A. LANGE & SÖHNE

ザクセン王国が栄華を極めた19世紀初め、ドレスデンの宮廷御用達の時計師であるフリードリッヒ・グートケスのもとで、時計師を目指して修業を重ねたフェルディナンド・アドルフ・ランゲ。この偉大なる賢人が、ドレスデン郊外に開設した時計工房から、同ブランドの歴史は始まった。

アドルフ・ランゲは、現代でもなお伝統的な技法として名高い4分の3プレートなどを考案する一方、部品製造に必要な工具を次々と開発。各部品の製造方法を彼のもとで働いていた徒弟たちに広く伝えることで、一代にして同ブランドの基礎を築き上げたのだった。

一族経営を継続しながら、宮廷時計師の製造技術を活かした懐中時計や腕時計を手掛け、20世紀初頭にはヨーロッパ時計界のトップブランドに成長したA.ランゲ&ゾーネ。しかし、第二次世界大戦により、その経営は一時中断。終戦後も、旧東ドイツ圏の国営企業として接収されたまま、栄えあるA.ランゲ&ゾーネの名は、歴史から一時休眠状態となってしまうのだった。

しかし、東西ドイツが統合された1990年、創業者のひ孫にあたるウォルター・ランゲが、かつての時計製造の技術を故郷の地に見事に再興させる。そしてザクセン王国時代から重ね続けてきた技術力と装飾技法を腕時計の分野に惜しみなく注ぎ込み、「ランゲ1」「ダトグラフ」のような、至極のマスターピースを次々と発表。

2枚のディスクにより大きく日付を表示させるアウトサイズデイトや、独自の秒針位置合わせメカニズムであるゼロリセット機構の開発で特許を取得するなど、ザクセン気質と言っても良い旺盛な開発精神をあますことなく発揮し続けている。こうして現代、時計界最高峰のステイタスを再び確立し、時計ファン憧れの高みとして21世紀にも君臨し続けている。

【創業年】1845年 【創業地】ドイツ、ザクセン州ドレスデン郊外 【主なシリーズ名】ランゲ1、ツァイトヴェルク、サクソニア、1815、リヒャルト・ランゲ 【問い合わせ先】A.ランゲ&ゾーネ 03-4461-8080

公式サイト:

創業者F.A.ランゲへのオマージュモデルを発表|A.LANGE & SÖHNE

創業者F.A.ランゲへのオマージュモデルを発表|A.LANGE & SÖHNE

A.LANGE & SÖHNE|A.ランゲ & ゾーネブランド創業200周年創業者F.A.ランゲへのオマージュモデルを発表(1)A.ランゲ&ゾーネにとって、2015年は特別な年だ。創業者であり優れた時計師であり、さらにグラスヒュッテに時計産業を育てた実業家であるフェルディナント・アドルフ・ランゲが生まれてちょうど200年のアニバーサリーイヤーにあたる。この年を記念して2月に記念限定モデルが発表され、さらに8月にはこの記念すべき年に合わせて新工場が完成。そしてWATCHES & WONDERSのコレクションのメインもこのアニバーサリーイヤーを記念する第2弾となる限定モデルなど、魅力的なモデルが公開された。Photographs & Text by SHIBUYA Yasuhitoハニーカラーゴールドのオマージュモデルグラスヒュッテの市長としても活躍したフェルディナンド・アドルフ・ランゲ。その誕生日、2月18日に生誕200周年記念限定モデルの第一弾として...
A.ランゲ&ゾーネの新工房が完成し記念式典を開催|A.LANGE & SÖHNE

