクステリアのVクラス特別仕様車|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz V 350 BLACK EDITIONメルセデス・ベンツ V 350 ブラック エディションメルセデス・ベンツ「Vクラス」に、より精悍なエクステリアを纏った特別仕様車メルセデス・ベンツ日本は、プレミアム マルチパーパス ビークル「Vクラス」に特別仕様車「V 350 ブラックエディション」を設定。170台限定で販売を開始した。 Text by YANAKA Tomomi快適性と利便性を備えたラグジュアリーパッケージも採用特徴的なスクエアボディによる広い室内空間と、3.5リッターV6エンジンがもたらすゆとりある走りを謳うプレミアム ミニバン「Vクラス」。あらたに、ラグジュアリーパッケージやバイキセノンパッケージなど、人気の高いオプション装備をくわえた特別仕様車が登場した。ベースとなるのはエントリーグレードの「V 350 トレンド」。電動デュアルスライディングドア、駐車時に障害物が近づくと注意を促す「パークトロニック」、運転席のメモリー付きパワーシートや...
Mercedes-Benz V-Class|メルセデス・ベンツ Vクラス 新型を発売

Mercedes-Benz V-Class|メルセデス・ベンツ Vクラス 新型を発売

Mercedes-Benz V-Class|メルセデス・ベンツ Vクラス精悍なマルチパーパスビークルの新型が発売メルセデス・ベンツ日本は、マルチパーパスビークル「Vクラス」を一部改良し、1月21日(金)より全国で発売した。文=松尾 大快適さを向上させた、あらたな足まわりカール・ベンツが独自に開発した3輪自動車の特許を申請したのが、1886年1月29日。だれが、自動車を発明したのかということについてはさまざまな意見があるものの、いまではこの日が正式な自動車誕生の日だとされている。以来、今年で125年メルセデスはいつの時代もあらゆる自動車メーカーの目標として最先端の技術、基準をしめしてきた。そんなメルセデスのラインナップのなかでも唯一、1BOXタイプのミニバンボディをもつのがこのVクラスだ。どうしてもファミリー志向が強くなってしまうミニバンにあって、1998年の登場以来、プレミアムミニバンとして支持を得つづけてきた。そして、今回は内外の装いもあらたに、サスペンションにも大幅な改良がなさ...
Car
ミニバンの可能性を提案するPHVコンセプト「ヴィジョンe」|Mercedes-Benz

ミニバンの可能性を提案するPHVコンセプト「ヴィジョンe」|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz concept V-ision e|メルセデス・ベンツ コンセプト ヴィジョン eプラグイン ハイブリッドのVクラスがベースメルセデス・ベンツが提案するミニバンの可能性メルセデス・ベンツは、新型「Vクラス」をベースに、プラグインハイブリッドや特別な内外装などをほどこし、ミニバンの可能性を探る「コンセプト ヴィジョン e」をジュネーブモーターショーで披露した。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)高い動力性能のPHVミニバンジュネーブモーターショーでメルセデス・ベンツが披露した「コンセプト ヴィジョン e」は、見かけこそ昨年5月に発表したミニバン、新型「Vクラス」だが、その内外装やパワートレーンにさまざまな新機軸を盛り込み、ミニバンの可能性を見出すショーカーだ。パワートレーンには、新型Cクラスに追加されたプラグイン ハイブリッド モデル「C 350 e」とおなじものを採用。最高出力155kW(210ps)と最大トルク350...
アヴァンギャルドなVクラス特別仕様車|Mercedes-Benz

アヴァンギャルドなVクラス特別仕様車|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz V350 Grand Edition|メルセデス・ベンツ V350 グランド エディションアヴァンギャルドなVクラス特別仕様車メルセデス・ベンツ日本は15日、ミニバン「Vクラス」の特別仕様車「V350 グランドエディション」を設定。30台限定で販売を開始した。 Text by YANAKA Tomomiホワイトメタリックの専用カラーを採用メルセデス・ベンツのマルチパーパスビークル「Vクラス」。ドイツ本国では今年2月に新型が発表されているが、国内ではまだ先代が現行モデルだ。その、円熟したVクラスに、アバンギャルド仕様のエクステリアとラグジュアリーな内装をほどこした限定車が登場した。ベースとなるのは3.5リッターV6エンジンを搭載し、最高出力190kW(258ps)、最大トルク340Nm(34.7kgm)を発揮する中級グレードの「V350 アンビエンテ」。このモデルにクロームストリップ付きフロントスポイラーやハイグロスクロームドアミラーを備え、通常設定のない...
12 件