MAURICE LACROIX

1960年代にスイスの名門時計店が販売するオリジナルウォッチの製造を手掛けていた時計工房が前身。この工房は、クォーツ時計が全盛だった’70年代に入ると、機械式時計の伝統を守り抜く決意を固め1975年、工房独自のブランド「モーリス・ラクロア」を開設。本格的に自社の時計販売をスタートした。 最先端のケース工場を所有していたモーリス・ラクロアは、生産コストを抑えながらもディティールにこだわった美しいケースラインを持つモデルを次々と発表。また、その多くがレトログラードやトリプルカレンダー、フライバック・クロノグラフといった、玄人好みの機構を搭載しており、徐々に欧州各国の時計愛好家たちから注目を集めるブランドへと成長していく。 その後、2000年に自社の時計工場をリニューアルしたモーリス・ラクロアは、21世紀に入るとデザインと機能を、さらに洗練させた秀作を連発する。’06年には初の自社製クロノグラフ・ムーブメントも開発し、現在、最も勢いのあるブランドの一つへと大きく躍進した。すでに来年2008年に、これまでに例がないコンプリケーションを発表することを仄めかしており、その全貌を順次公式サイトで明らかにしている。

【創業年】1975年
【創業地】スイス、セイネレジェ
【主なシリーズ名】マスターピース、ポントス
【問い合わせ先】DKSHジャパン Tel. 03-5441-4515

公式サイト:https://www.maurice-lacroix.jp/

バーゼルワールド2018新作「マスターピース カレンダー レトログラード」|MAURICE LACROIX

バーゼルワールド2018新作「マスターピース カレンダー レトログラード」|MAURICE LACROIX

MAURICE LACROIX|モーリス・ラクロア洗練されたデザインと複雑機構を融合させた「マスターピース カレンダー レトログラード」スイスの高級時計ブランド、モーリス・ラクロアの技術が集約された「マスターピース」コレクションに、2018年新作「マスターピース カレンダー レトログラード」が加わった。複雑機構、特にモーリス・ラクロアが長年にわたって得意としてきたレトログラード表示が秀逸なタイムピースだ。Text by OZAKI Sayaka名作をベースに、さらにブラッシュアップした2018年の新作モーリス・ラクロアにレトログラード表示を搭載したモデルが誕生したのは1999年。以来、マスターピースコレクションは手巻きムーブメントから自動巻きへ、さらには複雑機構を搭載するなど着実に進化を遂げてきた。そのモーリス・ラクロアの2018年新作「マスターピース カレンダー レトログラード」は、日付針がアーチ形の軌道に沿って上方へ進み、終点の31日に達すると針がジャンプして始点の1日に戻る、...
アイコンシリーズ初の自動巻きムーブメント搭載モデル|MAURICE LACROIX

アイコンシリーズ初の自動巻きムーブメント搭載モデル|MAURICE LACROIX

MAURICE LACROIX|モーリス・ラクロア待望の自動巻きムーブメントを採用した「アイコン オートマティック」モーリス・ラクロアから、「アイコン」シリーズ初の自動巻きムーブメントを搭載する「アイコン オートマティック」が登場。6月にリリースされる。Text by YANAKA Tomomiさらに立体的なフォルムへと進化2016年に往年のベストセラー「カリプソ」の復刻版として登場した「アイコン」。あれから2年の月日が経過し、今年のバーゼルワールドで披露されたのが、シリーズ初の自動巻きムーブメントを搭載する「アイコン オートマティック」である。径42ミリの3針モデルと、径44ミリのクロノグラフの2タイプがラインナップ。アイコンの特徴ともいえるベゼルに設けられた6つのアームなど、エッジ部分には光沢を放つポリッシュ仕上げが施され、輝きを抑えたサテン仕上げ部分とのコントラストを演出。立体的なフォルムに仕上げている。3針モデルのダイアルには細かなピラミッド状の凸凹装飾を施し、一方のクロノ...
ケースデザインを刷新した、新作スケルトンウオッチ|MAURICE LACROIX