A.ランゲ&ゾーネの新工房が完成し記念式典を開催|A.LANGE & SÖHNE

A.LANGE & SÖHNE|A.ランゲ & ゾーネ地中熱エネルギーを利用した先進的な新工房が完成ドイツ・グラスヒュッテの本社に建設中だったA.ランゲ&ゾーネの新工房が3年の工期を経て落成し、2015年8月26日にお披露目のセレモニーがおこなわれた。当日はドイツ首相メルケル氏とザクセン州知事ティリッシュ氏も来場、地熱エネルギーを利用したエコ・フレンドリーで先進的な設計の新工房は、内外のメディアから注目を集めている。Text by Hirumaxグラスヒュッテの伝統的な建築様式を取り入れた先進的な設計の新工房創始者フェルディナント・アドルフ・ランゲ氏が目指した世界最高の機械式時計作りを発展させるため、A.ランゲ & ゾーネ史上最大規模、数千万ユーロを投資した新工房プロジェクトが完成した。ドイツのグラスヒュッテの南端に位置し、生産スペースの総面積5400平方メートルという広大な新工房は、明るくクリーンなファーサードが印象的。グラスヒュッテに長年受け継がれる建築...
A. Lange & Sohne|カバレット

A. Lange & Sohne|カバレット

A. LANGE & SÖHNE|A.ランゲ & ゾーネCABARET|カバレットText by OPENERS1998年の誕生以来、優美な湾曲を帯びたレクタンギュラーケースで人気を博す「カバレット」。英語で「キャバレー」を意味するモデル名の通り、古き良き時代のエレガンスを感じさせる名品である。まず特筆すべきは、ランゲが得意とする“アウトサイズデイト”の搭載だろう。日付を大きく表示するためには、2枚のディスクを必要とするが、通常の角形ウオッチでこれを実現するのは、スペースの制約上、非常に困難をともなう。しかし、同社は特許取得済みの新機構を開発することで、スペース効率を最大限高めながら、大型の日付表示を実現。工芸レベルの審美性だけには終わらない、機能性に対するあくなき追求も、雲上ブランドならではの矜持といえる。そして、時計を裏返せば、角形ムーブメント「Cal.L931.3」が、シースルーバックから眺められる。角形ケースに対して、丸形の汎用ムーブメントを搭載するのではなく、きち...
ヒストリックカーコンクール最優秀賞受賞者に特別な時計を贈呈|A. LANGE & SÖHNE

ヒストリックカーコンクール最優秀賞受賞者に特別な時計を贈呈|A. LANGE & SÖHNE

A. LANGE & SÖHNE|A.ランゲ&ゾーネ受賞はアメリカ人コレクターのシドリック氏アルファロメオ 8C 2300 スパイダー ザガート、ベスト・オブ・ショーに輝く世界でもっとも有名なヒストリックカーコンクール「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」が5月末、イタリア・コモ河畔のヴィラ・デステで開かれた。審査員が選ぶ最優秀賞「ベスト・オブ・ショー」には、アルファロメオ「8C 2300 スパイダー ザガート」を出品したデイビッド・シドリック氏が選ばれ、サポートしているA.ランゲ&ゾーネから、受賞者のために作られた世界でたったひとつのタイムピースが贈られた。Text by HAMADA Masaru (OPENERS)世界でひとつのランゲ1・タイムゾーン「コモ・エディション」1929年に発足し、デザイン性とエレガンスに主眼を置きながらコンテストが競われる「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」。16世紀に建設され、「エステ家の邸宅」の意味を持つ湖畔を望むホテル、...
Holiday Gift Guide 2014|自分へのご褒美に腕時計を

