IWC

IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)は、1868年にアメリカ人時計師のフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズが、ドイツとの国境沿いに位置するスイス・シャフハウゼンに創設したブランド。アメリカですでに実用化されていたオートメーション化をスイスの時計界にも導入し、より効率的で完成度の高い時計作りを目指していた。

この当時、既にシャフハウゼンにはヨハン・ハインリッヒ・モーザーによって大規模な発電施設があったことから、ジョーンズはシャフハウゼンを創業地として選んだといわれているが、ドイツ国境沿いに位置する地の利のため、同ブランドは質実剛健で高品位な時計製造を特徴とするようになる。

IWCが最も急速な成長を遂げたのは航空産業の発達が関係している。なかでも1930年代に開発した「パイロットウォッチ」は、第2次世界大戦中にイギリス空軍を始め、ドイツ、オーストリアの軍にも正式採用され、世界中のパイロットの憧れとなった。

その後もペラトン自動巻き機構や、2499年まで表示可能な永久カレンダー機構などの独自機構を次々と開発。また耐磁時計「インヂュニア」や、自社製ポケットウオッチにインスパイアされた「ポルトギーゼ」、高深度ダイバーズウォッチ「アクアタイマー」などの人気シリーズを次々と発表して、世界中の時計愛好家たちから高い支持を獲得している。

【創業年】1868年 【創業地】スイス、シャフハウゼン 【主なシリーズ名】インヂュニア、アクアタイマー、ポルトギーゼ、ダ・ヴィンチ 【問い合わせ先】IWC free15 0120-05-1868

IWC|作家、鈴木光司氏に訊く、機械式時計とヨットの魅力

IWC|作家、鈴木光司氏に訊く、機械式時計とヨットの魅力

IWC|アイダブリューシー「ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ」と過ごすクルーズの旅作家、鈴木光司氏に訊く、機械式時計とヨットの魅力IWCにとって、2010年は「ポルトギーゼ」の年。生誕70周年という記念すべき年に向けて発表された新作「ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ」が、今秋日本へと入荷を果たす。文=野上亜紀こだわりの機械式時計、生きる力を育てるヨットの旅1960~70年代に成功を収めた耐衝撃時計「ヨットクラブ」から発想を得た「ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ」。この時計を愛用しているのが、作家の鈴木光司氏だ。鈴木氏はこのクロノグラフが見せる「大きくて、セクシー」な魅力に一目で惹かれたという。「長く愛用できるものを探していたところ、この時計と出会いました。迷いはありませんでしたね。ヨットで持つ時計はクォーツではなく機械式時計、と決めています。人間の身体でできることにかんしてはなるべく自分の力でおこないたいから、電動には頼らないんですよ。だからカーナビも使いま...
IWC|ボルトギーゼ・トゥールビヨン・ミステール・レトログラード

IWC|ボルトギーゼ・トゥールビヨン・ミステール・レトログラード

IWC|アイ・ダブリュ・シーPortuguese Tourbillon Mystère Retrogradeボルトギーゼ・トゥールビヨン・ミステール・レトログラード文=渋谷康人トゥールビヨンにくわえて、レトログラード・デイト機構を搭載まるで空中に浮いているように見える、1分間に1回転する12時位置のトゥールビヨンで2008年のS.I.H.H.の話題をさらった「ポルトギーゼ・トゥールビヨン・ミステール」の後継・発展モデル。トゥールビヨンと3時位置のパワーリザーブ・インジケーターにくわえ、7時と8時のインデックスのあいだに回転軸をもつレトログラード・デイト機構をあらたに搭載。レトログラード針は1日から31日を表示し、31日から1日を迎えたときに自動的に1日にリセットされる。特筆すべきは、小の月や2月に必要になる日付の早送りをはじめ、すべての操作がリュウズひとつで可能なこと。またあらたにレトログラード・デイト表示機構を追加しながら、「トゥールビヨン・ミステール」同様に7日間のロングパワー...
IWC|ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ

