カジュアルアウトドアスタイルで春を過ごす。ノース・バイ・ノースイースト 2020 SSコレクション|North by Northeast
FASHION / FEATURES
2020年2月28日

カジュアルアウトドアスタイルで春を過ごす。ノース・バイ・ノースイースト 2020 SSコレクション|North by Northeast

North by Northeast|ノース・バイ・ノースイースト

90年代のアウトドアカルチャーが生んだ
スタイリッシュで実用的なウェア

2019年に復活を果たしたアウトドアウェアブランド「ノース・バイ・ノースイースト」。2019年秋冬コレクションに続き、2020年春夏コレクションが登場した。モダンスタンダートなデザインと、高い機能性を兼ね備えるアイテムが揃う。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

トータルアウトドアブランドが提案する確かな機能性

アメリカ北東部・ロードアイランド州で設立されたファッションブランド「ノース・バイ・ノースイースト」(North by Notrheast)。
その歴史は1940年代初頭までさかのぼる。創業当時は家具に使用される発泡素材を製造しており、のちにキャンプでマットレスパッドとしても使われるようになった。
アウトドア向けのアイテムは“Pak foam”と名付けられ、当時ブームになりつつあったアウトドア産業のパイオニアとして注目を浴びることとなる。

さらに製品ラインをグローブ、ブランケットなどのキャンプ用アクセサリーやパイル・フリースウェアのフルラインを取り揃え、アウトドアトータルブランドへと発展。1980年にはアイテムの魅力をより適切に表現するためにブランド名を「North by Northeast」へと変更した。

80年代~90年代には、マウンテンパーカーやフリースといったアウトドアファッションの定番といえるアイテムを中心に生産し、本国のみならず周辺国でも注目されるブランドに。その後も1999年のブランド一時休止まで、スタンダードなユーティリティアイテムを提案し続けたのだ。
ブランド休止から20年が経過した2019年に「ノース・バイ・ノースイースト」は満を持して復活した。
当時のアーカイブと今日のカジュアルファッションを融合したスタイリッシュなデザインをもつコレクションが用意され、トレンドだけに左右されない質実剛健さを兼ね備えたアイテムが揃う。

シティエリアからカントリーフィールドまで

アウトドアをベースとしたウェアは昨今の流行だが、今回リリースされる2020 SSコレクションもレトロな風合いを持ちながら最新のタウンウェアとして生まれ変わったスタイルが魅力的。
日本では2019年秋冬コレクションから展開がスタート。SSアイテムを日本で展開するのは今回が初めてだ。

なかでも注目なのは90年代にブランドが得意としていた強い撥水効果をもつ“ビッグリップストップ生地”が採用されていることだ。
これにより、高い機能性を備えるだけでなく、キャンバス地にツイルの格子を施した独特の風合いが実現。服好きもうならせるディテールは、ノース・バイ・ノースイーストならではの仕上がりだ。
本生地を採用しているのは、ジャケットとフーディジャケットの2モデル。環境の変化から身を守りつつ、軽やかなシルエットが季節感を纏うスタイルを生み出した。
またボディラインにフィットするストレッチ生地を使用したロングスリーブシャツもラインナップされている。

モダンなデザインと天候に左右されない安心感をもつ本コレクションは、都会と田舎を行き来するアクティブな都市生活者にぴったりのラインナップだ。

North by Northeast 2020 SSコレクション
LARGE RIPSTOP PULL OVER JACKET
素材|ナイロン
サイズ/カラー|F(ベージュ)、L(ブラック、ストライプ)
価格|1万9000円(税別)
LARGE RIPSTOP ZIP HOODIE JACKET
素材|ナイロン
サイズ/カラー|F(カーキ)、M(ベージュ)、L(ブラック)
価格|2万7000円(税別)
STRETCH MULTI POCKET SHIRTS
素材|ナイロン
サイズ/カラー|L(ブラック、ブラウン)
価格|1万8000円(税別)
問い合わせ先

ノース・バイ・ノースイースト
Tel.03-5774-1662

                      
Photo Gallery