ベル&ロスのBRダイバーズウオッチコレクションが、さらに充実|Bell & Ross

ベル&ロスのBRダイバーズウオッチコレクションが、さらに充実|Bell & Ross

Bell & Ross|ベル&ロスアイコニックな角型ダイバーズ「BR 03-92 DIVER」にブルーとブロンズの新色モデルが誕生ベル&ロスが2017年に発表した角型タイプのダイバーズウオッチコレクションに、海の世界を表現したブルー、そして海洋探索の歴史を表現したブロンズの2モデルが新たに加えられた。ブロンズのモデルについては、世界限定999本で展開される。Text by OZAKI Sayaka海の世界と海洋探索の歴史を表現しつつ、水中でも高い視認性を確保1997年に製造された1万1100m防水の「Hydromax」、2007年に発表された「BR02」に続き、2017年にはスクエアタイプのダイバーズウオッチ「BR 03-92 DIVER」を発表したベル&ロス。「BR 03-92 DIVER」は、アイコニックなスタイルでダイビングの世界において強烈な印象を残した。そして今夏、このコレクションに2つの新作、すなわち「BR 03-92 DIVER BLUE(ダイバー ブルー)」...
オシアナスブルーのさらなる洗練。日本の伝統工芸「江戸切子」をベゼルに採用|CASIO

オシアナスブルーのさらなる洗練。日本の伝統工芸「江戸切子」をベゼルに採用|CASIO

CASIO|カシオ美しいブルーを求めて、辿り着いた日本の伝統工芸の粋、江戸切子2004年のブランドデビューから、その象徴として多くのモデルに採用されてきたオシアナスブルー。今年、日本の伝統工芸である江戸切子を採用した限定モデルが登場する。Text by KOIZUMI Yoko日本の伝統工芸と先進技術が融合オシアナスはこれまで"進化に挑み続ける"というブランドの象徴として、2004年のデビューから多くのモデルにブルーを採用してきた。技術の進化と呼応するように、ブルーの発色にもこだわり、さまざまな素材や技法を駆使して、唯一無二の発色を追求。それが特別に"オシアナスブルー"と呼ばれるようになった。こうした背景のなか、2018年のバーゼルワールドでは、ベゼルに日本の伝統工芸である「江戸切子」を採用した「OCW-S4000C」が発表され、注目を浴びた。ベゼルの制作と監修に当たったのは江戸切子職人の三代秀石である堀口徹氏(※)だ。同氏は伝統的な手法を受け継ぎながらも、斬新な作品を多数生み出し...
誕生から四半世紀を迎えたシーマスター ダイバーがフルモデルチェンジ|OMEGA

誕生から四半世紀を迎えたシーマスター ダイバーがフルモデルチェンジ|OMEGA

OMEGA|オメガ初代モデルをオマージュする2500本限定モデルも発表。新たに生まれ変わった「シーマスター ダイバー 300M」オメガは2018年新作としてデザインを一新した「シーマスター ダイバー 300M」を発表した。Text by YANAKA Tomomi初代モデルに採用された波模様もレーザー加工によって復活1993年の発売以来、多くのファンに愛されてきたダイバーズウオッチ「シーマスター ダイバー 300M」。ジェームズ・ボンドが長年愛用したことでも知られるこのアイコンウオッチが今年、進化を遂げた。新作はSSモデルが6種類、SSとゴールドのコンビが8種類の計14機種。ケース径はいずれも42mmで、自動巻き(キャリバー8800)を搭載し、マスター クロノメーター認定を取得した。外観のデザインは細部にまでこだわりが。そのひとつとして、セラミック製ベゼルには電鋳処理による18Kセドナゴールド、もしくは白さと耐久性向上のためのホワイトエナメルによるダイビングスケールが採用された。ダ...
アイコンシリーズ初の自動巻きムーブメント搭載モデル|MAURICE LACROIX

アイコンシリーズ初の自動巻きムーブメント搭載モデル|MAURICE LACROIX

MAURICE LACROIX|モーリス・ラクロア待望の自動巻きムーブメントを採用した「アイコン オートマティック」モーリス・ラクロアから、「アイコン」シリーズ初の自動巻きムーブメントを搭載する「アイコン オートマティック」が登場。6月にリリースされる。Text by YANAKA Tomomiさらに立体的なフォルムへと進化2016年に往年のベストセラー「カリプソ」の復刻版として登場した「アイコン」。あれから2年の月日が経過し、今年のバーゼルワールドで披露されたのが、シリーズ初の自動巻きムーブメントを搭載する「アイコン オートマティック」である。径42ミリの3針モデルと、径44ミリのクロノグラフの2タイプがラインナップ。アイコンの特徴ともいえるベゼルに設けられた6つのアームなど、エッジ部分には光沢を放つポリッシュ仕上げが施され、輝きを抑えたサテン仕上げ部分とのコントラストを演出。立体的なフォルムに仕上げている。3針モデルのダイアルには細かなピラミッド状の凸凹装飾を施し、一方のクロノ...
「ノーチラス」コレクション初のグランド・コンプリケーション|PATEK PHILIPPE