IWC|ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ

IWC|アイ・ダブリュー・シーポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ文=渋谷康人ポルトギーゼ・コレクション初の、ヨットマンのためのスポーツモデル海の男たちのために開発された大型で視認性に優れた腕時計というオリジナルの持ち味を、現代のムーブメントと素材を使い、さらに進化させたIWCならではのクロノグラフ。自動巻きムーブメントは、2007年デビューのダ・ヴィンチ・クロノグラフにはじめて搭載されたCal.(キャリバー)89360。これは通常の時計ダイヤルのようにクロノグラフの経過時間が読める文字盤12時位置のクロノグラフカウンター、耐ショック機能を盛り込んだ特許のペラトン式自動巻き機構、そして計測途中でもそのままリセットボタンを押して再計測が可能なフライバック機能を備えた、時計愛好家垂涎のムーブメントだ。ダイバーズの「アクアタイマー」のようにバリバリのハイスペックではなく、甲板の上でも安心して使える。またスーツやフォーマルなスタイルにもピッタリの上品なモデルへと仕上がっている。自動巻き...
IWC|ポルトギーゼ・パーペチュアルカレンダー

IWC|ポルトギーゼ・パーペチュアルカレンダー

IWC|アイ・ダブリュ・シーポルトギーゼ・パーペチュアルカレンダーText by OPENERS1497年に喜望峰を回る航海に成功したヴァスコ・ダ・ガマや、1519年に世界一周航海を達成したフェルディナンド・マゼランをはじめ、ポルトガル人は常に航海に情熱を賭してきた。これは1930年代にIWCの時計工場を訪れたポルトガル人、ロドリゲスとティシェイラも同様。彼らは、マリン・クロノメーターの精度を備えたSS製の腕時計製造をIWCに依頼。IWCは、これに対して懐中時計用ムーブメント「Cal.74」を搭載した大型のハンターウォッチを製造し、彼らの期待に応えたのである。このポルトガル人の要望から生まれた時計にインスパイアを受けて開発された「ポルトギーゼ」は、1993年、IWCの創業125周年記念モデルとして誕生している。エレガントな文字盤と大型ケースは、クラシックでありながら並々ならぬ存在感を放つ。現行モデルには、3針、クロノグラフだけでなく、トゥールビヨンやミニッツリピーターなどの複雑系も...
IWC|パイロット・ウォッチ・クロノ・オートマティック

IWC|パイロット・ウォッチ・クロノ・オートマティック

IWC|アイ・ダブリュー・シーPilot's Watch Chronograph Automaticパイロット・ウォッチ・クロノ・オートマティックText by OPENERS1994年に「メカニカル・フリーガー・クロノグラフ」という名で登場し、2006年にリニューアルされて誕生した「パイロット・ウォッチ・クロノ・オートマティック」。IWCのフラッグシップであるマークシリーズと同様に、高度な視認性を備えた航空時計であり、さらにクロノグラフを搭載しているために、スポーティでメカニカルなダイヤルデザインに仕上がっている。従来モデルは直径39mmだったが、リニューアルに際して直径42mmに拡大。積算計の針も大型化されて、さらに視認性が高められている。また、スモールセコンドには赤針が採用されており、判読性を高めるばかりか、ブラックダイヤルとのコントラストによって、より精悍なイメージを獲得。ストラップはクロコダイルと、繊細なSSブレスの2パターンから選択可能である。さらに、秀逸なコストパフォ...
IWC|ポルトギーゼ・クロノ・オートマティック

