ドレスとカジュアルのハイブリッド|JOHN LOBB

ドレスとカジュアルのハイブリッド|JOHN LOBB

JOHN LOBB|ジョンロブいまを象徴するスニーカー「HOLME」ドレスの足元に気品ある抜け感をプラスドレススタイルはカジュアルに、そしてカジュアルはスポーティに。いま、メンズファッションの世界は、様々な要素がハイブリッドされている。そうした背景において、マルチプレーヤーとして活躍してくれるのが、ドレス顔のスニーカーである。時代を象徴する一足としてジョンロブから「HOLME(ホルム)」が登場した。Photographs by YAMAGUCHI Kenichi (JAMANDFIX)Text by ITO Yuji男たちを解放へと導くスニーカーロンドンを歩くと、初夏でもきっちりとタイドアップしたスーツスタイルの男たちを見かけることが多い。ただ、スタイルはそれぞれ異なっており、比較的若いモダンジェントルマンは、ジャストサイズのジャケットにテーパードのかかったスリムなパンツを身に纏っている。そして、貫録ある年配のジェントルマンは、着丈の長いジャケットにストレートに近いシルエットのトラ...
vol.20「ラグジュアリーブランドの、スポーツテイスト」TOM FORD|トム フォード

vol.20「ラグジュアリーブランドの、スポーツテイスト」TOM FORD|トム フォード

ラグジュアリーブランドがシーズンごとにラインナップしているスポーティアイテム。編集大魔王は最近、これに大注目しているもようです。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Model by Sodai ArisakaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京TOM FORD|トム フォードベルベッドのタッセルスリッポンにハイテクスニーカーのアウトソールをドッキングし、スポーティなニュアンスをシックにブラッシュアップ。艶やかなブルーのサテンキルティングと、鮮やかなピンクのアッパーとのコントラストも絶妙だ。18万円(トム フォード/トム フォード ジャパン 03-5466-1123)問い合わせ先トム フォード/トム フォード ジャパン03-5466-1123 次のアイテム へ 連載|編集大魔王・祐真朋樹のザ★ベスト7 vol.20 へ
「青春の、キャンバススニーカー」

「青春の、キャンバススニーカー」

一年を通してコーディネートに欠かせないアイテムとなっているキャンバススニーカー。これからの季節、ジャブジャブ洗って天日に干したスニーカーを素足に履くのは実に気持ちがいいし、おろしたての新品をシックな着こなしのドレスダウンに使うのもナイス。ド定番ではあるが、捨てがたい。抜群の小技を次々と繰り出してくれるのもスニーカーなのです。今回の編集大魔王の偏愛アイテムは、あのブランドのあの名品。こだわりの理由にも思わず納得です。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京vol.18 青春の、キャンバススニーカー【kæ'nvəs sní:kərz】祐真 「オーセンティックなキャンバススニーカーなら、コンバースの『ジャックパーセル』が好きです。どんなスタイルにあわせてもおさまりがいいというのがその理...
vol.18「青春の、キャンバススニーカー」CONVERSE ”JACK PURCELL”|コンバース「ジャックパーセル」

vol.18「青春の、キャンバススニーカー」CONVERSE ”JACK PURCELL”|コンバース「ジャックパーセル」

一年を通してコーディネートに欠かせないアイテムとなっているキャンバススニーカー。これからの季節、ジャブジャブ洗って天日に干したスニーカーを素足に履くのは実に気持ちがいいし、おろしたての新品をシックな着こなしのドレスダウンに使うのもナイス。ド定番ではあるが、捨てがたい。抜群の小技を次々と繰り出してくれるのもスニーカーなのです。今回の編集大魔王の偏愛アイテムは、あのブランドのあの名品。こだわりの理由にも思わず納得です。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京 CONVERSE ”Jack Purcell”|コンバース「ジャックパーセル」バドミントンの世界王者だったジャック・パーセル氏が開発にかかわり、氏の名前を冠して1935年に誕生。シグネチャーモデルの先駆け的アイテムでもある。トウ...
vol.18「青春の、キャンバススニーカー」SPERRY TOP-SIDER “CVO Canvas Oxford”| スペリートップサイダー「CVO キャンバス オックスフォード」

vol.18「青春の、キャンバススニーカー」SPERRY TOP-SIDER “CVO Canvas Oxford”| スペリートップサイダー「CVO キャンバス オックスフォード」

