海軍に選ばれ続けるチューダー。その背景にあるストーリーとは|TUDOR

海軍に選ばれ続けるチューダー。その背景にあるストーリーとは|TUDOR

”海軍御用達”のダイバーズウオッチを作り続けているTUDOR(チューダー)。それはTUDORのもつ堅牢性の証だが、そこから生まれたストーリーにも注目したい。60年以上の歴史をもつチューダーのダイバーズウオッチから、4モデルをご紹介する。
CHAPTER4	2020年はスポーツモデルに、スタイルを。S&Gコンビという存在感|TUDOR

CHAPTER4 2020年はスポーツモデルに、スタイルを。S&Gコンビという存在感|TUDOR

ステンレススチールとゴールドの組み合わせ自体は、決して珍しいものではありません。ステンレススチールの軽快さ、そのスポーティな輝きにプレミアム感を与えるために、スポーツウオッチには度々、ゴールド素材があしらわれてきたからです。しかし、この「ブラックベイ クロノ S&G」のルックスには、かつてない斬新さがあると思います。日常生活のなかに溶け込みながら特別な存在感を放ち、同時に悪目立ちしないバランス感覚が備わっている。工業製品としての作り込みの良さ、デザインを積極的に愛でたくなる稀有なアイテムだと思います。
CHAPTER3    “ダイバーズ”と“クロノグラフ”をドッキングさせた新境地|TUDOR

CHAPTER3 “ダイバーズ”と“クロノグラフ”をドッキングさせた新境地|TUDOR

チューダークロノグラフの歴史にとって、2017年は金字塔となる重要な年となりました。この年、チューダーはブライトリング製クロノグラフ「キャリバー01」を採用、これを独自にチューンナップして「キャリバーMT5813」を作り、製品化することに成功したのです。ここに200メートル防水を誇る“現代のダイバーズクロノグラフ”が誕生しました。
CHAPTER2	高度な堅牢性をともなう実用機としての起源は、ダイバーズモデルにあった|TUDOR

CHAPTER2 高度な堅牢性をともなう実用機としての起源は、ダイバーズモデルにあった|TUDOR

1950年代以降、チューダーは世界中の海軍へ、ダイバーズウオッチを提供してきました。それは類稀なる堅牢性や信頼性の証明でもあります。その哲学は、現在のコレクションにも息づいているのです。 1954年、チューダー初のダイバーズウオッチは、当時急拡大していたスキューバダイビングのプロダイバーたちに向けたものでした。信頼性、堅牢性、そして水中での正確な時間測定を可能にする腕時計として、チューダーのダイバーズウオッチは誕生したのです。以降、チューダーは世界の海軍に腕時計を提供するサプライヤーとして名を馳せ、確固たる品質と先駆性を持つダイバーズウオッチを提供していきました。
CHAPTER1	エポックモデルから紐解く、チューダークロノグラフの歴史|TUDOR

CHAPTER1 エポックモデルから紐解く、チューダークロノグラフの歴史|TUDOR

[チューダーのクロノグラフ年表] 1970年 SERIES7000 “HOMEPLATE”(ホームベース) 1971年 SERIES7100 “MONTE CARLO”(モンテカルロ) 1976年 SERIES9400 AND 79100 “BIG BLOCK”(ビッグ・ブロック) 1995年 SERIES79200 “SAPPHIRE CHRONOGRAPH”(サファイアクロノグラフ) 2010年 チューダー製クロノグラフ誕生40周年記念“HOMEBASE”の復刻 2013年 “MONTE CARLO” の復刻
祝50周年アニバーサリー。チューダーのクロノグラフに関するすべて|TUDOR

祝50周年アニバーサリー。チューダーのクロノグラフに関するすべて|TUDOR

前年に世界初の自動巻きクロノグラフムーブメントが開発され、俄然、機械式クロノグラフが注目を集めた1970年。この年に、ステイタスシンボルに留まることなく、プロフェッショナルに向けた機能性と堅牢性を実現、誕生したのがチューダー製クロノグラフです。以来、プロユースの実用性能を追求する姿勢はブレることなく、半世紀を経た今日にまで脈々と続いています。
伝統のブルーを纏うブラックベイ フィフティ-エイト|TUDOR

伝統のブルーを纏うブラックベイ フィフティ-エイト|TUDOR

チューダーから新作「BLACK BAY FIFTY-EIGHT“NAVY BLUE”ブラックベイ フィフティ-エイト“ネイビーブルー”」がリリースされた。
チューダーによるフルブラックPVDの激レアモデル「ブラックベイ クロノ ダーク」|TUDOR

チューダーによるフルブラックPVDの激レアモデル「ブラックベイ クロノ ダーク」|TUDOR

2019年9月20日(金)から開催されるラグビーワールドカップ2019日本大会を目前に、チューダーがナンバーワンチーム「オールブラックス」との絆を示す新作クロノグラフ「ブラックベイ クロノ ダーク」をリリースしました。初回生産本数は1181本。超人気ブランドゆえに、世界中から注文が殺到することが予想されます。
チューダーが日本初の路面店「TUDOR BOUTIQUE GINZA」をオープン|TUDOR