IWC|ポルトギーゼ・クロノ・オートマティック

IWC|アイ・ダブリュー・シーPortuguese Chrono-Automaticポルトギーゼ・クロノ・オートマティックText by OPENERSIWCの中でも、最も人気の高いモデルのひとつである、ポルトギーゼ・クロノ・オートマティック」。1995年に登場した「ポルトギーゼ・クロノ・ラトラパンテ」の弟分としてデビューしているが、当時から基本デザインは何も変わらないという驚くべき高寿命なベストセラーモデルである。ポルトギーゼのシリーズ自体は、1930年代にポルトガル商人がIWCに開発を依頼した、高精度なマリンクロノメーターに由来している。IWCは、ポケットウオッチ用の大型ムーブメントを腕時計に搭載することで、彼らの要望に見事に応えている。ただしその際の腕時計のサイズは、当時としては考えられないほど大きな直径41mmであった。しかし、このビッグフェイスこそが、現行のポルトギーゼのアイデンティティでもあり、なかでもポルトギーゼ・クロノ・オートマティックは、当時のサイズに最も忠実な直...
特集|ダイバーズ ウォッチ進化論

特集|ダイバーズ ウォッチ進化論

年々進化を遂げるダイバーズウォッチ。海中での使用を念頭に置いたスペックの強化からシティユースにも最適なデザインの美しさまで――ダイバーズウォッチの最新形を紹介します。写真=JAMANDFIX文・構成=野上亜紀Rolex|ロレックスオイスター パーペチュアル サブマリーナー デイト1953年の誕生以来、ロレックスが誇るダイバーズウォッチとして成長を遂げてきた「サブマリーナー」。2010年の今年もその進化はとどまることなく、あらたにリニューアルモデル「オイスター パーペチュアル サブマリーナー デイト」が登場した。・・・つづきを読むJaeger-LeCoultre|ジャガー・ルクルトマスター・コンプレッサー・ダイビング・アラーム・ネイビー・シールズ今年もあらたにアメリカ海軍特殊部隊とのコラボレーションウォッチ「ネイビー・シールズ」のオートマティックモデルが登場し、同コレクションに注目が寄せられているジャガー・ルクルト。写真は昨年はじめてネイビー・シールズとコラボレーションを果たした記念...
特集|ダイバーズウォッチ進化論 IWC

特集|ダイバーズウォッチ進化論 IWC

IWC|アイダブリューシーAquatimer Automatic 2000アクアタイマー・オートマティック 2000やむことない進化を見せるダイバーズウォッチコレクション「アクアタイマー」。インナーからアウターの回転ベゼルへとリニューアルチェンジした、注目のモデルが到着した。写真=JAMANDFIX文・校正=野上亜紀細部に工夫をほどこしたリニューアルモデル昨年大幅なリニューアルを受け話題を呼んだダイバーズウォッチ・コレクション「アクアタイマー」が2010年のいま、ぞくぞくと日本に入荷中だ。なかでもぜひ手に取りたいのが、写真の「アクアタイマー・オートマティック 2000」。これまでのインナーベゼルをアウター回転ベゼルへと変更した、2000メートルの防水を誇るモデルだ。ダイバーズモデルにはヘリウムガス排出バルブを搭載することでケースの破損を防いでいるものが多いが、このモデルはケース自体を強固にすることで故障の可能性があるバルブを用いていない。サテン仕上げのケースにくわえて、ベゼルのサイ...
IWC|ジュネーブサロン総力レポート!

IWC|ジュネーブサロン総力レポート!

IWC|アイ・ダブリュー・シー永久カレンダー搭載モデルを筆頭に、プレミアムなパイロットウォッチがテイクオフ!ドイツ的な、質実剛健なスタイルを守りながら、最新の技術や素材を導入し、毎年確実に製品を進化させるIWC。今年、進化の対象となったのは、コレクションの中でも最も男性的といえるパイロットウォッチ。自社製の複雑機構を搭載したムーブメントを使った、時計愛好家にも魅力的なモデルも登場した。Text & Event Photographs by SHIBUYA Yasuhito文化的にもドイツの影響が色濃いシャフハウゼンで、スイス時計とはひと味違うシンプルで質実剛健なスタイルと、独自の哲学を守りながら1868年から時計製造を続けるIWC(アイ・ダブリュー・シー)。「男の時計」であることを全面に押し出したユニークな広告でも有名だ。2012年は、まさにこの「男の時計」本領発揮の年となった。1930年代からの輝かしい歴史を持つパイロットウォッチのコレクションが、「トップガン」「クラシッ...
IWC|SIHH 2013 新作ウォッチコレクション

