HAMILTON

1892年にアメリカで創業し、初期に手掛けた高精度の懐中時計により、鉄道時計ブランドとして絶大なる信頼を獲得。20世紀に入ってからも、同社の信頼性の高さが航空界に伝わり、1918年にはアメリカ発の航空便飛行の公式計時に採用され、’26年には初の北極上空のフライト成功にも同行。いわば、18世紀からアメリカの躍進を影で支えてきた、老舗ブランドである。

その後も意欲的な時計開発を続けたハミルトンは、1957年、ユニークな三角型ケースを特徴とする初の電池式腕時計「ベンチュラ」を発表。’70年代には世界初の発光ダイオード(LED)式デジタルウォッチ「パルサー」の開発にも成功し、電子時計の分野でも高い技術力を示している。映画「2001年宇宙の旅」(’68年公開)では、小道具として実際に使用される腕時計の製作も担当しており、この逸話がハミルトンの先進性をよく物語っている。

現在はスウォッチ グループの傘下となり、スイスにて時計を製造。フィールド、ネイビー、パイロットなど多彩なジャンルが揃うタフウォッチ「カーキ」、古き良きアメリカを表現したドレス系の「アメリカン クラシック」や「ジャズマスター」など、多数の秀作を発表し続けている。

【創業年】1892年 【創業地】アメリカ、ペンシルバニア州ランカスター 【主なシリーズ名】カーキ、ベンチュラ、ジャズマスター 【問い合わせ先】ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371

国内サイト:http://www.hamiltonwatch.jp/

ハミルトンと小木“POGGY”基史氏コラボレーションしたウオッチ|HAMILTON

ハミルトンと小木“POGGY”基史氏コラボレーションしたウオッチ|HAMILTON

ハミルトン(Hamilton)と小木“POGGY”基史氏がコラボレーションし、限定ウオッチ「Hamilton Ventura POGGYTHEMAN」をリリース。ブラックとネオンピンクを纏うルックスは、「ベンチュラ」のもつ個性をより際立たせる仕上がりになっている。
映画『インターステラー』のストーリーの鍵を握る腕時計がついに発売へ|HAMILTON

映画『インターステラー』のストーリーの鍵を握る腕時計がついに発売へ|HAMILTON

2014年公開の『インターステラー』でストーリーの鍵を握るアイテムとして登場した「マーフウォッチ」。ハミルトンがこの映画のために制作したモデルで、商品化はされていなかった。しかし商品化を望むファンの声に応えて、ついに発売が決定した。
「イントラマティック オートクロノ」待望のパンダダイアルが復刻|HAMILTON

「イントラマティック オートクロノ」待望のパンダダイアルが復刻|HAMILTON

HAMILTON|ハミルトン伝説のタイムピースを復刻ハミルトン「イントラマティック オートクロノ」ハミルトンが1968年に発売した「クロノグラフ A」の誕生50周年を記念し、アイコニックなパンダダイアルを搭載した「イントラマティック オートクロノ」をリリースした。Text by OZAKI Sayaka“パンダダイアル”が魅力的なクラシカル・クロノ1968年にリリースされたハミルトンの手巻きクロノグラフ「クロノグラフ A」。通称“パンダダイアル”を搭載したハミルトンの伝説的なタイムピースが、50周年を迎える2018年に「イントラマティック オートクロノ」として復刻した。「イントラマティック オートクロノ」のダイアルに刻まれたハミルトンのロゴは、オリジナルと同一のもの。「クロノグラフ A」に込められたアメリカンスピリットを忠実に再現する意図である。オリジナルはケース径36mmだったが、新たなモデルでは袖口に程よく収まる40mm。色彩を用いずにモノクロカラーだけで構成され、ドライな魅力...
ハミルトンのアイコンウオッチ「ベンチュラ」の新作が日本先行リリース|HAMILTON

ハミルトンのアイコンウオッチ「ベンチュラ」の新作が日本先行リリース|HAMILTON

HAMILTON|ハミルトン2018年11月リリース! オリジナルを踏襲したブラック×YGカラーのモデルが登場世界初の電池式腕時計として、またエルヴィス・プレスリーが愛用したことでも知られるハミルトンのアイコンウオッチ「ベンチュラ」に、1957年に登場したオリジナルモデルと同じブラックダイアル×YGPVDコーティングSSケースを組み合わせた3モデルが登場。2018年11月よりハミルトンのグローバル旗艦店1号店である「ハミルトンブティック 東京 キャットストリート」のオープン1周年を記念し、このブティックが先行して取り扱いをはじめる。Text by OZAKI Sayaka今もなお圧倒的な存在感を放つ3角形のデザイン1957年に発表された「ベンチュラ」は、世界初の電池式腕時計としてウオッチメイキングの在り方を根底から覆したモデルだ。キャデラックなどをデザインし、当時アメリカで名を馳せていたインダストリアル・デザイナーのリチャード・アービブが手掛けたエキセントリックな「ベンチュラ」は、...
大人のシックなスタイルを演出する「イントラマティック」|HAMILTON