チューダーが日本初の路面店「TUDOR BOUTIQUE GINZA」をオープン|TUDOR

昨年10月に日本本格上陸を果たし、確固たる品質・精度・先駆性で日本の腕時計業界を震撼させたTUDOR(チューダー)。現在は百貨店を中心に全国10店舗で展開中のTUDORが、2019年9月14日(土)、日本初の路面旗艦店を東京・銀座6丁目の並木通り沿いにオープンする。
スイス勢最後のビッグブランド「チューダー」が、待望の日本正式上陸|TUDOR

スイス勢最後のビッグブランド「チューダー」が、待望の日本正式上陸|TUDOR

TUDOR|チューダーロレックスのDNAを、BEEFYスタイルで。満を持して、やってきたスイス勢最後のビッグブランドTUDORチューダー(1)すでに鉄壁の存在感を示しているTUDORですが、バーゼルワールド会場にて例年、TUDORの新作を目にするたびに、このブランドが日本に入ってくるのは時間の問題と思っていました。圧倒的に出来が良くて、コスパがいい。アメリカ、イタリア、イギリス、ドイツ、香港など主要な時計市場において、すでに高い評価を得ている通り、腕時計の本質にカブリつくのにぴったりのブランドだからです。Photographs by OKAMURA Masahiro(CROSSOVER)Text by TSUCHIDA Takashi熟成された赤身肉のように、機械式腕時計の本質をそのままに日本ではアンティークウオッチを通じてブランドが認知されていった背景があるから、ちょっと戸惑うかもしれませんが……、元サッカー選手のデビッド・ベッカム氏、音楽家のレディー・ガガさんらが、現在のTUD...
ファッションとの親密なリンクを楽しむ|TUDOR

ファッションとの親密なリンクを楽しむ|TUDOR

TUDOR | チューダーファッションとの親密なリンクを楽しむ「チューダー」のウォッチコレクションROLEX(ロレックス)の創立者、ハンス・ウイルスドルフが1926年に設立したTUDOR(チューダー)が、長い沈黙を終えて今年、いよいよ日本で正規展開されることになった。「BLACK BAY(ブラックベイ)」をはじめ、ブランドを象徴する充実のラインナップは、自社開発&製造するハイスペックなムーブメントを搭載するマニュファクチュールブランドでありながら、ファッションとの親和性の高いデザイン力の高さにも気づかされる。ステンレスやレザーのストラップはもちろんのこと、フランスはリヨンで150年の歴史をもつ工房で生まれる伝統的なファブリックストラップは、世の中に数多存在するコピー製品にはない、本物の風格が漂っている。文字盤とストラップ、組み合わせ次第で可能性が広がるチューダーのコレクションから、編集大魔王・祐真朋樹がスタイリング。25年の付き合いになる、俳...
5列センターリンクのブレスレットを備えた新作「ブラックベイ 41/36/32 S&G」|TUDOR

5列センターリンクのブレスレットを備えた新作「ブラックベイ 41/36/32 S&G」|TUDOR

TUDOR|チューダースチールとイエローゴールドのコンビでドレステイストに導いた「ブラックベイ41/36/32 S&G」チューダーのブラックベイコレクションに、新たな5列センターリンクのSSとYGのコンビネーションブレスレットをスタイリングしたS&G(スチール&ゴールド)モデルが登場した。ケース径は41ミリ、36ミリ、32ミリが揃い、それぞれダイアルカラーはブラックまたはシャンパンカラーの計6種類で展開される。クレジット名Text by OZAKI Sayaka新たなスタイリングで、程良くドレステイストな雰囲気にチューダーのダイバーズウオッチの哲学と伝統を継承する「ブラックベイ41/36/32」に、コンビモデルが登場した。ブラックベイの機能美、特徴的なディテールはそのままに、ポリッシュ&サテン仕上げのSSとサテン仕上げのYGのコンビネーションが美しいコントラストを成している。着目すべきは、新たな5列センターリンクのコンビブレスレットだ。SSの外側列はサテン仕上げ、内...
“時計を育てる”感覚を味わえる! パティーナに注目した「BLACK BAY BRONZE」|TUDOR

“時計を育てる”感覚を味わえる! パティーナに注目した「BLACK BAY BRONZE」|TUDOR

TUDOR|チューダーヴィンテージ感覚を呼び覚ますブロンズとクールなスレートグレーダイアルの組み合わせ2016年のジュネーブ ウォッチ メイキング グランプリで、“プティット・エギュィーユ(小さな針)”賞を獲得した「ブラックベイ ブロンズ」に、新色・スレートグレーカラーのグラデーションダイアルを搭載した新モデルが登場した。Text by OZAKI Sayakaもはやモードな雰囲気をも併せ持つタフダイバーズ2016年に発表された「ブラックベイ ブロンズ」ではチョコレートブラウンのダイアルが採用されたが、チューダーはデザインにおける新たな挑戦として、ブロンズに生じる味わいのあるパティーナに注目し、新たにスレートグレーのダイアルとベゼルを組み合わせたモデルを発表した。「ブラックベイ ブロンズ」の特徴は、歴史的な船やダイビングの装備から着想を得たブロンズ製のケースだ。ブロンズは腐食に強く、かつて海軍の装備品に採用されてきた高品質の“生きた”素材で、着ける者のライフスタイルと時の経過に応じ...
23 件