ケースデザインを刷新した、新作スケルトンウオッチ|MAURICE LACROIX

MAURICE LACROIX|モーリス・ラクロアバーゼルワールド2018 に出品する新作「アイコン オートマティック スケルトン」モーリス・ラクロアが3月のバーゼルワールドに出品する新作「アイコン オートマティック スケルトン」を事前発表。日本では今年11月に発売される予定だ。Text by YANAKA Tomomi「アイコン」に自動巻きを載せ、スケルトナイズ1961年の創業以来、モーリス・ラクロアにおいて欠かせない存在となっているスケルトンウォッチ。そしてBASELWORLD 2018ではアイコンのケースデザインをリニューアルし、スケルトン化させた新作「アイコン オートマティック スケルトン」が登場する。ケース径45mmのラージサイズを採用し、そのデザインをアップデート。ベゼル6カ所にある“アーム”がリズムを刻んでいるのが特徴だ。ケースと一体になったストラップには「イージーチェンジ」システムが採り入れられ、片手でのストラップ脱着も可能という。ムーブメントは、今作の専用キャリバ...
ブロンズケースの採用により、エイジングの愉しみを備えたレアモデル|MAURICE LACROIX

ブロンズケースの採用により、エイジングの愉しみを備えたレアモデル|MAURICE LACROIX

MAURICE LACROIX|モーリス・ラクロア自分だけの時計として“育てる”感覚を提供。AIKONシリーズの限定モデル「アイコンブロンズ」モーリス・ラクロアのAIKONシリーズより、ケースにブロンズ(銅)素材を採用した新作が、2017年9月1日(金)に世界388本限定でリリースされた。Text by KASUGA Hana酸化したくすみも、磨いた輝きも、自在に独自の機構とコンテンポラリーなデザインで、時計技術の伝統を現代的に再解釈するモーリス・ラクロア。そのモーリス・ラクロアの人気ライン「AIKON」シリーズから限定仕様の「アイコンブロンズ」が誕生した。自分好みに合わせて金属の質感を“育てていく”のが、本作の特徴。ケースやベゼルに採用したブロンズ素材は空気に触れて酸化し、さらに自分の手で触ることで皮脂が加わり、くすむように変化していく。つまりデニムの縦落ちのようにカスタマイズできるのが、ユニークなのである。エイジング効果をさらに盛り上げるのが、シャープな水平ラインが施されたダイ...
マニュファクチュールが製造する誇らしきHigh-Value|MAURICE LACROIX

マニュファクチュールが製造する誇らしきHigh-Value|MAURICE LACROIX

MAURICE LACROIX|モーリス・ラクロア腕時計の新たなトレンドを予感させる外装クオリティに特化した製品コンセプト(1)はじめは正直、目を疑った。第一印象からして、とてもしっかりとしているのである。いい時計というのは、ひと目で見ればたいてい分かる。アレっ? という違和感がないからだ。ケースの磨き分け、際立つエッジ、文字盤の作り込み、細部をひとつひとつ点検しても、粗はどこにも見当たらない。しかも製造するのはスイスの高級時計ブランドとして世界に知られたモーリス・ラクロアである。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)クルマに例えるなら、プレミアムブランドのコンパクトモデル新製品「アイコン」の披露のため、来日したモーリス・ラクロアCEOステファン・ワザー氏はこう語る。「この新作はムーブメントをクオーツにしてコストを抑え、マニュファクチュールとしての誇りを外装品質に注いだまったく新しいコンセプトを採用しています。スイスクオリティにはじめて触れるユーザーに最...
MAURICE LACROIX|モーリス・ラクロア|ポントス・オフセンター・GMT