一年を通してコーディネートに欠かせないアイテムとなっているキャンバススニーカー。これからの季節、ジャブジャブ洗って天日に干したスニーカーを素足に履くのは実に気持ちがいいし、おろしたての新品をシックな着こなしのドレスダウンに使うのもナイス。ド定番ではあるが、捨てがたい。抜群の小技を次々と繰り出してくれるのもスニーカーなのです。今回の編集大魔王の偏愛アイテムは、あのブランドのあの名品。こだわりの理由にも思わず納得です。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京 SPERRY TOP-SIDER “CVO Canvas Oxford”| スペリー トップサイダー「CVO キャンバス オックスフォード」1935年、創立者のポール・スペリーがラバー製のソールを用い世界初のデッキシューズを開発...
vol.18「青春の、キャンバススニーカー」PRO-Keds “COURT KING CANVAS”| プロケッズ「コート キング キャンバス」

vol.18「青春の、キャンバススニーカー」PRO-Keds “COURT KING CANVAS”| プロケッズ「コート キング キャンバス」

一年を通してコーディネートに欠かせないアイテムとなっているキャンバススニーカー。これからの季節、ジャブジャブ洗って天日に干したスニーカーを素足に履くのは実に気持ちがいいし、おろしたての新品をシックな着こなしのドレスダウンに使うのもナイス。ド定番ではあるが、捨てがたい。抜群の小技を次々と繰り出してくれるのもスニーカーなのです。今回の編集大魔王の偏愛アイテムは、あのブランドのあの名品。こだわりの理由にも思わず納得です。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京 PRO-Keds “COURT KING CANVAS”| プロケッズ「コート キング キャンバス」プロスポーツ仕様のスニーカーブランドとして1949年にアメリカで誕生したプロケッズ。’60年代にはNBAプレイヤーに、’70年代...
vol.18「青春の、キャンバススニーカー」Spring Court ”G2 VELCRO”| スプリングコート「G2 ベルクロ」

vol.18「青春の、キャンバススニーカー」Spring Court ”G2 VELCRO”| スプリングコート「G2 ベルクロ」

一年を通してコーディネートに欠かせないアイテムとなっているキャンバススニーカー。これからの季節、ジャブジャブ洗って天日に干したスニーカーを素足に履くのは実に気持ちがいいし、おろしたての新品をシックな着こなしのドレスダウンに使うのもナイス。ド定番ではあるが、捨てがたい。抜群の小技を次々と繰り出してくれるのもスニーカーなのです。今回の編集大魔王の偏愛アイテムは、あのブランドのあの名品。こだわりの理由にも思わず納得です。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京 Spring Court ”G2 VELCRO”| スプリングコート「G2 ベルクロ」創業者のセオドア・グリムメイセンが、1900年代初期にテニスシューズとしてキャンバス地とゴム底を独自の製法で合わせたスニーカーを考案。まるでバ...
vol.18「青春の、キャンバススニーカー」VANS “AUTHENTIC”|ヴァンズ「オーセンティック」

vol.18「青春の、キャンバススニーカー」VANS “AUTHENTIC”|ヴァンズ「オーセンティック」

一年を通してコーディネートに欠かせないアイテムとなっているキャンバススニーカー。これからの季節、ジャブジャブ洗って天日に干したスニーカーを素足に履くのは実に気持ちがいいし、おろしたての新品をシックな着こなしのドレスダウンに使うのもナイス。ド定番ではあるが、捨てがたい。抜群の小技を次々と繰り出してくれるのもスニーカーなのです。今回の編集大魔王の偏愛アイテムは、あのブランドのあの名品。こだわりの理由にも思わず納得です。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京 VANS “AUTHENTIC”|ヴァンズ「オーセンティック」1966年のブランド設立と同時に誕生したヴァンズを代表するマスターピース。シンプルで履きやすいデッキシューズタイプのデザインがさまざまなスタイリングにマッチ。スケータ...
vol.18「青春の、キャンバススニーカー」DVA MYACHA “1976-10”| デュバ・ミーシャ「1976-10」

vol.18「青春の、キャンバススニーカー」DVA MYACHA “1976-10”| デュバ・ミーシャ「1976-10」

一年を通してコーディネートに欠かせないアイテムとなっているキャンバススニーカー。これからの季節、ジャブジャブ洗って天日に干したスニーカーを素足に履くのは実に気持ちがいいし、おろしたての新品をシックな着こなしのドレスダウンに使うのもナイス。ド定番ではあるが、捨てがたい。抜群の小技を次々と繰り出してくれるのもスニーカーなのです。今回の編集大魔王の偏愛アイテムは、あのブランドのあの名品。こだわりの理由にも思わず納得です。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京 DVA MYACHA “1976-10”| デュバ・ミーシャ「1976-10」1960〜70年代のソビエト連邦(現ロシア)で製造されていた幻のキャンバススニーカーが復刻。独特のオールドスクールな美学を忠実に再現したスタイルで、レ...
vol.18「青春の、キャンバススニーカー」SUPERGA “2750-COT CLASSIC”| スペルガ「2750-COT クラシック」

vol.18「青春の、キャンバススニーカー」SUPERGA “2750-COT CLASSIC”| スペルガ「2750-COT クラシック」

一年を通してコーディネートに欠かせないアイテムとなっているキャンバススニーカー。これからの季節、ジャブジャブ洗って天日に干したスニーカーを素足に履くのは実に気持ちがいいし、おろしたての新品をシックな着こなしのドレスダウンに使うのもナイス。ド定番ではあるが、捨てがたい。抜群の小技を次々と繰り出してくれるのもスニーカーなのです。今回の編集大魔王の偏愛アイテムは、あのブランドのあの名品。こだわりの理由にも思わず納得です。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京 SUPERGA “2750-COT CLASSIC”| スペルガ「2750-COT クラシック」ヨーロッパのリゾート地で最もみかけるキャンバススニーカーといわれるのがスペルガの「2750」。現在も発売当時の品番で呼ばれるこのスニ...
vol.18「青春の、キャンバススニーカー」MOONSTAR |ムーンスター

