モーガン19年ぶりの新型車「プラス シックス」日本上陸|Morgan

モーガン19年ぶりの新型車「プラス シックス」日本上陸|Morgan

Morgan Plus Six|モーガン プラス シックスモーガン19年ぶりの新型車「プラス シックス」日本上陸モーガンカーズ・ジャパンは6月28日(金)、新型車「プラス シックス」を日本で発売したと発表した。Text by YANAKA Tomomi新開発アルミプラットフォームとBMW製エンジンを採用今年3月のジュネーブ モーターショーで発表された「プラス シックス」が日本に上陸。今年110周年を迎え、いまもスポーツカーをハンドビルドしているモーガンの19年ぶりの新モデルになる。プラス シックスには、新設計された“CXジェネレーション 接着アルミプラットフォーム”を採用。ホイールベースは20mmストレッチしたのに対し、足回りスペースは200mm拡張し、収納スペースは31パーセント向上。高剛性で軽量化を果たしたこのプラットフォームは、この先何十年にもわたって開発されるモーガン車にも使用されるという。このように進化を遂げながらも、モーガンの象徴ともいえる伝統の木製フレームは健在。モー...
英国モーガン、国内販売網を強化|Morgan

英国モーガン、国内販売網を強化|Morgan

Morgan|モーガン英国モーガン、国内販売網を強化エス シー アイはイギリスのモーガン・モーター・カンパニーと日本国内での輸入販売契約を締結し、4モデルを国内導入。また、部品販売やアフターセールス業務を開始する。Text & Photographs by UCHIDA Shunichi4モデルを日本導入今回日本で取り扱う車種は、「3ホイーラー」(766万8,000円)、「4/4」(766万8,000円)、「プラス4」(820万8,000円)、「ロードスター」(993万6,000円)の4モデルだ。4輪モデルはすべてフォードエンジンを搭載。4/4はフォードSigmaの1,595㏄で最大出力は112ps、最大トルクは132Nmを発生。最高速は185km/h、0-100km/hは8秒である。プラス4はフォードGDIの1,999㏄、最大出力156ps、最大トルク156Nmで、最高速189km/h、0-100km/h加速は7.5秒。ロードスターはフォード サイクロンV6エンジンを搭載...
モーガン エヴァGT|英国の名門からアルミボディの最新モデル

モーガン エヴァGT|英国の名門からアルミボディの最新モデル

Morgan Eva GT|モーガン エヴァGT英国の名門からアルミボディの最新モデルイギリスのモーガン社は、カリフォルニア州で8月11日から15日にわたって開催された「第60回ペブルビーチ・コンクールデレガンス」において、新型グランドツアラーである、『Eva(エヴァ)GT』を発表した。文=ジラフアルミ製シャシー&ボディで軽量化モーガン社は、軽量な木製フレームにパワフルなエンジンを載せるというライトウェイトスポーツの真髄をかたちにした「4/4」を70年以上にわたって生産しつづけていることで知られる名門メーカーだが、このエヴァGTは、モーガン社の最新モデルとなる。スタイルは、2ドアのクーペボディに4シーターキャビンをもつもので、シャシー&ボディには、軽量化のためにアルミが採用されている。また、ハンドメイドによって生み出されるボディは、モーガンならではの流れるようなシルエットが表現されている。 エンジンはBMW製直6ツインターボエンジンは、BMW製3.0リッター直列6気筒ガソ...
MORGAN Three Wheeler|モーガン スリーホイラー

MORGAN Three Wheeler|モーガン スリーホイラー

MORGAN Three Wheeler|モーガン スリーホイラーモーガン社、伝統のスリーホイラーを再発モーガンは、創業100周年を記念するモーガン車の伝統を物語るスリーホイラー(3輪自動車)を復活させ、実際に販売することを発表した。文=ジラフハーレーに積まれるV型2気筒エンジンを搭載1910年のデビューにモーガン社はスリーホイラーを生みだすことで、その歴史をスタート。そのさいにつくられた三輪の「リトルスター」と呼ばれたクルマは、サイクルカーという部類に属し、1953年まで製造された。打ち止め以後、今回販売を決定した新型スリーホイラーは、その歴史を顧みる復活の一途だと考えられる。まだ詳細は発表されていないが、ボディはアルミニウム製。搭載されるエンジンは、ハーレー・ダビッドソンに搭載されている1.8リッターV型2気筒。最高出力は約100ps、最高速184kmに達するという。トランスミッションは、マツダ製の5速MTになる予定だ。世襲によって引き継がれてきたモーガン社の伝統は、創始者のヘ...
モーガン 4.8リッターV8エンジン搭載の「エアロクーペ」および「プラス8」を発表|Morgan

モーガン 4.8リッターV8エンジン搭載の「エアロクーペ」および「プラス8」を発表|Morgan

MORGAN MOTOR COMPANY|モーガン モーター カンパニー4.8リッターV8エンジンを搭載モーガン 「エアロクーペ」および「プラス8」発表モーガン モーター カンパニーは、4.8リッターV8エンジンを搭載したハードトップの「エアロクーペ」、およびクラシカルな外観の「プラス8」を発表。3月から開催されるジュネーブショーで公開する。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)エアロ8のクーペバージョン、ついに生産モデルへ1913年、イングランド、ウスターシャー州はマルヴァーンに設立され、現在も同地にて創業者一族による家族経営がつづけられる少量生産のスポーツカーメーカー、モーガン モーター カンパニー。1936年以来の新規設計となる「エアロ8」をジュネーブモーターショーに出展したのが2000年。それから12年後となる今年、おなじジュネーブモーターショーに、この「エアロ8」のハードトップバージョンで、2008年から2010年の間に100台限定で生産...
モーガンのEV公開|Morgan

モーガンのEV公開|Morgan

MORGAN MOTOR COMPANY|モーガン モーター カンパニーモーガンのEV 「プラスE」公開モーガン モーター カンパニーは伝統的なモーガンルックのボディに電気モーターとバッテリーを搭載したEV、「プラスE」コンセプトをジュネーブモーターショーで公開した。Text by SUZUKI Fumihiko(OPENERS)Photographs by MOCHIZUKI Hirohiko& Morgan Motor Company分厚いトルクを楽しむモータードライブ既報どおり登場した「エアロクーペ」および新型「プラス8」にくわえて、モーガン モーター カンパニーは登場が噂されていたプラス8ベースのEV、「プラスE」を出展した。このプラスEは、1997年にロータス エリーゼをEV化して以来、クライスラー、ゼネラルモーターズ、ダイムラーなどと関係を築き、近年ではスマートフォーツーedの開発にも参加したザイテック社製の電気モーターとリチウムイオン電池を搭載する後輪駆動車だ...
8 件