RADO

1917年、シュラップ3兄弟によってスイス・レングナウに設立された「シュラップ・アンド・カンパニー」が前身。当初は、ムーブメント製造の専門メーカーとして経営を続けていたが、’47年に経済学者のポール・ルーテー博士の経営参加によって、オリジナルウォッチの開発へと路線を変更。 ’56年に初の腕時計「イグザクト」を発表すると、その翌年から社名を「ラドー」に変更し、ウォッチブランドとして再スタートを切ることとなる。 他社に先駆けて時計素材に着目したラドーは、1962年に発表したハードメタルケース採用の「ジ・オリジナル」を皮切りに、’86年にはスペースシャトルのパーツでもあるセラミックスを採用した「インテグラル」、2004年には世界一硬いハイテク・ダイヤモンドを採用した「V10K」など、新素材を取り入れたオリジナリティあふれるウォッチ開発を展開。スクラッチプルーフの分野を牽引するブランドとしての地位を確立するとともに、昨今取り沙汰されている新素材の開発競争においても、先駆者の威厳を見せている。 今年でブランド創業50周年を迎えるラドー、今後の動向にも注目したい。 【創業年】1957年 【創業地】スイス、レングナウ 【主なシリーズ名】シントラ、ジ・オリジナル、インテグラル、セラミカ、ラドー トゥルー 【問い合わせ先】スウォッチ グループ ジャパン ラドー事業部 03-6254-7331 公式サイト:http://www.rado.com/

RADO│ウィンブルドンでアンバサダーのマリー選手と国枝選手が優勝

RADO│ウィンブルドンでアンバサダーのマリー選手と国枝選手が優勝

RADO│ラドー「ハイパークローム」コレクション発売を記念したフェアを開催ウィンブルドンでマリー選手と国枝選手が優勝6月24日から7月7日までイギリスで開催されたテニストーナメント、ウィンブルドン選手権で、ラドーアンバサダーを務めるアンディ・マリー選手が優勝。そして、ラドーフレンドの車いすテニスプレイヤー国枝慎吾選手も、見事優勝を果たした。Text by YANAKA Tomomi優勝者の腕に付けられた新モデル「ラドー ハイパークロームコートコレクション」昨シーズンから、世界で11に及ぶテニストーナメントのオフィシャルタイムキーパーを務め、テニスとより深い関係を築いているラドー。今年は、男子世界ランキング第2位のアンディ・マリー選手をアンバサダーに任命するとともに、車いすテニスで不動の世界第1位を誇る国枝慎吾選手を、あらたにラドーフレンドに決定した。ウィンブルドンでアンディ・マリー選手は、4時間43分もの闘いのうえ、ノバク・ジョコビッチ選手を破り、英国男子として77年ぶりにウィンブ...
RADO|ケース厚わずか5mm! 世界最薄ハイテクセラミックス素材の腕時計を発表

RADO|ケース厚わずか5mm! 世界最薄ハイテクセラミックス素材の腕時計を発表

RADO|ラドーケース厚わずか5mm!世界最薄ハイテクセラミックス素材の腕時計を発表1957年の創業以来、スイス時計業界の先頭に立って、素材革命、デザイン革命を推し進め、腕時計の既成概念を打ち破る美しい腕時計を創造してきたラドー。今年はお得意のハイテクセラミックス素材を使ったモデルで、またまた世界を驚かせた。取材・文=渋谷康人革新の歴史に、またあらたな1ページ!タングステンカーバイド素材を中心に作られた、美しく傷のつきにくい超硬メタル合金をケースに採用した1960年代の「ラドー・ダイヤスター」を出発点に、つねに腕時計の素材革命、デザイン革命をリードしてきたスイスの時計ブランド ラドー。いま大流行のハイテクセラミックス素材の導入は、何といまから四半世紀も前の1986年の「ラドー・インテグラル」から。さらに2004年にはハイテクダイヤモンドコーティングをほどこした世界でもっとも硬い腕時計「ラドー V10K」も発売している。このラドーの歴史に今年2011年、またまた画期的なモデルが登場し...
RADO|車いすテニスプレイヤー国枝選手がラドーフレンドに

RADO|車いすテニスプレイヤー国枝選手がラドーフレンドに

車いすテニス世界ランキング1位国枝慎吾選手が日本におけるラドーフレンドに決定車いすテニス世界ランキング1位の国枝慎吾選手が、日本におけるラドーフレンドに決定。約20年前にスタートしたラドーとテニスの関係に、いまあらたな歴史が刻まれる。Text by YANAKA Tomomi今年も楽天オープンジャパンの公式計時を担当昨年の2012年から、世界各地で開かれるテニストーナメントの公式計時を担当しているラドー。今回、日本におけるラドーフレンドとして、車いすテニスプレーヤーの国枝慎吾選手が選ばれた。昨年のロンドンパラリンピックの金メダルにはじまり、グランドスラムのシングルス18勝、今年に入ってからも全豪オープンで優勝するなど、いまもっとも輝くアスリートのひとりとして注目される国枝選手。車いすテニス世界ランキングでは1位を獲得し、その地位を不動のものとしている。このほか、2020年の東京オリンピックの招致アンバサダーとしても任命されており、今後、多くの場面でラドーとスポーツをつなぐ重要な役目...
RADO|薄さ5ミリの世界最薄時計! 「ラドー トゥルー シンライン」コレクションデビュー

