歌舞伎俳優 中村獅童×開化堂 八木隆裕が語る、BMW M5とM550i、似て非なる個性とパフォーマンス|BMW
CAR / FEATURES
2020年12月14日

歌舞伎俳優 中村獅童×開化堂 八木隆裕が語る、BMW M5とM550i、似て非なる個性とパフォーマンス|BMW

伝統は期待されるもの、革新は期待するもの

獅童「僕ら世代は……1972年生まれですけれど、子どものころちょっと小洒落たおじさんが“おっ、ベンベーか”なんて話していましたね(笑)。レース好きな経営者の方とかアパレル関係の方とか。BMWにはスポーティでお洒落なイメージが子どもの頃からあるので、憧れの存在でした。デザインはM5にしても、最初は少しおとなし過ぎるかな? とも思うけれど、洗練されていて、いざ走っている姿を見ると、日本の街並や風景にピタッとハマる品の良さがやっぱり魅力的。あれだけ走りはスパルタンなのに、これ見よがしではない感じがいいですね」
八木「M5に乗ったさいに、最初のM5を開発したエンジニアが未来を見て、このM5を想像したのかなと、ふと思いました。初代が開化堂を創業したときは、いわばベンチャー企業でしたから、未来を見据えながらものづくりをしていました。145年続いて今は伝統工芸といわれますけれど、当時はたぶん「今の工芸」だったと思うんです。M5は生まれた瞬間から未来に向かって進化し、代を重ねてファンが増え、彼らを裏切らずまた未来に繋いでいくという積み重ねを、最新のM5をドライブして感じました。そういう意味では、M5の未来がどうなっていくかも、興味ありますね」
獅童「ただ進化って難しくて、往年のファンがいる、これが伝統ですよね。伝統あるブランドはその人たちを裏切ってはいけない。だけれど今のカッコいい/悪いに敏感な若者も虜にするようでなくてもいけない。時代とともに進化して、かつ往年のファンを裏切らないこと。成功しているブランドは、そのさじ加減がうまくいっている。今回の2台は昔からのMのファンの方たちが乗っても、進化しているし、よく出来ているなって思う出来なんじゃないですか」
八木「次の時代に継いでいかなければならない。獅童さんが新作を手がけられる、それが動く瞬間って、何があるんですか?」
獅童「伝統を守りつつ革新を追求するというのは、クルマも我々も一緒なんじゃないかな。歌舞伎という魂のふるさと、国があるとしたら、僕にとって他の演劇にチャレンジしたり、TVや映画に出演したりするというのは、いわば“表現の旅”なんです。だから海外に行って刺激を受けるのと一緒で、TVや映画という国に行って、その国で刺激を受けて、我が魂のふるさとに帰ってきたときに、中村獅童ならではの表現をやらないといけない。ただ歌舞伎役者なのにTVや映画出演しただけ、で終わらせたくないんです。
40歳を過ぎた時に自分の経験や培ってきたものを、新作歌舞伎として作りたいという気持ちが芽生えてきたんです。例えば絵本を歌舞伎にした『あらしのよるに』は、絵本のもつノスタルジックな世界をベースにしたかったので、新作だけれど歌舞伎のもつ古典的な魅力にこだわったつくりになっています。50年後60年後に、次の世代の人たちに演っていただけたら嬉しいなと、どこかでそんなことを意識しながら作りましたね」
八木「獅童さんの歌舞伎も僕の工芸の世界も、そしてBMWのMも、未来が楽しみですね」
「演じる」と「つくる」を通して、人々の心を動かしてきた二人。だからこそ、M5とM550iという異なる個性の2台に同様に息づく、熟練の技と新しいテクノロジーが響き合うBMW Mの真価を、彼らの感性は一瞬にして感じとったのだった。
Spec

BMW M5|ビー・エム・ダブリュー M5

  • ボディサイズ|全長4,990×全幅1,905×全高1,475mm
  • ホイールベース|2,980mm
  • 車両重量|1,940kg
  • エンジン|4,394cc V型8気筒DOHCターボ
  • 最高出力|460kW(625ps)/6,000rpm
  • 最大トルク|750Nm(76.5kgm)/1,800-5,5860rpm
  • トランスミッション|8段Mステップトロニック
  • 駆動方式|4WD
  • タイヤ|前275/35R20 後285/35R20
  • 価格|1877万円
Spec

BMW M550i xDrive|ビー・エム・ダブリュー M550i xDrive

  • ボディサイズ|全長4,975×全幅1,870×全高1,465mm
  • ホイールベース|2,975mm
  • 車両重量|1,950kg
  • エンジン|4,394cc V型8気筒DOHCターボ
  • 最高出力|390kW(530ps)/5,500rpm
  • 最大トルク|750Nm(45.9kgm)/1,800-4,600rpm
  • トランスミッション|8段AT
  • 駆動方式|4WD
  • タイヤ|
  • 価格|1319万円
中村獅童|NAKAMURA Shido
歌舞俳優。1972年東京都生まれ。祖父は歌舞伎界の名門である、昭和の名女形と謳われた三世・中村時蔵。父は三世時蔵の三男・三喜雄。8歳の時に歌舞伎座にて初舞台を踏む。俳優としてテレビや映画でも活躍するほか、伝統的な歌舞伎とデジタルを融合すべく、バーチャルアイドルの初音ミクと共演するなど、常に新しい挑戦をしつづけている。https://chokaigi.jp/2020summer/plan/chokabuki.html
衣装:ジャケット17万9400円、ブーツ6万4200円(ルメール/エドストローム オフィス Tel.03-6427-5901)、ニット3万5000円(ジョン スメドレー/リーミルズ エージェンシー Tel.03-5784-1238)、パンツ3万5000円(アクネ ストゥディオズ/アクネ ストゥディオズ アオヤマ Tel.03-6418-9923)
八木隆裕|YAGI Takahiro
株式会社開化堂代表取締役。1974年京都市生まれ。京都産業大学外国語学部卒業。2017年に社長に就任。1875年に創業し、日本で初めて金属製の茶筒を手掛けたといわれる開化堂の6代目として伝統を受け継ぎつつ、ミラノサローネをはじめとするイベントやワークショップなどを通して、その魅力を海外にも発信している。12月26日から12月30日まで、銀座松屋1階スペースオブギンザにて茶筒製作を実演する予定。
https://www.kaikado.jp/
衣装:Rainmaker
問い合わせ先

BMW カスタマー・インタラクション・センター
Tel.0120-269-437(平日9:00-19:00、土日祝9:00-18:00)
https://www.bmw.co.jp/

62 件