VACHERON CONSTANTIN

日本でいえばまだ江戸時代半ば、1755年に創業したジュネーブの名門ブランド、ヴァシュロン・コンスタンタン。当時のスイス・ジュネーブは、「キャノビチェ」と呼ばれるエリート時計師が活躍する時代であり、同ブランドの創業者ジャン-マルク・ヴァシュロンもそのうちの一人だった。 1819年、創業者3代目に当たるジャック・バレテレミーが、フランスワ・コンスタンタンを共同経営者に迎え、現在のブランド名に改称される。また彼らは積極的に海外進出を行うなど、同ブランドの名を不動のものにした。ここに天才的な発明家のジョルジュ・A・レシューが加わり、新しいレバー式脱進機の開発、組織的な分業システムの確立など、さまざまな面でブランドを支えた。 当時はまだ高価なイギリス時計に対して、チープなスイス時計という考え方が支配的だったが、ヴァシュロン・コンスタンタンの台頭は、やがてはその図式を払拭するほどの勢いで伸びていく。そして20世紀初頭には懐中型のコンプリケーションを発表。スイス三大時計ブランドの一角を担う、世界最高峰のステイタスを掌握していた。第2次世界大戦後のジュネーブ平和会議に列席した米・ソ・英・仏の首脳陣にも、記念品として同社製品が寄与される。 懐中時計から腕時計へとシフトしていった時代、多くの名門が歴史の狭間に消え去ったが、同ブランドの名声はあいからず鳴り止まなかった。1970年代から続くクオーツショックも乗り越え、今年で創業252周年。この記録は継続する時計ブランドの中では世界最古のものである。そして2004年には、ジュネーブ郊外に巨大な自社工房を完成させ、意欲的に自社製品の拡充を図っている。 【創業年】1755年 【創業地】スイス、ジュネーブ 【主なシリーズ名】マルタ、オーヴァーシーズ、パトリモニー 【問い合わせ先】ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755 公式サイトhttp://www.vacheron-constantin.com/

「パトリモニー・オートマティック」がホワイトゴールドで新登場|VACHERON CONSTANTIN

「パトリモニー・オートマティック」がホワイトゴールドで新登場|VACHERON CONSTANTIN

VACHERON CONSTANTIN|ヴァシュロン・コンスタンタンピュアでエレガントなドレスウォッチ「パトリモニー・オートマティック」ヴァシュロン・コンスタンタンの最も象徴的な代表作のひとつである「パトリモニー」に、男性にも女性にも着けやすい36mmのケースを採用したホワイトゴールドモデルが加えられた。パトリモニーらしいシンプルでコンテンポラリーなスタイルのドレスウォッチだ。Text by OZAKI Sayakaトレンドのやや小振りな36mmケースジュネーブを代表する最古のマニュファクチュール、ヴァシュロン・コンスタンタンの「パトリモニー・オートマティック」に、性別を問わず着けやすいケース径36mm、18Kホワイトゴールドのモデルがリリースされた。昨年発表された優しく温かみのあるピンクゴールドのモデルに続いて、新たに誕生したこのモデルは、「パトリモニー」の無駄のない美しさ、調和の取れたプロポーションが18Kホワイトゴールドのケースによって表現され、シャープな輝きを放つエレガント...
ヴァシュロン・コンスタンタンの新作「フィフティーシックス」|VACHERON CONSTANTIN

ヴァシュロン・コンスタンタンの新作「フィフティーシックス」|VACHERON CONSTANTIN

VACHERON CONSTANTIN|ヴァシュロン・コンスタンタンヘリテージから着想を得たレトロモダンなルックスが、いま断然ヒップなコスモポリタンスタイルに!ジュネーブに拠点を置く最古のマニュファクチュールとして、1755年の創業以来、263年にわたり活動を続けるヴァシュロン・コンスタンタンが、SIHH2018において新コレクション「フィフティーシックス」を発表した。Text by OZAKI Sayakaあらゆるシーンに馴染む“ドレスダウン・エレガンス”ヴァシュロン・コンスタンタンが、SIHH2018において発表した新たなコレクション「フィフティーシックス」は、1956年に製造されたアイコニックなモデル「リファレンス6073」を現代に甦らせたウォッチである。レトロモダンなルックスで腕元をエレガントに演出、あらゆるシーンに馴染む洗練されたスタイルが特徴だ。「フィフティーシックス」は、独創的な創作活動がとりわけ充実していた1950年代、なかでも1956年当時の典型的なデザインを踏襲...
23種類の天体現象をコンプリート。そしてGPHG部門賞に輝く|VACHERON CONSTANTIN