RADO|薄さ5ミリの世界最薄時計! 「ラドー トゥルー シンライン」コレクションデビュー

RADO|ラドー薄さ5ミリの世界最薄のセラミックス時計!「ラドー トゥルー シンライン」コレクションデビュー春に開かれた国際的な時計の見本市「バーゼルワールド2011」に出品され、話題をさらった「Rado True thinline(ラドー トゥルー シンライン)」。厚さたった5ミリという、ラドーがもつテクノロジーと、高いデザイン性が詰まったが新作がいよいよ8月20日(土)から販売される。文=谷中朋未技術の粋を集め、シンプルなハイデザインに昇華最先端の開発をつうじて画期的な時計づくりをつづけてきたラドー。今回は、ハイテクセラミックスのパイオニア、ラドーならではのケース厚がわずか5ミリ、女性用ではなんと4.9ミリという、これまでの常識を打ち破る薄さの新作を発表した。ケースには硬度が高く、傷がつきにくいハイテクセラミックスを使用。ケース厚を薄くするため、たった1ミリのムーブメントを開発するなど、ラドーがもつ技術の粋を集めた。さらに、ブレスレットは低刺激性ラバーを使い、ケースの薄さを活か...
ラドー|楽天ジャパンオープンテニスに3組6名様をご招待|RADO

ラドー|楽天ジャパンオープンテニスに3組6名様をご招待|RADO

RADO│ラドー楽天ジャパンオープンテニスのオフィシャルタイムキーパーを務めるラドーロイヤルボックスシートに3組6名様をご招待10月1日(月)から7日(日)に東京・有明で開催される「楽天ジャパンオープンテニス2012」のオフィシャルタイムキーパーを務めることとなったスイスの時計メゾン、ラドー。それを記念し、非売品のロイヤルボックスシートのチケットが3組6名様にプレゼントされる。Text by YANAKA Tomomiアンディ・マレーや錦織圭も出場革新性とハイテクノロジーを追求し、マテリアルの開発、時計のデザインなど、常にイノベーティブなチャレンジをおこなってきたラドー。今年からあらたなチャレンジとして挑むのはテニスのフィールド。そのオフィシャルタイムキーパー第一弾として選ばれたのが、日本最大のテニストーナメント「楽天ジャパンオープンテニス」だ。今回の大会では、ラドーの新アンバサダーに就任し、夏に開催されたウィンブルドン選手権のセミファイナリストにもなったイギリスのアンディ・マレー...
RADO│ラドーからタッチセンサー式時計が発売

RADO│ラドーからタッチセンサー式時計が発売

RADO│ラドーリューズのない穏やかな楕円の美しいケースデザインタッチセンサー式時計『ラドー エセンサ セラミック タッチ』日本発売ラドーから、リューズをもちいないタッチセンサー式の革新的な時計『ラドー エセンサ セラミック タッチ』が日本に上陸。エレガントな楕円のケースデザインのウォッチは、洗練された時を女性たちにもたらしてくれる。Text by YANAKA Tomomiジュエリーを使った2種類のラグジュアリーモデルを11月に発売長年にわたりセラミックスをもちいた時計を開発してきたラドー。今回、ラドーの四半世紀にわたり積み重ねられてきたセラミックの専門知識のなかでも絶縁体である利点に着目し、タッチセンサー式の時計が誕生した。セラミックケースのなかに配置されているのは、クオーツムーブメントと4つの電極。2時、4時、8時、10時の4カ所に配され、セラミックケースをつうじて指先が電極に影響を与えると、コンデンサーのように機能し、発振回路としての役割を果たすという。さらに、ステンレスス...
バーゼルワールド 2014|時計ジャーナリストが厳選した今年注目のウォッチ全41本

バーゼルワールド 2014|時計ジャーナリストが厳選した今年注目のウォッチ全41本

バーゼルワールド 2014時計ジャーナリストが選んだ今年注目のウォッチ世界最大の時計と宝飾の見本市、「BASEL WORLD(バーゼルワールド)」が今年もスイスで開催された。老舗ブランドによるグランドコンプリケーションモデルから、最新のブランドのデザインウォッチまで、時計ジャーナリストの福留亮司氏が、注目の最新腕時計をご紹介する。Text by FUKUTOME Ryuji好調な時計業界を支える2014年の新作バーゼルワールドは、毎年3月、4月頃に約1週間かけてスイス・バーゼルで行われる時計と宝飾の見本市である。今年も3月27日から4月3日までの8日間、世界中のバイヤー、プレス、そして時計ファンが、会場となるメッセ・バーゼルに集結。例年通り、大変な賑わいをみせた。今年はどこのブランドも、例年に増して好調ということだった。新作も、以前あったように、どこも同じ方向を向いているということはなく、よりブランドの個性が強まっていると感じられた。ユーザーからみれば、選択の幅も広がり、とてもよい...
30 件