注目のクリエーターがキャデラックとともに過ごす一日──XT4 × たき火マイスター猪野正哉 &ファッションプランナー田中行太編|Cadillac
CAR / FEATURES
2021年12月27日

注目のクリエーターがキャデラックとともに過ごす一日──XT4 × たき火マイスター猪野正哉 &ファッションプランナー田中行太編|Cadillac

Cadillac XT4|キャデラック XT4

猪野正哉&田中行太がキャデラックXT4と過ごす1日 「SUVならではの躍動感と、高級車としての伝統が伝わってくる」

注目のクルマ好きクリエイターが最新のキャデラックと過ごす1日をフィーチャーする特別企画。今回は、たき火マイスターの猪野正哉さんとファッションプランナーの田中行太さんが、コンパクトSUV「XT4」に乗り、猪野さんが運営するアウトドアスペース「たき火ビレッジ<いの>」へ、ドライブ。

Text by NANYO Kazuhiro|Photographs by MAEDA Akira

アップデートされたキャデラックらしさとは?

街路樹の紅葉が眩しい師走。この日は、朝から雲ひとつとない快晴のドライブ日和。待ち合わせ場所は東京・代官山、旧山手通り沿いにあるニューヨーク発のブティック&カフェ「SATURDAYS NEW YORK CITY」。ゆったり目のミリタリーコートを羽織った二人の男性が、キャデラックXT4から降りてきた。店前に横づけされた黒塗りのキャデラック──それはいかにもアメリカ車らしい、大ぶりで威風堂々としたアッパーサルーンではない。黒だけど軽快なメタリックの外装色をまとったコンパクトなSUVのXT4は、代官山という街にマッチしたスポーティカジュアルの二人のスタイルを、邪魔しない控えめさすら感じさせる。
たき火マイスターの猪野正哉さん(右)とファッションプランナーの田中行太さん(左)
「顔つきがスマートなのに、ブランドらしさも残している。これまでのキャデラックとは違うイメージなのがいいですね」(猪野)
「くつろいでいながらルーズでない雰囲気がいいですね。コンパクトSUVならではの躍動感と、キャデラックという高級車としての伝統が、乗車して早々に伝わってきますね」(田中)
猪野さんも田中さんも、ラフなファッションスタイルさながら、外観の印象を端的に語る。その口調からは嘘がない印象だ。
二人が乗って来たクルマは、横から眺めるとリアウインドウの角度を寝かせたシャープなデザインでありながら、5名乗車時でも637リッター、リアシートを畳むと1385リッターまで拡張可能なラゲッジルームを備える。車内をのぞくと、すでにたき火の道具があれこれ積まれている。
この日は、たき火マイスターの猪野正哉さんが、古くからの友人でファッションプランナーの田中行太さんに、自身が運営するアウトドアスペース「たき火ビレッジ<いの>」へ、XT4でたき火を楽しみに行くことを提案。そこで出発前、田中さん行きつけのカフェでコーヒーを飲みながら打ち合わせ、そんな一日の始まりとなったのだ。
東京・代官山、旧山手通り沿いにあるニューヨーク発のブティック&カフェ「SATURDAYS NEW YORK CITY」
テレビや雑誌でたき火マイスターとして活躍する猪野さんは、ファッションモデル出身で、20代前半からファッション誌やアウトドア誌のライターとしても活躍している。
「20代まではアウトドアに一切に興味がなかったけど、誘われて登り始めた山にどっぷりハマった。それが仕事になり、ファッション業界からアウトドア業界へとシフトチェンジ。なかでもたき火を人より多くしていたら、キャンプブームにも乗っかり、たき火だけで生業ができるようになった」と話す猪野さん。
それから40代を迎えたころ、祖父の土地にゆっくり寛げるたき火スペースを作る。一般開放はされていないのだが、雑誌やテレビの撮影場所として使われている。またテレビ出演を機に、たき火のある撮影現場やプロデュースなどの日々が始まり、現在に至る。
「仕事もやっていることもそんなに変わらないけど、幅が増えたましたね。人生いろいろですね。キャデラックも時代ごとに装いが変わっていくように、自分もアップデートしています。その中でも、質や芯の部分だけは絶対に落とさない、と常に心掛けています」(猪野)
田中さんは、20代でショップスタッフとしてファッション業界に入った。そのお店は、田中さんが入る直前まで猪野さんも働いていた。その後、友人たちとファッションブランドを立ち上げ、プレス&セールスとしてメンズファッション界で活躍した後、独立。セレクトショップのキュレーションやバイイングを経て、雑誌のコーディネーター、プロダクトプロモーションなどプランニング業をしている。それ故に、SATURDAYS NEW YORK CITYでは知り合いに遭遇することもしばし。
「コーヒーブレイクって、ほっとするひと時。でも、久しぶりの知り合いがいたら話し込んじゃうし、なんだかんだコミュニケーションが好きなんですよね」(田中)
カウンターでコーヒーを嗜みながら、田中さんが猪野さんに顔なじみの山田店長を紹介すると、SATURDAYS NEW YORK CITYのコンセプトを話してくれた。サーファーの創業メンバーたちがニューヨークに着想を得て、ビーチではなく街中のサーフ&ガーメントショップ兼カフェとして始めたニューヨークのブランド。職人技をベースにしたミニマルでトラディショナルなスタイルが人気を博し、2012年に日本にも出店。ニューヨーク本店と同様、併設されたカフェのコーヒーもおいしく、奥のテラスベンチがお客でいっぱいになることも。事務所が近い田中さんは、事務所メンバーたちとほぼ毎日カフェ使いするそうだ。
「服もさることながらコーヒーもおいしいんです。代官山のお店は、たまにバリスタチャンピオンの石谷さんがコーヒーを淹れていて、偶然石谷さんが店にいると今日はラッキーだ、なんていつも以上に喜びが増します。あ、山田店長、冗談ですよ(笑)」(田中)
猪野さんはアウトドア誌とファッション誌でライターもする。田中さんは洋服の企画生産管理もするので、二人ともファッション好き。二人はつい先日も一緒に渋谷でショッピングをしたそうだ
猪野さんと田中さんは、春に向けてたき火グッズを企画中で、打ち合わせ話しが一段落したご様子。テイクアウトしたコーヒーをドリンクホルダーに収め、早速、今日の目的地である千葉に向けて出発だ。
65 件