「ノーチラス」コレクション初のグランド・コンプリケーション|PATEK PHILIPPE

PATEK PHILIPPE|パテック フィリップ永久カレンダーを搭載した複雑機構モデルがノーチラス・コレクションに初登場コレクション誕生から40年を超えてなお、パテック フィリップの人気コレクションとして不動の地位を誇る「ノーチラス」に、ファン待望の永久カレンダー搭載モデルが初めてお目見えする。Text by KOIZUMI Yoko現行コレクションのなかで、最薄のムーブメントクロノグラフ、デュアル・タイムゾーン(トラベルタイム)、年次カレンダーに続き、ノーチラス・コレクションに初めて永久カレンダー機構を搭載したグランド・コンプリケーション「ノーチラス5740/1」が登場する。搭載されるムーブメントはパテック フィリップの自社開発ムーブメントのなかでも傑作と名高いキャリバー240 Q。これは閏年の2月29日を含めて、すべての月の末日を自動的に判断し、日付調整する機構を備えたもので、実用性の高さで定評がある。また22Kゴールド製の偏心マイクロローターを組み合わせることで、超薄型の自...
ブルー・ブラック・グラデーション文字盤を搭載したNEW年次カレンダー|PATEK PHILIPPE

ブルー・ブラック・グラデーション文字盤を搭載したNEW年次カレンダー|PATEK PHILIPPE

PATEK PHILIPPE|パテック フィリップ万年筆のインクのような、ニュアンスのある色彩を、PVD技術を用いて文字盤に表現曜日、日付、月を3つの表示窓で示す、年次カレンダー5205モデル。その18KWGバージョンが、2018年、新たに誕生したブルー・ブラック・グラデーション文字盤を搭載することになった。それにともない年次カレンダー18KWGケースのグレー文字盤、ブラック文字盤は製造終了となる。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)これが、パテック フィリップのさらなる高みを目指す姿勢文字盤の外側に向かって色が濃くなり、18KWGとのカラーコントランストを明解なものとするブルー・ブラック・グラデーション文字盤。これまでのラッカー文字盤では出せなかった雰囲気です。そして、その効果は18KWGと合わせるのが一番。なぜなら純白の輝きを一層、引き立たせるからです。そこでパテック フィリップは18KWGモデルをこの1リファレンスに絞ることにしたのでしょう。これ...
知る人ぞ知る、あのバンフォード仕様として現れた「MONACO」限定モデル|TAG Heuer

知る人ぞ知る、あのバンフォード仕様として現れた「MONACO」限定モデル|TAG Heuer

TAG Heuer|タグ・ホイヤー「バンフォード ウォッチ デパートメント」とタッグ。プレシャスな表情を纏う「モナコ」限定モデルタグ・ホイヤーが、イギリスの「バンフォード ウォッチ デパートメント」との限定モデル「タグ・ホイヤー モナコ バンフォード」をバーゼルワールド2018で披露した。Text by YANAKA Tomomi特徴のあるモナコの角型フォルムに、カーボンフォージド素材を採用1969年に、世界初の防水機能を備えた角形ケースの自動巻きクロノグラフとして誕生した「モナコ」。この伝統あるタイムピースが、高級時計のカスタマイゼーションで名を馳せる「バンフォード ウォッチ デパートメント」との提携でトレンドを捉えたコンテンポラリーなアイテムに生まれ変わった。ケースは、軽量かつ頑強なカーボン素材を採用。全面ブラックの文字盤は、アクアブルーのクロノグラフカウンターが映えるデザインとした。また文字盤とケースバックには「Monaco Bamford」の文字が刻印され、特別なアイテムで...
デザインを一新したばかりのスーパーオーシャン ヘリテージが、さらに進化|BREITLING

デザインを一新したばかりのスーパーオーシャン ヘリテージが、さらに進化|BREITLING

BREITLING|ブライトリング昨年10周年を迎えた「スーパーオーシャンヘリテージ」から44mmサイズの3モデルが誕生ブライトリングは、2018年新作「スーパーオーシャン ヘリテージⅡ」を発表。既存のラインナップにはなかった新サイズ44mmから3モデルがリリースされる。Text by YANAKA Tomomi搭載キャリバーの異なる3モデルを展開1957年に初登場したブライトリングのダイバーズウォッチ「スーパーオーシャン」。60周年を迎えた昨年にはスーパーオーシャン ヘリテージシリーズのデザインが一新され、オリジナルモデルのフィロソフィーや特徴を守りながら、最先端技術を融合したモデルへと進化した。そして今年、新たに「スーパーオーシャン ヘリテージⅡ」コレクションに3種類の44mmモデルを追加。「スーパーオーシャン ヘリテージⅡ B01クロノグラフ44」は、自社製キャリバー01を搭載し、3時、6時、9時の位置にコントラストを付けたサブダイアルを配置している。6時、9時、12時位置の...
新たなパイロットウォッチ・コレクション「ナビタイマー8」をリリース|BREITLING

新たなパイロットウォッチ・コレクション「ナビタイマー8」をリリース|BREITLING

BREITLING|ブライトリング新体制となったブライトリングを象徴する新たなアヴィエーションスタイル「ナビタイマー8」ブライトリングの歴史に登場したアイコニックピースに焦点を当てた新シリーズ「ナビタイマー8」。ノンクロノ・アヴィエーションの魅力を雄弁に語る、新生ブライトリングの"顔"である。Text KOIZUMI Yoko翼を脱いだ新ロゴ、それは未来へのビジョン航空界との100年以上にわたる深い絆で知られるブライトリング。昨年、CEOとしてジョージ・カーン氏が就任し、新生ブライトリング初となるパイロットウォッチ・コレクションが発表された。それが「ナビタイマー 8(ナビタイマー エイト)」シリーズである。名前にある「8」とは、軍民両用のコックピット計器やパイロットウォッチを製造するため、1938年に設立されたユイット・アビエーション部門の名に由来する。創業者レオン・ブライトリングの孫であるウィリー・ブライトリングは、当時、コックピット計器が8日間のパワーリザーブを保証していたこと...
39 件