IWC|SIHH 2013 新作ウォッチコレクション

IWC|アイ・ダブリュー・シーモータースポーツウォッチの究極を追求した新「インヂュニア」コレクションが誕生時代に合わせてコレクションを大胆に一新するIWC。今年、完全リニューアルの対象となったのは1955年に“エンジニアのための腕時計”として誕生した「インヂュニア」。フルモデルチェンジは2005年以来、8年ぶりだ。Text & Event Photographs by SHIBUYA Yasuhito今回のあたらしいインヂュニアは、クルマを愛する人々のためのドライバーズウォッチ、レーシングウォッチと位置づけられている。IWCはメルセデス・ベンツのハイパフォーマンスカー部門&レーシング部門であるAMGとの間で長らく協力関係にあったが、今回のリニューアルにあたって同社は、あらたにメルセデスのF1チーム、「メルセデスAMG ペトロナス フォーミュラ1」と3年間の公式パートナーシップを締結。SIHH(ジュネーブサロン)のブースではこの関係をアピールするべく、シュツットガルトのメルセ...
IWC|ポルトギーゼのエレガントな「クロノグラフ・クラシック」

IWC|ポルトギーゼのエレガントな「クロノグラフ・クラシック」

受け継がれるアイデンティティーポルトギーゼのエレガントな「クロノグラフ・クラシック」IWCを代表するコレクションのひとつ「ポルトギーゼ」に、エレガントでスタイリッシュな「ポルトギーゼ・クロノグラフ・クラシック」と「ポルトギーゼ・トゥールビヨン・ハンドワインド」が登場。より優雅に、洗練された時を刻むタイムピースが誕生した。まずは、「ポルトギーゼ・クロノグラフ・クラシック」からご紹介しよう。Text by YANAKA Tomomiイタリア高級靴サントーニ社が手がける美しいストラップ大航海時代、精密な航海用計器を手に大海原へと漕ぎ出し、新世界発見に挑んだポルトガルの男たち。「ポルトギーゼ」の起源は、それから500年以上もの時を経た1930年代、ふたりのポルトガル人時計商がIWCの時計工房を訪れ、マリン・クロノメーターに匹敵する精度をもつ腕時計の製作を注文したことにはじまる。そして1939年、ポケットウォッチ・ムーブメントを搭載した初代「ポルトギーゼ」は誕生。以来70年以上にわたりIWC...
IWC|ポルトギーゼ・ハンドワインド

IWC|ポルトギーゼ・ハンドワインド

IWC|アイ・ダブリュ・シーPortuguese Hand-Wound|ポルトギーゼ・ハンドワインド文=渋谷康人時計愛好家垂涎、伝説の手巻きムーブメント搭載のシンプルモデル1868年に地元シャフハウゼンの企業家とともにIWCを創業したアメリカ人時計師フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズ。彼が製作した第1号のポケットウォッチは、当時としては考え得る限り最新の機械式ムーブメントを搭載していた。そしてその基本仕様を継承する手巻きムーブメント「Cal.98295」は、通称“ジョーンズ・キャリバー”と呼ばれ、そのクラシックな味わいで、IWCの数ある機械式キャリバーのなかでももっとも魅力的なムーブメントのひとつである。これまでプレミアムな限定モデル中心に使用されてきた、この珠玉のムーブメント搭載のシンプルなスモールセコンドモデルが、ついにレギュラーモデルとして登場した。なかでも100万円を大きく切る価格で登場した写真のステンレススティール・モデルは、まさに時計愛好家の期待に応えた特別な1本で...
IWC|アイダブリューシー 2011年S.I.H.H.速報!

