ROLEX

20世紀初頭、まだ腕時計が誕生して間もない頃に創業し、以後100年以上も腕時計とともに歩み続け、飛躍的な進化を遂げていったロレックス。 1905年、イギリス・ロンドンにブランドの前身となる「ウイルスドルフ・アンド・デイビス社」を設立したことから、ロレックスの歴史は始まる。創業者のハンス・ウイルスドルフは、当時まだ懐中時計が主流だった時代に、腕時計に先見の明を感じ取った天才的な実業家であった。1907年には本格的な時計製造に着手するため、早くも事務所機能をスイスに移転。その翌年には、ブランド名「ROLEX」を考案し、商標登録を行っている。 1910年には腕時計としては初の、公的精度検定であるクロノメーターの公式証明書を獲得し、ロレックス製品の高精度を証づけた。1926年には、完全防水・防塵構造のケース「オイスター」を発明し、常に水や埃にさらされている腕時計の弱点を克服。 その後も、錘(おもり)の回転で駆動ゼンマイを巻き上げる自動巻きシステム「パーペチュアル」や、3時位置にデジタルディスプレイを設け、午前零時になると自動的に日付が切り替わる「デイトジャスト」を開発。ロレックスが腕時計の進化に果たした役割は、あまりに大きいといえる。 1950年代に入ると、ラインナップの多様化が図られ、史上初の潜水時計「サブマリーナー」や、冒険家用の腕時計「エクスプローラー」など、特殊任務に着手するプロフェッショナルのための時計製造が行われる。もちろん極限状況を想定した時計造りは、一般ユーザーに対するロレックス製品の信頼性を高めることにもつながった。 こうした意欲的な開発精神は現代にも受け継がれ、2000年にはクロノグラフの自社一貫生産に成功。2007年には耐磁時計「ミルガウス」の次世代モデルや、新しいレガッタ用のクロノグラフを発表。常に時計界の話題の渦中にありながら、実用性に根差した時計造りを今も着実に行っている。 【創業年】1905年 【創業地】イギリス、ロンドン 【主なシリーズ名】オイスター パーペチュアル、チェリーニ 【問い合わせ先】日本ロレックス 広報課 03-3216-5671

ROLEX|オイスター パーペチュアル デイトジャスト

ROLEX|オイスター パーペチュアル デイトジャスト

ROLEX|ロレックスロレックス オイスター パーペチュアル デイトジャストText by OPENERS究極の実用時計、デイトジャスト圧倒的な知名度を誇るロレックスのなかでも、最も人気が高い代表モデルの1つに上げられるのが、この「デイトジャスト」である。1945年に発表された同モデルは、午前0時になると日付が切り替わるカレンダー機能を装備。文字盤の3時位置に日付窓を設置し、順次日付が切り替わってゆくという、現在の一般的なデイト付き3針ウオッチのスタイルを確立した。さらに同モデルには、ロレックスがそれまでに開発した完全防水ケースの“オイスター”や、回転式の錘(おもり)によって双方向の巻き上げが可能な自動巻き機構“パーペチュアル”も装備。後に「ロレックスの3大発明」といわれる、これらの機能を凝集したデイトジャストは、究極の実用時計として時計界に君臨する。発表後60年以上が経過した今日においても、デイトジャストの人気は高まるばかりだ。その魅力は、前述の機能性だけで語り尽くせるものではな...
ROLEX|オイスター パーペチュアル デイト サブマリーナー

