WATCH OF THE YEAR 2009

アイアイ イスズ ホールディングス代表取締役 飯間康行 選

アイアイ イスズ ホールディングス代表取締役 飯間康行 選

PRACTICAL WATCHアイアイ イスズ ホールディングス代表取締役 飯間康行 選実用性があり、身につければ、今の気分を高揚させることができる腕時計。頭で考えて「良い」と判断するのではなく、「欲しい」と素直に思える時計には、きっと確かな実力と魅力があると飯間さんは信じている。Photos by Eiichi Okuyama@CUVA CUVAStyling by Eiji Ishikawa@TRSText by Tsuyoshi Hasegawa@04,Yasuyuki Ikeda@04今の自分が、ワクワクできる時計選びとは?飯間さんの選考基準は「自分がいるシチュエーション、ロケーションを想像し、その腕時計にワクワクできるか否か」であるという。その最たるものは、自身が惚れ込み「いつか、こんな時計を、誰もが買える価格で作りたい」と切望した「クルエボ」ハバナ。「2年ほど前、当店で“クルエボ”のイベントを開催した際、アンティークのミュージアムウォッチを持ってきていただいて以来の夢で...
ベスト販売代表取締役社長 石田憲孝 選

ベスト販売代表取締役社長 石田憲孝 選

PRACTICAL WATCHベスト販売代表取締役社長 石田憲孝 選時計の役割は、時間を知る、計る、そして楽しむこと。人生を豊かに生きるための大切なツールなのだ。その点を熟知する石田さんが選ぶ「実用時計」とは価格や機能はもちろん、こころの豊かさを与えてくれるか否かで選出。Photos by Eiichi Okuyama@CUVA CUVAStyling by Eiji Ishikawa@TRSText by Tsuyoshi Hasegawa@04,Yasuyuki Ikeda@04人生の楽しみ方を教えてくれる時計とは?「実用とは“使う”こと。使わないもの、ただ飾っておくもの、必要以上に丁寧に扱わなくてはいけないものを“実用”とは思いません」本企画の選者を依頼するにあたり、石田さんが実用時計を選ぶとき手にする回数が多いものこそが「もっとも実用的な時計」になるだろうとGQ JAPAN編集部でも予想していた。そこに価格の制約やカテゴリーの枠は不要ゆえ、自由な石田さんの感性を望んだのだ。...
オロジオ代表取締役社長 木村喜久 選

オロジオ代表取締役社長 木村喜久 選

PRACTICAL WATCHオロジオ代表取締役社長 木村喜久 選九州を代表する時計店店主が指摘する「実用時計」の条件は、機械の耐久性とムーブメントの精度。時計の機能に関わる「信頼性」という重要な選択基準ともうひとつ、地域性を表す意外な時計選びのポイントもあるのだそう。Photos by Eiichi Okuyama@CUVA CUVAStyling by Eiji Ishikawa@TRSText by Tsuyoshi Hasegawa@04,Yasuyuki Ikeda@04九州男児が好む実用時計の意外な選択基準「本当は、すべて“IWC”の新作だけでノミネートが埋まってしまうのではないかと心配しました」木村さんのセレクト基準は「信頼性」。機械の耐久性と同時に、正確に時を刻む基本設計の精度も実用時計には不可欠であると話す。「“IWC”は洗練されたデザイン性が優秀ですが、確かな信頼性も備わっています。ビッグ・パイロットの文字盤を白に切り替えたことも注目に値しますね。日本限定モデル...
G-SHOCK|NEW FROGMAN

G-SHOCK|NEW FROGMAN

G-SHOCK 「NEW FROGMAN」「フロッグマン」がマルチバンド6をついに搭載!男の腕を屈強に彩る最新鋭黒時計、あらわるタフで多機能なダイバーズウォッチとして知られる、「カシオ」G-SHOCKシリーズのフロッグマン。その黒く輝く名機がこのたび、世界主要都市をカバーする高機能電波時計となって注目を浴びている。現代をアクティブに生きる男の腕には、本格スペックをもつ実用時計こそふさわしい。Photo by Eiichi Okuyama@CUVA CUVAText by Tsuyoshi Hasegawa@04次世代紳士を目指す、“超”実用時計ゼンマイ駆動による繊細な機械式時計の美しさもよいが、少々手荒に扱ってもビクともしないタフな実用時計も確かに魅力的だ。過酷な状況やスポーツなどに没頭するシーンで遠慮なく使える屈強時計といえば、本邦発のG-SHOCKが最右翼。なかでもより過酷な環境下での使用を想定し、機能に特化した「マスター オブGシリーズ」は、プロのアスリートたちも愛用する本格...
SUNNTO ELEMENTUM|究極のデザインウォッチ「エレメンタム」登場

SUNNTO ELEMENTUM|究極のデザインウォッチ「エレメンタム」登場

SUUNTO 「ELEMENTUM」北欧スポーツコンピューターブランド「スント」の新作時計究極のデザインウォッチ「エレメンタム」登場ダイビングや登山など、スポーツフリークを中心に絶大な人気を誇る「スント」。スポーツ時計のトップブランドが、満を持してハイエンドでクールなメタルケースモデルをリリースした。アクティブなGQジェントルマンなら、オンスタイルもスタイリッシュかつ高機能にこだわりたい。Photo by Eiichi Okuyama@CUVA CUVAStyling by Eiji Ishikawa@Tablerock StudioText by Tsuyoshi Hasegawa@04品格を備えたスポーツウォッチをオンタイムにも1936年、フィンランドに創業した「スント」。ダイビングコンピューターの分野で世界シェアトップを誇り、正確無比な高度計やコンパスなど、アウトドアの世界でも、その優れた機能性が高い信頼を得ているスポーツウォッチの最高峰だ。海や山などタフなフィールドで発揮す...
GQ JAPAN×OPENERS Archive

GQ JAPAN×OPENERS Archive

GQ JAPAN×OPENERS今年もっともかがやいた時計はコレだ!名だたるブランドが英知を結集させ、熟成のメカニズムと豪奢なルックスをつくりだす時計の世界。ブームの追い風もあり、年々そのバリエーションは拡大傾向にある。そこで頭をよぎるのが、どの時計がベストなのか?ということ。そこで今季発表の新作や2009年入荷のモデルを対象に、GQ WATCH OF THE YEARを開催。編集部厳選のモデルから時計界のご意見番たちが選ぶベストウォッチなど、今年もっともかがやいた時計たちをここで一挙紹介。毎シーズン、魅力的なモデルが登場するウォッチ・シーン。年々バリエーションが増えるため、どれを選ぶべきか迷ってしまうほど。そこでGQ JAPANにて厳選した注目モデルを一挙に公開。先進機能を搭載した時計ファンも納得の実用モデルから、身に着けるだけで腕もとに視線が集中するスタイリッシュなモデルなど、話題作を中心にピックアップ。“本当に実用性がある時計”とは、いったい何であるのか――そんな私たちの率直...
6 件