「セリーヌ、秋冬ベスト7」

「セリーヌ、秋冬ベスト7」

編集大魔王・祐真朋樹のザ★ベスト7

 

夏のセールも一段落し、そろそろ気になってくる秋冬アイテム。第一弾は、エディ・スリマンが手がけて2シーズン目のセリーヌ。パリでショーを観て、その素晴らしさに目を奪われたという編集大魔王が、新作コレクションから7ルックを厳選してお届け!
Direction by SUKEZANE Tomoki|Photographs by YAMAGUCHI Kenichi|Styling by KAWAI Kohta|Text by HATAKEYAMA Satoko|Grooming by 大東京

vol.48 セリーヌ、秋冬ベスト7【səlín best sévn】

祐真「エディ・スリマンが手がけて2シーズン目のセリーヌ。今年1月のパリでランウェイを見て、その出来栄えに目を見張りました。展示会に行って実際に試着してみても、その完成度の高さは抜きん出ていました。
アウターはツイードなどのクラシックな素材を使ったものが多く、それに白いシャツを合わせているのがすごくいい。ジャケットの上にコートを重ねるスタイリングも、ノスタルジックではありますが、カジュアル全盛の今は新鮮に映ります。アウターのシルエットは、袖は細めに仕立ててあるのに、ボディにはややゆとりを入れて構築してあるのが面白いし、着心地の良さも向上しています。
コレクション全体の雰囲気は、ヌーベルヴァーグの時代を感じさせます。ジャン=リュック・ゴダールの映画に出てきそうなスタイルが多く、そこがまた今の気分にハマりました。セリーヌというパリ・シックを体現するようなブランドを手がけて初の秋冬シーズン。エディならではのフレンチ・テイストの解釈が生かされている好コレクションです」
コート42万円、カーディガン21万5000円、シャツ6万6000円、サングラス4万4000円、ネクタイ2万3000円*すべて予定価格(セリーヌ バイ エディ・スリマン/セリーヌ ジャパン 03-5414-1401) *その他は本人私物

CELINE|セリーヌ

毛足のあるラメのテーラードコートには、ブラウン系の配色がシックなアーガイルモヘアのカーディガンをコーディネート。異なる質感をなじませ……



CELINE|セリーヌ

グレンチェックのレクタングルジャケットの上に羽織ったのは、ウールカシミヤのチェスターフィールドコート。エレガントなロング丈でバックのベントも長めに仕立てられているので……
明日

CELINE|セリーヌ

織りストライプの3Bジャケットにピークドラペルのチェックコートを羽織ったスタイルには、ほどよくブリーチされたジーンズをコーディネート。パリジャン・シックを彷彿とさせる……
明日

CELINE|セリーヌ

インタックのウールのパンツに鮮烈な印象を加える朱赤の「テディ」カーディガン。肩章や金ボタンがミリタリー風味を添える……

CELINE|セリーヌ

ダブルのライダースジャケットにチノ素材の太めのパンツをあわせ、その上に比翼仕立てのウールコートをレイヤード。襟元からのぞかせたボーダーの……

CELINE|セリーヌ

ざっくりしたツイードのマックコートはラグランスリーブ仕立て。織りストライプの3Bジャケットとパンツのセットアップに……

CELINE|セリーヌ

クラシカルなブリット・スタイルのチェッカードウールのジャケットは、白シャツ、Vネックニット、細身のジーンズでモダンにブラッシュアップ。ジャケットのラペルにはシルバーメタルのバッジが……

【spot light】

Manolo Blahnik|マノロ ブラニク

祐真4月に表参道にマノロ ブラニクのショップがオープン。メンズシューズが初上陸ということで……

BEHIND THE SCENES OF ザ・ベスト7

祐真朋樹 ザ★ベスト7 vol.48