23種類の天体現象をコンプリート。そしてGPHG部門賞に輝く|VACHERON CONSTANTIN

VACHERON CONSTANTIN|ヴァシュロン・コンスタンタン一人の時計師が開発に5年をかけて完成させた23もの複雑機構を搭載する超天文時計2017年11月8日に行なわれたジュネーブ時計グランプリ(GPHG)において、最も機構的に優れたモデルに授与される「メカニカル・エクセプション賞(Mechanical Exception Watch Prize)」に輝いた「レ・キャビノティエ・セレスティア・アストロノミカル・グランド・コンプリケーション 3600」。このモデルにより、ヴァシュロン・コンスタンタンの革新と卓越性が改めて認められることとなった。Text by KOIZUMI Yokoダブルフェイス、そして3週間という超ロングパワーリザーブヴァシュロン・コンスタンタンは、トゥールビヨンと3週間ものパワーリザーブを備え、23もの天文表示を搭載した腕時計「レ・キャビノティエ ・セレスティア・アストロノミカル・グランド・コンプリケーション 3600」を開発した。新機構の開発には、ひと...
SIHH2018に発表される新トラベル機構を搭載したオーヴァーシーズ|VACHERON CONSTANTIN

SIHH2018に発表される新トラベル機構を搭載したオーヴァーシーズ|VACHERON CONSTANTIN

VACHERON CONSTANTIN|ヴァシュロン・コンスタンタンふたつのタイムゾーンを同時に表示する「オーヴァーシーズ・デュアルタイム」ヴァシュロン・コンスタンタンが来年1月のSIHH2018を前に、「プレSIHH2018新作」として「オーヴァーシーズ・デュアルタイム」を発表。2018年2月以降にリリースされる予定だ。Text by YANAKA Tomomi付け替えに便利なアリゲーターストラップ、ラバーストラップも付属昨年リニューアルしたヴァシュロン・コンスタンタンの「オーヴァーシーズ」にトラベル機構を搭載した「オーヴァーシーズ・デュアルタイム」が登場。その最大の特徴といえるのが、ふたつのタイムゾーンを同時に表示することにある。搭載するのは、開発に数年を要したという自社製自動巻きムーブメント。時計はユーザーが現在いる場所のローカルタイムを表示し、先端に三角の矢をあしらったもう一方の時針は、リファレンスタイム、一般的に“ホームタイム”と呼ばれる時刻を示す。針調整は、いずれもリュ...
SIHH2018に登場。世界100本限定プラチナ製「トラディショナル」|VACHERON CONSTANTIN

SIHH2018に登場。世界100本限定プラチナ製「トラディショナル」|VACHERON CONSTANTIN

VACHERON CONSTANTIN|ヴァシュロン・コンスタンタン「トラディショナル・コンプリートカレンダー・コレクション・エクセレンス・プラチナ」ヴァシュロン・コンスタンタンが誇るムーフェイズ時計「トラディショナル」に、プラチナ製の「トラディショナル・コンプリートカレンダー・コレクション・エクセレンス・プラチナ」が世界100本限定で誕生した。ケース、文字盤、ブレスレットすべてにプラチナを使用したレアモデルである。Text by YANAKA Tomomi日付を文字盤の外周に配置する古典派レイアウトも愛おしい2018年1月に開かれるSIHHを前に“プレSIHH”として発表された「トラディショナル・コンプリートカレンダー・コレクション・エクセレンス・プラチナ」。このモデルは機械式複雑時計を象徴するコンプリートカレンダーに焦点を当てたアイテムだ。2006年以降、「コレクション・エクセレンス・プラチナ」の名称のもとに限定モデルを発表してきたヴァシュロン・コンスタンタン。その特徴とは、プ...
断言! このスノビズムは、チャーミング!!|VACHERON CONSTANTIN

