BREITLING

1884年、レオン・ブライトリングがスイス・ジュラ山地のサンティミエに工房を構えて以来、ブライトリングは計測機器の開発に力を注いできた。その成果は1915年に発表した30分積算計を備えた世界初の独立プッシュボタン搭載の腕時計型クロノグラフに始まり、’34年にはさらにクロノグラフをリセットする独立ボタンの開発に繋がった。

こうして現在のクロノグラフ機構の基礎を築き上げたブライトリングは、計器としての性能の高さが認められ、’36年よりイギリス空軍へのコックピットクロックの公式供給を開始。その後も同社は数多くの航空機メーカーと契約を結び、航空時計のトップブランドとしての地位を確立していった。

こうしてプロパイロットから絶大な信頼性を獲得すると、その後は腕時計の開発においても頭角をあらわし、1942年には世界初の対数目盛付きの計算尺を備えた初代の「クロノマット」を発表。

’52年には計算尺をさらにブラッシュアップし、ほぼすべての航空計測を可能にした「ナビタイマー」を完成させた。これらもまた各国のプロパイロットから賞賛を受けるとともに、同社の腕時計は「腕に着ける計器」として世界的な名声を得る。

20世紀半ばにして現在に至るまでの基盤を築いたブライトリングは、1999年に同社全モデルのC.O.S.C.公認クロノメーター化を宣言。プロが用いる計器として、何よりもまず高精度であることを、ブライトリングは絶対条件に掲げたのだ。そのための時計工房「クロノメトリー」まで設立している。

その後も段階的に従来機の改良を行い、2004年には世界的な大ベストセラーとなった「クロノマット・エボリューション」を発表。2007年には、空ばかりでなく、海のモデルにもテコ入れを施し、シンプルにして最高の美しさと機能性を併せ持つ「スーパーオーシャン・ヘリテージ」を発表した。プロのための計器として、また実用時計としての頂点を極めるため、ブライトリングは常に進化し続けている。

【創業年】1884年 【創業地】スイス、サンティミエ 【主なシリーズ名】クロノマット、ナビタイマー、モンブリラン、スーパーオーシャン 【問い合わせ先】ブライトリング・ジ...

BASELWORLD 2009 BREITLING|ブライトリング

BASELWORLD 2009 BREITLING|ブライトリング

BASELWORLD 2009 BREITLING|ブライトリング初の完全自社製クロノグラフ・ムーブメント「キャリバー01」を堂々披露1884年に若干24歳のレオン・ブライトリングが開いた小さな時計工房を出発点に、クロノグラフの理想を追求してきたブライトリング。創業125周年を迎えた今年は、その技術とノウハウのすべてを注ぎ込んだ、初の完全自社製クロノグラフ・ムーブメント「キャリバーB01」とその搭載モデルをついに発表。スイスでも数少ないムーブメント・マニュファクチュール(ムーブメントまで自社一貫生産体制する時計メーカー)となった。文=渋谷康人機械式クロノグラフの新たな金字塔クロノマットB01CHRONOMAT B01約5年の歳月をかけて既存の機械式クロノグラフの課題点を徹底的に研究して生まれた最新のムーブメント「キャリバーB01」をはじめて搭載。時計史に新たな1ページを開く新世代の機械式クロノグラフが登場した。スムーズなクロノ作動を実現したコラムホイール式クロノ機構、クロノ作動時の...
BREITLING|エアロスペース

BREITLING|エアロスペース

BREITLING|ブライトリングエアロスペース1985年に誕生したエアロスペースは、当時としては非常に珍しいチタンケース&ブレスレットを装備したアナデジ式のクロノグラフとしてデビューし、世界中のパイロットたちから絶大な支持を得た。チタン素材は、軽量かつ、耐久性も高く、なおかつアレルギーフリーという夢のようなマテリアルで、その独特な質感からも現在の時計界で広く使用されている素材だ。さらに、現行のエアロスペースには、C.O.S.C認定のクロノメーターをパスした、スーパークオーツ・ムーブメントが搭載されており、1/ 100秒クロノグラフ、カウントダウンタイマー、第2 タイムゾーン、アラーム、ミニッツリピーターの多機能を装備。しかもリューズを回して、引いて、押すだけという、たった3 アクションのみで各ファンクションが実行できるという優れた操作性を誇る。また、戦闘機パイロットの暗視ゴーグルに対応した、ディスプレイのバックライト機能も備えており、リューズを軽く回すだけでバックライトが点灯し、...
BREITLING|レッドブル・エアレース観戦レポーターカップル大募集!

BREITLING|レッドブル・エアレース観戦レポーターカップル大募集!

