OPENERS統括ディレクター・松本博幸が感じた、BROOKSのラグジュアリー性|BROOKS

OPENERS統括ディレクター・松本博幸が感じた、BROOKSのラグジュアリー性|BROOKS

「騙されたと思って、一度履いてみて欲しい」。その一言をきっかけにオーダーしたBROOKSの「ゴースト13」。いざ走ってみると自然と足が前に進んでいく感覚が味わえ、軸もぶれずランニングが楽しくなった。そして「このシューズの魅力は車や時計と似ている」と思うに至ったという、OPENERSのメディア統括ディレクター・松本博幸。その真意とは?
渡辺真史が見た、BROOKSのラグジュアリーな世界(後編)|BROOKS

渡辺真史が見た、BROOKSのラグジュアリーな世界(後編)|BROOKS

BROOKS(ブルックス)の中枢を担う「ゴースト」は、世界で最も多くのランナーに愛されているシューズの一つだ。創業100年の歴史が生み出してきた、数々のスタンダード。誠実なものつくりの結晶は、人々がランニングシューズに求める理想に対して、明確な回答になっている。そして今、BROOKSの次なるステージはライフスタイルやファッションマーケットへの参入にある。そのために私たちは、もっとブランドの哲学を知る必要があるようだ。東京カルチャーの重鎮である渡辺真史は、実直なBROOKSの「ゴースト」をどうみたか。
渡辺真史が見た、BROOKSのラグジュアリーな世界(前編)|BROOKS

渡辺真史が見た、BROOKSのラグジュアリーな世界(前編)|BROOKS

BROOKS(ブルックス)の中枢を担う「ゴースト」は、世界で最も多くのランナーに愛されているシューズの一つだ。創業100年の歴史が生み出してきた、数々のスタンダード。誠実なものつくりの結晶は、人々がランニングシューズに求める理想に対して、明確な回答になっている。そして今、BROOKSの次なるステージはライフスタイルやファッションマーケットへの参入にある。そのために私たちは、もっとブランドの哲学を知る必要があるようだ。東京カルチャーの重鎮である渡辺真史は、実直なBROOKSの「ゴースト」をどうみたか。
3 件