Holiday Gift Guide 2014|自分へのご褒美に腕時計を

特集「自分へのご褒美ギフト」OPENERSがおすすめする定番ウオッチウオッチメーカーが誇る定番の腕時計には、長年愛され続けるスタイルと風格がある。クリスマスギフトとして自身へ贈るなら、そんな定番ウオッチがいい。確かな性能と美しさを兼ね備えた一本は、人生をより鮮やかに刻んでくれることだろう。OPENERSが選んだ厳選ウオッチリストから、とっておきの時計を見つけてほしい。Text by OPENERS【メンズ編】A. Lange & Sohne|A.ランゲ&ゾーネ「ランゲ1」は、1994年にブランドの復興第1号モデルとなった歴史的なモデルだ。VACHERON CONSTANTIN| ヴァシュロン・コンスタンタンブランド初のスポーツモデル。 特にステンレスモデルは希少。HUBLOT|ウブロいま話題のウブロの日本限定モ デル。特にこの冬、ホワイトカ ラーにレッドステッチは人気。OMEGA|オメガ1957年に登場したオメガのダイバーズ「シーマスター 300」の忠実な復刻。Cartier|カル...
A. Lange & Söhne|その“シンボル”と呼ばれる腕時計

A. Lange & Söhne|その“シンボル”と呼ばれる腕時計

A. Lange & Söhne|A.ランゲ&ゾーネPRディレクター アーンド・アインホーン インタビューその“シンボル”と呼ばれる腕時計A.ランゲ&ゾーネは、ドイツのザクセン州、ドレスデンに居を構えるマニュファクチュール。ドイツの東西分裂とともに一時休眠するが、ドイツ統合を機に1994年に新生A.ランゲ&ゾーネとして復活を遂げる。昨年の2010年はブランドの創設165周年、かつ復活から20周年を記念した数々の名品を発表したが、この新作「リヒャルト・ランゲ・トゥールビヨン“プール・ル・メリット”」もまた、A.ランゲ&ゾーネの歩みを伝えるモデルとしての登場だ。Text by NOGAMI AkiPhotos by JAMANDFIXA.ランゲ&ゾーネの偉業を語る“プール・ル・メリット”「この時計は、『A.ランゲ&ゾーネ』を語るシンボルのひとつです」「リヒャルト・ランゲ・トゥールビヨン“プール・ル・メリット”」を手にそう語るのは、A.ランゲ&ゾーネのPRディレクターを務めるアーンド・ア...
A. Lange & Sohne|ランゲ1 デイマティック

A. Lange & Sohne|ランゲ1 デイマティック

Lange1 Daymatic|ランゲ1デイマティック自動巻きでレトログラード式曜日表示を搭載「ランゲ1」は懐中時計をルーツに時分ダイヤルとスモールセコンド、アウトサイズデイト表示を絶妙なアシンメトリック(非対称)のバランスで配置し、「A.ランゲ&ゾーネ」の復興を告げた記念すべきモデルだ。ブランドの顔として愛されてきたモデルが、ついに自動巻きへと進化した。一見すると従来通りの見た目だが、じつは文字盤の要素の配置が左右逆となり、またインジケーターの表示内容が、パワーリザーブ(ゼンマイの巻き上げ量)からレトログラード式曜日表示に変更されている。単なる自動巻化ではなく、デザインの要素や構成を根本から見直しているところはさすがだ。自動巻き、イエローゴールドケース、直径39.5mm、シースルーバック、384万3000円(予価)、7月発売予定。BRAND HISTORYザクセン王国が栄華を極めた19世紀初め、ドレスデンの宮廷御用達の時計師であるフリードリッヒ・グートケスのもとで、時計師を目指し...
A. Lange & Sohne|ランゲ1 トゥールビヨン

A. Lange & Sohne|ランゲ1 トゥールビヨン

F.A. Lange Hommage Collection Lange 1 TourbillonF.A. ランゲ オマージュ コレクション ランゲ1・トゥールビヨントゥールビヨンの軸受けにダイヤモンドを採用オマージュ コレクション3部作のひとつとして、従来の手巻きタイプの「ランゲ1」をベースに150本のみ限定製造されるランゲ1のトゥールビヨンモデル。1分間に1回転するトゥールビヨンケージを支える、ムーブメントとそれぞれの軸受けには、アドルフ・ランゲのポリシーに従って、最高級品を意味するダイヤモンド軸受けを採用。さらにアウトサイズデイトの1の位のディスクをサファイアクリスタル製にすることで、その動作のようすも見えるように工夫されている。またランゲ特許のストップセコンド機構も搭載して、秒単位までの正確な時刻合わせが可能だ。2005年に発表されたランゲの製品のなかでももっとも複雑で伝説的な逸品である「トゥールボグラフ“プール・ル・メリット”」の再登場モデル、1周期当たりの誤差がわずか6....
A. Lange & Sohne|ランゲ1