大人のシックなスタイルを演出する「イントラマティック」|HAMILTON

HAMILTON|ハミルトンヴィンテージでオーセンティック。袖口に重厚感を醸し出す「イントラマティック」ハミルトンの「イントラマティック」に、新たなダイアルとケースのカラーコンビネーション3種が加わった。Text by OZAKI Sayakaグラデーションのスモーキーカラーが目を引くハミルトンの豊かな歴史をルーツに持つ「イントラマティック」。アメリカン クラシックコレクションならではのヴィンテージなディテールにモダンな佇まいを加え、現代のタイムピースとして新たなカラーのモデルが登場した。滑らかな曲線を描くスモーク加工のダイアルは、中心から外側へと美しいグラデーションをなし、光によって多面的な表情を生み出す。スプレーの圧によって色味の強弱を付け、外側は濃く、内側になるほど薄くなるよう機械でその圧を調整している。メタリックカラーでプリントされたインデックスはSSのケースとマッチしつつ、スモーキーカラーとのコントラストを引き立てている。ダイアルとケースのカラーコンビネーションは3種類。...
アメリカンアール・デコのオーセンティックなデザインを継承する「ボルトン」|HAMILTON

アメリカンアール・デコのオーセンティックなデザインを継承する「ボルトン」|HAMILTON

HAMILTON|ハミルトン70年以上もの間、愛され続けたハミルトンレディースコレクションの決定的アイコン1940年代の登場以来、非常に長きにわたり愛され続けてきたハミルトンの名作「ボルトン」が、スタイルとカラーを一新してリリースされる。Text by OZAKI Sayakaクラシカルで優美。新作「ボルトン」が日本先行発売決定2018年7月、日本先行でリリースされる新しい「ボルトン」は、クラシカルなローマンインデックスを採用。洗練されたブラックラッカー仕上げのインデックスは、1940年代のオーセンティックなアメリカンスタイルを彷彿とさせる。アール・デコにインスパイアされた「ボルトン」のケースはエレガントな曲線を描き、クラシカルな佇まいを一層引き立てる。上品な輝きを放つダイアルと滑らかな曲線を持つケースに、丸みを帯びたサファイアクリスタルがマッチし、美しいバランスを実現。ダイアルは、光沢仕上げが印象的なホワイトシルバー。6時位置のスモールセコンドカウンターが、洗練度合いを際立たせて...
着せ替え可能なレザーストラップで楽しむ 「ジャズマスター シンライン オート」|HAMILTON

着せ替え可能なレザーストラップで楽しむ 「ジャズマスター シンライン オート」|HAMILTON

HAMILTON|ハミルトンハミルトンの定番モデル「ジャズマスター」を“着せ替え”で楽しむ新提案エレガントでモダンなハミルトンの人気シリーズ「ジャズマスター」より、ダイアルと4色のストラップの組み合わせを自在にカスタマイズできる「ジャズマスター シンライン オート」が登場した。Text by OZAKI Sayakaシーンに合わせて「ジャズマスター」をカスタマイズ!ハミルトンの新作「ジャズマスター シンライン オート」は、ダイアルとストラップのカスタマイズが可能なタイムピース。ストラップは単体で購入でき、イージークリックシステムによってワンタッチでストラップ交換が可能だ。4色のストラップとダイアルのカラーコンビネーションで、カジュアルからドレッシーなファッションまで自身のスタイルに合わせてカスタマイズできる。ポリッシュ仕上げが施されたケース径40mmのSSケースは、シンプルで滑らかなカーブが特徴。「ジャズマスター」のオーセンティックなスタイルを踏襲しつつ、エレガントで洗練された品格...
レッドブル・エアレースの世界を反映したスペシャルエディション|HAMILTON

レッドブル・エアレースの世界を反映したスペシャルエディション|HAMILTON

HAMILTON|ハミルトン「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」が今年も幕張で開催。そしてスペシャルエディションの発売も決定!ハミルトンが公式タイムキーパーを務める「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ 2018」の千葉大会が、5月26日(土)、27日(日)に幕張で開催。そのオフィシャルタイムキーパーを記念したスペシャルエディションがリリースされる。Text by YANAKA Tomomi3人のパイロットが新たにアンバサダーに就任エキサイティングな空のスポーツ、エアレース。パイロットが一周6キロのコースをおよそ1分間で周回するスピードと精度が求められる過酷なレースは、世界中の多くの人々を魅了。ハミルトンは2017年から「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」の公式タイムキーパーを務め、世界各地で開かれる大会をサポートしている。さらに、2005年よりハミルトンのアンバサダーを務めるフランスのニコラス・イワノフに加え、カナダのピート・マク...
アメリカン・クラシックの極み。「イントラマティック 68 オートクロノ」|HAMILTON

アメリカン・クラシックの極み。「イントラマティック 68 オートクロノ」|HAMILTON

HAMITON|ハミルトン時流におもねらない硬派なルックス。いま注目したいヴィンテージ感!ハミルトンは現在、スウォッチ グループに属するスイスメイドブランドとなっているが、もともとはアメリカを代表する時計メーカーだった。アメリカが先陣となって切り開いたグローバル時代のなか、ハミルトンもまた彼の国を代表する時計ブランドとして、個性を強烈にアピールしたのだった。そんななかで、このクロノグラフはアンダーステイトメントなルックスを有しているところが珍しく、硬派である。時流におもねらない、このヴィンテージスタイルが、いまとても素敵に見える。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)没個性が鮮烈な個性。名付けて1960年代の“ムジ・クロノ”ハミルトンと言えば、数々のアイコニックモデルを抱えるブランドである。例えば、エルヴィス・プレスリーが愛した「ベンチュラ」。爆発的ヒットを飛ばしたLED式デジタルウォッチ「パルサー」もある。資本がスイスに移って以降も、ハミルトンは独創的...
29 件