ROLEX|オイスター パーペチュアル デイト サブマリーナー

ROLEX|ロレックスオイスター パーペチュアル デイト サブマリーナーText by OPENERS世界初の本格ダイバーズ「サブマリーナー」1953年に誕生し、当時としては画期的な100m防水を備えたダイバーズウオッチ。現在において300m防水に進化し、「全ダイバーズの標準形」と言わしめるほどの高い認知度を誇っている。そもそもロレックスは、創業時より究極の実用時計の完成を目指し、懐中時計が当たり前だった時代に、より実用的な腕時計を主力に製造していた。腕につける道具には、何より水や汗に対する耐久性が必要なため、1926年に完全防水ケースの“オイスター”の特許を取得する。この同社独自の防水ケースをより堅牢にし、さらに潜水時間の計測が可能な回転ベゼルを装備することで、世界初の本格ダイバーズ「サブマリーナー」が生まれたのだ。SS×18KYGとのコンビネーションモデル 90万3000円また、誕生の翌年には200m防水に進化するなど、常に進化を続けてきたサブマリーナー。潜水時間の計測に用いら...
ROLEX|オイスター パーペチュアル デイト GMTマスターⅡ

ROLEX|オイスター パーペチュアル デイト GMTマスターⅡ

ROLEX|ロレックスオイスター パーペチュアル デイト GMTマスターⅡText by OPENERS1954年に発表されたロレックス初の航空時計「GMTマスター」の後継機として、1983年に誕生した「GMTマスターⅡ」。初代GMTマスターは、時・分・秒を表示する基本3針のほかに、24時間で1周する24時間針を装備していることが最大の特徴だった。さらに、回転ベゼルも装備することで、他国の時間帯(第2時間帯)を表示することが可能。1960年代には、パン・アメリカン航空の公式時計に認定されるなど、プロパイロットからも大絶賛された。グリーン文字盤を採用した18KYGモデル 294万円。また、GMTマスターⅡは、リューズ操作によって時針のみを単独で動かせる機能も装備するなど、他社に先駆けてGMTウオッチの基礎機能を確立していく。ちなみに、1990年代の後半に「GMTマスター」は生産終了になっている。その後も、GMTマスターⅡは、海外出張が多いビジネスマンを始め、多くのユーザーの支持を勝ち...
特集|ダイバーズ ウォッチ進化論

特集|ダイバーズ ウォッチ進化論

年々進化を遂げるダイバーズウォッチ。海中での使用を念頭に置いたスペックの強化からシティユースにも最適なデザインの美しさまで――ダイバーズウォッチの最新形を紹介します。写真=JAMANDFIX文・構成=野上亜紀Rolex|ロレックスオイスター パーペチュアル サブマリーナー デイト1953年の誕生以来、ロレックスが誇るダイバーズウォッチとして成長を遂げてきた「サブマリーナー」。2010年の今年もその進化はとどまることなく、あらたにリニューアルモデル「オイスター パーペチュアル サブマリーナー デイト」が登場した。・・・つづきを読むJaeger-LeCoultre|ジャガー・ルクルトマスター・コンプレッサー・ダイビング・アラーム・ネイビー・シールズ今年もあらたにアメリカ海軍特殊部隊とのコラボレーションウォッチ「ネイビー・シールズ」のオートマティックモデルが登場し、同コレクションに注目が寄せられているジャガー・ルクルト。写真は昨年はじめてネイビー・シールズとコラボレーションを果たした記念...
特集|ダイバーズウォッチ進化論 ROLEX

特集|ダイバーズウォッチ進化論 ROLEX

Rolex|ロレックスOyster Perpetual Submariner Dateオイスター パーペチュアル サブマリーナー デイト2010年の今年、ロレックスを代表する「サブマリーナー」からステンレススティールモデルの「オイスター パーペチュアル サブマリーナー デイト」が登場。スペック強化による、最高の使用感を約束してくれた。写真=JAMANDFIX文・校正=野上亜紀さらなるスペックアップで雄姿に磨きをかける1953年の誕生以来、ロレックスを代表するダイバーズウォッチとして成長を遂げてきた「サブマリーナー」。その進化はとどまることなく、2010年の今年は、あらたにリニューアルされたステンレススティール製の「オイスター パーペチュアル サブマリーナー デイト」が登場。安定性と防水性、耐食性を誇り、40mm径のステンレススティールケースはラグなどのディテールをはじめ、より頑強なデザインとなった。もっとも注目すべきところは、回転ベゼルに傷がつきにくい素材であるセラクロムを採用し、...
ROLEX|「ヨットマスターII」、待望のSSモデルが登場