vol.18「青春の、キャンバススニーカー」MOONSTAR |ムーンスター

一年を通してコーディネートに欠かせないアイテムとなっているキャンバススニーカー。これからの季節、ジャブジャブ洗って天日に干したスニーカーを素足に履くのは実に気持ちがいいし、おろしたての新品をシックな着こなしのドレスダウンに使うのもナイス。ド定番ではあるが、捨てがたい。抜群の小技を次々と繰り出してくれるのもスニーカーなのです。今回の編集大魔王の偏愛アイテムは、あのブランドのあの名品。こだわりの理由にも思わず納得です。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京 MOONSTAR “LOW BASKET”|ムーンスター「ローバスケット」MOONSTAR “GYM CLASSIC HI”|ムーンスター「ジムクラシック ハイ」祐真 「『ムーンスター』という社名にピンとこなくても、前社名の『月...
足元のニューウェーブ REGALの黒の進化を知る|リーガル

足元のニューウェーブ REGALの黒の進化を知る|リーガル

REGAL|リーガル足元のニューウェーブREGALの黒の進化を知るビジネスシーンの足元の基本は“黒”だ。ただ、だからと言ってシンプルなままの黒靴を選んではいないか? REGALがそんな思いに応える新鮮な“黒”の提案を発表した。Photographs by TAKASE Hiroshi (Studio betta)Styling by KAWAI KohtaText by NAGASAKI Yoshitsugu (Paragraph)異素材MIXという進化新しい季節の始まりに、まず考えたいのは新しい足元だ。古い靴では新しい季節の始まりも、従前と変わらないものになると賢人は言う。そんな春の足元情報は、リーガルから届いたニューベーシックとも言える“新しい黒”だ。デザインはオーソドックスな中にもシャープなシルエットを取り入れつつ、その中で個性を主張するのが、異素材使いだ。なぜ黒か。その答えは、新しいシーズンの始まりにはスーツを中心にコーディネートを考えるべきだからだ。ただ、オーセンティック...
「コンビシューズ、再び」

「コンビシューズ、再び」

今回のザ★ベスト7は、連載第一回に続いて「コンビシューズ」。ネタが尽きたわけではありません。 編集大魔王がこよなく愛するコンビシューズだからこそ、何度でも紹介したいのです。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京vol.14 コンビシューズ、再び【kὰmbənéɪʃən ʃúz, əgén】祐真 「思い返せば半年前。第一回目の本連載のテーマは『コンビシューズ』でした。一年も経たずになぜまたコンビシューズなのか…それは、僕の大好きなコンビシューズに、なんとなくブームが到来している気がしたからです。マニアとしては、がぜん「やる気」がわいてきました。マニアの名にかけてここは改めて深くリサーチせねば!さて、コンビシューズの最大の魅力は、いい感じに足元のポイントになるというところ。靴が派手...
vol.14「コンビシューズ、再び」Church’s|チャーチ(3)

vol.14「コンビシューズ、再び」Church’s|チャーチ(3)

今回のザ★ベスト7は、連載第一回に続いて「コンビシューズ」。ネタが尽きたわけではありません。 編集大魔王がこよなく愛するコンビシューズだからこそ、何度でも紹介したいのです。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京 Church’s|チャーチ祐真 「今シーズン注目したいのは、コンビシューズの幅広いバリエーション。カラーコンビネーションやレザーの切替えで今風にアップデートしているものや、様々な手法でよりフレッシュなムードを加味しているものがたくさん出ています。チャーチのレースアップシューズは、バーガンディのアッパーにひときわ映えるコバの青いラインがユニーク。インソールのユニオンジャックもインパクト大です。ラバーソールで履きやすく、オーセンティックなシューズにはない魅力を持ったコンビシ...
vol.14「コンビシューズ、再び」Church’s|チャーチ(2)

vol.14「コンビシューズ、再び」Church’s|チャーチ(2)

今回のザ★ベスト7は、連載第一回に続いて「コンビシューズ」。ネタが尽きたわけではありません。 編集大魔王がこよなく愛するコンビシューズだからこそ、何度でも紹介したいのです。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京 Church’s|チャーチ1873年に英国のノーザンプトンで創業。数百もの工程を経て作られる正統派のシューズコレクションが多くのジェントルマンから支持を得ているチャーチ。落ち着きのある三色を組み合わせたコインローファー「ペンブレイ」は、アッパーにネヴァダカーフを使用し、ややフォーマルでクラシックな佇まいに仕上がっている。各6万1000円(チャーチ/チャーチ 表参道店 03-3486-1801)問い合わせ先チャーチ/チャーチ 表参道店03-3486-1801 次のアイテム...
532 件