運賃片道4490円*から、ジェットスターでひとっ飛び。 “食の都”庄内へ|Jetstar
LOUNGE / TRAVEL
2019年10月9日

運賃片道4490円*から、ジェットスターでひとっ飛び。 “食の都”庄内へ|Jetstar

*諸条件が適用されます。

庄内地方は、海、山、畑の食材の宝庫。一流の料理人がこぞってこの地を目指すには理由があった!(1)

日本国内で、食べ物がおいしい場所って言ったらどの辺りを思い浮かべますか? 北海道の海鮮? 三重の松阪牛? それとも京都の京野菜? 確かにどれもがイエスなんですが、じつは私、知っていたんですよね。だって父親が酒田生まれの鶴岡育ちだったもので。山形県の庄内地方って、すべての食材が飛び抜けて旨いんですよ。

Text by TSUCHIDA Takashi

北前船で持ち込まれた食文化が根づき、美食を追求する奇跡の地へ

まさに“奇跡”。こんなに美味しいものが、街中至るところに溢れているなんて。普通、心から「うまいなぁ」と思えるものって、ポツリ、ポツリと発見できる程度ですよね。ところが、ここでは目にするものがすべて美食。“美食”だけで一日中お腹いっぱいにすることが可能なんです。
3食すべて、うまいものばっかり食べれたらサイコー! と思っている皆さま、庄内に来ると簡単に叶います。フレンチ、イタリアン、寿司、和食……もちろんプレミアムメニューだけではありません。ラーメンも、とんかつも、ジュースもスイーツも、どれも東京に持ってきたら即・行列店です。
庄内はご存じ、米どころなわけですが、同時に畑でさまざまな野菜を育てています。そのうえ「志の高い農家さんが複数いるんです。育てにくい西洋野菜にも挑戦してくれるからやりがいがある」(ベッダシチリアシェフ古門さん)。目の前は日本海。こだわりのファームから肉類が提供される。食材全方位カバーというわけです。
加えて、レベルの高い食文化! 酒田港は、北前船の寄港地でした。江戸時代にニシンの交易で栄えた港町には、京譲りのハイカルチャーが入り込み、それを鶴岡の城下町が吸収して発展。この地には、豊かな素材とそれを美味しく料理する知恵が揃っていたのです。
それで、先に答えを言っちゃいますね。この地の食の提供は、すべてMade for youなんです。ぜーんぶ作りたて。その日に提供するものだけを準備して、最高の状態でお客さまに届ける。これを愚直に守っているんです。都会では、下ごしらえを先に済ませるところを、忠実にその日その日に仕上げる。だから鮮度が飛び抜けて抜群なんです。お客さまの絶対数が都会とは違うので、しょうがありません? いえ、令和の時代になって、今もなお、食づくりの誠実な姿勢が貫かれていることを奇跡と捉えるべきでしょう。食べれば納得。圧倒的でっせ!
この素晴らしい美食の地が、今までなぜ脚光を浴びてこなかったのか。それは、事実上の陸の孤島だったからに他なりません。私の父がめったに田舎に帰らなかったのはズバリ、中途半端に遠いんですよ! 最近では高速道路が繋がりましたが、都心からドライバーひとりでクルマを運転していくには距離がありすぎ。
鉄道だと新幹線で新潟までは行けますが、そこから特急に乗り継ぐので意外と時間がかかります。山形新幹線は山側の山形市までしかつながってないから、庄内を目指すには不便。そして空の便はどうか。ANAが庄内空港と羽田を結んできましたが、チケット代が……。ビジネス利用ならまだしも、気軽には使いづらかったわけです。

ジェットスターは、国内LCCシェアNo.1 ※国土交通省「特定本邦航空運送事業者に係る情報」(2017年7月~2018年6月)より。
そこに、悲願のLCC便就航。ジェットスターさん、ありがとー!! 都心からの小旅行が気軽に楽しめるようになりました。ああ、これをきっかけに“庄内美食旅”が流行ること間違いなしです。いまならまだ外国人にバレてないから空いてます。でも、きっと時間の問題ですね。自信を持ってオススメしますが、庄内は今、まさに行き時です。
はい、ここからはジェットスター庄内便に関するインフォメーションと、庄内美食旅のオススメ訪問先の紹介です。
フライト時間はおよそ1時間、空港から各レストランもクルマでちょっと。レンタカーで回るのがおすすめですが、運転に自信がなければタクシー利用で。行き先を絞って、その分、食べまくりましょう。
ちなみに、2019年10月27日(土)〜2020年3月28日(土)までの運航スケジュールはこちらです。
東京(成田)‐庄内
便名GK777
出発13:35
到着14:45

庄内‐東京(成田)
便名GK776
出発15:25
到着16:35

片道運賃 庄内=東京(成田)路線 4490円〜(税込)
※エコノミークラス「Starter」片道運賃。別途、支払い手数料、空港使用料等が必要です。受託手荷物の料金は含まれていません。
このタイムテーブルもなかなか使い勝手がいいんですよ。行きも帰りも午後帯なので、早朝、深夜に焦って空港に向かう必要がないし、到着してからも落ち着いて夕食に臨めます。ですから週末に1泊、2泊と、緩めなスケジュールで全然OKなんです。

国内LCC初、スマホで管理できる搭乗券。受託荷物がなければ、チェックインカウンターでの搭乗手続き不要だから、そのまま搭乗ゲートへ。
チケット購入は、ジェットスターの公式ホームページから。そして指定日、指定期間のフライトで希望運賃になるとメールで知らせてくれるプライス・ウォッチ機能(http://www.jetstar.com/jp/ja/about-us/welcome/pricewatch)が便利です。公式ホームページの料金が最もリーズナブルなので、購入はやっぱり公式ホームページ利用が断然オススメですよ。そして、公式アプリからモバイル搭乗券をダウンロードしておけば、搭乗手続きもスイスイっと済ませることができます。
100 件
                      
Photo Gallery