IWC|アイダブリューシー 2011年S.I.H.H.速報!

IWC|アイダブリューシーシンプル&エレガントウォッチの名作コレクション「ポートフィノ」が待望の完全リニューアル!航空機創生期の19世紀末ごろからパイロットウォッチの製造に力を注いできたIWC。100年ものあいだ培ってきたその高度な技術を結集した今回の新作は、1984年に誕生した「ポートフィノ」コレクションのリニューアルモデルだ。IWCのベーシックなウォッチと位置づけられているモデルの21世紀仕様が、ついに登場した。文=渋谷康人パイロットウォッチで培った、最高の時計技術スイス北部、ドイツと国境を接する古都でありライン河水運の要衝で、ヨーロッパ有数の瀑布「ラインの滝」で観光地としても有名なシャフハウゼンを本拠地に1868年から時計づくりをつづけているIWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)。創業者がアメリカ人であったなど、興味深い逸話には事欠かず、懐中時計の時代から時計業界の技術的なリーダーとして、時計の精度と耐久性を追求した数々の歴史的傑作を世に送り出してきた。いまも昔も...
IWC|華麗なるポルトギーゼの「トゥールビヨン・ハンドワインド」

IWC|華麗なるポルトギーゼの「トゥールビヨン・ハンドワインド」

究極のミニマリズム華麗なるポルトギーゼの「トゥールビヨン・ハンドワインド」IWCの「ポルトギーゼ」に、ふたつの新作モデルが登場。先日ご紹介した「ポルトギーゼ・クロノグラフ・クラシック」に続き、今回は、同コレクションの頂点に立つ「ポルトギーゼ・トゥールビヨン・ハンドワインド」をご紹介。クラシカルながら最新技術を組み合わせた、時計ファン垂涎の一本だ。Text by YANAKA Tomomiポルトギーゼのトゥールビヨン搭載モデル「ポルトギーゼ」コレクションの頂点に立つ「ポルトギーゼ・トゥールビヨン・ハンドワイド」は、9時の位置に華麗なるトゥールビヨンを見ることができる。搭載されるムーブメントは、1920年代から製造され伝統と最新技術を組み合わせながら進化をつづけるキャリバー98000シリーズの最新版、キャリバー98900を採用。この時計のためにエンジニアたちはテンプの振動数を2万8800回/時に向上させ、優れた精度を実現した。ケースは18Kホワイトゴールド、または18Kレッドゴールド製...
IWC|ハミルトンとロズベルグがIWCのあたらしいアンバサダーに就任

IWC|ハミルトンとロズベルグがIWCのあたらしいアンバサダーに就任

IWC|アイ・ダブリュー・シーF1ドライバーの腕元に輝くIWCの時計ハミルトンとロズベルグがIWCのあたらしいアンバサダーに就任F1チーム「メルセデスAMGペトロナス」とオフィシャル技術パートナーを組むスイスの時計メゾンIWCのアンバサダーに、チームを牽引するドライバーのルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグのふたりがあらたに就任した。Text by YANAKA TomomiIWCとF1の共通点ドイツとの国境の町であるスイス・シャフハウゼンで1868年にその歴史をスタートしたマニュファクチュールIWC。質実剛健で高品位なものづくり、精密機械技術の分野において長年にわたる輝かしい歴史は、ドイツを代表する自動車メーカー、メルセデス・ベンツとの大きな共通点となっている。なかでもメルセデス・ベンツのパフォーマンスブランドであるAMGとは、2004年にパートナーシップを締結。さらに、今年1月には、F1チーム「メルセデスAMGペトロナス」とのオフィシャル技術パートナーとしてのタッグも実現した。...
56 件