A. LANGE & SÖHNE

ザクセン王国が栄華を極めた19世紀初め、ドレスデンの宮廷御用達の時計師であるフリードリッヒ・グートケスのもとで、時計師を目指して修業を重ねたフェルディナンド・アドルフ・ランゲ。この偉大なる賢人が、ドレスデン郊外に開設した時計工房から、同ブランドの歴史は始まった。

アドルフ・ランゲは、現代でもなお伝統的な技法として名高い4分の3プレートなどを考案する一方、部品製造に必要な工具を次々と開発。各部品の製造方法を彼のもとで働いていた徒弟たちに広く伝えることで、一代にして同ブランドの基礎を築き上げたのだった。

一族経営を継続しながら、宮廷時計師の製造技術を活かした懐中時計や腕時計を手掛け、20世紀初頭にはヨーロッパ時計界のトップブランドに成長したA.ランゲ&ゾーネ。しかし、第二次世界大戦により、その経営は一時中断。終戦後も、旧東ドイツ圏の国営企業として接収されたまま、栄えあるA.ランゲ&ゾーネの名は、歴史から一時休眠状態となってしまうのだった。

しかし、東西ドイツが統合された1990年、創業者のひ孫にあたるウォルター・ランゲが、かつての時計製造の技術を故郷の地に見事に再興させる。そしてザクセン王国時代から重ね続けてきた技術力と装飾技法を腕時計の分野に惜しみなく注ぎ込み、「ランゲ1」「ダトグラフ」のような、至極のマスターピースを次々と発表。

2枚のディスクにより大きく日付を表示させるアウトサイズデイトや、独自の秒針位置合わせメカニズムであるゼロリセット機構の開発で特許を取得するなど、ザクセン気質と言っても良い旺盛な開発精神をあますことなく発揮し続けている。こうして現代、時計界最高峰のステイタスを再び確立し、時計ファン憧れの高みとして21世紀にも君臨し続けている。

【創業年】1845年 【創業地】ドイツ、ザクセン州ドレスデン郊外 【主なシリーズ名】ランゲ1、ツァイトヴェルク、サクソニア、1815、リヒャルト・ランゲ 【問い合わせ先】A.ランゲ&ゾーネ 03-4461-8080

公式サイト:

リヒャルト・ランゲ・ジャンピングセコンド|A.LANGE&SÖHNE

リヒャルト・ランゲ・ジャンピングセコンド|A.LANGE&SÖHNE

A.LANGE&SÖHNE|A.ランゲ&ゾーネ“秒が主役”のレギュレーターウォッチに世界限定100本のピンクゴールドモデル独創的な機構を用いたA.ランゲ&ゾーネの「リヒャルト・ランゲ・ジャンピングセコンド」に、世界100本限定のピンクゴールドエディションが発表された。Text by YANAKA Tomomiパワーリザーブ残量が10時間以下になると三角窓が赤色になるまるでクオーツ時計のように、1秒ずつステップ運針するユニークな機構を搭載した「リヒャルト・ランゲ・ジャンピングセコンド」だが、昨年発表されたプラチナエディションに続き、今年はピンクゴールドエディションが追加された。「リヒャルト・ランゲ・ジャンピングセコンド」の主役は、最小時計単位の“秒”。その特徴を印象付けるように、レギュレーターダイアルの上部に一番大きな秒サークルを配置。そこではブルーの秒針が1分間に60回、カチッカチッと進んでいく。また最大42時間のパワーリザーブが10時間以下になると、時、分、秒の3つのサークルが交...
1815ラトラパント・パーペチュアルカレンダー“ハンドヴェルクスクンスト”|A.LANGE&SÖHNE

1815ラトラパント・パーペチュアルカレンダー“ハンドヴェルクスクンスト”|A.LANGE&SÖHNE

A.LANGE&SÖHNE|A.ランゲ&ゾーネ世界限定わずか20本。稀少性に満ちた“青く輝く工芸美”A.ランゲ&ゾーネの工芸美に彩られたハンドヴェルクスクンスト・エディションに6作品目となる「1815ラトラパント・パーペチュアルカレンダー・ハンドヴェルクスクンスト」が登場。イタリア・フィレンツェで披露された。Text by YANAKA Tomomiハンドヴェルクスクンスト・エディションの6作目熟練した職人が制作、芸術性の高い装飾を手作業で施す「ハンドヴェルクスクンスト・エディション」に、6作目となる新作が仲間入りした。星空をイメージした本作では、ダイアルにエナメル焼成とエングレービングを組み合わせた装飾をA.ランゲ&ゾーネで初めて採用。無垢のホワイトゴールドに浮彫の手法で星を描き、深い青色の釉薬を焼き付けることでムーフェイズに立体感を出し、その表情を魅力的に演出している。ケースバックには、月の神話を表現。レリーフサークルの中に、ローマ神話に登場する月の女神“ルーナ”が風にひるがえ...
BLACK & WHITEの鮮烈なカラーコンビネーション|A.LANGE&SÖHNE

BLACK & WHITEの鮮烈なカラーコンビネーション|A.LANGE&SÖHNE

A.LANGE&SÖHNE|A.ランゲ&ゾーネ“クラシック”という名のモダニズム。伝統にもとづく普遍のデザインの極みA.ランゲ&ゾーネの1815シリーズに、ストップウォッチ機能を搭載する1815クロノグラフの新バリエーションが仲間入りした。18KWGのケース、ブラックダイヤル、そして脈拍計測用目盛りが見事に調和したモデルである。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)脈拍を計測するためのクロノグラフ2004年に1815シリーズに加わった「1815 クロノグラフ」は、先進的な技術と昔ながらのデザインが理想的な形で融合した時計である。線路をイメージした分目盛りがダイヤルをぐるりと巡り、文字盤左側にスモールセコンド、右側に30分積算計を対称的に配置したデザインは、A.ランゲ&ゾーネがかつて製作した懐中時計を彷彿とさせる。ダイヤル外周の目盛りは、脈拍を計測するためのもの。この目盛りを使って、40から200までの脈拍数を求めることができる。1分あたり...
「A.ランゲ&ゾーネ銀座」が移転リニューアルオープン|A. LANGE & SÖHNE