BREITLING|ブライトリング「ブライトリング・ブライダル・フライト2009」レッドブル・エアレース観戦レポーターカップル大募集!Text by OPENERS「プロのための計器」を製品哲学に、高級スポーツウォッチの製造を行うスイスの時計ブランド「ブライトリング」。この総輸入元であるブライトリング・ジャパンが、“空のF1”と称されるエアロバティック飛行機による「レッドブル・エアレース」を観戦し、その魅力と迫力を国内ユーザー向けの会報誌誌上などでレポートする特派員として、今年結婚(予定ふくむ)のカップルを募集している。今年創業125周年を迎え、最近では、結納返しの品物として選ばれる機会も増えてきたという「ブライトリング」。草創期からストップウォッチ機能付の時計であるクロノグラフをパイロットに提供してきたブランドとして、航空界と密接なつながりをもち、レッドブル・エアレースにも参戦してきた同社が、今回、日本開催が待ち望まれるこのレースの迫力をレポートしてくれるカップルを募集。この企画...
BREITLING|「スピリット・オブ・ブライトリング高松 by EYE EYE ISUZU」オープン

BREITLING|「スピリット・オブ・ブライトリング高松 by EYE EYE ISUZU」オープン

ブライトリング|BREITLIN「スピリット・オブ・ブライトリング高松 by EYE EYE ISUZU」四国・高松にブライトリング・コンセプトショップがオープンText by OPENERS全国で7番目のコンセプトショップ「スピリット・オブ・ブライトリング高松 by EYE EYE ISUZU」が、2009年5月29日にオープンとなった。「スピリット・オブ・ブライトリング高松 by EYE EYE ISUZU」は、ブライトリングの正規販売店の象徴として、スタッフの知識・サービス、品揃えなど、そのすべてにおいてブライトリングのフラッグシップを担う店舗として誕生した。店内は、ブライトリングのワールドコンセプトにもとづき、専用ディスプレイと独自のヴィジュアルで演出。2階フロアの半分以上を占める広々とした売り場など、接客スペースを贅たくに配したフロア構成は、まさにブライトリング・ワールドを堪能できる空間だ。さらに、この店舗ならではの特長としてあげられるのが、広々としたスカイテラス。40平...
BREITLING|バーゼル 2010

BREITLING|バーゼル 2010

BREITLING|ブライトリングダイバーズウォッチの定番「スーパーオーシャン」の完全リニューアルつねに時代の先を見すえ、パイロットウォッチを筆頭にあらゆるプロフェッショナルを満足させる腕時計を世に送り出してきたブライトリング。今年はダイバーズウォッチの定番モデル「スーパーオーシャン」の完全リニューアルが敢行された。文=渋谷康人「真のプロフェッショナルのための計器」ならではの確かな機能、ひと目でそれとわかる明解で精悍なデザイン、価格を超えたクオリティ。ブライトリングはこの3つすべてを兼ね備えた製品で、パイロットやダイバーはもちろん、時計愛好家からビジネスマンまで熱狂的なファンを持つ。その企画開発力はすばらしく、バーゼルフェアでは毎年かならず“一歩先を行く”特別な魅力を備えたニューモデルを数多くお披露目して、バーゼルに集う時計のプロたちを唸らせる。2009年はブランドの大看板のひとつであるパイロットウォッチ「クロノマット」に、ブランド史上初となる自社開発のクロノグラフムーブメント「キ...
BREITLING|レトロテイストの「トランスオーシャン」を筆頭に全部で10を超える新作が登場!

BREITLING|レトロテイストの「トランスオーシャン」を筆頭に全部で10を超える新作が登場!

BREITLING|ブライトリング全部で10を超える新作が登場!レトロテイストの「トランスオーシャン」を筆頭に「プロのための腕に着ける計器」となるクロノグラフを一貫して作りつづけるブライトリング。今年は自慢の自社製クロノムーブ「キャリバー01」搭載の新シリーズや、プレミアムドライバーズウォッチ「ブライトリング・フォー・ベントレー」の新定番モデルなど、ほぼ全ジャンルに新作が登場した。取材・文=渋谷康人名作「ナビタイマー」にも自社製クロノムーブ搭載モデルが登場昨年、ブランドの看板であるパイロットウォッチ「クロノマット」に、初の完全自社開発製造の高性能機械式クロノムーブメント「キャリバー01」を搭載したモデルの発売を開始し、機械式モデルの自社製ムーブメント化に着手したブライトリング。今年はそのクロノマットがすべてこの「キャリバー01」搭載モデルに進化。さらにGMT機能を追加した「キャリバー04」搭載の「クロノマット GMT」も登場。クロノマットとともにパイロットウォッチの定番である「ナビ...
BREITLING|ハードなスペックはそのままに、装着感が格段に向上

