レミーコアントローグループが、新型コロナウイルスと闘うため、地域との連携活動をスタート|Remy Cointreau

レミーコアントローグループが、新型コロナウイルスと闘うため、地域との連携活動をスタート|Remy Cointreau

コニャック銘酒「ルイ13世」や「レミーマルタン」などを手掛けるレミー コアントローグループが、新型コロナウイルスに対する地域との連携活動をスタートさせた。
LOUIS XIII  ブランデーという永遠の存在

LOUIS XIII ブランデーという永遠の存在

LOUIS XIII|ルイ13世本物を求める日本のおとなたちに向け、最高のブランデー ルイ13世の魅力を発信するために選ばれたアンバサダー。ルイ13世の妥協を許さない酒造りに共感した13人の男たちが毎回その魅力を語る。六本木グランド ハイアット 東京のバー「マデュロ」にある「メゾン ルイ 13世」から発信するインタビュー。Chapter 16アンバサダー インタビュー吉田修一 作家Chapter 15アンバサダー インタビュー木村英智 アートアクアリウムプロデューサーChapter 14アンバサダー インタビュー平山祐介 モデル/俳優Chapter 13アンバサダー インタビュー遠山正道 スマイルズ 代表取締役社長Chapter 12アンバサダー インタビュー鏡 リュウジ 心理占星術研究家・翻訳家Chapter 11アンバサダー インタビューEita ヘアメイクアップアーティストChapter 10アンバサダー インタビュークリス・ペプラー TV・ラジオ パーソナリティーChapt...
LOUIS XIII|セラーマスター、ピエレット・トリシェが究極のコニャック「ルイ13世」を語る

LOUIS XIII|セラーマスター、ピエレット・トリシェが究極のコニャック「ルイ13世」を語る

LOUIS XIII|ルイ13世セラーマスター、ピエレット・トリシェが究極のコニャック「ルイ13世」を語る4代・百年の時を経て生まれる至極の一滴(1)「ルイ13世は、このデキャンタの中に一世紀分のノウハウが詰まっています」──と語りはじめるのは、レミーマルタン社の初の女性セラーマスターで、就任以来「ルイ13世」のスタイルを守りつづけているピエレット・トリシェさん。“コニャックの王”であるルイ13世の魅力をさぐる。Text by KAJII Makoto (OPENERS)Photographs by HARA Emikoこの1本を造りあげるのに、4代のセラーマスターが必要でした2009年以来、2回目の来日となるマダム・トリシェさん。グランド ハイアット 東京4階のバー「MADURO(マデュロ)」内にある「ルイ13世」を楽しめるフラッグシップバー「メゾン ルイ13世」でお話をうかがった。──まず、「ルイ13世」について簡単にご説明ください。ルイ13世は、コニャック生産地のなかでも、と...
EAT
LOUIS XIII|「ルイ13世 レア・カスク42.6」発表プレスツアー見聞録

LOUIS XIII|「ルイ13世 レア・カスク42.6」発表プレスツアー見聞録

LOUIS XIII|ルイ13世インド・ウダイプールで感じた“過去・現在・未来”世界限定738本、奇跡のコニャックとの出合い(1)昨年秋、レミーマルタン社のセラーマスターであるピエレット・トリシェ女史が来日した際、名酒「ルイ13世」の飲み方を教わって、コニャックのもつ深遠な世界のふちに初めて触れた気がした。そして今年に入って、「今度、ルイ13世の非常に希少な限定コニャックのローンチパーティがインドであるのですが」とお誘いいただき、3月にインドへ旅発った。Text by KAJII Makoto (OPENERS)ARRIVAL IN NEW DELHI & UDAIPUR──“湖の町”へ成田空港で買ったインドのガイドブックを開くと、インド全図の地図のつぎにブッダの言葉が書かれていた。大学時代に「卒業旅行でインドへ行くと価値観が180度変わって就職できなくなったひとが大勢いる」という話がまことしやかに伝わってきたが、今のインドは世界の経済地図のなかで年々存在感を増している国の...
5代目セラーマスター、バティスト・ロワゾー氏インタビュー|LOUIS XIII

5代目セラーマスター、バティスト・ロワゾー氏インタビュー|LOUIS XIII

LOUIS XIII|ルイ13世5代目セラーマスター、バティスト・ロワゾー氏 インタビュー歴史と伝統を守り、重責を“楽しむ”、5代目の信念と志(1)「木曜の朝に、東京でテイスティングをするというのは、私もはじめての経験です(笑)」。そう柔和に語るバティスト・ロワゾー氏の姿がグランド ハイアット 東京にあった。誕生して今年で141年という、驚くべき歴史を誇る“コニャック王”ルイ13世のセラーマスターだ。同社がリリースするすべてのコニャックに関して、最終的なブレンドを手がける要職に、34歳の若さで氏が就任したのは昨年4月。重責を担う5代目セラーマスターに、ルイ13世の個性を聞いた。Photographs by KOBAYASHI Takashi (ITARU studio)Text by TASHIRO ItaruSpecial thanks to Grand Hyatt Tokyoコニャックという神秘的な蒸留酒の世界世界に蒸留酒は数多あるが、コニャックほど神秘的な酒はないだろう。フラ...
INTERVIEW|さらなる感動「ルイ13世 レア・カスク42.6」とは何か

INTERVIEW|さらなる感動「ルイ13世 レア・カスク42.6」とは何か

LOUIS XIII|ルイ13世コニャックの王である「ルイ13世」のあたらしい子どもが、ついに予約開始INTERVIEW|「ルイ13世 レア・カスク42.6」とは何かいよいよ6月に発売される商品名は、「ルイ13世 レア・カスク42.6」──世界最高峰のコニャック“ルイ13世”の“レア=希少な、カスク=樽(たる)”で、“アルコール度数42.6”。1874年にレミーマルタン社から誕生したルイ13世の約150年におよぶ輝かしい歴史のなかで、2009年に発売された「レア・カスク43.8」につづく“2樽目”がついに世界発売される。Text by KAJII Makoto (OPENERS)「ルイ13世 レア・カスク42.6」は、世界限定デキャンタ738本分「ルイ13世 レア・カスク42.6」のお披露目の舞台は、インドの首都ニューデリーから飛行機で約1時間半、東洋のヴェネチアと呼ばれる美しい都市ウダイプール。アラバリの丘を背景に広がるピチョーラ湖に浮かぶ島の宮殿「ジャグ・マンディール(Jag ...
6 件