ROLEX|「ヨットマスターII」、待望のSSモデルが登場

ROLEX|ロレックスOyster Perpetual Yacht Master II| オイスター パーペチュアル ヨットマスターIIレガッタ クロノグラフ、待望のステンレススティールモデルスイス公認クロノメーターであり、レガッタレースのためにつくられた「オイスター パーペチュアル ヨットマスターII」のスティールモデルが、今年のバーゼルワールドで登場。Text by SHIBUYA Yasuhito号砲とともに大海原へヨットマン憧れの時計といえば、ロレックスの「オイスター パーペチュアル ヨットマスターII」。1~10分のカウントダウンはリューズと回転ベゼルを使いセットが可能で、スタート後にレガッタの公式カウントダウンに修正することも 可能。2007年発表のこのユニークなクロノグラフに、今年待望のステンレススティールケース&ブレスレットモデルが登場した。機械式メモリー機構をそなえたクロノグラフムーブメントはロレックス自社開発製造。公認クロノメーター認定の「キャリバー4161」を...
ROLEX|オイスター パーペチュアル エクスプローラー

ROLEX|オイスター パーペチュアル エクスプローラー

Oyster Perpetual Explorer|オイスター パーペチュアル エクスプローラーケースサイズもムーブメントもスペックアップ文=渋谷康人現在では小さめと感じる従来モデルの直径36mmからサイズアップし、直径39mmという絶妙なケースサイズが登場した。新型エクスプローラーの第1の魅力は、まさにこの点にある。また明るいブルーの輝きを長く保つ蓄光塗料の採用により、暗闇での文字盤の視認性向上も、隠れた魅力。もちろんケースの中で時を刻む自動巻きムーブメントも、ロレックス独自の耐震機構パラフレックスショックアブソーバーと、磁気の影響を受けにくいパラクロム素材のひげゼンマイを採用したCal.3132に進化している。エクステンション付きブレスレットのつくりの美しさ、着用時の快適さも申し分ない。ROLEX Oyster Perpetual Explorer|ロレックス オイスター パーペチュアル エクスプローラー自動巻きステンレススティールケース&ブレスレット直径39mmスイス公認クロ...
ROLEX|オイスター パーペチュアル デイトジャスト レディ 31mm

ROLEX|オイスター パーペチュアル デイトジャスト レディ 31mm

Oyster Perpetual Date Just Lady 31mmオイスター パーペチュアル デイトジャスト レディ 31mm大小のダイヤが配されたエレガントなデザインに注目!文=渋谷康人デイト付きの「オイスター パーペチュアル デイトジャスト レディ」は、ビジネスでもカジュアルでもどんなスタイルにもフィットするスタンダードウォッチとして、現代の腕時計のなかでももっとも「間違いのない」選択肢のひとつである。そのデイトジャストの31mm径に、エバーローズゴールド製のベゼルに大小のダイヤモンドを散りばめた華やかで上品なモデルが登場した。エバーローズゴールドは、その名の通り年月を経ても美しい色みと輝きを放つロレックス オリジナルのゴールド素材。ベゼルとブレスレットに用いたこの暖かみのある輝きが、ベゼル上にセットされた24ポイントのダイヤモンド、そして上品で深みのあるチョコレート色のダイヤルとともに、女性の腕を引き立ててくれる。ROLEX Oyster Perpetual Date ...
ROLEX|レザーストラップを採用したカラフルな「デイデイト」

ROLEX|レザーストラップを採用したカラフルな「デイデイト」

ROLEX|ロレックスOyster Perpetual DayDate| オイスター パーペチュアル デイデイトレザーストラップを採用したカラフルな「デイデイト」ロレックスの「オイスター パーペチュアル デイデイト」に、カラフルなレザーストラップとダイアルを採用した新作がバーゼルワールドで登場。Text by SHIBUYA Yasuhitoカラフルなデイデイト3時位置の拡大レンズ付き日付表示にだけでなく、12時位置にフルスペルの曜日も表示する初めての腕時計として1956年に誕生した「オイスター パーペチュアル デイデイト」。以来、プレステージモデルとして多くの人に愛されている本作に今年、カラフルなレザーストラップとダイアルが採用され、バーゼルワールドで発表された。新色のダイアルとストラップの組み合わせは、ケースのゴールド素材によって異なる。18KYGモデルにはグリーンまたはコニャック、18KWGモデルにはブルーまたチェリー、そして18Kエバーローズゴールドモデルにはチョコレートま...
ROLEX|サブマリナ デイト