「A.ランゲ&ゾーネ銀座」が移転リニューアルオープン|A. LANGE & SÖHNE

A. LANGE & SÖHNE|A.ランゲ&ゾーネ店舗リニューアルにあわせて新作を発表2016年7月3日に、A.ランゲ&ゾーネの直営ブティックが「A.ランゲ&ゾーネ銀座」として装い新たに移転グランドオープンした。リニューアルに合わせて、新作の発表も行われた。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)コンセプトは“発見”「A. LANGE & SÖHNE(A.ランゲ&ゾーネ)」は、1845年に創業した時計メーカー。ドイツ・ザクセンのファクトリーで生み出される時計は、自社開発されたムーブメントを搭載した入念な装飾が施されており、世界中の時計愛好家を虜にしている。2008年に東京の銀座・並木通りにオープンしたA.ランゲ&ゾーネ日本唯一の直営ブティック「A.ランゲ&ゾーネ東京」がこの度リニューアル。「A.ランゲ&ゾーネ銀座」として、同じ並木通り沿いにグランドオープンした。「A.ランゲ&ゾーネ銀座」は、“発見”をコン...
A.ランゲ&ゾーネ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|A. LANGE & SÖHNE

A.ランゲ&ゾーネ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|A. LANGE & SÖHNE

A. LANGE & SÖHNE|A.ランゲ&ゾーネ円熟のコンプリケーションが完成(1)ドイツ時計の芸術的な完成度の高さを象徴するA.ランゲ&ゾーネは、2015年に創業者の生誕200年を大々的に祝ったばかりだが、その歩みは衰えるところをしらない。実に精力的な開発を推し進めており、極めて印象に残るモデルを連発している。Text by KAWADA Akinori驚くほどの精力的な新モデルのラッシュ息切れを知らないとは、まさにこのことだ。2015年に創業者の生誕200周年の節目を迎えたA.ランゲ&ゾーネの1年は慌ただしく、年間を通して、メモリアルモデルのリリースが続いたほかに、イベントも目白押し。そのうえ、新工房の落成まで重なった。常人なら一休みしようと思いたくなる忙しさだっただろうが、2016年のジュネーブサロンは、常と変わらぬ新作のリリースが行われ、そのうちの3本は、圧倒的な完成度の高さを誇るコンプリケーションだった。インプレシッブなことこの上ない、新作をここでは紹介したい...
A.ランゲ&ゾーネ 創業者の生誕200年の最後を祝う記念モデルが登場|A.LANGE & SÖHNE

A.ランゲ&ゾーネ 創業者の生誕200年の最後を祝う記念モデルが登場|A.LANGE & SÖHNE

A.LANGE & SÖHNE|A.ランゲ&ゾーネ創業者の生誕200年の最後を祝う記念モデルが登場ナポレオンが最後に敗れたワーテルローの戦いを初め、近代の入り口として歴史書に刻まれる1815年。芸術的な時計作りで知られるドイツブランド、A.ランゲ&ゾーネの始祖、フェルディナント・アドルフ・ランゲの生誕から200年を迎えた2015年の最後を飾るにふさわしい、職人の手仕事が冴えわたる記念モデルが登場した。Text by KAWADA Akinori機構も、外装も、ドイツ時計を象徴する高品質芸術的な時計作りで知られるA.ランゲ&ゾーネの創業者、かつてのドイツ・ザクセン王国の宮廷時計師だったフェルディナント・アドルフ・ランゲは、1815年に生誕した。激動の時代の真っ只中で、近代ヨーロッパが確立されたこの年から、2015年はちょうど200年。A.ランゲ&ゾーネは、2015年に創業者の生誕200年を記念するモデルを、いくつか送り出してきたが、年末に締め括りの象徴的なモデルをリリースした...
A.ランゲ&ゾーネCEO ヴィルヘルム・シュミット氏インタビュー|A.LANGE & SÖHNE

A.ランゲ&ゾーネCEO ヴィルヘルム・シュミット氏インタビュー|A.LANGE & SÖHNE

A.LANGE & SÖHNE|A.ランゲ&ゾーネCEO ヴィルヘルム・シュミット氏インタビュー2015年は、ドイツの最高峰ウォッチブランド「A.ランゲ&ゾーネ」にとって、1990年の復活、1994年の復活・新生第1弾コレクションの発表に匹敵する記念すべき年となった。創業者フェルディナント・アドルフ・ランゲの生誕200周年という節目であり、しかも8月末に待望の新工房が落成、稼働を開始したのだ。これを機にブランドはどこに向かうのか。9月末の香港でCEOに今後の方向と戦略を聞いた。Text by SHIBUYA Yasuhitoブランド復活以来、最も大きな決断「3年前の2012年、私たちは大きな岐路に差しかかっていました。小さな工房のままで仕事を続けるのか。それとも、復活以来、最大級の設備投資を行って、スペースに余裕のある新工房を建設するのか。最終的に私たちは新工房の建設を選択しました。それはとても重大な決断でした」A.ランゲ&ゾーネのCEO、ヴィルヘルム・シュミット氏は、完成...
73 件