断言! このスノビズムは、チャーミング!!|VACHERON CONSTANTIN

VACHERON CONSTANTIN|ヴァシュロン・コンスタンタン1940年代の代表作に現代的なアレンジをプラス。トリプルカレンダー機能を搭載したNEWヴィンテージヴァシュロン・コンスタンタンが「ヒストリーク」コレクションに月・曜日・デイト表示機構を搭載した新作「ヒストリーク・トリプルカレンダー1942」を発表。1940年代を代表するスタイルコンシャスなデイリーコンプリケーションが、現代に甦った。Text by YANAKA Tomomiヴィンテージデザインゆえの凛とした佇まいを再現ヴァシュロン・コンスタンタンが1942年に発表した「リファレンス4240」から着想を得て、復刻した「ヒストリーク・トリプルカレンダー1942」。実用コンプリケーションとして確立した技術やカレンダー表示の特徴的なデザインに焦点を当てたモデルだ。オリジナルモデルの復刻でありながら、現代的なアレンジも加味。トリプルカレンダーモデルとして登場した新作は、直径40mmのケースに3気圧の防水性が加わり、ケースバッ...
ヴァシュロンの洗練。「トラディショナル日本100周年記念モデル」|VACHERON CONSTANTIN

ヴァシュロンの洗練。「トラディショナル日本100周年記念モデル」|VACHERON CONSTANTIN

VACHERON CONSTANTIN|ヴァシュロン・コンスタンタン“ジャパニーズ・スタイル文字盤”を彷彿とさせるタイムレスかつ精緻な印象ヴァシュロン・コンスタンタンと日本との100年に及ぶ友好関係を祝う特別な時計が、2017年10月末頃に75本限定でリリースされる予定だ。Text by KASUGA Hana文字盤に施されたハンドメイド特別装飾が素晴らしい上品かつ清楚な趣で、多くの日本人を魅了する「ヴァシュロン・コンスタンタン」。そもそも、このブランドと日本との関係は、いまからちょうど100年前、1917年にまで遡る。熟達の技や品質の高さが理解され、とりわけ当時の貴族たちに愛されていたという。やがて日本市場に合わせた時計を提供するようになり、“ジャパニーズ・スタイル文字盤”と称される独特のデザインも誕生。そんな日本との100年に渡る友好関係を記念したスペシャルなモデルが75本限定でリリースされる。「トラディショナル日本100周年記念モデル」は、ヴァシュロン・コンスタンタンのこれま...
あざやかなブルーが特徴的な「ケ・ド・リル」のステンレススティールモデル|VACHERON CONSTANTIN

あざやかなブルーが特徴的な「ケ・ド・リル」のステンレススティールモデル|VACHERON CONSTANTIN

VACHERON CONSTANTIN|ヴァシュロン・コンスタンタン歴史ある地名を冠する最新モデルVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン・コンスタンタン)の「ケ・ド・リル」に、ブルーの文字盤を採用したステンレススティールモデルが加わる。ブルーの文字盤とアリゲーターレザーストラップの調和が印象的で、シンプルなルックスは日常使いにもぴったりだ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)構造がもたらすダイナミックなフォルムヴァシュロン・コンスタンタンの「ケ・ド・リル」は、高級腕時計製造の伝統を現代的なスタイルで表現したモデルだ。コレクション名の「ケ・ド・リル」は、ジュネーブ市内にあるメゾンゆかりの歴史的な地名に由来する。この度「ケ・ド・リル」にステンレススティールモデルに、トレンドカラーのブルーを纏う新たなモデルが登場する。頑強で軽量な直径41mmのスレンテススティール・ケースは、ポリッシュとサテンブラッシュ仕上げを施し、造形を強調している。ケースデザイン...
86 件