MAURICE LACROIX|モーリス・ラクロア|ポントス・オフセンター・GMT

MAURICE LACROIX|モーリス・ラクロアポントス・オフセンター・GMTText by OPENERSモーリス・ラクロアを代表する「マスターピース」コレクションとは別に、同ブランドのエントリーラインに位置づけられるのが「ポントス」だ。このコレクションは、時代を超越するシンプルなデザイン性と実用性に基づいた付加機能を兼備しており、ビギナーからハイエンドユーザーまでが使いこなせる、汎用性の高さがアピールポイントであった。しかし、2006年に発表されたオフセンター・GMTは、本来エントリーラインに位置づけられていた「ポントス」のポテンシャルをアップグレードさせた名機として、時計愛好家たちをたちまち魅了した。世界限定999本というプレミア性も、これまでのポントスにはなかった魅力のひとつといえよう。オフセンターのダイヤルデザインを採用し、昼夜の判別が可能な第2時間帯表示用のサブダイヤルを装備。さらに日付表示板を内蔵し、それぞれの表示機構を多階層で立体的に表示する。ダイヤルには、チタン...
MAURICE LACROIX|モーリス・ラクロア|マスターピース・レクタンギュラー・スモールセコンド

MAURICE LACROIX|モーリス・ラクロア|マスターピース・レクタンギュラー・スモールセコンド

MAURICE LACROIX|モーリス・ラクロアマスターピース・レクタンギュラー・スモールセコンドText by OPENERSモーリス・ラクロアのフラッグシップである「マスターピース」コレクションの中でも、機械式時計の伝統を最も色濃く感じさせるモデルのひとつが、こちらの「マスターピース・レクタンギュラー・スモールセコンド」。現代にしては比較的小振りな縦37mmのレクタンギュラーケースに、スモールセコンドを採用したシンプルな3針式のダイヤル。中央部分にはソレイユ・ギョシェが施され、時分針には青焼きのブレゲ針を採用。極上のクラシック感を漂わす、アールデコ調のドレスウォッチに仕上げられている。しかし、見た目のクラシック感だけでなく、内部に搭載される手巻きムーブメントにも一家言ある。現在の角形ウォッチには、往々にしてラウンド型の汎用機が搭載されることが多いのだが、同モデルの場合は、律儀にも角形ケースに合わせて、角形のムーブメントを搭載しているのだ。搭載されるのは、名門サプライヤーのラ・...
MAURICE LACROIX|マスターピース・ダブル|レトログラード

MAURICE LACROIX|マスターピース・ダブル|レトログラード

MAURICE LACROIX|モーリス・ラクロアマスターピース・ダブル レトログラードText by OPENERS1990年より始まった、モーリス・ラクロアを代表する機械式コレクション「マスターピース」。機械式時計の醍醐味が感じられる珠玉のコレクションだが、なかでもマスターピースコレクションといえば、針が往復運針して時を表示する“レトログラード機構”が有名。今回、紹介する「マスターピース・ダブル レトログラード」は、レトログラードを2つ搭載している点からも、同コレクションの定番として位置づけられる、最も人気の高いモデルの1つである。ダイヤルの12時と6時位置には、扇形のサブダイヤルがあり、それぞれ第2時間帯表示(24時間表示)と、31日までのデイト表示になっている。12時位置では針が1時間ごとに、そして6時位置では1日ごとに移動して、それぞれ右端に到達したところでジャンプして左端に戻るのだ。この独創的なメカニズムの全てが、電気仕掛けを一切使用しない、100%力学構造で作動する点...
MAURICE LACROIX|モーリス・ラクロア|ポントス・パワーリザーブ

MAURICE LACROIX|モーリス・ラクロア|ポントス・パワーリザーブ

MAURICE LACROIX|モーリス・ラクロアポントス・パワーリザーブText by OPENERSモーリス・ラクロアのコレクションは、「マスターピース」と「ポントス」に大別できる。マスターピースが伝統的なスイスの機械式時計をテーマにしたものなら、ポントスはよりコンテンポラリーなデザインで、機械式時計のエントリー機として、幅広い世代から愛されることを主眼に置いている。そのため3針モデルからクロノグラフまで、マスターピースに比べると、比較的ベーシックなモデルがラインナップしており、価格もリーズナブルで親しみやすい。しかし、作りに対しては一切の妥協が無く、あくまで高品質を貫く点は、さすが。今回紹介する「ポントス・パワーリザーブ」も、機能的にはパワーリザーブ表示を装備した時計であり、決して複雑なものではない。しかし、インディケーターを7時方向にアシンメトリーに配置している点が、ことさら目を引く。文字盤にはメタルのバーインデックスが植字され、ダイヤル中央にはサークルのモチーフをレイアウ...
19 件