vol.48 セリーヌ、秋冬ベスト7 Manolo Blahnik|マノロ ブラニク 

vol.48 セリーヌ、秋冬ベスト7 Manolo Blahnik|マノロ ブラニク 

編集大魔王・祐真朋樹のザ★ベスト7

 

夏のセールも一段落し、そろそろ気になってくる秋冬アイテム。第一弾は、エディ・スリマンが手がけて2シーズン目のセリーヌ。パリでショーを観て、その素晴らしさに目を奪われたという編集大魔王が、新作コレクションから7ルックを厳選してお届け!
Direction by SUKEZANE Tomoki|Photographs by YAMAGUCHI Kenich|iStyling by KAWAI Kohta|Text by HATAKEYAMA Satoko|Grooming by 大東京

Manolo Blahnik|マノロ ブラニク

祐真「4月に表参道にマノロ ブラニクのショップがオープン。メンズシューズが初上陸ということで、さっそくコンビのシューズとオペラパンプスを購入しました。

ウィメンズのシューズの評価はすでに周知のとおりですが、メンズはロンドン店を見に行く機会にも恵まれず、表参道店のオープンのタイミングでそのラインナップを見ることができたのは絶好のタイミングでした。

店内でコンビのシューズを試着して驚いたのは、ラスト(足型)のフィットの良さ。これまでに何百足といろんなブランドの靴を履いてきましたが、甲高の僕にとって上までピシッと紐が閉まるレースアップシューズというのは、海外の靴では初めてでした。

昨年観た『マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年』というドキュメンタリー映画で、マノロ自身がとても洒落ていた人だったことを思い出しました。愛読している加藤和彦さんの本の中にも、1960〜70年代初めのロンドンの話があり、マノロがいかにカッコよかったかというエピソードが書いてあります。僕が購入したコンビシューズには「マノロ」という名前がついていました。マルジェラのノーカラーのスーツに合わせて履こうと思っています」
コンビシューズ「MANOLO」12万1000円、スエードシューズ「WITNEY」各11万4000円(マノロ ブラニク/ブルーベル・ジャパン 03-5413-1050)
www.manoloblahnik.com