BREITLING|ハードなスペックはそのままに、装着感が格段に向上

BREITLING|ブライトリングAvenger II|アベンジャーIIハードなスペックはそのままに、装着感が格段に向上ハイスペックウォッチとして注目を浴びた「アベンジャー」が完全復活を遂げ、2013年のバーゼルで「アベンジャーII」となって再登場。Text by SHIBUYA YasuhitoGMTモデルもラインナップ滑り止めパターンを施して確実な操作感を実現した刻み入りのリュウズやロック機構付きのプッシュボタンなど高い機能性が魅力だった「アベンジャー」。その完全リニューアル版として今年のバーゼルフェアで発表された「アベンジャーII」は、ケースサイズと厚さをアベンジャーよりそれぞれ2mm、0.9mmシェイプアップ。ひと回り小さく薄くなり、着けやすさが格段に向上した。 さらにアラビア数字インデックスモデルでは、数字書体がより視認性に優れたタイプに変更されると共に、一体成型のライダータブ上の数字も同じ書体となり、デザイン上の統一感もアップ。このクロノグラフモデルの他にGMTモデルも...
BREITLING|震災復興の想いが込められたスペシャルモデル

BREITLING|震災復興の想いが込められたスペシャルモデル

BREITLING|ブライトリングChronomat 44 BlueImpulse|クロノマット 44 ブルーインパルス震災復興の想いが込められたスペシャルモデル 航空自衛隊のエア・アクロバットチーム「ブルーインパルス」との新作コラボレーションウォッチが登場。Text by SHIBUYA Yasuhito深みのある美しいブルーの文字盤2010年で誕生50周年を迎えた、日本が世界に誇るエア・アクロバットチーム、航空自衛隊の「ブルーインパルス」。東日本大震災で津波により大きな打撃を受けた本拠地、航空自衛隊・松島基地に2013年3月末、ついに帰還を果たした彼らは、「チャレンジ・フォー・ザ・クリエーション」をチームスローガンに掲げ、日本製の練習機T-4と共に華麗なエア・マヌーバーで復興への想いを全国に届けている。 そんな彼らとブライトリングの最新コラボレーションモデルが登場。深みのある美しいブルー文字盤にブルーのラバーモールド成形によるベゼルの数字が印象的なこのモデル、12時位置には栄光...
BREITLING|クラシックなフェイスにさりげなくGMT機能を搭載

BREITLING|クラシックなフェイスにさりげなくGMT機能を搭載

BREITLING|ブライトリングTransocean Chronograph GMT|トランスオーシャン・クロノグラフ GMTクラシックなフェイスにさりげなくGMT機能を搭載従来のブライトリングファンを超えて幅広い層に愛される「トランスオーシャン」に、24時間で文字盤を一周する第2時針によるGMT機能を備えた限定モデルが登場。 Text by SHIBUYA Yasuhito旅する時計950年代に発売していたクロノグラフの端正でクラシックなデザインを現代に蘇らせ、従来のブライトリングファンを超えて幅広い層に愛される「トランスオーシャン」。この人気シリーズに、海外旅行や国境を超えた地球規模の仕事にぴったりの、24時間で文字盤を一周する第2時針によるGMT機能を備えた限定モデルが登場した。搭載ムーブメントは簡単にローカルタイムの時針を動かすことのできる画期的な機構を備えたブライトリング自社製の「キャリバーB04」で、シースルーのケースバックから眺めることができる。クラシックなミラネー...
BREITLING|30秒クロノグラフ機能を初装備した自慢の自社キャリバー

BREITLING|30秒クロノグラフ機能を初装備した自慢の自社キャリバー

BREITLING for Bentley|ブライトリング・フォー・ベントレー Bentley B06|ベントレー B0630秒クロノグラフ機能を初装備した自慢の自社キャリバーブライトリングが誇る30秒クロノグラフ機能を搭載した新作モデル「ベントレー B06」がバーゼルで発表。自社製のムーブメント拘りがこの一本に。Text by SHIBUYA Yasuhitoベントレーカーのモチーフが随所に宿るクロノグラフ秒針が通常の倍速の30秒で文字盤を一周し、1/8秒単位の計測が可能な30秒クロノグラフは、もともとは1920年代、懐中時計の時代にブライトリングが特許を取得した機構のひとつ。 この機能を搭載するモデルは「ブライトリング・フォー・ベントレー」のフラッグシップともいえる逸品だ。2013年、新たに発表されたこの「ベントレー B06」は、ブライトリング自社製のムーブメントとして初めてこの機構を搭載した「キャリバーB06」を搭載する、メカニズムにこだわる時計ファンなら注目せずにはいられな...
BREITLING|日本向けに特別製造されるスペシャルモデル