A. Lange & Sohne|ランゲ1

A. LANGE & SÖHNE|A.ランゲ & ゾーネLANGE1|ランゲ1Text by OPENERS1845年創業の老舗ブランド、A.ランゲ&ゾーネ。東西ドイツ分裂期には休眠状態を余儀なくされていたが、1990年、創業者のひ孫にあたる“ウォルター・ランゲ”の手によって見事に再興。その復活第一号モデルとして発表されたのが「ランゲ1」である。同モデルは、腕時計として初めて「アウトサイズデイト」を搭載したことでも有名。通常の日付表示とは異なり、2枚の日付ディスクを使用することで、視認性を格段にアップさせている。また、主ダイヤルをあえて9時方向にオフセットして、フェイスが非対称に仕上げられた、計算された文字盤デザインも特徴。古典的なドイツ時計の奥義を感じさせてくれる、伝統的な意匠である。文字盤の3時方向には、72時間までの巻き上げ残量が確認できるパワーリザーブ表示も装備。シースルーバックからは、伝統的な“3/4プレート”や“スワンネック緩急針”を装備した、自社製の手巻きムー...
A. Lange & Sohne|ダブルスプリット

A. Lange & Sohne|ダブルスプリット

A. LANGE & SÖHNE|A.ランゲ & ゾーネDOUBLE SPLIT|ダブルスプリットText by OPENERS2004年に登場し、世界中の関係者を仰天させたA.ランゲ&ゾーネの「ダブルスプリット」。傑作「ダトグラフ」をベースにした、スプリットセコンド・クロノグラフかと思いきや、そこには同社らしい1枚上手をゆく技術が搭載されていた。通常のスプリットセコンド・クロノグラフは、センターにクロノグラフ秒針が2本装備されている。しかし、同モデルには、なんと4時位置の30分積算計にも、針を2本搭載。つまり、“秒”だけではなく、“分”単位まで、中間時間の計測や、ふたつ以上の対象のタイム計測が可能になっているのだ。そして、シースルーバックからは、自社開発の手巻き「Cal.L001.1」の美しい姿を見ることができる。ふたつのコラムホイールによって、オペレイティングレバーが躍動する様子は、見るものを感動させるに十分な資質を備えている。なおかつ、洋銀を使ったブリッジや、ゴールド...
A. Lange & Sohne|2011S.I.H.H.速報!

A. Lange & Sohne|2011S.I.H.H.速報!

A. Lange & Sohne|A.ランゲ&ゾーネ最高峰モデル“プール・ル・メリット”第4弾モデルにくわえ、初のミュージカルウォッチ、初の超薄型シンプルモデルを発表!今年のS.I.H.H.で発表されたA.ランゲ&ゾーネの新作のうち、なんといっても注目すべきは、高度なメカニズムを搭載したふたつのあたらしいコンプリケーションだ。全面的にリニューアルされた「サクソニア」の全貌もあわせ、ここで紹介。文=渋谷康人曾祖父アドルフ・ランゲによる1845年のマニュファクチュール創業の伝統を継承すべく、東西ドイツ分割と会社の国有化による半世紀の空白を超えて、1990 年にウォルター・ランゲの手で復興。ドイツ・グラスヒュッテ伝統のスタイルと最高峰の職人技による究極の機械式時計づくりを追求しているA.ランゲ&ゾーネ。高い目標を掲げて一切の妥協を許さない姿勢、トレンドに影響されることなどない独自のペースでの製品づくりは2011年も変わらない。今年の新作は全部で6モデル。その内訳は、ふたつの複雑モデルと、...
73 件