ROLEX|サブマリナ デイト

オイスター パーペチュアル サブマリーナー デイトベゼルばかりでなく文字盤も美しいグリーンの輝きに!文=渋谷康人ゴールドモデルからロレゾール(イエローゴールド+SS)モデルと、2008年から順次リニューアルされてきたダイバーズの「サブマリーナー」。今回、もっともアフォーダブルな価格のステンレススティールモデルがついにリニューアルされた。潜水時間のマーキングに用いる回転ベゼルが、硬く傷が付きにくく耐蝕性にすぐれたセラミックス製となり、ブレスレットも長さ調節が可能なグライドロック クラスプとなった。また自動巻きムーブメントのひげゼンマイにも磁気の影響を受けにくいパラクロム素材が採用されている。だがそれ以上に注目なのが、あらたに登場したキラキラと美しく輝く「グリーンゴールド」カラーの文字盤だ。その名の通り、この輝きはイエローゴールド素材を組み合わせることで生まれたもの。かねてから人気のグリーンベゼルモデルに、この美しいグリーンの文字盤が組み合わされ、人気がさらに高まることはまちがいない。...
ロレックス|ROLEX 人気の2モデルがリニューアル

ロレックス|ROLEX 人気の2モデルがリニューアル

ROLEX|ロレックスエクスプローラーとサブマリーナーのステンレススティール製、人気の2モデルがリニューアル世界中の愛好家が絶大な信頼を寄せる「ロレックス」。2010年は代表的なモデルである「エクスプローラー」と「サブマリーナー」をリニューアル。実用性を追求する、同社ならではの妥協のない腕時計づくりを今年も披露してくれた。文=渋谷康人ロレックスの魅力の神髄は、確固たる見識に基づいた、妥協なき腕時計づくりにある。機械式ムーブメントの内部パーツやケース、ブレスレットなどの素材や構造、つまり腕時計の精度や耐久性、つけ心地に関連する部分などの改良をつねに行ってきている。その一方で、モデルの基本デザインについては、実績のあるスタイルを守り続けている。腕時計の実用性と信頼性を何よりも優先する、この真摯なモノ作りの姿勢が、消費者から寄せられる絶大な支持と信頼を生み、ロレックスが全世界でNo.1ブランドであり続ける最大の理由である。2010年のバーゼルフェアの新作でも、その魅力とモノ作りの姿勢には...
Rolex|ブランド力に負けないさらなる実力

Rolex|ブランド力に負けないさらなる実力

Rolex|ロレックスブランド力に負けないさらなる実力Rolex(ロレックス)のエレガンスウォッチの代表格「デイデイト」に新キャリバーを搭載したモデル、従来のファン心をくすぐる「シードゥエラー ディープシー」、美しい色合いのエバーローズゴールドをあしらったニューフェイスなど、フラッグシップモデルをより快適に、そしてより美しく強化させたそのスタイルに、ブランドの知名度に劣らない実力とさらなる進歩を感じる。文=野上亜紀Oyster Perpetual Day-Date IIオイスター パーペチュアル デイデイト IIロレックスの今年度の新作を語る柱のひとつ。41ミリとサイズアップした「デイデイトII」には、新キャリバーの「Cal.3156」を搭載。新開発のパラフレックス ショック・アブソーバを搭載しているのは、このCal.3156のみ。また、新しいダイアルも加わり、数多くのデザインから選べるのも魅力。左|自動巻き、PTケース&ブレスレット、549万2000円(税込予価)中|自動巻き、Y...
32 件