BREITLING|日本向けに特別製造されるスペシャルモデル

BREITLING for Bentley|ブライトリング・フォー・ベントレーBentley GT for JAPAN|ベントレーGT for JAPAN スペシャル・エディション日本向けに特別製造されるスペシャルモデルレギュラーモデルとしては生産中止になった「ベントレーGT」が、日本国内向けに特別に生産が続行が決定。スペシャルモデルとなって復活した。Text by SHIBUYA Yasuhitoファンからのラブコールケース直径44.8mmという絶妙なケースサイズ、経過時間、走行距離、最高速度のいかんにかかわらず平均速度を算出できる可変タキメーター機能装備というスペックで「ブライトリング・フォー・ベントレー」のコレクションの中でも、日本で特に人気が高かった「ベントレーGT」。レギュラーモデルとしては生産中止になったが、この熱いラブコールを受けて日本向けに特別に生産が続行が決定。日本だけで買えるスペシャルモデルとなった。文字盤カラーはアイスホワイトとアイスブラックの2種類。カーフス...
BREITLING|宇宙を飛んだ歴史とそのスタイルを継承

BREITLING|宇宙を飛んだ歴史とそのスタイルを継承

BREITLING|ブライトリングNavitimer Cosmonaute Blacksteel|ナビタイマー コスモノート ブラックスチール宇宙を飛んだ歴史とそのスタイルを継承 ブライトリングファンから熱い視線を浴びる数々の“ブラックスチール”限定モデルの中でも、もっともクラシックで精悍な1本。Text by SHIBUYA Yasuhito希少な自社製手巻きモデル1962年5月24日、スコット・カーペンター空軍少佐の腕に巻かれて宇宙船「マーキュリー・アトラス7号」で地球を3周回ったという特別な歴史を持つ「ナビタイマー コスモノート」。ブライトリングの数あるパイロットウォッチの中でもこの特別なストーリー、航空用計算尺と24時間表示ダイヤルを備えた伝説のパイロットモデルのオールブラックバージョンだ。漆黒の文字盤とラバーストラップが、宇宙空間を彷彿させる。そして搭載ムーブメントの「キャリバー02」は、ブライトリングの自社製ムーブメントの中でも希少な手巻き仕様。2013年の新作の中でも...
BREITLING|「ブライトリング・ブライダル・フライト2010」でレッドブル・エアレースのレポーターに

BREITLING|「ブライトリング・ブライダル・フライト2010」でレッドブル・エアレースのレポーターに

BREITLING|ブライトリング「ブライトリング・ブライダル・フライト2010」でレッドブル・エアレースのレポーターにText by OPENERS昨年好評を博した「ブライトリング・ブライダル・フライト」が、今年も開催される運びとなった。「ブライトリング・ブライダル・フライト」とは、結婚や婚約の記念にブライトリングの時計を購入したカップル一組がレポーターとして、トップクラスのパイロットたちが競い合うエアロバティック飛行機の「レッドブル・エアレース」を観戦できる企画。ブライトリングもオフィシャル・タイムキーパー、そしてチーム・ブライトリングとして参戦しているこのレースの観戦レポートは、ブライトリング・ジャパンの会報誌やWEBサイト上で公開されることとなる。今年は、8月中旬~10月上旬にかけて開催されるレースへの招待を予定。現在結婚や婚約を考えているカップルに、ぜひお薦めしたい企画である。募集内容|「ブライトリング・ブライダル・フライト2010」レッドブル・エアレースの観戦レポーター...
BREITLING|「ブライトリング・ブライダル・フライト2010」でレッドブル・エアレースのレポーターに

BREITLING|「ブライトリング・ブライダル・フライト2010」でレッドブル・エアレースのレポーターに

BREITLING|ブライトリング「ブライトリング・ブライダル・フライト2010」でレッドブル・エアレースのレポーターにText by OPENERS昨年好評を博した「ブライトリング・ブライダル・フライト」が、今年も開催される運びとなった。「ブライトリング・ブライダル・フライト」とは、結婚や婚約の記念にブライトリングの時計を購入したカップル一組がレポーターとして、トップクラスのパイロットたちが競い合うエアロバティック飛行機の「レッドブル・エアレース」を観戦できる企画。ブライトリングもオフィシャル・タイムキーパー、そしてチーム・ブライトリングとして参戦しているこのレースの観戦レポートは、ブライトリング・ジャパンの会報誌やWEBサイト上で公開されることとなる。今年は、8月中旬~10月上旬にかけて開催されるレースへの招待を予定。現在結婚や婚約を考えているカップルに、ぜひお薦めしたい企画である。募集内容|「ブライトリング・ブライダル・フライト2010」レッドブル・エアレースの観戦レポーター...
104 件